川崎駅東口「大阪焼肉・ホルモン ふたご」フレンドリーな店員さんがお肉を焼いてくれる!記憶に残る焼肉屋。

毎日ビール.jp プロフィールカード用

ユッキー@毎日ビール

沖縄在住のグルメブロガー。観光客向けの定番グルメから、地元民向けのローカル店まで、沖縄グルメを食べ飲み歩きしています。旅とビールが好きで、国内外のグルメ・ビアバーの情報も。時々ライブ遠征・母子旅に出かけてはブログを書いています。

クラブチッタでのライブの後、お腹が空いて夜の街へと向かいました。時刻は金曜の22時過ぎ。この時間に食べられるおいしいお店といえば元祖ニュータンタン酒場も浮かびましたが、この日はなんかこうもっと、つまみをビールで流すようなそっち寄りの気分。そこで、Googleマップで調べて到着したのが「大阪焼肉・ホルモン ふたご 川崎店」です。

JR川崎駅東口にある「大阪焼肉・ホルモン ふたご 川崎店」の外観

わたしが入店した時刻は満席で、「客席を準備するのでお待ちください!」と言われたくらい混雑していました。焼肉屋さんはワイワイしてるくらいがいいですねぇ。こちらは閉店間際の店内の様子ですが、ガスの焼肉ロースターに排煙ダクトがついているので、匂いが極力つかないような配慮を感じます。

JR川崎駅東口「大阪焼肉・ホルモン ふたご 川崎店」の店内

秘伝のたれと大根おろし入りのぽん酢たれがセットされた客席に入りました。ひとり焼肉、楽しみましょう!

JR川崎駅東口「大阪焼肉・ホルモン ふたご 川崎店」おひとり様のセッティング

まずは喉の渇きを潤します。ビールを注文しようとすると、店員さんがすかさず「メガサイズもありますよ!」なんていうものだから、「じゃあそれで」ってなるじゃないですか。そんな男前べっぴんビール(1078円)、ズシッと片手で傾けます。

JR川崎駅東口「大阪焼肉・ホルモン ふたご 川崎店」男前べっぴんビール(1078円)

ビールを飲みながらじっくりとメニューを眺めました。「殿堂入りメニュー」というものが大阪焼肉・ホルモン ふたごの推しでしょうから、この中からひとつと、あとはお腹の余裕に合わせて何かをつまむことにします。

注文を済ませると、店員さんがスマホケースとエプロンを持ってきてくれました。エプロンはわかる、でも、スマホにまで配慮してくれるなんて!とっても驚きました。

JR川崎駅東口「大阪焼肉・ホルモン ふたご 川崎店」スマホケースとエプロンがもらえた

エプロンをつけたところでお肉の登場です。殿堂入りメニューの中から、ふたご盛り(1518円)を注文。メニューには「ふたごに来たらまずはこれ‼︎ 一度に4種類のお肉が楽しめる、創業からのTHE名物メニュー。女性にも人気です。」と書かれています。4種のお肉は、ホソ塩・ぶつ切りヘレ・幻のハラミ・とまらないあご肉。ビールに合いそう!早速焼こうと思ったら…

JR川崎駅東口「大阪焼肉・ホルモン ふたご 川崎店」ふたご盛り(ホソ・ぶつ切りヘレ・幻のハラミ・とまらないあご肉、1518円)

「では、焼かせてもらいますね!」と店員さんがロースターにお肉を並べていくのです。これ、めちゃくちゃ驚きました。トングマークがついているメニューは店員さんが焼いてくれるんだって。もちろん自分で焼くことも可能です。焼きながらお肉の説明だとか、オススメのたれや食べ方を提案してくれます。この手の庶民的な焼肉店で、こんなに手厚いサービスは初めてだ〜!

JR川崎駅東口「大阪焼肉・ホルモン ふたご 川崎店」では店員さんが焼肉を焼いてくれる

わたしは焼き上がりまでうっとりとお肉を眺め、カメラのピントを合わせつつ、焼き音を耳にしながらビールを飲むだけという、すこぶる簡単なお仕事。

JR川崎駅東口「大阪焼肉・ホルモン ふたご 川崎店」お肉が焼けた!

焼き上がったら店員さんが取り分けてくれます。ぶつ切りヘレはさっぱりとした肉質で、一口サイズで食べやすく、このお肉を食べ続けたいくらいでした。幻のハラミは豚肉で、スパイシーな風味に弾力が楽しめます。噛み締めるたびに肉の旨みが溢れてビールに合う〜!とまらないあご肉は脂と赤身のバランスがよくて、確かに止まりません。これはごはんとも相性がよいはず。

JR川崎駅東口「大阪焼肉・ホルモン ふたご 川崎店」あっさりとした秘伝のたれにつけていただく

ホソ塩(小腸、丸腸ともいう)は焼き上がりに時間がかかるそうで、他のお肉をつまみながら少し待ちました。いただいてみると、脂がめっちゃすごい。脂が甘くて、ビールが進むし最高にウマ〜!ちょっと焦げたところも、ほんのり香ばしくてよかったです。

JR川崎駅東口「大阪焼肉・ホルモン ふたご 川崎店」焼きに時間がかかるホソ塩

お肉の合間にチビチビつまんだのは、名物‼︎半殺しキムチ(528円)。なんでもふたご創業からある名物だそうで、野沢菜を半殺し(半分つぶすこと)にして味をしっかり入れた野沢菜キムチです。これ、すごく辛くて一気に食べると危険です。口の中がボーボーしそう。だからチビチビつまむ、もしくは脂っこいお肉に添えるのもアリですよ。

JR川崎駅東口「大阪焼肉・ホルモン ふたご 川崎店」名物!!半殺しキムチ(528円)

お腹の隙間具合を確認しながら、黒毛和牛やみつきカルビ(638円)を追加注文してみました。ひとり焼肉なので、この量と値段がお手頃に感じます。

JR川崎駅東口「大阪焼肉・ホルモン ふたご 川崎店」黒毛和牛やみつきカルビ(638円)

ジュウジュウと焼かれる黒毛和牛。こちらも店員さんが焼いてくれました。

JR川崎駅東口「大阪焼肉・ホルモン ふたご 川崎店」網に乗せられる黒毛和牛

焼き上がったところで「冷めないうちにどうぞ!」と店員さん。すすめられた通り、口に放り込みます。軽めの甘だれに脂がジュワッ!しっかりとした赤身の弾力と、強めの脂が楽しめるメニューでした。半殺しキムチを添えると、お肉の旨み×辛さでビールの消費量がアップしますね。

JR川崎駅東口「大阪焼肉・ホルモン ふたご 川崎店」こんがり焼かれる黒毛和牛

お会計を済ませ席を立とうとしたところで、最後のサービスが。こちらはひとくちサイズの飲むヨーグルト。いただいてみるともったり濃厚で甘く、焼肉終わりにスッキリしました。いやぁ〜、食べた飲んだ!ご馳走さまでした!

JR川崎駅東口「大阪焼肉・ホルモン ふたご 川崎店」食後にいただく飲むヨーグルト

ということで、川崎駅東口にある「大阪焼肉・ホルモン ふたご 川崎店」に行ってきました。庶民的なお店なのに、店員さんが焼いてくれるサービスがあり、またその店員さんが元気いっぱい&フレンドリーで気さくに話しかけてくれるのも良かったです。

あとから調べたところ、大阪焼肉・ホルモン ふたごは関東・甲信越、関西、愛知、福岡、海外に店舗展開しているそう。この記事の公開タイミングでは、80店舗近くありそうでした。川崎には2店舗あって、わたしが訪れた川崎店は10年前からお店があるとのこと。勢いがある焼肉屋さんだなぁ。

お肉はおいしかったし、お値段もちょうどいい感じ、それでいて店員さんのホスピタリティが高く、とっても印象に残りました。わたしが退店する時は、店員さん全員が表まで出て、両手を振って「ありがとうございましたー!」と見送ってくれたんです。一見客なのに、こんな経験なかなかできないですよ。また旅先で見かけたら食べに入りたいなぁ。その時はブログに書き起こそうっと。
終わり。

お店の情報

店名 大阪焼肉・ホルモン ふたご
住所 〒210-0006
神奈川県川崎市川崎区砂子2丁目11-21
営業時間 平日:17時〜24時/土曜:12時〜24時/日曜・祝日:12時〜23時半
定休日 不定休
駐車場 なし。近隣にコインパーキングあり。


 あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
毎日ビール.jp プロフィールカード用

ユッキー@毎日ビール

沖縄在住のグルメブロガー。観光客向けの定番グルメから、地元民向けのローカル店まで、沖縄グルメを食べ飲み歩きしています。旅とビールが好きで、国内外のグルメ・ビアバーの情報も。時々ライブ遠征・母子旅に出かけてはブログを書いています。

-お肉, ビール, 川崎市, 焼肉, 神奈川県, 都道府県別, 関東・甲信越, 食べ歩き, 飲み歩き
-