「TRANS BREWING BEER STAND」札幌の推せるブルワリーがまた増えた!平岸のクラフトビール直営店へ。

札幌・狸小路横丁「TRANS BREWING BEER STAND」テイスティングdセット(4種、1760円)

「平岸のTRANS BREWING(トランスブリューイング)がアツい!」と教えてもらい、BEER BAR THE SAPPORO STARS モユクサッポロ店の後にハシゴしました。向かったのは札幌市豊平区平岸ではなく、狸小路5丁目にある狸小路横丁です。ここは屋台村形式になっている商業施設で、「TRANS BREWING BEER STAND」も出店しているようです。

札幌の狸小路5丁目にできた「狸小路横丁」入り口

TRANS BREWING BEER STANDは月〜土曜は15時から、日曜だけは12時から営業しています。この日はちょうど日曜日で、13時ちょい前にお店に到着しました。狸小路横丁の奥まで進むと…

札幌市南2条西5丁目にある「狸小路横丁」の店内

ありました!こちらがTRANS BREWING BEER STANDです。グリーンの看板が目印。店内の立ち飲みスペースで飲むもよし、狸小路横丁の中央にあるテーブル席に座って飲むもよし。どちらでも大丈夫です。わたしはTRANS BREWINGの方とコミュニケーションをとりたかったので、店内の立ち飲みカウンター席に入りました。

札幌・狸小路横丁に入店している「TRANS BREWING BEER STAND」のお店

ここでひとつ、TRANS BREWINGのご説明を。

TRANS BREWINGは2021年に開業したブルワリー。もともと自動車整備会社を経営していた岡本拓也さんが、クラフトビールにハマってビールの作り方を学び、醸造免許を取得。そうしてTRANS BREWINGが幕開けしたのだそう。現在は、もともと月と太陽BREWINGで活躍されていた、キャプテンこと前田慎一郎さんと共に醸造しています。

そんなTRANS BREWINGのクラフトビールをいただけるのは、今回訪れたTRANS BREWING BEER STANDという直営店。こちらのお店では最大8種類のビールを用意しています。この日は2種類切れていたので、実質6種類から選びました。お店の店長・高橋優人さんに「定番はどれ?」と聞きながら選びました。定番のパブフードも注文できるし、月〜木曜はにせんべろセットなるメニューもあっていいなぁ。

この日、わたしはテイスティングセット(1760円)を注文しました。このセットは好きなビールを4種選べます。カップサイズは各150ml。手前がわたしのセット、奥がK兄のセットです。手前のセット左から、まずは平岸LAGER(ラガースタイル)を。TRANS BREWINGのフラッグシップ的なビールなので、絶対に飲みたいと思っていました。香り・ボディ感がほどよく、アルコール度数も4%と軽め。ドライで飲みやすく、グイグイと入っていきました。

左から2つ目は、ライチの恋心(コンテンポラリーゴーゼ)。これ、札幌産の紫蘇を使っていますが、紫蘇の色がわからないくらい真っ白でした。ライチのエキゾチックな風味と塩気を感じて、とってもおいしかった〜!

左から3つ目は、Hop Wave Pale Ale(アメリカンペールエール)が注がれています。はい、きました、わたし好みのビアスタイル!ホップ感に飲みやすさ。HBC431というホップの華やかな香りに、高いドリンカビリティ。これはおかわり確定です。おいしいなぁ。

そして右のグラスはTRANS LEMON ALE(フルーツエール)です。シチリア産レモン果汁の酸味が爽やかでいい!苦味が苦手な方にオススメですね。アルコール度数4%と軽いので、昼でも夜でもグイグイ飲めちゃいます。

札幌・狸小路横丁「TRANS BREWING BEER STAND」テイスティングdセット(4種、1760円)

ラスポテト(L、440円)は粉末ポテトを練ったポテトフライ。どことなく懐かしい味わいで、ビールに合うんですよね。これをつまむと、横浜のベイブルーイングを思い出します。鈴木真也くんがラスポテトを好きで置いてたっけ。今もあるのかなぁ。

札幌・狸小路横丁「TRANS BREWING BEER STAND」ラスポテト(L、440円)

テイスティングセットを飲み干し、Hop Wave Pale Ale(レギュラー770円)を追加注文。「アツい」という前情報通り、この日飲んだTRANS BREWINGのビール4種は、どれもおいしかったです。確かに、ここは推せるマイクロブルワリーだなぁ。

札幌・狸小路横丁「TRANS BREWING BEER STAND」Hop Wave Pale Ale(レギュラー770円)

ということで、札幌市は狸小路5丁目にある「TRANS BREWING BEER STAND」で飲んできました。狸小路横丁という屋台村形式の飲食店街なので、他のお店からおつまみを持ちよったり、あちこちお店をハシゴしてみたり、そういう使い方をする方が多そうです。

この日、わたしたちが立ち飲みしていると、ビールツウっぽいお客さんが訪れてきました。日曜の正午から営業しているので、昼飲みのスターターにぴったりなんだろうなぁ。TRANS BREWINGのビールはどれも嫌な雑味がなくクリアで、提供しているビアスタイルもラガー・ペールエール・フルーツ系・ゴーゼ・ヴァイツェンとバランスが取れています。アルコール度数も強すぎないので、飲み疲れ知らずでした。またリピートしたいブルワリーがひとつ増えました!
終わり。

お店の情報

店名 TRANS BREWING BEER STAND
住所 〒060-0062
北海道札幌市中央区南2条西5丁目6-1 狸小路横丁内
営業時間 月〜土曜:15時〜22時/日曜:12時〜20時
定休日 不定休
駐車場 なし


 あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
毎日ビール.jp プロフィールカード用

ユッキー@毎日ビール

グルメブログ歴12年、沖縄移住10年。沖縄定番グルメからローカル店まで食べ歩き情報を綴ってます。国内外のビアバーめぐりに、旅・遊びの情報も。クラフトビール歴は16年、ホップの効いたビールが好き。

-クラフトビール, ビアバー, ビール, 北海道, 昼飲み, 札幌市, 狸小路, 都道府県別, 飲み歩き
-