本部町「スーリヤ食堂」あっさりおいしい南インドカレー!野菜のコクがあり味&ボリュームに大満足。

本部町「スーリヤ食堂」南インドカレー定食(野菜、1230円)
毎日ビール.jp プロフィールカード用

ユッキー@毎日ビール

沖縄在住のグルメブロガー。観光客向けの定番グルメから、地元民向けのローカル店まで、沖縄グルメを食べ飲み歩きしています。旅とビールが好きで、国内外のグルメ・ビアバーの情報も。時々ライブ遠征・母子旅に出かけてはブログを書いています。

「もしかして、沖縄本島北部にはおいしいカレー屋さんが多いのでは…!」と気付いてしまったわたし。それから、ずっとずっと食べに訪れようと狙っていました。そしてついに、本部町の南インドカレー店「スーリヤ食堂」を訪問することに。ふだん那覇に住んでいますから、北部のお店まで片道なんと80km!おいしいカレーへの情熱だけで生きています。

本部町「スーリヤ食堂」の外観

スーリヤ食堂の駐車場は、道路を挟んで斜め向かい側に用意されています。4〜5台分あったかな。看板が出ているから見つけやすいです。

本部町「スーリヤ食堂」の駐車場

車を置いて、オープン時間ぴったりに入店しました。お店に向かう階段は、グリーンなトンネルでとっても素敵!この時点で心を鷲掴みにされました。お店がちょっと奥まっていますが、道路沿いに案内看板が出ているので、初見でも発見しやすいはず。

本部町「スーリヤ食堂」のお店に向かう階段

時刻は11時半。こんにちは〜とお店に入ると、「今日のカレーはベジタリアンだけですよ」と店員さん。すぐに、大丈夫!と返答しました。1時間以上運転してやってきたからには、絶対にスーリヤ食堂のカレーを味わって帰るのです。店内は窓側のカウンター席4つに4名掛けのテーブル席がひとつ。そして…

本部町「スーリヤ食堂」の店内(カウンター席とテーブル席)

お座敷にもテーブルがひとつ置かれていました。この写真はわかりやすいのですが、窓が大きくとられ、庭先のグリーンが目に優しいのです。やんばるの南インドカレー屋さん、とっても素敵な空間です。こういう家に住みたいなぁ。

本部町「スーリヤ食堂」の店内(小上がり席)

ベジタブルのみと案内を受けましたが、一応メニューを確認します。この日は南インドカレー定食かサンバル定食が選べました。メニュー下部には、お子様おにぎりプレートという文字も。インドカレー店に子連れで入るのって、なかなかハードルが高いのです。子どもの口に合うかどうかわからなくって。なのでキッズメニューにとっっっても助かりますね。

注文後、カレーのスパイス香が漂います。ああ、急にお腹が空いた… 暫し待つと、オーダーした南インドカレー定食(野菜、1230円)の到着です。野菜カレーにサンバルやおかずがいろいろと乗せられたワンプレートです。ごはんは日本米とバスマティライスが選べるそうで、わたしは後者を選択。普通盛りで200gほどと聞きましたが、かなりボリュームがあってお腹がパツパツでした。

本部町「スーリヤ食堂」南インドカレー定食(野菜、1230円)を俯瞰で撮影

カレーは2種類。こちらはタマネギ、ニンジン、カボチャのカレー。パッと見た感じ、日本の家庭的なカレーそのもの。

本部町「スーリヤ食堂」南インドカレー定食のタマネギ、ニンジン、カボチャのカレー

もうひとつは、ヒヨコ豆のカレーでした。まあるいお豆がごろんごろん&たっぷり。

本部町「スーリヤ食堂」南インドカレー定食のヒヨコ豆のカレー

南インドカレーをおいしい食べ方に従い、まずはパパド(豆のせんべい)をパリッと砕き、バスマティライスの上に広げて、いただきま〜す!

本部町「スーリヤ食堂」南インドカレー定食のパパドを砕いて振りかける

まずは、タマネギ、ニンジン、カボチャのカレーをひとくち。先にカボチャの優しい味が広がり、そこからしっかりと辛いニューワールド感。あっさり野菜の甘さに、スパイスの辛さが想像を超えてくるおいしさでした。

本部町「スーリヤ食堂」南インドカレー定食の砕いたパパドと野菜カレー

続いて、ヒヨコ豆のカレー。ベジタブルカレーですがコクがあり、先ほどのカレーよりもホット。よく見ると島唐辛子らしきもの入っています。ホクホク柔らかなヒヨコ豆にタマネギ、パクチーらしきハーブも入り、野菜だけなのに風味やコクがしっかりで、満足度が高いです。

本部町「スーリヤ食堂」南インドカレー定食の豆カレーを箸上げ

副菜は、ゴーヤーとニンジンのアチャールでした。これがおいしくって!クタッとしつつもゴーヤーの苦味があり、気に入りました。黄色いのはニラやタマネギが混ぜられ、ほんのりココナツ風味のポリヤル。ライタにはキュウリ・紫タマネギが入り、カレーに混ぜるとほんのり酸味とコクがプラスされ、濃厚さが増します。

本部町「スーリヤ食堂」南インドカレー定食のおかずいろいろ

この日のパコラ(天ぷら)はうりずんとポテト。やや厚めの衣にスパイスが混ぜられ、おいしいです。

本部町「スーリヤ食堂」南インドカレー定食の野菜のパコラ(天ぷら)

すでにお腹がいっぱいになりつつありますが、後半は全体を混ぜて完食を目指します。野菜の甘さ、マイルドになった辛味、そして遠くにココナツ。おいしかったなぁ。バスマティライスはサラッと食べられる長粒米で、米そのものの甘さは感じません。だからでしょうか、食事中〜後に血糖値の上昇感がなく、食後もラクでした。

本部町「スーリヤ食堂」南インドカレー定食全体を混ぜていただく

こんなにボリュームがあるとは思わず、食前にドリンクセット(+300円)で豆乳チャイを注文しておりました。豆乳のあっさり感は、チャイに使われている香辛料を引き立てます。ただ、わたしの好み的にはちょっと少し甘すぎたかも。

本部町「スーリヤ食堂」ドリンクセットの豆乳チャイ(+300円)

ということで、沖縄本島北部は本部町にある「スーリヤ食堂」で南インドカレーをいただいてきました。お腹いっぱいのところにチャイを流し込んだので、お腹がはち切れそう!次回はごはん量を200g→150g(もしくはそれ以下)にしようと反省しました。カレーの具材も野菜のおかずもたっぷりなので、ごはん量が少なくても満足できますね。

それにしてもスパイス使いがおいしくって。グリーンに囲まれたお店も素敵だったし、食べに訪れて良かったです。お店の方はインドまでカレーの研修に行かれるそうで、かなり本格的な南インドカレーに思います。カレーもバスマティライスもあっさりと軽く、お腹いっぱいなのに食後感がラクというのも、いまのわたしにはとても助かります。キッズメニューもあるし、次回はファミリーで訪れたいなぁ。

12時を回ると、顔馴染みのお客さんが何人もやってきて驚きました。本部町って結構な山奥で、年齢もアッパーな傾向でしょうに、近所の方が南インドカレーを食べにやってくるのです。この地域に馴染んでいる様子もよかったし、ふらりと入店できるおいしいカレー屋さんが近くにあるのも、相当羨ましく思いました。いいなぁ、いいお店だなぁ。
終わり。

お店の情報

店名 スーリヤ食堂
住所 〒905-0221
沖縄県国頭郡本部町伊豆味378-1
営業時間 11時半〜16時(売り切れ次第終了)
定休日 水・木曜(変動あり。SNSにて確認)
駐車場 近隣に専用駐車場あり


 あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
毎日ビール.jp プロフィールカード用

ユッキー@毎日ビール

沖縄在住のグルメブロガー。観光客向けの定番グルメから、地元民向けのローカル店まで、沖縄グルメを食べ飲み歩きしています。旅とビールが好きで、国内外のグルメ・ビアバーの情報も。時々ライブ遠征・母子旅に出かけてはブログを書いています。

-インドカレー・ネパールカレー, カレー, キッズメニューあり, ランチ, 本部町, 沖縄本島北部, 沖縄県, 都道府県別, 食べ歩き
-