沖縄から発信する、ビールとグルメと旅のブログ

毎日ビール.jp

ビール 松川 沖縄本島南部 沖縄県 那覇市

那覇・松川「喰い呑み処 さとう」おいしい和食屋居酒屋へ行ってきました。

2018年10月31日

先日、東京から茶坊主さんが来沖していたので、一緒に飲みに行ってきました。1軒目はエンジェルシェア、2軒目に向かったのは栄町の奥、大道交差点付近の「喰い呑み処 さとう」です。この通り、地味によく使うので、車を運転しながら「喰い呑み処 さとう」のお店自体は目に入っていました。ご飯・汁物・おまかせ小鉢2品なんていう定食もいただける居酒屋さんです。

那覇・松川「喰い呑み処 さとう」の外観。

ガラガラと引き戸を開けて入店すると、カウンター席と4名がけのテーブル席が2つ。このサイズ感、好きです。

那覇・松川「喰い呑み処 さとう」の店内。

まずは乾杯。ビールは瓶ビールばかりですが、中瓶1本500円。子ども用にオレンジジュースをオーダーすると、マグに入れていただきました。割と子連れで訪れるお客さんが多いのかもしれません。ちなみにカウンターは喫煙可で、テーブル席は禁煙だそうです。分煙のお店ということですね。

那覇・松川「喰い呑み処 さとう」のビールはオリオンビールの中瓶(500円)

さとうはお料理がおいしいそうです。ならば、いろいろ注文させていただこう!メニューを見ると、かなり好みな感じ。どうやら店主は仙台出身だそうです。そりゃーメニューだけで反応するわ〜!

那覇・松川「喰い呑み処 さとう」のフードメニュー。

それでは1品目。梅コンブチーズ(350円)です。はい、ドンピシャ。誰ですか、梅と昆布とクリームチーズを合わせた人は!ウマすぎけしからん、もっとくれ!さとうにはチャージやお通しがありません。なので、1品目はこういうサクッと手を伸ばせるアテが嬉しいですね。

那覇・松川「喰い呑み処 さとう」梅コンブチーズ(350円)

2品目は、浄子のふき味噌島とうふのせ(手前、300円)と、さとうのツナ昆布(奥、250円)。浄子さん、こんなにおいしいふき味噌をありがとう。最高にウマーなおつまみです。奥のツナ昆布もいんでないかい。

那覇・松川「喰い呑み処 さとう」浄子のふき味噌島とうふのせ(300円)と、さとうのツナ昆布(250円)

半熟卵とろぉ〜りなポテトサラダ(350円)もいただきました。この価格で、このパフォーマンス。素晴らしい。これ、みんな大好きでしょ!

那覇・松川「喰い呑み処 さとう」ポテトサラダ(350円)

5品目は鶏のから揚げ(450円)。那覇にもから揚げ専門店が増えてきましたが、ご主人サマー曰く「パリパリと同じくらいおいしい!」とのこと。シンプルにおいしく、スタンダードなから揚げです。これがあればビールいくらでも入ってくわ。おかわりしたくらいおいしかった!

那覇・松川「喰い呑み処 さとう」鶏のから揚げ(450円)

お肉をもう1種、牛カツのおろしポン酢(450円)です。ザックリなパン粉に、中がレアの牛カツ。これがねぇ、大根おろし入りのポン酢によく合うんです。さっぱりあっさりいただけました。

那覇・松川「喰い呑み処 さとう」牛カツのおろしポン酢(450円)

この辺で最近ハマッている生果実系のサワーを。こちらはシークヮーサーサワーです。このままだとほんのり、お箸で果実を潰せば味しっかり。

那覇・松川「喰い呑み処 さとう」シークヮーサーサワー(価格不明)。

7品目、さとうの麻婆豆腐(350円)です。ビリリ系とした辣の辛さは控えめですが、おいしかった。和の雰囲気を感じる麻婆豆腐で、丼のご飯に乗っけてかきこみたい衝動に駆られます。

那覇・松川「喰い呑み処 さとう」さとうの麻婆豆腐(350円)

ラスト、8品目はプチトマトのピクルス(300円)です。さっぱりしたものが欲しくて注文しました。酸味とトマトの旨味の掛け合わせが好き!

那覇・松川「喰い呑み処 さとう」プチトマトのピクルス(300円)

帰り際、お手洗いに立ち寄ったら、こんな張り紙を見つけました。

那覇・松川「喰い呑み処 さとう」では自宅で余った野菜の買取をしてくれる上、お料理も作ってもらえる。

お家に野菜眠ってませんか?さとうは物々交換を行なっております。お家で食べ切れない食材を相場の50%で引き取ります。
例(大根一本は相場250円なので130円は御会計から差し引きます)
※あまりにも状態が悪い物や量が少ない物は引き取りかねますので御了承下さい。目安として大根半分程度を見て下さい。

これを見て真っ先に頭に浮かんだのは、毎年おとんが取りに行く山菜です。たらの芽を送ってもらっても、好物の天ぷらを作るには手間暇かかるしなぁ...と躊躇していたのですが、さとうの野菜買取の張り紙を見かけて気持ちがスーッと軽くなりました。そうだ、ここで天ぷらを作ってもらえばいいのか〜!

ということで、那覇・松川にある「喰い呑み処 さとう」を訪れました。このあたりを車で通りかかる度に開拓したいなーと思っていたので、訪れられて嬉しかった!沖縄らしいお料理ではないので観光客向けではなく、おいしいものが好きな地元の方向けです。おいしい和食居酒屋を開拓したい方や、夜に和定食を食べられるお店を探している方にオススメしたいなー。
終わり。

【2019年5月25日追記】実家から山菜が届いたので、さとうに持ち込んだ。

実家の北海道にもやっと春が訪れ、山菜シーズンとなりました。毎年この時期になるとおとんが山に採りに行き、収穫が多いと時々沖縄にも送ってくれます。今年も山菜が届きました。小さめの発泡スチロールにいっぱいのたらの芽です。。すぐ食べられるよう、ひとつずつ丁寧に下処理してから発送してくれるおとん、毎年本当にありがとう。でも、こんなには家じゃ調理できないので、「喰い呑み処 さとう」に持ち込むことにしました。さとうは野菜を持ち込んで調理してくれるのです。以前訪れた際にその張り紙をみた時に思いついた山菜はさとうに持ち込みを実行する日がやってきました。

北海道の実家からたらの芽が大量に届いた。

さとうの店主に「たらの芽を天ぷらにしてもらいたくて」と発泡スチロールごとお渡しします。中を開け「うわぁ、立派なたらの芽ですね」という店主、さっそく天ぷらを揚げに着手してくれました

那覇・松川「喰い呑み処 さとう」に持ち込んだ、おとんが採ってきた函館産のたらの芽。

出来上がったたらの芽の天ぷらは、お塩でいただきました。常夏の沖縄で北海道の春の味覚を楽しめる幸せ。宅配業者さんもありがとう。

那覇・松川「喰い呑み処 さとう」持ち込みで作ってもらったたらの芽の天ぷら。

さとうの店主、おひたしも作ってくれました。おひたしは期待していなかっただけに、余計に嬉しかった〜!こういう食べ方もあるんですね、こういう提案をもらえるのは、とても嬉しい。他のお客さんたちにもおすそ分けして、みんなでおいしくいただきました。

那覇・松川「喰い呑み処 さとう」持ち込みで作ってもらったたらの芽のおひたし。

たらの芽を持ち込んだ以外にもいろいろいただきました。この日のさとうのフードメニューです。

那覇・松川「喰い呑み処 さとう」のフードメニュー(2019年5月11日)

まずはふき味噌やっこ(300円)。以前訪れた時にもふき味噌を乗せた豆腐をいただいていますが、春だからでしょうか、以前よりもふき味噌の風味が輪郭強く感じられました。おいしかったなぁ。春の味覚、大好き。

那覇・松川「喰い呑み処 さとう」ふき味噌やっこ(300円)

春の味覚が続きます。コシアブラのおひたし(350円)、これもおいしかった。クセのある山菜、ウマいなぁ。小さな頃からおいしい山菜を食べて育ったのですが、沖縄の春は季節感を感じられず、少しばかり寂しい... でもさとうに来れば、北国の春を思い出せるとわかりました。いいタイミングで来たわ。

那覇・松川「喰い呑み処 さとう」コシアブラのおひたし(350円)

こちらはお子サマー向けに注文した本日のお茶漬け(250円)です。さとうのツナ昆布とのりで食べるお茶漬け、お子サマーが全然食べてくれず、カーチャンのお腹に消えてゆきました。

那覇・松川「喰い呑み処 さとう」本日のお茶漬け(250円)

玉ネギ梅ザーサイ(350円)もアタリの1品。この組み合わせ、どうして思いついたんでしょうか、天才的にウマい!塩気控えめのザーサイと梅の酸味、そして食感とみずみずしい玉ネギ。最高でした。

那覇・松川「喰い呑み処 さとう」玉ネギ梅ザーサイ(350円)

〆鯖のお刺身(500円)、これがウマかった。シメ方が軽く、お酢や調味料の味が控えめ。ムチッとした食感が素晴らしく、これは一人一皿食べたいヤツです。

那覇・松川「喰い呑み処 さとう」〆鯖のお刺身(500円)

とろとろに煮込まれた牛すじのねぎ塩煮込み(350円)もおいしかったー。お子サマーもよく食べました。

那覇・松川「喰い呑み処 さとう」牛すじのねぎ塩煮込み(350円)

最後はさとうのオムレツ(350円)でシメ。この日はエビ入りで、香りがよくウマかった!山菜持ち込みがなくとも、さとうのおいしいおつまみ類を食べられて幸せな1日となりました。またご馳走をいただきに伺います。

那覇・松川「喰い呑み処 さとう」さとうのオムレツ(350円)

住所:〒902-0062 沖縄県那覇市松川2丁目4-1 泉産業ビル1F

(*・ω・)つ 沖縄食べ歩き情報もどうぞー♩

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人

ユッキー

毎日ビールを飲んでいる。アメリカンペールエール、IPA、セッションIPA、ゴーゼ、ラガーが好き。ビールも人間もちょっぴりクセがある方がいい。

-ビール, 松川, 沖縄本島南部, 沖縄県, 那覇市
-

Copyright© 毎日ビール.jp , 2019 All Rights Reserved.