ビール 居酒屋 昼飲み 松尾 沖縄の禁煙店 沖縄本島南部 沖縄県 那覇市

那覇・松尾「末廣ブルース」モツ肉・おでん・一品料理どれもがウマい秀逸な立ち飲み店。

那覇・松尾の昼飲みスポットに「末廣ブルース」がオープンしました。以前ここには老舗の和菓子屋があり、カーサムーチーを買いに訪れたこともあったのですが2019年夏頃に移転。空き店舗に末廣ブルースがオープンしました。グリーンのネオンと祝儀扇、そして明朝体の末廣の文字。人通りの多いアーケード街から離れ、やや閑静なエリアにゴリッゴリの存在感を放っています。ということで、さっそく末廣ブルースのレポート行ってみよ〜!

那覇・松尾「末廣ブルース」の外観

どこにあるの?営業時間と定休日は?

お店の場所

末廣ブルースは那覇中心地の飲み屋街にあります。アーケード街の平和通り商店街と浮島通りの中間くらいで、近くには仮営業中の牧志公設市場や節子鮮魚店パーラー小やじまいすく家など昼飲みのお店が多数あります。車だと訪れにくいこと、周辺コインパーキングが割高なエリアであることから、ゆいレールやバスなどで訪れるのがベストかなと思います。末廣ブルースに行く=お酒を飲む、でしょうから公共交通機関が便利です。

営業時間と定休日

末廣ブルースの営業時間は月〜土曜は15時〜22時、日曜は15時〜21時です。15時オープンということなので、筆者としては昼飲み店の認識です。定休日は毎週水曜ですが、時々変則的に水曜も営業してたりします。インスタやFBページで毎月の定休日の発表があるので、そちらを確認して訪れましょう。

店内の様子

日が落ちるとグリッグリの目を引くネオンサインがネオアジアを感じさせる末廣ブルース。このお店は栄町で人気のアラコヤトミヤランドリーのオーナー・ヒデキさんと、同じく栄町の人気店・大衆酒場 八六のリョウタさんの共同経営の居酒屋です。店内は立ち飲みカウンターがメインで、一部テーブル席もあります。店内の調度品と昭和な雰囲気は多文化ミックスとでもいいましょうか。トミヤランドリーしかり、ベベベしかり、ヒデキさんのセンスはいつもスゴイ。

那覇・松尾「末廣ブルース」の店内(カウンター席)

メニューについて

末廣ブルースのメニューを確認してみましょう。生ビールはサントリーモルツで、ワッター自慢のオリオンビールは瓶を取り扱っています。また首里のマイクロブルワリー・ウォルフブロイの瓶ビールも提供しています。ハイボールやサワー系、泡盛・芋焼酎・日本酒もあるとのこと。

那覇・松尾「末廣ブルース」ドリンクメニュー

ヒデキさんの系列店が得意としているモツ肉系・炭焼き系メニューも一通り。どれも魅力的!お世辞ではなく、何を食べても間違いなくおいしい。期待して食べに行ってください。

那覇・松尾「末廣ブルース」ホルモンや炭焼きのいろいろなメニュー

冬季はおでんメニューもそろっています。仙台セリ団子とか最高のアテ!但し、そろそろ冬メニューの切り替えだそうで、また寒い時期が訪れるまでサヨナラかも。

那覇・松尾「末廣ブルース」居酒屋的な一品メニュー

その他、一品料理もいろいろと。季節野菜を使ったメニューに、意外と魚も取り扱っていたりして。色々おまかせ盛り合わせもできるみたい。これ、いいね!

那覇・松尾「末廣ブルース」おでんのメニュー

どのツマミもおいしい!食べ飲みレビュー

もうね、どれ食べてもおいしい!だから食べたものを全部レポートしちゃいます。

まずはビール(450円)で乾杯。

何は無くともビールで乾杯。ヒデキさんのお店の樽生ビールはサントリーモルツ(450円)。末廣ブルースも例にもれずモルツでした。これがまたいいんだなー。お子サマーのオレンジジュース(300円)と乾杯です。

那覇・松尾「末廣ブルース」注文したビールはサントリーモルツ(450円)、オレンジジュース(300円)

季節野菜あさづけ(400円)

スターターに注文したのは季節野菜あさづけ(400円)。キュウリにカブにカリフラワー。お漬物って食感が命ですよね。どれもおいしい。

那覇・松尾「末廣ブルース」季節野菜あさづけ(400円)

おでんのポテサラ(400円)

おでんのじゃがいもをポテサラにしたのか、おでんの出汁を繋ぎにしているのか。いずれにしてもおでんの旨味を十二分に楽しめるのが、おでんのポテサラ(400円)です。日本酒や焼酎、泡盛との相性がよさそう。出汁感たまらん。

那覇・松尾「末廣ブルース」おでんのポテサラ(400円)

豚ハツと生牡蠣の青唐タルタル(850円)

大本命、豚ハツと生牡蠣の青唐タルタル(850円)。飲み友達全員にゴリ押ししている末廣ブルースの名物です。芳醇な磯の香りを漂わせるザク切り生牡蠣のタルタルソースに、低温調理の豚ハツを合わせた天才的においしいおつまみ。沖縄県産クレソンもいいアクセント。日本酒や泡盛を合わせたくなります。

那覇・松尾「末廣ブルース」豚ハツと生牡蠣の青唐タルタル(850円)

角ハイボール(400円)

おつまみがおいしいのでドリンクがどんどん減っていきます。角ハイボールでシュワッといきましょ。

那覇・松尾「末廣ブルース」角ハイボール(400円)

上タンたたき(600円)

上タンの串焼きもよいけれど、人数が多ければたたきの状態で提供してもらうのもオススメ。肉汁じゅわっとジューシーで食べ応えあります。

那覇・松尾「末廣ブルース」上タンたたき(600円)

おでん盛り合わせ(1000円)

末廣ブルースではおでんも食べてほしい。人数がいればおでんの盛り合わせ(1000円)がオススメだし、少数なら一品ずつオーダーでもよいでしょう。この日の盛り合わせには定番の大根、トロコンニャク、てびち、仙台セリ団子が載せられていました。てびちのおでんなんて、沖縄らしくて良いですね。仙台セリ団子は香りが特徴的で個人的に大好物。一度は食べてほしいなぁ。また冬に会いましょうね〜。

那覇・松尾「末廣ブルース」おでん盛り合わせ(1000円)

ホタルイカ 木の芽味噌なめろう(700円)

この日のオススメ、ホタルイカ 木の芽味噌なめろう(700円)。木の芽味噌を使った一品で、ほんのり柚子の香りも漂います。ウルイと共に口に入れると、季節は春なのだなぁと改めて感じました。食を通じて四季を楽しめるのもこのお店の特徴ですね。

那覇・松尾「末廣ブルース」ホタルイカ 木の芽味噌なめろう(700円)

色々おまかせ盛り5品(1200円)

色々おまかせ盛り5品(1200円)は、その日の一品料理からいろいろと盛り合わせてくれるメニュー。この日はクレソンのおひたし、ティラジャーの塩茹で、低温調理したレバー、田芋の揚げ物、アンダンスーなど。ちょっとずつ、いろんな種類を食べたい時にオーダーしましょう。提供時に二人分だと言われた記憶なので、このボリュームで2人前かもしれません(酔ってて記憶が曖昧)。

那覇・松尾「末廣ブルース」色々おまかせ盛り5品(1200円)

ホタルイカ串焼(1本500円)

5回もおかわりしたホタルイカ串焼(1本500円)。小さなホタルイカには旨味がギュッと詰まっています。それを軽く炙ると香ばしさも加わって、お酒がどんどん進んでしまう!この日、日本酒を何合おかわりしたのかな。季節ものだと思いますが、見かけたら食べて欲しい。

那覇・松尾「末廣ブルース」ホタルイカ串焼(1本500円)

いわしの山椒梅煮(500円)

いわしと梅の組み合わせ、おいしいですね。そこにピリッとした山椒の実を合わせるなんて粋すぎる!いわしの山椒梅煮(500円)も日本酒にぴったりのアテでした。末廣ブルースは逸品が多くて、お酒好きには天国のようだなぁ。

那覇・松尾「末廣ブルース」いわしの山椒梅煮(500円)

まとめ

ということで、那覇・松尾の昼飲みスポットにある「末廣ブルース」へ行ってきました。店名と家紋が縁起の良さを感じること、そしておつまみがどれもおいしいこと。この2点がそろっていれば十分なのに、なんと昼飲みまでできちゃう完璧さ。素晴らしいと思いませんか。それでいて立ち飲みなので、酔っ払い過ぎない。サイコーですね。店内禁煙で滞在しやすいのも嬉しいです。そのためか子連れで訪れるお客さんが多い気がします。飲兵衛としても、育児中の身としても、最近のオススメとして外せない1軒です。
終わり。

お店の情報

店名 末廣ブルース
住所 〒900-0014
沖縄県那覇市松尾2丁目7-20
営業時間 月〜土曜:15時〜22時/日曜:15時〜21時
定休日 水曜
駐車場 なし。近隣にコインパーキングあり。


あわせて読みたい

  • この記事を書いた人

ユッキー

毎日ビールを飲んでいる。アメリカンペールエール、IPA、セッションIPA、ゴーゼ、ラガーが好き。ビールも人間もちょっぴりクセがある方がいい。

-ビール, 居酒屋, 昼飲み, 松尾, 沖縄の禁煙店, 沖縄本島南部, 沖縄県, 那覇市
-

© 2020 yukipod