那覇空港「中国料理 花林」搭乗前の空腹を満たす!リゾートホテル直営の本格中華ランチ。

2024年2月7日

那覇空港国内線「中国料理 花林」五目あんかけ焼きそば(1300円)

那覇空港に用事があり、家族でランチを食べてきました。その際、ご主人サマーが「あんかけ焼きそばを食べたいのよ〜」というので、国内線ターミナルの「中国料理 花林」を利用することに。こちらは沖縄県内でリゾートホテルなどを経営している、かりゆしグループの中華レストラン。リゾートホテルさながらの味わいをいただけるとあって、地元民にも人気です。ということで、さっそくレポートいってみよー!

那覇空港 国内線4階「中国料理 花林」について

どこにあるの?駐車場は?

那覇空港の中国料理 花林は、国内線ターミナル4階にあります。かりゆしグループには以前、同名の中華レストランを展開していたようですが、現在は那覇空港だけで営業しているようです。ちなみに同じフロアにはサンドウィッチハウスグルメキリンビア&スナックなどもあり、さすが空港だけあってバラエティに富んでいます。

ちなみに駐車場ですが、お店専用駐車場はありません。車で訪れた方は、那覇空港の有料駐車場を利用しましょう。なお、中国料理 花林の利用による駐車場代金の割引も、特になさそうでした。

お店の様子

こちらが中国料理 花林の外観です。周辺のお店と比べると広々していそうです。空港利用者の多くが大荷物を持っているでしょうし、ベビーカーを押している方もいますから、お店が広いのはありがたいですね。

那覇空港国内線「中国料理 花林」の外観

入り口には本格中華料理の食品サンプルが展示されています。おお〜!選べるメニュー数が多そう。期待値が高まります。

那覇空港国内線「中国料理 花林」ショーケースに並ぶ食品サンプル

人が集まる空港では、繁忙期や食事時のピークタイムには混雑が予想されます。もし満席だったら、ウェイティングリストに記名して待ちましょう。ウェイティングリストは記入式で、スタッフによる電話での呼び出しや、自動音声機能などは対応していなそうでした。お店の近くで待ちましょう。

那覇空港国内線「中国料理 花林」混雑時に記名するウェイティングリスト

この日、ファミリー3名で訪れた我々は、テーブル席に案内されました。店内は本格的な中国料理レストランの雰囲気。この客席だけでなく、もうひとつ奥にも客席エリアがありました。想像以上に広くて驚くわたし。

那覇空港国内線「中国料理 花林」の店内テーブル席

また、壁際にカウンター席も用意されています。ひとり客の方を中心に案内しているようで、みなさんパッと食べてサッと退店されていました。

那覇空港国内線「中国料理 花林」店内奥のカウンター席

さらに見回すと観光客だけでなく、ご高齢の沖縄県民の方の利用も結構ありそうだなと思いました。1999年から那覇空港で営業し続けていることに加えかりゆしグループの安心感も重なって、ファンが多いのかも知れません。

メニューをチェック!

それでは中国料理 花林のメニューを確認してみましょう。食事は、主食の麺やごはんものが中心です。お腹いっぱい食べたい時は半チャーハンなどのセットも可能。飲茶もあるし、中華前菜はおつまみになりそうだなぁ。他にも、単品注文可能なおかず系が、大・小のサイズで用意されていました。キッズメニューがあるのも嬉しいポイントです。

なお、こちらは2024年1月時点のメニューです。最新情報は店頭でご確認ください。

実食!グルメレポート

ほろ酔いセット

わたしはほろ酔いセット(1700円)を注文しました。こちらはおつまみ2品とドリンク1杯が選べます。かりゆしグループのホテルシェフによる本格中華料理をつまみながら、搭乗前に一杯ひっかけたい。そんな願望に応えてくれる素敵なセットですね。

那覇空港国内線「中国料理 花林」ほろ酔いセット(1700円)は2品+1杯ついてくる

ドリンクはビール(オリオンビール)・トリスハイボール・泡盛(瑞泉または忠孝)・芋焼酎(黒霧島)の中から1杯選べます。わたしはもちろんビールをチョイス。オリオンビールはよく出るのでしょう、ふつうにおいしい状態でした。

那覇空港国内線「中国料理 花林」ほろ酔いセットのドリンク(オリオン生ビール)

おつまみは5品(青野菜炒め・ピリ辛ネギチャーシュー・豚辛黒酢炒め・棒棒鶏・シューマイ)のうち、2種類選べます。

今回わたしが選んだ1品目は、青野菜炒め。青菜の苦味を塩味が引き立てておいしかった〜。茎がシャキシャキ、葉はクタッ。家庭とは異なる火力の強さを感じさせる炒め物です。青菜の他には、干し椎茸の薄切りが入って旨味をプラス。

那覇空港国内線「中国料理 花林」ほろ酔いセットの青野菜炒め

そして2品目は、豚肉黒酢炒めにしました。黒酢のコクと豚肉の甘い脂。さっぱりとこってりが共存しています。これ、ビールに合う〜!豚肉の下に敷いた千切りキャベツが良い仕事をしています。さっぱり食べさせてくれてナイス。

那覇空港国内線「中国料理 花林」ほろ酔いセットの豚辛黒酢炒め

五目あんかけ焼きそば

「あんかけ焼きそばを食べたいのよ〜」と言われたのを発端に訪問した中国料理 花林。ご主人サマーは有言実行で、五目あんかけ焼きそば(1300円)を注文しました。パッとみた感じ、高さがないのでそこまでのボリュームではなさそう。でもお皿も大きいし、あんかけの重量感もあって、お腹は満たされたようです。

那覇空港国内線「中国料理 花林」五目あんかけ焼きそば(1300円)

五目あんかけ焼きそばを味見させてもらいました。ズズッと麺をすすると、まずダイレクトに油を感じました。オイルたっぷりで使って炒めているのでしょう、この手の中華は、お酢ドバがお似合い。エビもプリッとおいしかったー!

那覇空港国内線「中国料理 花林」油こってりの五目あんかけ焼きそばがウマい

キッズプレート

こちらは10歳までのお子さんが注文できる、キッズプレート(1200円)です。子ども向けのメニューって、ごはんちょこっと、おかずちょこっと、な場合もわりと多いのですが、中国料理 花林はガチで攻めてきました。

那覇空港国内線「中国料理 花林」キッズプレート(1200円)は充実の内容だった

内容はチャーハンにシュウマイ&揚げ餃子。お肉類が充実して、唐揚げ・ウインナー・ハンバーグが乗っています。それに野菜も添えられて、さらに熱々の中華スープとりんごジュースも。我が家のお子サマーも喜んで食べていました。

まとめ

ということで、那覇空港 国内線ターミナル4階の「中国料理 花林」でランチを食べてきました。私が訪れた日は連休最終日の13時頃。一般的な昼ごはんのピークは抜けてるけれど、空港にはいろんなお客さんがいますから、お店は忙しそうでした。

一般的に空港のレストランは価格が高めに設定されています。今回ランチを食べた中国料理 花林は、ボリューム感・お味・スピードの面から考えて、正直そこまで高くはないと思いました。値上げラッシュなきょうび、街中の中華屋さんで五目あんかけ焼きそばを注文しても、一食1000円は超えるでしょうから、そう考えると悪くないなと思いました。

お店のサイズは大きめで客席数も多いですし、回転も悪くなさそうです。相当急ぎの場合を除いて、搭乗前の食事の場としては悪くないと思います。沖縄料理はゴーヤーチャンプルーくらいですが、沖縄を発つ前の食事にうってつけですね。
終わり。

タップで確認
那覇空港で食べたいおすすめランチ!空港近くのおいしいグルメも紹介します! - 毎日ビール.jp
那覇空港グルメ情報をもっとみる

那覇空港で食べ歩いたグルメをまとめました!もっといろんなごはんを知りたい方は、こちらのまとめ記事がオススメです!

お店の情報

店名 中国料理 花林
住所 〒901-0142
沖縄県那覇市鏡水150 那覇空港 国内線ターミナル4階
営業時間 10時半〜19時半
定休日 不定休
駐車場 なし。那覇空港の専用駐車場あり。


 あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
毎日ビール.jp プロフィールカード用

ユッキー@毎日ビール

グルメブログ歴12年、沖縄移住10年。沖縄定番グルメからローカル店まで食べ歩き情報を綴ってます。国内外のビアバーめぐりに、旅・遊びの情報も。クラフトビール歴は16年、ホップの効いたビールが好き。

-キッズメニューあり, ビール, ランチ, 中華料理・台湾料理, 国内の空港, , 空港, 那覇空港, 食べ歩き, 飲み歩き
-