ユインチホテル南城のキャンプ場はアウトドア初心者やファミリー利用に安心。

2020年12月2日

ユインチホテル南城のキャンプ場のMV

ユインチホテル南城の敷地内にあるキャンプ場を利用してみました。沖縄本島にはキャンプ場がいくつもありますが、ホテル併設のキャンプ場はここくらいなのでは?と思ったりしています。ホテルの他サービスとの兼ね合いもありますし、自然を愛するキャンパー向けではないかもしれません。一方で、ファミリーキャンプとしては安全性の高さと使い勝手の良さを感じました。ということで、ユインチホテル南城のキャンプ場レポート、行ってみよ〜!

ユインチホテル南城のキャンプ場について

どこにあるの?

ユインチホテル南城のキャンプ場は、沖縄本島南部の都市・南城市にあります。ユインチホテル南城は高台にあるため、海遊びはできませんが、代わりに眺めがとても良いです。また夏場はユインチホテル南城のレジャープールの利用が楽しめますし、通年通して屋内プール、バギーや各種アクティビティを行えます(いずれも有料)。ホテル利用は観光客や団体客が多いと思いますが、キャンプ場はもちろん地元民だらけでした。

ユインチホテル南城のマップです。左右に細長い敷地には向かって右側に宿泊棟、天然温泉などがあります。キャンプ場は左側にありました。

ユインチホテル南城のマップ(2020年10月時点)

キャンプ場の1泊料金

ユインチホテル南城のキャンプ場は1泊1張で以下の料金です。こちらは2020年12月時点の情報です。最新情報は公式サイトまたは現地に直接お問い合わせくださいl。

平日(月〜木曜)2000円/泊
金〜日曜、祝日・祝前日2500円/泊

チェックイン/チェックアウト

ユインチホテル南城のキャンプ場のチェックインとチェックアウト時間です。こちらも2020年12月時点の情報のため、最新情報は公式サイトまたは現地に直接お問い合わせくださいl。

チェックイン15時
チェックアウト11時

ホテル併設ならではの事情

みなさんもご存知の通り、こちらのキャンプ場はチェックイン時間が遅めで15時となっています。また、キャンプ場の受付時に「チェックアウトは11時だけど、10時までに駐車場から出てほしい。チェックアウトは11時なのだけど、その場合は車を先に別の場所へ移動して荷物を搬出してほしい」と言われました。

チェックインが遅いのも駐車場から早く出るよう促されたのも、ホテル併設のキャンプ場ならではの事情があるようです。バギーのコースとキャンプ場に行き来する細い通路は共有となっていて、この細道がすれ違い通行できないために遅いチェックイン・早められるチェックアウトを求められるのだと現地を訪れて理解しました。何事も優先順位は必要ですから、単価的にバギーを優先しキャンパーは不遇となっても致し方ないと思います。

スポーツ棟で受付を行う

キャンプの受付は、ユインチホテル南城のスポーツ棟で行います。スポーツ棟の駐車場が狭く、受付するにもどこに車を停車しようか少し困りました。我が家はわたしが車から降り、ご主人サマーとお子サマーは車でドライブに消えました。

ユインチホテル南城のキャンプ場を管理しているスポーツ棟

チェックイン時間より早めに到着してしまったため、手続きだけでも早めに済ませらるか確認したところOKとのこと。ただしバギー通行の関係から、キャンプ場近くの駐車場にはバギーが戻ってきてからじゃないと入れないとのことでした。

ユインチホテル南城のスポーツ棟でキャンプの受付を行う

支払いを済ませ、キャンプ場の案内を受けます。通常は15サイト用意しているそうですが、新型コロナウイルスの関係から密を避けるため、間引いて5サイトくらいの利用に止めているようでした。サイトの場所指定は予約時の先着順、あるいは当日の空き次第で選べるようです。我が家は受付のタイミングで希望の場所を指定しました。

ユインチホテル南城のキャンプ場のサイト区画(2020年10月)

キャンプ場エリアへの向かい方

キャンプ場へ車で向かう方法がわかりにくかったため、こちらで少し触れておきます。メインゲートからスポーツ棟に向かう途中、こちらのくだり坂を降りて向かいます。ユインチホテル南城にはいくつか建物がありますが、センター棟とスポーツ棟の間にある坂道です。

ユインチホテル南城のキャンプ場に向かう道

一応看板も出ているのですが、「キャンプ場」の文字が消えているため、よっぽど注目していないと目に留まらないと思います。

ユインチホテル南城の看板はあれど、キャンプ場の文字が消えてしまっている

看板の矢印が示すように坂道を下り、突き当りを左折します。レジャープールの奥にある一車線の通路を通るような感じです。普通車1台が通れるサイズ感で、バギーのコースと対面したらすり抜けられないだろうなぁ。

ユインチホテル南城のキャンプ場に向かう細い道

ガタゴトと暫く進むと、道路が開けてゴールに到着です。キャンプ場(グラウンドゴルフBコース)の看板が出ているはず!

ユインチホテル南城のキャンプ場はグラウンドゴルフBコースと兼用している

キャンプ場施設の詳細

キャンプ場の全貌

ユインチホテル南城のキャンプ場は、グラウンドゴルフBコースと兼用になっています。なるほど、と思いました。グラウンドゴルフやパークゴルフは大きな石などもなく、芝が適度に生えそろい、土も程よく柔らかいでしょうからテントを張るのに向いていると思いました。この写真は15時頃の撮影です。奥の生い茂った木は西側で、太陽の傾きとともに影が大きくなって西日を免れることができました。これはアリ!

ユインチホテル南城のキャンプ場はコンパクトサイズ

キャンパー専用駐車場

こちらはキャンプ場利用者向けの駐車場です。ユインチホテル南城では、キャンプサイトへの車の乗り入れができません。こちらから荷物を抱えて移動、あるいはキャリーカートなどに積み込んで運ぶ必要があります。写真の左手側にありキャンプ場があります。土手のように少し高くなっているので荷物の搬入にやや苦労するかもしれません。この写真右側に映り込む銀色シートはホテル所有のバギーです。この周辺を避けて停車しました。

ユインチホテル南城のキャンプ場の駐車場

サイト区画のサイズ感

ユインチホテル南城の公式サイトによると、サイトサイズは3m×3mです。写真のように赤い境界標が打たれているので、それを目印に隣のサイトと線引きするとよいでしょう。ヨコの境界線は目安がありますが、タテはありません。他のサイトを見るとタテに長く使うキャンパーが複数おりました。テント1張+タープ1張くらいなら問題なさそうです。

ユインチホテル南城のキャンプ場で最も端の1番サイトを利用した

トイレの様子

ファミリーキャンプを楽しむ我が家としてはトイレ完備が安心です。

ユインチホテル南城のキャンプ場のトイレ(外観)

トイレは明るく、こどもが怖がらずに利用できます。水洗でトイレットペーパーもありました。

ユインチホテル南城のキャンプ場のトイレ(トイレットペーパーの設置された個室)

炊事場

炊事場もありますが、食器洗い洗剤・スポンジはありませんので自宅から持ち込みが必要です。また、かまどはありません。こちらで調理する場合はカセットコンロ などをテーブル場に置いて調理しましょう。

ユインチホテル南城のキャンプ場の炊事場

休憩所と自販機

グラウンドゴルフの休憩所として設置された休憩所ですが、キャンプ場利用者も使えます。キャンプ場から最も近い自販機はこちらとなります。

ユインチホテル南城のキャンプ場の休憩スポットと自販機

設備がない・使用できないもの

レンタル品は一切ない

一般的なキャプ場にはテントや寝袋などのレンタル品があるものです。ですが、ユインチホテル南城のキャンプ場にはレンタル品の用意が一切ありません。テントもタープも寝袋類も自分で用意しなければなりません。ホテル併設のキャンプ場ですから、キャンプ用品の管理までできないのは仕方ないかと思います。

シャワーがない

ユインチホテル南城のキャンプ場にはシャワーがありません。お風呂には入らずそのまま帰るか、ユインチホテル南城の天然温泉さしきの猿人の湯を使いましょう。わたしが訪れた日は炊事場の蛇口にホースがつなげられ、簡易シャワー的に使えるようになっていました。これだと冷水しか出ないため、寒い時期は厳しそうですね...

電源(オートサイト)がない

ユインチホテル南城のキャンプサイトは電源なしばかりです。発電機なども利用できないと思います。オートサイトのように電源を求めたい場合は、車で充電したりポータブル電源を用意した方がよさそうです。

木炭・焚火は使用不可

予約する際に確認したところ、ユインチホテル南城のキャンプ場では木炭や焚火の利用はNGで、お料理はカセットコンロやバーナーで行うよう案内を受けました。ホテル敷地内のキャンプ場ですし、安全面優先で色々と制限があるのかもしれませんね。

かまどがない

木炭の利用ができないため、炊事場にかまどはありません。かまどがなくても我が家は平気ですが、かまどを利用したい方には不向きなキャンプ場かもしれません。

我が家のキャンプレポート

テントの設営

15時にチェックインにチェックインし、キャンプ場内でテントを張りだしたのが諸々あって15時半頃、そこから荷物搬入、テント1張、テーブル、イスなどを出し終わったのが16時半過ぎでした。テントを張っている途中から腰が痛くなり、立ち座りに支障が出たのが今回の反省点です。

ユインチホテル南城のキャンプ場でテントを張るのに60分を要した

設営が終わったらビールで乾杯。日の暮れる前から最高。

ユインチホテル南城のキャンプ場で乾杯

虫取りと遊び場

ビールを飲んでいるとキリギリスがやってきました。

ユインチホテル南城のキャンプ場のキリギリス

この日のユインチホテル南城はバッタやキリギリスが多かったです。他のテントのお兄ちゃんとグラウンドで遊び始め、あっという間にバッタを捕まえられるようになりました。あー、そろそろ意を決して虫かごを用意しましょうかね(カーチャンは虫や昆虫が苦手)。

ユインチホテル南城のキャンプ場で最も端っこを利用したため、真横はパークゴルフ場で開放感があった

この日の荷物とキャンプ飯

この日の荷物。無印良品の頑丈収納ボックス(大)にギアを詰め、ビールと食材をパンパンのクーラーボックスの他は細々と。まだギアが買いそろっていないし、小物もバラバラと統一感がない感じ...

ユインチホテル南城のキャンプ場を訪れた際の荷物

食事はだいぶ手抜きでパックごはんをお湯で温める系。アウトドアグッズを集めながら、防災グッズとしても流用できるのが便利だなーなんて思ったりします。

ユインチホテル南城のキャンプ場の夕飯時にパックごはんを温める

まだ日も落ちる前から焼肉を始めます。炭火NGのキャンプ場なので、カセットコンロに焼肉プレートを乗っけてます。手軽で便利だねー。

ユインチホテル南城のキャンプ場での夕飯(カセットコンロで焼鳥や焼肉)

お肉はふるさと納税で届いた宮崎県産の和牛です。

ユインチホテル南城のキャンプ場に持って行った宮崎牛のパック

食べながら、上空を行きかう国内線飛行機を眺めました。沖縄本島南部なので旅客機の往来を楽しめます。音も気になりません。

ユインチホテル南城のキャンプ場上空を飛ぶ飛行機

日が暮れて、子どもは冒険に

あっという間に日が暮れて。ミニサイズのLEDランタンを点灯します。

ユインチホテル南城のキャンプ場の夜の様子

日が落ちた後の他サイトの様子を。キャンプ場としてのサイト数はけっこうあるように見えますが、過密を避けるため間引いての運用をされているようです。隣との距離もあって、これはこれで悪くない。

ユインチホテル南城のキャンプ場、夜に灯る各サイトのテント

夜、別サイトのおにいちゃんが冒険に連れて行ってくれました。お子サマーもランタンを持ちながらハイビスカス探しを楽しみます。

ユインチホテル南城のキャンプ場で仲良くなった子とランタンを持って探検に出かける

真っ暗ではないけれど、ランタンを持ち歩かなければこどもがどこにいるのかわかりません。

ユインチホテル南城のキャンプ場と夜の空

他のテントのおにいちゃんが蛍光ブレスレットをおすそ分けしてくれました。なるほど!これを付けていると暗がりでもどこにいるかわかりますね。いいアイデア!

ユインチホテル南城のキャンプ場で使い捨ての蛍光ライトのありがたみを知る

起床と温泉

ひとしきり遊んだ翌朝。体が痛くて置きました。グラウンドの芝生があれば何とかなるかなーと思ったけれど、地面に寝袋直置きはさすがに体が痛くてよく眠れませんでした。後から聞いたところ、お子サマーも「からだがいたい」と言っていたとのこと。これは改善が求められます。

ユインチホテル南城のキャンプ場で迎える朝

ご主人サマーとお子サマーが寝ている間に、冷えた体を温めようと天然温泉さしきの猿人の湯にやっていました。

ユインチホテル南城のキャンプ場に泊まるならお風呂は猿人の湯を利用したい

天然温泉さしきの猿人の湯は沖縄では珍しい天然温泉です。高台から沖縄の海を見下す絶景がユインチホテル南城の名物でもあります。茶色くとろみを感じるような泉質でした。いくつかの浴槽があり、温度も違いがあり、年齢問わず楽しめそうです。通常価格は大人1650円ですが、タオル持ち込みプランだとか朝割だとかで300~400円ほど安く利用できます。キャンプ場利用者のお得なクーポン的な割引はなさそうでした。

ユインチホテル南城の猿人の湯の詳細が書かれたパンフレット

サクッと簡単に朝ごはん

お風呂に入った後、朝食を作りました。前夜の残りの野菜やパックごはんをガーッと炒めたチャーハンです。手抜き飯でもアウトドアならおいしいはず!

ユインチホテル南城のキャンプ場での朝ごはんは残り物を炒めたチャーハンだった

まとめ

ということで、ユインチホテル南城に併設されたキャンプ場を利用してみました。利用時間も15時~実質10時と短く、炭火や焚火はNGなのでアウトドアの魅力は半減かもしれません。車の横づけもできないため荷物の搬入搬出も大変かもなぁ。レンタル品がないのも初心者向けとは言えないかも。

その一方で、安全面では不安を感じないキャンプ場のため、ファミリー層にはピッタリだと思いました。キャンプ場の敷地そのものが狭く、また目の届く範囲で遊んでもらえるような地形ですから、我が家のように急に走って行方不明になりがちな子どもを抱えるご家庭にもオススメです。また那覇市内から30分もかからずに到着しますし、気軽にアウトドアを楽しむには悪くないと思いました。

コロナ禍とあって利用者数はかなり絞っているようですが、今回予約できてよかったです。テントを張る練習にはピッタリだったなぁ。
終わり。

お店の情報

店名ユインチホテル南城
住所〒901-1400
沖縄県南城市佐敷新里1688
営業時間24時間(管理棟)
定休日不定休
駐車場キャンプ場専用の駐車場あり


 あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ユッキー

毎日ビールを飲みながら、沖縄グルメや遊び、旅のブログを書いてます。ホップの効いたビールが好き。北海道→東京→横浜→沖縄移住8年目。

-おでかけ, アウトドア, レジャー・外遊び, 南城市, 沖縄本島南部, 沖縄県, 都道府県別
-