西原町「支那そば かでかる 本店」で一生付き合いたい極旨わんたんめんを食べてきた。

2018年8月16日

西原町「支那そば かでかる」えびわんたん(1050円)
毎日ビール.jp プロフィールカード用

ユッキー@毎日ビール

沖縄在住のグルメブロガー。観光客向けの定番グルメから、地元民向けのローカル店まで、沖縄グルメを食べ飲み歩きしています。旅とビールが好きで、国内外のグルメ・ビアバーの情報も。時々ライブ遠征・母子旅に出かけてはブログを書いています。

西原町のおいしい「支那そば かでかる 本店」へ行ってきました。与那原のお店から移転したきたのは2018年のこと。移転後もお客さんがひっきりなしな点は以前と変わりません。おいしいラーメンが食べたくなったら支那そば かでかるが頭に浮かぶし、どこかでわんたんを見かけたらやっぱり思い出します。それくらいに頭を埋めているお店になっちゃいました。ということで、さっそく支那そば かでかる本店のレポート行ってみよ〜!

西原町「支那そば かでかる」の外観

西原町「支那そば かでかる 本店」について

どこにあるの?駐車場は?

支那そば かでかる 本店は西原町の住宅街にあります。土地勘がないため、毎回カーナビをセットして訪れます。近くには琉大病院や上原高台公園があるので、これらを目印にすると良いかもしれません。また、駐車場はお店の前に4〜5台ほどありますが、ランチ時に訪れるといつも埋まっています。食べに行くタイミングを見計って訪れたいですね。

営業時間について

支那そば かでかる 本店は11時から21時までの通し営業となっています。ラストオーダーは20時半、定休日はなく年中無休です。こちらは2023年2月時点の情報なので、今後変更になる可能性がありますが、最新情報はお店でご確認ください。

西原町「支那そば かでかる」の営業時間

まずは券売機でメニューを決める

店内に入ると、券売機で食券を購入するよう案内されます。券売機でメニューをチェックすると、味は支那そば(醤油)、豚清湯(塩)、坦々麺、つけそばがありました。そこにわんたん2種類(肉とえび)をはじめとする様々なトッピングが用意され、個人の好みに合わせてバリエーションの幅が広いな、という印象です。こちらは2023年2月時点の券売機なので、価格やメニューはお店で必ずご確認ください。

西原町「支那そば かでかる」の券売機とメニュー(2023年2月)

店内の様子

食券を手にした際に空席があればそのまま席へと移動、空席待ちの場合は店内の待合席でしばらく待ちます。店内には店内にはキッチンに面したカウンター席とテーブル席が3つありました。以前にも増して家族連れが多いような気がするのはお土地柄でしょうか。こどもたちも支那そばをズルズル食べています。

西原町「支那そば かでかる」の食券と店内の雰囲気。

この日はカウンター席に案内されました。店員さんに食券を手渡し、着丼を待ちます。卓上にはお水が入ったやかん。店内の昭和レトロな雰囲気とマッチしていますね。

西原町「支那そば かでかる」のカウンターには、ヤカンのお水。

実食!グルメレポート

えびわんたんめん

西原へ移転後、最初にいただいたのはえびわんたんめん(1050円、2018年7月時点)でした。しゃんとした出で立ちで、相変わらず美しい。しばらく見とれてしまいます。ところで、このえびわんたんめんの写真、普段とは違います。いったい何かわかりますか?正解は後ほど...

西原町「支那そば かでかる」えびわんたん(1050円)

さあ、それではスープからいただきましょう。与那原店で食べた以上にクリアな気がします。シンプルでベーシックで、ここまで余計なものを削るにはよほどの下準備が必要だろうなぁとシロウトでも思うほどのスープです。ものすごくウマい。これからの人生、ずっと付き合っていける味わいです。

シンプルにウマいと言える、西原町「支那そば かでかる」の素晴らしいスープ。

お次は麺をいただきました。口にした瞬間、更にパワーアップしている!と驚きました。ツルツル感が増し、茹で上がりも抜群によいのです。支那そば かでかる 本店は、どこまで進化するんだろう。麺はボリュームがあるので、大盛りにしなくてもこどもとシェアできそうにと思いました。

西原町「支那そば かでかる」の自家製麺。

トッピングはえびわんたん、焼豚、メンマ、のり、ネギ。この焼豚もウマいんです。のりとスープの組み合わせも最高。のりはトッピングができるので、次回のりマシでいただこうっと。

西原「支那そば かでかる」えびわんたんの具材は、えびわんたん5個、チャーシュー、メンマ、ネギ、のり。

わんたんは、他のお店と比べるとそのサイズと重量感の違いに驚かされます。まず皮が分厚い。餡もギュッと詰まってます。とにかくボリューム満点で、お腹がふくれること間違いなし。

西原「支那そば かでかる」分厚い皮のえびわんたんは、お腹にたまる。

通常のえびわんたんめんは、わんたんが5個入っています。ですがこの日、店員さんに「えびわんたんの数を間違えて茹でてしまったので、後から出します」と言われていました。食べながら出来上がりを待っていたら、熱々がやってきたよ〜!時間差わんたんもいいもんですね。こちらもハフハフいただきます。

西原「支那そば かでかる」トッピング忘れたえびわんたん2個が後からやってきた。

支那そば かでかる 本店の味変アイテムの揚げネギ。あっさり&シンプルな味が揚げネギで変わります。香ばしいネギの風味とコクが増し、めっちゃウマい。揚げネギは無しでも有りでも大好きです。

西原「支那そば かでかる」最後は卓上の揚げネギで味変。

担々麺+えびわんたんトッピング

担々麺(850円、2019年10月時点)もウマかった〜!このテキストを打ち込みながら、早くもリピートしたい気持ちになっています。

西原「支那そば かでかる」担々麺(850円)

まずはこのスープ、ほんとにウマい。重すぎず、軽すぎず。そしてゴマが強すぎなくて、花山椒が過剰すぎない。全体のバランスが絶妙で素晴らしいのです。

西原「支那そば かでかる」担々麺(850円)のスープは花山椒がきいてウマい。

この麺、いつ訪れてもつるつるもちもち、とてもおいしいです。乗せられたパクチーと坦々スープにパクチートッピングをすればよかったと後悔。次は忘れないぞ!

西原「支那そば かでかる」担々麺(850円)のつるつる麺。

こちらはえびわんたん小皿盛(3個230円、2019年10月時点)です。かでかるのえびわんたんが好きなので、担々麺にもトッピングしました。

西原「支那そば かでかる」えびわんたん小皿盛(3個、230)

スープにドボンしていただきます。1個はカーチャンが、2個はお子サマーがおいしく食べました。お子サマーもわんたん食べられるんだねぇ!おいしいわんたんが争奪戦にならぬよう、これからはわんたんめん+別皿わんたんを追加して食べようね。

西原「支那そば かでかる」えびわんたんと坦々スープがおいしい。

煮豚わんたんめん

ガッツリ食べてパワーチャージしようと、煮豚わんたんめん(1250円、2020年1月時点)をいただきました。肉わんたんが5個に煮豚は5枚だったかな。メンマもたっぷり、ネギ、海苔もトッピングされています。ご馳走だ〜!

西原町「支那そば かでかる」煮豚わんたんめん(1250円)

海苔の下からもちもちの麺をすくい上げます。毎度思いますが、麺の盛り付けが美しくって惚れ惚れしちゃいます。今日の麺はいつもに増してツルモチ感が強い気がしました。

西原町「支那そば かでかる」煮豚わんたんめん(1250円)のツルツルとした麺

分厚いカットの煮豚は、パサつきがなくしっとり柔らか。煮豚ってこんなにおいしいの!部位はモモ肉でしょうか。脂身が少なくさっぱりと食べられる煮豚の旨さを教えてもらいました。

西原町「支那そば かでかる」煮豚わんたんめん(1250円)の煮豚が柔らかくおいしかった

煮豚ごはん

サイドメニューの煮豚ごはん(320円、2020年1月時点)もウマかった!三枚肉のとろとろ脂身をそれを香ばしく炙り、しょっぱいタレをサッとかけています。これ、すっごいおいしいの。肉が3枚乗せられているし、お得感もあるのでオススメです。

西原町「支那そば かでかる」煮豚ごはん(320円)

えびわんたんつけそば

支那そば かでかる 本店のつけそばをいただいてみました。絵面がとても爽やかな、えびわんたんつけそば(1100円、2020年7月時点)です。えびわんたんが3つ付いています。

西原町「支那そば かでかる」えびわんたんつけそば(1100円)

ラーメン丼にビシッと盛り付けられた麺の上に、レモンと海苔が1枚。

西原町「支那そば かでかる」つけそばも麺が美しく盛り付けられている

つけだれの中にはメンマと細切り焼豚、ネギが入っていました。つけだれの香りがいいんだ、また。

西原町「支那そば かでかる」甘みの強いつけダレの中にはメンマ、細切れチャーシュー、ネギが入っていた

冷水でシメられた麺を熱々のつけだれにドボンしていただきます。甘さが強いつけだれが絶妙で、つい「ウマい!」と漏れました。支那そば かでかる 本店の麺は長く、その分つけだれを纏って口の中にやってきます。つるつる、もちもち、甘じょっぱさ。ほんと何を食べてもおいしいなぁ、ここは。

西原町「支那そば かでかる」つけダレに麺を付けていただく

えびわんたんは別皿に3つ。支那そば かでかる 本店のわんたんの皮は分厚めなので、しばらくつけだれにドボンと入れておきました。皮がたれを吸ったころにいただくのが最強にウマかったです。こう食べると、皮も麺の一種みたいな気がしてきますね。

西原町「支那そば かでかる」えびわんたんつけそば(1100円)には熱々のえびわんたんが3つついてくる。

途中、レモンを絞ってさっぱりと変化させたり、揚げネギを加えてみたり。味変をしながらあっという間に完食です。つけそばもおいしかった!

西原町「支那そば かでかる」えびわんたんつけそば(1100円)のつけダレに揚げネギをトッピング

特製味玉Sioわんたんめん

この日わたしは塩味を食べると決めていました。かでかるでの塩味はお初。特製味玉Sioわんたんめん(1200円、2021年6月時点)です。

西原町「支那そば かでかる」特製味玉Sioわんたんめん(1200円)

どんな味か楽しみ。いただいてみると、さっぱりとした鶏ガラ清湯に煮干等の旨味たっぷりのスープ。

西原町「支那そば かでかる」特製味玉Sioわんたんめん(1200円)のスープ

麺はシンプルな細麺です。あっさりさっぱりの塩スープによく合います。おいしい。

西原町「支那そば かでかる」特製味玉Sioわんたんめん(1200円)の麺

トッピングは肉わんたん2個、えびわんたん2個、味付玉子、のり、メンマ、ネギ、そしてチャーシュー3枚。満足の一杯でした。

西原町「支那そば かでかる」特製味玉Sioわんたんめん(1200円)の肉わんたんとえびわんたん

限定の豚清湯

いつ食べても、何を食べてもおいしいかでかる。この日は限定の豚清湯(トンチンタン900円、2021年12月時点)をいただきました。

西原町「支那そば かでかる」限定の豚清湯(900円)

豚清湯の具材は豚レアチャーシューのみ。そのため自分で好きな具材を乗せることに。わたしは海苔と味玉をチョイス。各100円です。

西原町「支那そば かでかる」限定の豚清湯(900円)に味玉と海苔をトッピング(各100円)

まずはスープから。ほぼ豚のみで出汁を取ったというスープは、どこまでも透き通った黄金の豚清湯。かでかるにしてはややコテッとした仕上がり。引き算のラーメンというけれど、文句なしにおいしい。この日はこういうの求めてたんです、なのでとっても満足。

西原町「支那そば かでかる」限定の豚清湯(900円)のスープ

シンプルなスープには、パツ感のある麺がおいしい。

西原町「支那そば かでかる」限定の豚清湯(900円)の麺

レアチャーがこれまた素晴らしかった。限定とありますが、これはラーメン好きに食べてもらいたい1杯です。

西原町「支那そば かでかる」限定の豚清湯(900円)のレアチャーシュー

支那そば味玉つき+自家製メンマトッピング

この日、わたしは1年数ヶ月ぶりの支那そば かでかる 本店を楽しみに訪れました。久しぶりなので定番の支那そばの味玉付き(醤油900円、2023年2月時点)を食べると決めていました。ですが… 着丼してすぐさま驚きました。なんだ、このスープの濁りじゃ。「あっれー、こんなだったかな?久しぶりだし、まあ気にしないで食べてみよ!」と思ったのですが、スープには旨味が乗らず、ごく平凡な支那そば…

西原町「支那そば かでかる」支那そば 味玉付き(醤油、900円)に自家製メンマ(250円)トッピング

麺の盛り付けは美しく、麺もつるつるとおいしいのですが、いかんせんスープに旨味が凝縮されていないのです。このラーメンに、一生付き合いたいと思っていた頃の感動は、ありませんでした。わたしの味覚が変わったのか、気付かない体調の変化があったのか、それとも何か変わってしまったのか。こういった場合、様々な理由が考えれるのですが、この時は答えが見出せないまま、ただただ丼を空にしようと食べ進めました。

西原町「支那そば かでかる」支那そばの麺

トッピングした自家製メンマ(+250円)。おいしいのよ、ひとつひとつはおいしい。だけど、なんか違う。

西原町「支那そば かでかる」支那そばのトッピングなど

決定的に「あ。これ、やっぱ違うわ」と思ったのは、揚げネギをトッピングした瞬間でした。味の広がりが全く感じられなかったのです。もとのスープが死んでいる、と思いました。

西原町「支那そば かでかる」支那そばに揚げネギを加える

まとめ

ということで、西原町にある「支那そば かでかる 本店」へ行ってきました。一生付き合いたいと思っていたわんたんめん・支那そばのお店ですが、1年半近くぶりに訪れたところ、いろんなことが大きく変わってしまったようでした。

支那そば 味玉付きを食べた日、帰宅してからご主人サマーが「なんでかでかる行こうって言ったの?なんか普通だったじゃない?」と言いました。わたしだけでなく、ご主人サマーも何か変化というか違和感を感じたようです。そこでわたしなりにいろいろ調べてみました。結果、わたしの好きだったかでかるは、もうそこにはないのだと理解しました。だからあんなに味が落ちていたのですね…

この記事タイトルにあるよう「一生付き合いたい」と思っていたのは紛れも無い本心ですが、こんな形になっていたとは。そうかぁ… ブログの中であまり毒舌は避けるようにしているのですが、この状況は当面続くと思うので、支那そばかでかる 本店を訪れることはもうないと思います。他においしくて通いたいお店がありますから。残念ですが、こればかりは仕方がないなと諦めます。

ちなみに、本店からすぐの場所にある、支那そば かでかる2号店は今も健在です。

西原町「支那そば かでかる 琉大病院前店」えび水餃子(5個、680円)
西原町「支那そば かでかる 2号店」一生通いたい飲めるラーメン屋で雲呑&餃子。

続きを見る

夜営業だけなのと、全然立ち寄りやすい距離感ではないのですが、こちらは「一生食べに行きたい!」と思わせてくれる相変わらずの味わいでした。わたしは2号店をお目当てに、細く長く通い続けられたらと思っています。
終わり。

タップで確認
沖縄ラーメンまとめ!地元民オススメの人気店から穴場まで【北部・中部・南部エリア別】 - 毎日ビール.jp
沖縄ラーメン情報をもっとみる

沖縄県内で食べ歩いたラーメン情報をまとめてみました!さらに広い範囲で沖縄ラーメンを探したい方は、こちらのまとめ記事がオススメです!

お店の情報

店名 支那そば かでかる 本店
住所 〒903-0125
沖縄県中頭郡西原町上原2丁目11-1
営業時間 11時〜21時
定休日 なし
駐車場 店前に専用駐車場あり


 あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
毎日ビール.jp プロフィールカード用

ユッキー@毎日ビール

沖縄在住のグルメブロガー。観光客向けの定番グルメから、地元民向けのローカル店まで、沖縄グルメを食べ飲み歩きしています。旅とビールが好きで、国内外のグルメ・ビアバーの情報も。時々ライブ遠征・母子旅に出かけてはブログを書いています。

-ジャンル別, ランチ, ラーメン, ワンタン麺, 支那そば・中華そば, 沖縄本島中部, 沖縄県, 西原町, 都道府県別, 食べ歩き
-