西原町「支那そば かでかる 琉大病院前店」一生通いたい飲めるラーメン屋で雲呑&餃子。

西原町「支那そば かでかる 琉大病院前店」えび水餃子(5個、680円)

西原町の人気店かでかるの2号店「支那そば かでかる 琉大病院前店」をご存じでしょうか。夜だけ営業しているかでかる2号店は、1号店の近くにあります。今回は那覇から足を伸ばして訪れてみました。完成度の高いかでかるの雲呑・餃子をアテにお酒をいただき、さらにシメラーまで食べて満足度がハンパない!ということで、さっそくレポート行ってみよ〜!

西原町の「支那そばかでかる2号店」で飲み!

どこにあるの?駐車場は?

支那そば かでかる 琉大病院前店は、西原町の琉球大学附属病院近くにあります。周辺には住宅も多く、かでかるの1号店も歩いて5分ほどの距離。

支那そば かでかる 琉大病院前店には駐車場が1台分だけあります。それも小さい車両向けなので、基本的に車で訪れることは難しいかも。わたしは那覇市中心部から那覇バスの琉大線(97番系統)に乗って向かいました。琉大の周辺にはいくつもバス停がありますが、かでかる2号店に近いのは「会営薬局前」です。時間帯的に帰宅ラッシュに巻き込まれ、那覇市内から小一時間のバス旅でした。

お店の様子

こちらが支那そば かでかる 琉大病院前店の外観。わたし、かでかるのファンです。何を食べても予想を超えておいしいかでかるが大好き。ファンが過ぎて、入店に震えます。入口に「ワンタン×サワー」と書いているので、その組み合わせはマストで行きましょう。

西原町「支那そば かでかる 琉大病院前店」の外観

店内は10席ほどのカウンター席のみ。この日は予約をしていたのでスムーズに着席できました。

西原町「支那そば かでかる 琉大病院前店」の店内カウンター席

メニュー

支那そば かでかる 琉大病院前店のメニュー表です。ドリンクはビールにハイボール、サワーなど。近くの学生を意識してか、巨峰サワーや青リンゴサワーなど甘めのサワーも揃っています。

西原町「支那そば かでかる 琉大病院前店」ドリンクメニュー

こちらはおつまみと麺類。おつまみは支那そばのトッピングであろう雲呑にチャーシュー、自家製メンマの他、餃子や角煮まであります。ラーメン屋さんが飲み屋を開いたらこうなるぞといったお手本です。麺類はどれも絶対ウマいヤツばかり。

西原町「支那そば かでかる 琉大病院前店」フードメニュー

そして壁にもメニュー札が出されていました。水餃子とゆでワンタンのミックスなんてあったんですね。(完全に見逃してた)

西原町「支那そば かでかる 琉大病院前店」壁のメニュー

実食!グルメレポート

ビールとお通し

ここからは、かでかる飲みの様子です。まずは瓶ビールをとくとく。アサヒスーパードライの中瓶(600円)でした、いいチョイス。お酒をオーダーするとお通しが提供されます。お通しも支那そば屋のそれで、モヤシと焼豚の和物でした。

西原町「支那そば かでかる 琉大病院前店」瓶ビール(600円)とお通し

えび水餃子

まずやってきたのは、えび水餃子(5個、680円)。まあるく、見るからにプリッとしている水餃子に、食べる前から100店満点を出しそう。

西原町「支那そば かでかる 琉大病院前店」えび水餃子(5個、680円)

いただいてみると、皮のもっちり感にあっさりとした餡でスターターにピッタリでした。添えられた白髪ネギや辛味噌で変化を楽しむのもアリ。

西原町「支那そば かでかる 琉大病院前店」えびが中二通積まれた大きな水餃子

焼き雲呑

お次は焼き雲呑(8個、580円)。いつもの支那そばスープに浮かんでいる雲呑を、かでかる2号店ではカリッと焼き上げて提供しています。

西原町「支那そば かでかる 琉大病院前店」焼き雲呑(8個、580円)

焼き雲呑の経験値があまりなく表現に乏しいのですが、皮の焼き目のバリッとした食感がビールによく合いました。1皿8個でお得だし、お酒が進んじゃうアテってことで…

西原町「支那そば かでかる 琉大病院前店」焼き目がザクッとした焼き雲呑

レモンサワー(450円)の登場。入り口にも「ワンタン×サワー」って書かれていたからね、お店の推しは試さないと。

西原町「支那そば かでかる 琉大病院前店」レモンサワー(450円)

焼き餃子

ラーメン屋さんで飲むといえば、やっぱり焼き餃子(5個、500円)。この餃子、最近から始めたそうです。かでかるらしい美しい包み方ですが、焼き目が上にある関係でお見せできなくて残念。

西原町「支那そば かでかる 琉大病院前店」焼き餃子(5個、500円)

羽ナシのスタイリッシュな餃子は皮がもっちり。餡も上品で、かでかるが餃子を作ったらこうなるよね〜と妙に納得したのでした。

西原町「支那そば かでかる 琉大病院前店」二口サイズの大きめ焼き餃子

卓上調味料もあるので餃子のタレはお好みでどうぞ。

西原町「支那そば かでかる 琉大病院前店」卓上調味料

餃子に合わせて、だいやめソーダ割り(550円)を追加。いも焼酎なのに爽やかでライチ香のするだいやめ、オススメです。

西原町「支那そば かでかる 琉大病院前店」だいやめソーダ割り(550円)

豚の角煮

こちらは豚の角煮(680円)。醤油が強めの、豚の脂によく味が入って最高にウマかった!支那そば かでかる 琉大病院前店で豚角煮をいただけるとは!わたしは幼少期から豚の角煮に目が無いのです。おいしかった〜!

西原町「支那そば かでかる 琉大病院前店」豚の角煮(680円)

自家製メンマ

そしてラーメン屋の飲みといえば、忘れちゃいけない自家製メンマ(380円)。適度に柔らかく、シャクシャクとした食感も楽しめて、味付けもちょうどいい。このネギがまたいいアクセントになるんだよなぁ。これだけで延々ビールを流し込めます。

西原町「支那そば かでかる 琉大病院前店」自家製メンマ(380円)

シメのとりソバ

そろそろお腹の限界。かでかる飲みを締めくくるのは、とりソバ(900円)です。この店のフードメニューを眺めた瞬間から「今日はとりソバしかない」と即決でした。シンプルでビシッと決まったこのビジュアル、もう優勝でいいよね。

西原町「支那そば かでかる 琉大病院前店」シメのとりソバ(900円)

黄金色のスープをすくってズズズといただくと「うまぁ〜!」の感想しかありません。キレと旨味の塩清湯。この絶品スープでビールが飲めちゃうし、思い出すだけでヨダレもの。

西原町「支那そば かでかる 琉大病院前店」とりソバの黄金スープ

雲呑やら餃子やらを散々食べた後にまるまる一杯のラーメンなので、もしかすると感動は薄れてしまうのでは…と懸念していたけれど、それは杞憂でした。かでかるの美しくおいしい麺に箸が止まらず、あっという間に完食です。3枚乗せられた自家製焼豚も満足度高し。

西原町「支那そば かでかる 琉大病院前店」とりソバの麺

まとめ

ということで、西原町にある「支那そば かでかる 琉大病院前店」でかでかる飲みを楽しんできました。1号店にはない飲みメニュー、めっちゃおいしかったです。シメのとりソバが絶品で、雲呑・餃子などもウマウマです。飲めちゃうラーメン屋のかでかる2号店、ホレました。行き帰りは大変だけど、またかでかる飲みしに行きたいな〜!
終わり。

お店の情報

店名支那そば かでかる 琉大病院前店
住所〒903-0125
沖縄県中頭郡西原町上原2丁目26-5
営業時間18時〜25時
定休日日曜
駐車場お店の前に小さめの車両1台分あり


 あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-シメのラーメン, ジャンル別, ビール, ラーメン, 中華料理・台湾料理, 居酒屋, 支那そば・中華そば, 沖縄本島中部, 沖縄県, 西原町, 都道府県別, 食べ歩き, 飲み歩き
-