那覇・松尾「ピンチョス チキート」おしゃれな上にプチプラでつまめるスペインバル!

那覇市松尾「ピンチョス チキート(‪Pintxo CHIQUITO)」のMV

沖縄移住後、スペインバルが少ないな〜なんて思っていたら、松尾の昼飲みスポット近くに新しくお店ができました。それが今回のブログ、「ピンチョス チキート(‪Pintxo CHIQUITO)」というお店です。こちらはトラットリア ソメヤの姉妹店で、訪れる前から絶対おいしいだろうと期待値MAX。この記事を書きながらも、いつ再訪問できるか楽しみで仕方ありません。それではピンチョス チキート(‪Pintxo CHIQUITO)のレポート行ってみよ〜!

ピンチョス チキート(‪Pintxo CHIQUITO)について

どこにあるの?駐車場は?

ピンチョス チキート(‪Pintxo CHIQUITO)は那覇市中心部の飲み屋街ともいえる松尾にあります。浮島通りと牧志公設市場に挟まれ、周辺にはわたしの好きなお店が集まっています。以前この場所にはしぶパンがありましたが、2020年2月にピンチョス チキート(‪Pintxo CHIQUITO)がオープンしました。お店の駐車場はおそらくありませんが、浮島通り沿いにコインパーキングがいくつもあるので、車で訪れる場合はそちらを利用するとよいでしょう。

お店の様子

ピンチョス チキート(‪Pintxo CHIQUITO)は赤を主体に黄色と白の色使いで、なんだか元気になる感じ!さっそく店内へと伺ってみましょう。

那覇市松尾「ピンチョス チキート(‪Pintxo CHIQUITO)」の外観

外観とは一転して、店内は濃いブルーが基調。繊細かつカラフルなお皿の装飾が目に飛び込んできました。こんなオシャレなお店なんてとても久しぶりで、エモーショナルな言葉が浮かばない... 調べたところ、美食の街・サンセバスチャンをイメージした店内だそうです。那覇中心部、しかも昼飲み・せんべろスポット間近でこの空間はなかなか。それでいて気取らず入店しやすいという素敵すぎる!

那覇市松尾「ピンチョス チキート(‪Pintxo CHIQUITO)」の店内客席(カウンター席、テーブル席)

メニューのご紹介

この日のピンチョス チキート(‪Pintxo CHIQUITO)のメニューです。まずはドリンクから。ビールやスペイン風カクテル、サングリアの他、食前酒にも向いてそうなシェリー酒もありました。

那覇市松尾「ピンチョス チキート(‪Pintxo CHIQUITO)」ドリンクメニュー

こちらのフードは定番メニューです。スペイン風の冷製タパス・温製タパスはお手頃価格の200円からいただけます。

那覇市松尾「ピンチョス チキート(‪Pintxo CHIQUITO)」定番メニュー(タパス類)

揚げ物系、鉄板焼き系、そしてデザートもありました。バスクチーズケーキが気になる!

那覇市松尾「ピンチョス チキート(‪Pintxo CHIQUITO)」定番メニュー(フリット、プランチャ類)

そしてこの日の黒板メニュー。ピンチョスやオススメ品、それにグラスとボトルのワインが記載されていました。スペインバルではワインも飲みたいな〜!

那覇市松尾「ピンチョス チキート(‪Pintxo CHIQUITO)」のこの日のオススメメニュー

実食!グルメレポート

1杯目、エストレージャ・ダムというスペインの瓶ビールをいただきました。ビールブログですから、まずは黄金色の泡で喉を潤さねばですね。

那覇市松尾「ピンチョス チキート(‪Pintxo CHIQUITO)」ビールはエストレージャダムをいただく

サッカーに詳しい人ならご存知かもしれませんが、エストレージャ・ダムはFCバルセロナ公式ビールなんですって。それくらい現地では親しまれている銘柄なのでしょう。ホップの特徴よりも麦芽の風味が強いタイプに思いました。

那覇市松尾「ピンチョス チキート(‪Pintxo CHIQUITO)」エストレージャダムのラベル

お次はお手軽価格のピンチョス!この日は5種類のピンチョスが用意されていたので、サーモンとクリームチーズとイカのミートソース(各200円)を選びました。バゲットの上においしいトッピングがたまりません。

那覇市松尾「ピンチョス チキート(‪Pintxo CHIQUITO)」ピンチョス2種(サーモンとクリームチーズ、イカのミートソース、各200円)

こちらのイカのミートソース、めっちゃおいしかった!ゴロゴロカットのイカに濃厚なイカスミ系のソースがたまらんのです。かーなーりーオススメ。もし見かけたら絶対食べて欲しいなぁ。これをつまみながら、ワインが欲しくなりました。

那覇市松尾「ピンチョス チキート(‪Pintxo CHIQUITO)」ピンチョス2種(サーモンとクリームチーズ、イカのミートソース、各200円)

こちらは銀鱈のアヒージョ(600円)。熱々のオイルにふわっと柔らかな銀鱈!

那覇市松尾「ピンチョス チキート(‪Pintxo CHIQUITO)」銀鱈のアヒージョ(600円)

オイルにはバゲットをひたしていただくのもウマい!途中で足りなくなり、バゲットおかわりの相談をしたところ、店員さんが快く対応してくださいました。幸せやー!

那覇市松尾「ピンチョス チキート(‪Pintxo CHIQUITO)」銀鱈のアヒージョのオイルがおいしくてパンをおかわり

さくっとつまんでハシゴ酒しようかなと思っていたのですが、お料理がおいしいので長居にチェンジ。グラスワインの白、オヴェハ・ブラン(グラス500円)を注文し、がぶがぶいただきます。

那覇市松尾「ピンチョス チキート(‪Pintxo CHIQUITO)」の白ワイン、オヴェハ・ブラン(グラス500円)

白ワインにはボケロネス(自家製イワシの酢漬け、450円)を。とろりと柔らかなイワシ!酢漬けというので相当すっぱいっものと思って口に運びましたが、実際はそんなことなく。マイルドで優しい酸味が印象深い一皿でした。ピンチョス チキート(‪Pintxo CHIQUITO)の名物です。

那覇市松尾「ピンチョス チキート(‪Pintxo CHIQUITO)」ボケロネス(自家製イワシの酢漬け、450円)

グラスの赤もいただきます。オヴェハ・ティント(グラス500円)です。先ほどの白と同じワイナリーのようですね。スペインのワインはわたしの味覚にあうので、若い頃から好んで飲んでいます。スペインバル大好き!

那覇市松尾「ピンチョス チキート(‪Pintxo CHIQUITO)」オヴェハ・ティント(グラス500円)

この日のお料理はアハボンディガス(スペイン風肉団子、600円)でシメ。肉団子の中にナッツが入り、食感とコクが増していました。酔っ払ったわたしの頭にはわーい、THE外国のお料理だー!とメモリーされました。

那覇市松尾「ピンチョス チキート(‪Pintxo CHIQUITO)」アハボンディガス(スペイン風肉団子、600円)

シメの一杯は、スペイン産 ジンアンドトニック(550円)です。これもガブガブ飲めちゃうおいしいお酒。最近クラフトジンなども流行っていますが、スペインのジンで作ったであろうジントニック、おいしいです!

那覇市松尾「ピンチョス チキート(‪Pintxo CHIQUITO)」スペイン産 ジントニック(550円)

まとめ

ということで、那覇市松尾のスペインバル「ピンチョス チキート(‪Pintxo CHIQUITO)」に行ってきました。200円から用意されたプチプラのピンチョスはもちろん、その他のスペイン料理もしっかりおいしかったです。おひとりさまはもちろん、2〜3人くらいで飲みに行くのがちょうどいいお店ですね。お料理はもちろん、お酒にも大満足。ハシゴ酒がしやすい立地、そして店内の雰囲気もドンピシャでツボりました。リピートしたいお店がまたひとつ増えちゃったなぁ。
終わり。

お店の情報

店名‪ピンチョス チキート(Pintxo CHIQUITO)
住所〒900-0014
沖縄県那覇市松尾2丁目6-18
営業時間18時〜25時
定休日水曜
駐車場なし。近隣にコインパーキングあり。


 あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-スペイン料理・スペインバル, ビール, 松尾, 沖縄の禁煙店, 沖縄本島南部, 沖縄県, 洋食, 浮島通り, 那覇中心部エリア, 那覇市, 都道府県別, 食べ歩き, 飲み歩き
-