那覇・久茂地「カラカラとちぶぐゎー」泡盛マイスターがいる泡盛と沖縄料理のお店。

2020年7月13日

少し前に、那覇市久茂地の「カラカラとちぶぐゎー」へ行きました。こちらには泡盛マイスターがおり、古酒とそれによく合う沖縄料理をいただけるお店とのこと。複数の情報筋からオススメされて気になっていたのですが初訪問となります。国際通りも近いので観光客も多そうですが、泡盛好きな地元客に根強く支持されているような印象を持っています。

那覇・久茂地「カラカラとちぶぐゎー」の外観

店内には泡盛の瓶がズラリと並べられたカウンターが飛び込みます。テーブル席や個室もあって、この日は個室を利用しました。お店のご夫婦はともに泡盛マイスターだそうです。となると、カラカラとちぶぐゎーはカウンターに座って会話するのが楽しいそうだなぁ。次回は1〜2名でカウンターに入ろう。

那覇・久茂地「カラカラとちぶぐゎー」の店内

まずは喉を潤そうとビールを注文。カラカラとちぶぐゎーのビールはオリオンドラフト(500円)でした。お通しも豪華で、この日はもずく入り卵焼き、鶏肉、魚、ゴーヤー、タコの酢味噌など6種類ほど盛られていました。この豪華さですから、たぶん500〜600円じゃないかなぁ。

那覇・久茂地「カラカラとちぶぐゎー」ビールはオリオンドラフト(500円)とお通し

カラカラとちぶぐゎーのフードメニューを確認してみましょう。カラカラ味煮会席というコース料理から鮮魚、旬の食材を使った本日のおすすめ、ひとり鍋などがあります。

那覇・久茂地「カラカラとちぶぐゎー」のメニュー(その1)

地魚はお刺身でいただけるし、ちゃんぷるーやお店のオリジナル料理、泡盛に合う一品料理なども食べられます。カラカラとちぶぐゎーって泡盛バーかなと思っていたけれど、沖縄料理居酒屋っぽい感じでもあるんですね。お店の雰囲気もよいですし、このフードメニューなら内地からのお客さんと一緒に訪れたい感じ。

那覇・久茂地「カラカラとちぶぐゎー」のメニュー(その2)

会社のみなさんに許可をいただきつつおつまみを撮影。まずは県産カツオたたき(700円)です。沖縄はカツオもよくあがるので、こうして地魚としてカツオのたたきも食べられるんですよね。薬味たっぷりでおいしかった。

那覇・久茂地「カラカラとちぶぐゎー」県産カツオたたき(700円)

こちらは揚げだしじーまみー豆腐(700円)。ピーナツを使ったモチモチ食感のじーまみー豆腐を揚げ出しにするなんて!と驚いたのは、栄町のうりずんだったかな。メニューで見かけたら食べてみたくなる一品だと思います。

那覇・久茂地「カラカラとちぶぐゎー」揚げだしじーまみー豆腐(700円)

海ぶどうがこんもり盛り付け、鮮魚を使った海鮮海ぶどうサラダ(850円)。ビジュアル的にも観光客ウケがよさそう。海ぶどうのプチプチとした歯応えと、ミネラルを感じつついただきます。ボリュームがそんなに多くないので、ひとり飲みでも余すことなく食べられそう。

那覇・久茂地「カラカラとちぶぐゎー」海鮮海ぶどうサラダ(850円)

スーチカーの石垣島ラー油炒め(750円)も注文しました。こちらはカラカラとちぶぐゎーのオリジナル料理。スーチカーも石垣島ラー油も馴染み深いですが、2つを組み合わせるなんて考えたことなかった!

那覇・久茂地「カラカラとちぶぐゎー」スーチカーの石垣島ラー油炒め(750円)

最後はふーちゃんぷるー(750円)でシメました。ちゃんぷるーは色々あるけれど、昔からコレがお気に入り。お麩好きはお試しあれ。

那覇・久茂地「カラカラとちぶぐゎー」ふーちゃんぷるー(750円)

ということで、那覇市久茂地にある「カラカラとちぶぐゎー」に行ってきました。このお店でわたしはひとつ過ちを犯しました。せっかく泡盛マイスターがいるお店なのに、一滴も泡盛を飲んでいない!無意識だったんですけれど、こんなことってあるんだ...。久し振りに久茂地に出たのでセーブしすぎました。次回はカウンター席に座って、泡盛マイスターと会話しながらいろんな銘柄を試したい!内地からの出張や旅行滞在中の友人は、こういうお店に案内したいですね。
終わり。

お店の情報

店名カラカラとちぶぐゎー
住所〒900-0015
那覇市久茂地3丁目15-15
営業時間18時〜24時
定休日日曜
駐車場なし。近隣にコインパーキングあり。


 あわせて読みたい

  • この記事を書いた人

ユッキー

毎日ビールを飲んでいる。アメリカンペールエール、IPA、セッションIPA、ゴーゼ、ラガーが好き。ビールも人間もちょっぴりクセがある方がいい。

-ビール, 久茂地, 居酒屋, 沖縄料理, 沖縄本島南部, 沖縄県, 那覇中心部エリア, 都道府県別, 飲み歩き
-

© 2020 yukipod