沖縄市「アボンダンス」ローフードっておいしい!素材をシンプルに楽しむ、素敵なカフェ。

沖縄市「アボンダンス(raw sweets cafe abondance)」で平日限定のブランチをいただいた

沖縄市の「raw sweets cafe abondance(アボンダンス)」をご存知でしょうか。ヴィーガンとロースイーツのお店ですから、ガッツリめし好きなわたしには縁遠い存在でした。ただ、現在のわたしはガッツリめしでお腹の調子が崩れてしまうので、どんな食事がいいのかいろいろ試している最中。そこでアボンダンスに伺ったところ、食後でも重たくなくて良いなぁと思いました。そんなわけで、アボンダンスのレポートいってみよ〜!

ヴィーガンとロースイーツのカフェ「アボンダンス」について

どこにあるの?

アボンダンスは、沖縄市にある中央パークアベニューの端っこにあるお店です。コザにあるとは知っていたけれど、この通り沿いの端っこも端っこ、一番奥の部分とは思いませんでした。よく通っているのに気付かなかった〜!同じ並びには老舗のチャーリー多幸寿があるので、これを目印にしつつ、さらに3軒進むとお店を見つけられるはずです。

駐車場は?

アボンダンスには専用駐車場がありません。

でも安心してください。近くにある無料の沖縄市中央公共駐車場を利用できます。お店が中央パークアベニューの最も奥なので、沖縄市中央公共駐車場との距離は歩いて3分ほど。めっちゃくちゃ便利です。

沖縄市公式サイトによると、100台以上も駐車可能だそう。ただ、平日の午前中に訪れたわりには、想像以上に埋まっていました。

沖縄市「アボンダンス(raw sweets cafe abondance)」の近くにある無料駐車場

こちらの駐車場は朝10時から利用できます。アボンダンスの営業時間中に無料で使えるのは、とってもありがたかったです。もしここが埋まっていた場合は、近隣の有料コインパーキングに駐車をしましょう。

沖縄市「アボンダンス(raw sweets cafe abondance)」を訪れるなら沖縄市中央公共駐車場が便利

お店の様子

車を置いたら、アボンダンスに向かいました。アボンダンスとは「豊潤、豊穣」という意味のフランス語だそう。同名のハードタイプのチーズもありますね。なんとなく語感がよくって気に入ってます。

沖縄市「アボンダンス(raw sweets cafe abondance)」の外観

店先には営業時間とこの日のオススメが。この日、わたしはオープン時間の11時に入店しました。

沖縄市「アボンダンス(raw sweets cafe abondance)」の入り口に置かれた看板

この空間、いいなぁ。中央パークアベニューを眺める全面ガラス張りに、コンクリの内装。天井からぶら下げられたアンティークな照明も素敵。これ、リノベーションに特化した建築屋さん「kapok」のお仕事なんですよねぇ。穏やかで素敵な雰囲気のお店だなぁと思い、つい長居をしてしまいました。

沖縄市「アボンダンス(raw sweets cafe abondance)」の店内

アボンダンスはローフード、すなわち生で食べられる食事のお店です。ローフードを加熱する場合は48度で調理するそうですけれども、カウンター上には焼き菓子も並んでいました。これ、持ち帰りすればよかったと後悔するほど、おいしそうで!わたしは雑食ですから、非加熱でも加熱でもおいしく食べられればどちらでもよいのです。笑

沖縄市「アボンダンス(raw sweets cafe abondance)」カウンターに並ぶ焼き菓子

店内にはフルーツも飾られて。これはおそらく、スイーツに盛り付けているんだろうな。

沖縄市「アボンダンス(raw sweets cafe abondance)」この日使われていたフルーツ

そしてこのガラス瓶。何かなぁ?と眺めていると、店員さんが「スパイスなどを混ぜたお塩です。量り売りもしていますよ」と声をかけてくださいました。お店ではサラダに使っているそうなので、食べて気に入れば買ってみようと思ったりして。

沖縄市「アボンダンス(raw sweets cafe abondance)」ニュー夜明けのニューソルトも販売している

メニューをチェック!

この日のアボンダンスのメニューです(2023年11月時点)。私が訪れたのは平日でしたから、ブランチの用意がありました。週末はロースイーツとドリンクをメインに提供されています。お店ではワークショップを定期的に行っていたり、オーダーケーキの注文も受けていました。

ちなみに、毎週土曜はプラントベースフードアーティスト「ニュー夜明け」のランチプレートを提供しています。が、ニュー夜明けの方が2024年1月から産休に入っているそうで。ニュー夜明けの方の産休明けするまでは、土曜のランチプレートはアボンダンスのパンサラになるみたい。詳細はアボンダンスのSNSを追ってみてくださいね。

実食!グルメレポート

パンとサラダとローチーズ(平日限定)

わたしはアボンダンスのブランチ狙いで訪れました。こちらは平日限定のパンとサラダとローチーズ(通称パンサラ、単品1000円)。器もよければカラフルな盛り付けも素敵。ローでベジタリアンなプレートです。さてさて、わたしのお腹はどんな反応を示すでしょう。

沖縄市「アボンダンス(raw sweets cafe abondance)」平日限定のパンとサラダとローチーズ(1000円)

担々肉味噌っぽいものが乗せられたトマトに、ひらひらのダイコンやニンジン、キュウリ。胡麻油風味の中華っぽい味付けです。これ、想像以上においしいなぁ。

担々肉味噌はもちろんお肉不使用ですが、クルミを用いることで肉っぽい食感を出してるのだそう。それは全然気付かなかったなぁ。スゴいなぁ。カボチャのシンプルな煮物も添えられて、視覚的にも楽しめます。

沖縄市「アボンダンス(raw sweets cafe abondance)」野菜だらけのおかずがおいしい

グリーンサラダにはニュー夜明けのNEW SALTが使われています。カルダモンの華やかな香りが口内に広がり、すっかり惹きつけられました。これもおいしい!アボカドとNEW SALTの相性も良くて、すっかり気に入りました。よーし、買って帰ろう。

散らされた自家製グラノーラとフレッシュハーブの香りもなんだかいい。グリーンサラダには柑橘系を軽く絞っただけのシンプルな味わいでした。サイドには紫紫タマネギの酢漬け、そしてチアシード入りのキャロットラペも。素材ごとに味付けが異なるので飽きません。

沖縄市「アボンダンス(raw sweets cafe abondance)」サラダにはニューソルとが振り掛けられておいしい

ときはやの季節のカンパーニュは、そのまま食べてもおいしいのです。ドライフルーツにナッツが散らされ、酸味強めのローチーズを乗せると、ドライフルーツの甘さがぽわんと引き出されます。

沖縄市「アボンダンス(raw sweets cafe abondance)」生カシューナッツを発酵させたローチーズをたっぷりパンにのせていただく

このローチーズ、あっさりとしつつも酸味がやや強め。生カシューナッツを使っていると聞かなければ気付きません。パン+ローチーズにアボカドを乗せてみたら、酸味が和らいでよりおいしくなりました。

季節のRawフルーツタルト

食後、お腹に余裕があったので、季節のRawフルーツタルト(800円)を追加しました。この日はブドウと洋ナシのタルト。フルーツも盛り盛りで華やか!こちらのロースイーツは、もちろん加熱しておらず、バターや砂糖も使っていないそう。限られた素材で、どうやってスイーツを作るんだろうと興味をそそられます。

沖縄市「アボンダンス(raw sweets cafe abondance)」季節のRawフルーツタルト(800円)

タルト部分は細かく砕いたナッツ中心。しっとり感と旨味が感じられます。フィリングは硬く、冷凍して固めるようです。頬張ると洋ナシやナッツのシャリ感に、甘さが広がります。

沖縄市「アボンダンス(raw sweets cafe abondance)」プラントベースで非加熱のスイーツでも満足できた

添えられたフルーツは洋ナシ、イチヂク、バナナにキウイ、ブルーベリー、柿、ブドウ2種。旬のフルーツが持つナチュラルな甘さに、ブルーベリーの酸味やブドウの皮の渋み。ロースイーツを前に、味覚が際立ちます。フルーツってこんなに甘かったんだなぁ。

マキネッタ・ラテ

マキネッタ・ラテ(600円)も添えてみました。ミルクは豆乳かオーツミルクを選べたので、この日は豆乳で。コーヒーは一番街にあるアンバーホリックの豆を使ってるそう。マキネッタとは直火式エスプレッソメーカーのことで、専用器具を使えば手軽にカフェラテを作れるようです。コーヒー好きとしてはちょっと気になるので、あとでじっくり調べてみよう。

沖縄市「アボンダンス(raw sweets cafe abondance)」マキネッタ・ラテ(600円)

ニューソルト(持ち帰り)

さて、パンサラですっかり気に入ったNEW SALT。購入して帰りました。瓶入りは60gで800円。帰宅してサラダにかけてみたり、オリーブオイルとともにチーズといただいてみたり。

沖縄市「アボンダンス(raw sweets cafe abondance)」すっかりニューソルを気に入ってしまい、購入して帰った

NEW SALTは、カルダモンやクミン、ターメリック、オールスパイス、タイム、チリ、フェネグリークなどのスパイスやハーフに、カカオニブやアーモンド、カシューナッツなどナッツ類を混ぜ込んだ、オリジナルでエスニックな塩です。これは様々な食べ方ができそう。

水切りヨーグルトにオリーブオイルとNEW SALTをかけて食べるのが、わたしの最近の流行りです。パパッと食べられるおやつ&おつまみなのだ!

まとめ

ということで、沖縄市にある「raw sweets cafe abondance(アボンダンス)」を訪れました。食後、お腹の調子はいたって普通で、がっつりめしを卒業せざるを得ないわたしには合っているみたい。ヴィーガンもローフードも全く興味がなかったけれど、食後が軽いし、ロースイーツを食べた後も早期・後期ダンピングもなくってラクでした。

生野菜をポリポリ、コリコリと食べるのは以前から大好き。素材を活かしつつ、多彩な味付けを楽しめる点がよかったです。「これは何の味だろ?」とイメージを膨らませながら食事するのも楽しかったです。全般的に甘い味付けはほとんどなく、酸味を用いているのが多いようです。そういえば、koba'sのマスターも「料理は、酸味が大事」って言ってたなぁ。

ヴィーガンとローフードのよさを実感したので、これからも体の調子を見ながら時折食べてみようっと。
終わり。

お店の情報

店名 raw sweets cafe abondance(アボンダンス)
住所 〒904-0004
沖縄県沖縄市中央4丁目11-7
営業時間 11時〜18時
定休日 日〜水曜
駐車場 無料の沖縄市中央公共駐車場を利用


 あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
毎日ビール.jp プロフィールカード用

ユッキー@毎日ビール

グルメブログ歴12年、沖縄移住10年。沖縄定番グルメからローカル店まで食べ歩き情報を綴ってます。国内外のビアバーめぐりに、旅・遊びの情報も。クラフトビール歴は16年、ホップの効いたビールが好き。

-カフェ・喫茶店, ケーキ, スイーツ, ランチ, 中央パークアベニュー, 沖縄市, 沖縄本島中部, 沖縄県, 都道府県別, 食べ歩き
-