那覇市「お食事処みかど」地元民や観光客に人気!ランチ&夕食に使える沖縄らしい大衆食堂。

2015年12月29日

那覇市松山「お食事処みかど」ふーちきなー(600円)の定食

那覇には有名な食堂がいくつもありますが、「お食事処みかど」を紹介しなければ始まりません。以前は24時間営業でしたがコロナを境に8時〜24時と短縮し、そして現在は10時〜21時の営業となっています。時代の流れ・環境の変化に順応しつつ、これからも長く営業してほしいお店のひとつです。ということで、さっそくレポートいってみよ〜!

那覇の58号線沿いにある「お食事処みかど」について

どこにあるの?駐車場は?

那覇市松山にあるみかどは、那覇から北向きに走る国道58号線沿いにあります。バス停留所の沖縄タイムス前(旧・農林中金前)からすぐの場所にあり、アクセス的にはかなり便利な食堂です。久茂地交差点から近く、平日ランチは周辺の会社員でいっぱいになりますし、週末は観光客も結構食べに訪れる有名店です。お店の専用駐車場はありませんが、裏手側にいくつもコインパーキングがあるので、車で訪れる場合はそれらを使うと良いでしょう。

お店の様子

国道58号線沿いにあるみかど。入り口が少し奥まっていますが、ガラス張りなので店内の様子は見えやすいと思います。さっそく中に入ってみましょう。

那覇・松山「お食事処みかど」の外観

みかどの店内にはカウンター席とテーブル席があります。清潔感が感じられる店内で、わたしがひとりで食べに入っても全然平気な感じです。ランチタイムやディナータイムは入れ替わり立ち替わりお客さんがやってきて、あっという間に満席になります。少し早めの行動が吉かもしれません。

那覇市松山「お食事処みかど」の店内(テーブル席)

キッチンのおばちゃんたちの腕前は見事なもの。混雑していてもテキパキお料理を作り上げていくので、待ち時間が長くなることは少ないように思います。

那覇市松山「お食事処みかど」で忙しく働くお母さんたち。

メニューを確認

みかどのメニューはこちら。定食、ちゃんぷるー、ちゃんぽん、カレー、バーガー等、一通りのメニューが揃っています。こちらのメニュー表は2023年1月時点の撮影です。記事中に出てくる定食は2015年から順次追加しているので、価格・盛り付けなど異なる場合があります。必ず店頭で確認してください。

実食!グルメレポート

ふーちきなー

沖縄出身の方が「みかどのふーちきなーがおいしい」と教えてくれたので、さっそく食べてみました。炒め物にごはん、お味噌汁がついて600円(2015年12月時点)です。

那覇・松山「お食事処みかど」ふーちきなー(600円)の定食

ふーちきなーとは、からし菜とお麩とポークとシーチキンの炒め物。沖縄らしい組み合わせ、且つ、お麩の炒めものが大好きなわたしには、ぴったりな炒め物でした。

那覇・松山「お食事処みかど」ふーちきなーは、からし菜とポークとお麩の炒め物。

炒めたてのふーちきなーにはコーレーグスも良く合います。まずはそのままいただきますが、コーレーグスで味変を楽しむのもオススメです。かけすぎは辛くなるので少しずつがいいと思います。

那覇・松山「お食事処みかど」ふーちきなーにコーレーグスをかける。

おかずの味付けはもとより、みかどはごはんの炊き方がとても上手だと思います。お米の一粒一粒が立っていてベタつきを感じません。ここのごはんは特別においしい気がして、すっかりみかどが大好きになりました。

那覇・松山「お食事処みかど」のごはんがおいしい。

味噌汁

食堂の味噌汁、具沢山でおいしいですよね。ここ、みかどでも食べてみました。味噌汁のお値段は550円(2015年12月時点)。青菜が浮いたシンプルなお味噌汁です。

那覇・松山「お食事処みかど」味噌汁(550円)

みかどの味噌汁の具材は、ほうれん草、島豆腐、豚肉、こんにゃく、玉子。沖縄の味噌汁はポークが入ってたりするんですが、みかどは豚肉でした。なので、どことなく豚汁の雰囲気があります。味付けは濃すぎず、ちゃんと出汁がきいててウマいです。

那覇・松山「お食事処みかど」味噌汁の具。

半分ほど食べたところで、玉子を割ります。黄身がとろけて味噌汁がまろやかになり、味変が楽しめます。二日酔いのときも、体が冷えてるときにも、体にしみるお味噌汁でした。

那覇・松山「お食事処みかど」味噌汁に入っている卵は、半熟状態。

すきやき

夜のみかどで夕飯を食べてみました。この日いただいたのは、すきやき(700円、2016年10月時点)です。一般的なすき焼きと、沖縄のすきやきは、ちょっと様子が異なります。まず鉄鍋ではなく、お皿に盛り付けられているんです。味付けは砂糖と醤油で甘じょっぱく煮た感じ。

那覇・松山「お食事処みかど」のすきやき(750円)

お肉も牛ではなく豚。その他の具材はマロニー、青菜、キャベツ、タマネギ、ニンジン、島豆腐、生卵でした。お肉の量は少なめ。具材の半分はマロニーじゃないかってくらい、煮汁を吸ったマロニーがたっぷりと。青菜のシャキッと感もいい感じ。卵を崩すとまろやかになりますが、出汁に溶けてしまうのがなんだか勿体無い。すきやきには汁物が付いてこないようで、この日腕ものはナシでした。

那覇・松山「お食事処みかど」のすきやきに入っているお肉は豚でした

沖縄そば

飲み終わりの23時過ぎに松山を通りかかりました。このところシメラーメン・シメステーキ・シメたこ焼きなどいろいろ楽しんできましたが、初心に戻ってシメの沖縄そばを食べようとみかどに入店。メニュー確認もそこそこに沖縄そば(580円、2019年9月時点)をオーダーしました。

那覇・松山「お食事処みかど」沖縄そば(580円)

熱々のあっさり系スープは、しっかりと出汁を感じます。飲んだ後なので、これが嬉しい。

那覇・松山「お食事処みかど」沖縄そばのあっさり系スープ

麺は平打ちの縮れ麺。このあたりの食堂で、ここまで縮れているのは珍しい気がします。

那覇・松山「お食事処みかど」沖縄そばの麺は平打ちの縮れ系。

沖縄そばのトッピングはかまぼこ2枚、三枚肉2枚、ネギでした。三枚肉は味付けがしっかりして、ほどほどよい柔らかさ。脂身のとろけ具合と赤身の肉質のバランスはよかった記憶です。

那覇・松山「お食事処みかど」沖縄そばの三枚肉は味濃いめ。

沖縄そばにはコーレーグスをお忘れなく。入れすぎると辛くておいしくないけれど、2〜3滴垂らすと味変しておいしいです。添えられた紅生姜を入れて変化を楽しむのも好きです。

那覇・松山「お食事処みかど」沖縄そばにはコーレーグスが良く合う。

ちゃんぽん みかど風

生活様式がすっかり変わってしまったコロナ禍ですが、みかどは変わらず私を受け入れてくれました。実に3年半振りの訪問です。この日わたしは基本に戻って、ちゃんぽん みかど風(800円、2023年1月時点)を食べると決めていました。沖縄のちゃんぽんは麺類ではなく、ごはんの上に卵とじの野菜炒めが乗せられているんですよね。

那覇市松山「お食事処みかど」ちゃんぽん みかど風(800円)

ちゃんぽんはキャベツ・ニンジン・タマネギ・青菜、そしてコンビーフハッシュなどがたっぷりの卵でとじられています。ただのコンビーフではなく、ジャガイモが含まれるコンビーフハッシュというのが沖縄らしいですよね。味付けはそこまで濃くなく、具材の下のごはんもそんなに多くないかな〜と思いきや、結構なボリュームでお腹パンパンです。

那覇市松山「お食事処みかど」ちゃんぽんにはコンビーフハッシュが入っている

一緒に食べに行ったウチナンチュの教えに従い、ここでの味変は一味にしてみました。ちゃんぽんのオイリーさがやや抑えられ、味わいが引き締まるような気がします。この食べ方もよいですね。

那覇市松山「お食事処みかど」ちゃんぽんの味変は一味がオススメ

まとめ

ということで、那覇市松山にある大衆食堂「お食事処みかど」でランチの定食や飲み終わりのシメそばを食べてきました。久茂地〜松山界隈でおいしい定食をいただくなら、みかどで決まりかも。お米の炊き方もおかずの味付けもおいしいし、店内に清潔感があるから、女性ひとりで入店するのも抵抗がありません。昼はサラリーマンが腹ごしらえして、夜は地元客が瓶ビール片手に定食をつまみ、週末は観光客で賑わう。そんなお店です。おいしい定食をたべるなら、ここ、みかどがオススメです。
終わり。

お店の情報

店名 お食事処みかど
住所 〒900-0032
沖縄県那覇市松山1丁目3-18
営業時間 10時~21時半(L.O.21時)
定休日 不定休
駐車場 なし。近隣にコインパーキングあり。


 あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
毎日ビール.jp プロフィールカード用

ユッキー@毎日ビール

沖縄在住のグルメブロガー。観光客向けの定番グルメから、地元民向けのローカル店まで、沖縄グルメを食べ飲み歩きしています。旅とビールが好きで、国内外のグルメ・ビアバーの情報も。時々ライブ遠征・母子旅に出かけてはブログを書いています。

-お肉, すきやき, ランチ, 旧市街エリア, 松山, 沖縄の大衆食堂, 沖縄みそ汁, 沖縄料理, 沖縄本島南部, 沖縄県, 那覇市, 都道府県別, 食べ歩き
-