沖縄から発信する、ビールとグルメと旅のブログ

毎日ビール.jp

ランチ 中城村 中華料理・台湾料理 沖縄本島中部 沖縄県

中城村「担々亭 南上原店」黄金色の叉焼炒飯は地元民が大好きな味。

投稿日:

沖縄に来てから炒飯と言えば担々亭をオススメされることがよくあります。以前、宜野湾の担々亭 大山店に行ったことがあったので、今回は中城村にある「担々亭 南上原店」を訪れてみました。週末の13時頃に到着すると、お店の駐車場は満車。左隣にある建物1階の駐車スペースもほぼ満車。1台空きがあってなんとか停めつつ、お店に入店です。それでは「担々亭 南上原店」のレポート、行ってみよ〜!

中城村「担々亭 南上原店」の外観。

「担々亭 南上原店」は地元民に愛される街の中華屋さん。

どこにあるの? 営業時間と定休日は?

今回訪れた「担々亭 南上原店」は、沖縄本島中部にある中城村にあります。ここに行きたいとご主人サマーに伝えると、「遠っ...」というレスポンス。GoogleMAPで確認すると、那覇からは確かに遠い。しかし、この日はどうしても炒飯が食べたかったので、どうにか連れて行ってもらいました。担々亭 南上原店の付近には琉球大学やハッピーモア市場、330号線まで出るとキングタコス長田店なんかもあります。

担々亭 南上原店の営業時間と定休日はこちらです。ランチ営業と夜営業の間に中休みがあったんですね。定休日が日曜というのもちょっと驚きました。

営業時間と定休日

ランチ:11:30~15:00
ディナー:18:00~23:00
定休日:日曜日

店内の様子

店内に入ると、お客さんの数に圧倒されました。すんごいね... 少し遅めのランチタイムとはいえ、ここまで満席とは思っていなかったのです。お店に入って左手側がテーブル席、右手側がお座敷席なのですが、どちらも家族連れでいっぱいでした。お客さんの9割はファミリー層だったように思います。家族みんなで炒飯を注文して、シェアしながら食べてる姿をあちこちで見かけます。

中城村「担々亭 南上原店」の店内。

南上原店のメニュー

こちらが担々亭 南上原店のメニュー表の一部です。メニューは見開きで4ページ分しかありませんでした。メニュー点数は思ったより少なめ。

中城村「担々亭 南上原店」のメニュー表。

主なメニューを表にまとめてみます。ネットで情報を調べている感じですと、ちょいちょい金額変更していそうなので、お気をつけください。こちらは2018年10月時点の内容です。

麺類 担々麺(タンタンメン) 790円 叉焼湯麺(チャーシュータンメン) 790円
脊背湯麺(チーペイタンメン、豚ロースラーメン) 900円 冷麺(夏季限定) 1000円
蝦仁湯麺(シャーレンタンメン、えびラーメン) 900円 什錦湯麺(スーチンタンメン、五目ラーメン) 900円
蝦仁炒麺(シャーレンチャーメン、えび焼きそば) 910円 什錦炒麺(スーチンチャーメン、五目焼きそば) 910円
ご飯系 叉焼炒飯(チャーシューチャーハン) 780円 脊背会飯(チーペイホイハン、豚ロースかけごはん) 890円
蝦仁会飯(シャーレンホイハン、えびかけご飯) 890円 什錦会飯(スーチンホイハン、五目かけご飯) 890円
八宝菜 単品990円
定食1100円
乾焼蝦仁(カンシャオシャーレン、エビチリ) 単品1300円
定食1410円
点心 焼売(4個) 450円 餃子(6個) 450円

黄金色の叉焼炒飯(780円)を食べてみた。

今回、あたしが注文したのは叉焼炒飯(780円)です。いろんな人にオススメされる、あの炒飯を注文してみました。提供された瞬間、叉焼よりも卵の印象がとっても強かったです。黄金色の炒飯が山のよう!

中城村「担々亭 南上原店」叉焼炒飯(スープ付き、780円)

レンゲですくうと、黄金色の卵とご飯とグリーンピース、叉焼、ネギがバランスよく混ざっています。あたしのイメージでは、炒飯ってもっとこう、ご飯が主役だと思っていたんです。でも担々亭の炒飯は、卵が主役というほどたっぷり。たまらず頬張ると味付けはそんなに濃くありません。炒飯特有のパラパラ感はそこまでではないのですが、これは卵の量が半端ないからですね。さすがに卵はパラパラになりません。たぶん脂もたっぷりなので、黒烏龍茶と食べたいなー。

「担々亭 南上原店」の叉焼炒飯は卵をふんだんに使ったものすごいボリューム。

混ぜ込まれた叉焼は食べやすい薄切りカットでした。食べやすさではこれが正解ですが、メニュー名に叉焼とついてると、もっとガッツリと肉の食感を楽しめるよう厚切りでもいい気がします。ところで担々亭の叉焼は「焼豚」ではなく「叉焼」と書きます。どちらもチャーシューと読みますが、日本のチャーシュー(焼豚)の作り方と、中国のチャーシュー(叉焼)の作り方は違うそうです。担々亭のチャーシューは、本場中国式の作り方をしているから叉焼と書くんでしょうね。

「担々亭 南上原店」薄切りの叉焼がこれでもか!と入っている。

食べても食べても減らない叉焼炒飯。本当にボリュームが多くて、半分でお腹がパツパツになります。周りのテーブルではお父さんが1皿、お母さんと子ども2人がシェアして1皿と食べている席もありました。あたしも早く子どもとシェアできる日がやってくることを願います(お子サマーが卵アレルギーを早く卒業できますように!)。

「担々亭 南上原店」叉焼炒飯のボリュームがすごくい。お腹いっぱい。

叉焼炒飯には中華風コーンスープがセットになっています。おいしい!

「担々亭 南上原店」叉焼炒飯についてきた中華風コーンスープ。

点心(焼売と餃子)もいただいた。

このお店では、点心も食べようと思っていました。少し前に見た金曜19時からのOTV「アゲアゲめし」で、ジョニー宜野湾さんがここの焼売を食べていたのです。あの焼売、あたしも食べたい!

焼売(4個、450円)

まずは焼売(4個、450円)。注文が入ってから蒸すのでしょう、湯気を上げながら蒸篭でやってきました。ひとつひとつがとてもデカい!

中城村「担々亭 南上原店」焼売(4個、450円)

まずはそのままいただきました。ウマい!文句なし!お肉たっぷりの餡は滑らかでで、香味野菜がほんのり香ります。このままでも美味しいですが、醤油とマスタードをつけて食べてみると、だいぶ味が締まった印象になります。焼売1個が2口サイズなので、結構お腹に溜まります。みんなでシェアして食べたいですね。おいしいから、テイクアウトして帰りたくなっちゃうなぁ。

「担々亭 南上原店」の焼売は、お肉と香味野菜のバランスがよく、何個でも食べたくなった。

餃子(6個、450円)

お次は餃子(6個、450円)。焼き目がキツネ色です。タレは醤油+酢+辣油でいただきましょう。

中城村「担々亭 南上原店」餃子(6個、450円)

食べてみると、餡に対し餃子の皮が弱すぎかなぁ。ペラペラで、食感のもちもち感などがありません。焼売に対し、餃子の存在感が弱すぎたかな。

「担々亭 南上原店」の餃子は餡に対し皮がペラペラと薄く、弱い印象。

点心のつけだれの作り方はメニュー裏にあります。

オススメの点心の食べ方は、メニュー裏にあります。焼売は醤油+マスタード、餃子は醤油+酢+辣油、春巻は醤油+酢+マスタードだそうです。今回春巻を食べなかったので、次回試してみようかな。

「担々亭 南上原店」メニュー裏にある点心の食べ方。

まとめ

ということで、沖縄本島中部にある「担々亭 南上原店」でランチしてきました。黄金の叉焼炒飯のボリュームがスゴい!卵の使い方が半端ない!地元民の愛し方がスゴい!そしてジョニー宜野湾さんにも好評だった焼売がウマい!このタイミングで食べに行けて良かったです(お子サマー不在の大人ランチだったので、卵メニューでも果敢に攻められた)。次訪れる時はあんかけ焼きそばか、ごはんものか。もちろん焼売も注文すると思います。お店が近ければしょっちゅうテイクアウトするんだけどなぁ。またタイミングを見て訪れたいな〜と思いました。
終わり。

住所:〒901-2424 沖縄県中頭郡中城村南上原448-1

(*・ω・)つ 沖縄食べ歩き情報もどうぞー♩

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人

ユッキー

毎日ビールを飲んでいる。ペールエール、IPA、フォーリンスタウトが好き。ビールも人間もちょっぴりクセがある方がいい。 →もっと詳しいプロフィールはこちら

-ランチ, 中城村, 中華料理・台湾料理, 沖縄本島中部, 沖縄県
-

Copyright© 毎日ビール.jp , 2018 All Rights Reserved.