浦添「東江そば 浦添本店」あっさり出汁とぷりぷり麺、軟骨ソーキがウマい!

2016年9月20日

東江そば,浦添,勢理客

浦添・勢理客にある「東江そば 浦添本店」へ行ってきました。東江と書いてあがりえと読みます。沖縄県外の方には馴染みが薄い読み方かもしれませんが、東と書いてあがりとする独特な読み方です。こちらはおいしい沖縄そば屋さんでいつも地元客でいっぱいで、我が家も何度も利用させてもらっています。ということで東江そば 浦添本店のレポート行ってみよ〜!

地元で人気の「東江そば 浦添本店」について

どこにあるの?駐車場は?

東江そば 浦添本店は、浦添市勢理客にあります。交通量の多い国道58号線から少し入った場所で、那覇からもわりと近いです。

建物1階部分は駐車場になっていて、4台分停められます。狭そうでわたしの運転スキルではドキドキしちゃいそうな駐車場です。この上、2階部分に店舗があります。

東江そば,浦添,勢理客

メニュー

東江そば 浦添本店に入ってすぐに券売機があります。そばのメニューはこんな感じ。メニューは店名がついた東江そば、三枚肉そば、野菜そば、軟骨ソーキそば、本ソーキそばなど。そばのサイズは中と大から選べます。塩焼きそばや冷やし中華そばがあるのは特徴的でしょうか。じゅーしーや餃子もあるようです。

浦添市勢理客「東江そば 浦添本店」のメニュー(2021年11月)

我々のオーダーはこちらの3点。店員さんが食券を受け取り、注文完了です。

東江そば,浦添,勢理客

店内の様子

東江そば 浦添本店の店内には、畳が敷かれた小上がりと、テーブル席、そしてカウンター席もあります。場所柄でしょうか、観光客よりも地元のお客さんがいっぱい食べに来る沖縄そば屋さんです。お子さん用の椅子なんかも用意されていて、地元感に溢れています。最近はこういうお店の方が落ち着くなぁ。

東江そば,浦添,勢理客

実食!グルメレポート

東江そば

食券を渡してから5〜6分ほどでしょうか。混雑の割に比較的スムーズに注文の東江そば(中サイズ、730円)がやってきました。

東江そば,浦添,勢理客

まずは、店名を背負ったメニュー・東江そばからいただきましょう。

東江そば,浦添,勢理客

まずはスープをいただきました。カツオ出汁が効いたアッサリ系。スープに色が付いてますが、そんなに濃い口ではありません。

東江そば,浦添,勢理客

麺は縮れの中太麺。柔らかめなので、プリッよりモチッとした食感が強いです。そばのサイズを中にしたのですが、わたしのように色が太いと中ではなく大、或いはじゅーしーをセットにする事をオススメします。麺はそれほど多くないので、簡単に食べきれるはず。

東江そば,浦添,勢理客

東江そばには3種類のお肉がトッピングされています。お肉は向かって左から本ソーキ、三枚肉、軟骨ソーキ。この3種類のお肉が乗っている事が東江そばの特徴ですね。その他の具材は、かまぼこ、錦糸卵、ネギです。

東江そば,浦添,勢理客

硬い骨が付いた本ソーキは、骨がスッと抜けるほど柔らか。肉の部位特有の臭みがありますが、それも紅生姜とコーレーグスで旨味に変わります。三枚肉も柔らかで味はアッサリ薄めです。わたしのイチオシは、トロトロの軟骨ソーキ。コッテリ感と紅生姜との相性が良く、コーレーグスをかけてもおいしいです。スープとそばがあっさり系なので、コッテリの軟骨ソーキとのバランスも良かったです。

東江そば,浦添,勢理客

既に書いてますが、沖縄そばには紅生姜やコーレーグスなどの味変要員が必須です。これらを入れると旨味が更に増すわけですから!

東江そば,浦添,勢理客

東江そばのカツオ出汁スープにコーレーグスを入れると、より一層おいしくなりました。ちょいとピリ辛になって、全体の味も締まります。

東江そば,浦添,勢理客

手作り餃子

お次は、手作り餃子(5個、260円)です。見るからに餡がしっかり入っています。焼き目もしっかり。どうやら皮も餡も手作りみたい。

東江そば,浦添,勢理客

パクッと食べてみると、皮は薄くて柔らか。餡もしっかり練られている感じ。みじん切りの野菜がところどころに見えています。あじくーたーでおいしかったです。

東江そば,浦添,勢理客

野菜そばと平日ランチ限定半じゅうしー

この日のオーダーは、野菜そば(中、650円)と半じゅうしー(50円)。

浦添市勢理客にある「東江そば 浦添本店」で野菜そば(中、650円)と半じゅうしー(50円)。

野菜そばの上にはキャベツ、タマネギ、もやし、ニンジン、豚肉を炒めてトッピングされています。野菜のシャキシャキ感が残る状態で、食感も楽しめるし、東江そばのあっさりスープに野菜の旨味が溶け込んでウマい!

浦添市勢理客「東江そば 浦添本店」の野菜そば(中、650円)。

麺はツルモチ食感で好みのタイプ。この麺はお子サマーも好評で、ツルツルーっと食べてました。

浦添市勢理客「東江そば 浦添本店」の麺はツル・モチでおいしい。

スープが熱々のうちに、コーレーグスを投下。味変はこれって決めています。野菜の旨味とあっさりスープ、そしてコーレーグス。最高の組み合わせでした。

浦添市勢理客「東江そば 浦添本店」の野菜そばのスープに、コーレーグスをいれていただく。

こちらは、平日ランチタイム限定の半じゅうしー(50円)です。半サイズというか、お茶碗にたっぷり一膳入ってます。お肉がゴロゴロ入り、昆布と野菜もたっぷりでおいしく炊きあがっています。そばのスープに浸してもウマい。平日ランチ限定で50円なので、台風以外ではこの価格ではいただけません。通常サイズ・通常価格は200円で提供していますよ〜。

浦添市勢理客「東江そば 浦添本店」の平日ランチタイム限定の半じゅうしー(50円)

東江そばにはキッズメニューはなさそうでしたが、お箸や食器類、麺カッターなどは貸し出ししてもらえます。ありがたい!

浦添市勢理客「東江そば 浦添本店」にはキッズメニューはないものの、食器類・麺カッターなどは貸し出ししてもらえる。

軟骨ソーキそばとじゅうしー

久しぶりの東江そばは、軟骨ソーキそば(大、790円)とじゅうしー(200円)にしました。

浦添市勢理客「東江そば 浦添本店」の軟骨ソーキそば(大、790円)

自家製のぷるぷる麺がおいしくて、ずっとすすっていられるほど。あっさりのスープも相変わらずのウマさで、カツオと昆布系のすっきりな味わいです。年を取ってもおいしいって最高にありがたい。

浦添市勢理客「東江そば 浦添本店」軟骨ソーキそばの麺

じゅうしーは残ったスープと一緒に食べてもいいし、もちろんこのまま掻き込んでもおいしかった〜!

浦添市勢理客「東江そば 浦添本店」じゅうしー(200円)

まとめ

ということで、浦添・勢理客にある「東江そば 浦添本店」でランチを食べてきました。あっさりスープとモチモチ麺、そこにトロトロの軟骨ソーキという組み合わせが一番のお気に入りです。いつ訪れても混雑しているお店なので、ランチタイムを早めか遅めでズラして訪れることをオススメします。
終わり。

お店の情報

店名東江そば 浦添本店
住所〒901-2122
沖縄県浦添市勢理客2丁目1-36
営業時間平日:11時~16時/土日祝;11時~17時(売り切れ次第閉店)
定休日年始
駐車場建物1階部分に4台ほどあり


 あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ランチ, 勢理客, 沖縄そば, 沖縄料理, 沖縄本島中部, 沖縄県, 浦添市, 都道府県別, 食べ歩き
-