那覇市「識名そば」あっさりカツオ出汁の沖縄そばはトッピング豊富。自己流アレンジも!

2018年2月22日 ユッキー@毎日ビール

那覇市「識名そば」ソーキそば(中、750円)

先日、那覇インターの近くにある「識名そば(しきなそば)」でランチを食べてきました。よく使う道沿いにある、三角屋根と大きな看板が目印の沖縄蕎麦屋さんです。ファミリーでも訪れやすく、またパッと提供されてサクッと食べられることから、回転もわりと早いと思います。多少混んでいても食べに入りやすいと思いますよ。ということで、さっそくレポート行ってみよ〜!

那覇ICからすぐ「識名そば」について

どこにあるの?駐車場は?

識名そばは、那覇市の首里方面から南風原町方面へ抜ける通り沿いにあります。お隣は那覇市民体育館で、沖縄高速道路の那覇ICも近くです。お店の前には駐車場は5台ほど用意されています。車の往来が多い道路沿いなのですが、駐車場の台数が控えめに思いました。そのため駐車場がいっぱいでも、店内には余裕がある傾向な気がします。

お店の様子

識名そばは、お店の屋根にも大きく識名側と書かれているし、看板も大型で目に留まること間違いなし。11時から17時まで通し営業しているので、お昼を食べ損ねた場合でも食べに行けるのが嬉しいです。

那覇の首里糸満線沿いにある「識名そば」。

店内にはカウンター席とテーブル席、そしてお座敷席がありました。お店は結構広いなぁという印象です。

那覇市「識名そば」の店内。テーブル咳、カウンター席、掘りごたつ席があった。

ファミリーに人気のお座敷席。子連れはこちらが便利ですね。先日訪れた際も、小さな赤ちゃんを連れたご家族が、お座敷席が空くのを待っていました。

那覇市「識名そば」の小上がり席。掘りごたつになっている。

券売機とメニュー

店内に入るとすぐに券売機が置かれています。こちらで注文した後は、店員さんに手渡してテーブルで待つのみです。

那覇市「識名そば」まずは券売機で食券を購入する。

入り口付近には写真付きのメニューも置かれています。定番の沖縄そばはもちろんですが、1日限定何食と決まっているメニューがあったり、中身汁や骨汁の定食もあったりで、どれにするか悩んでしまいます。トッピングが豊富に用意されていて、これも迷う理由です。自由度が高いなぁ。このメニューは2022年12月時点の情報なので、最新のメニューはお店でご確認ください。

那覇市「識名そば」のメニュー表(2022年12月)

また、識名そばではそばのサイズが3つあります。しかし券売機には大しかないメニューがあったり、小も大も書かれておらずおそらく中しかないメニューがあったり、わりとザックリな感じなのかもしれません。

那覇市「識名そば」沖縄そばのサイズは3種類。

実食!グルメレポート

沖縄そば+ゆし豆富トッピング

初回訪問時、わたしは沖縄そば(中600円、2018年時点)にゆし豆富をトッピング(+170円)してみました。識名そばにはゆし豆腐そばというメニューもあるのですが、それだと三枚肉が乗せられていないっぽかったので、普通の沖縄そばにトッピングしてみたのです。

那覇市「識名そば」の沖縄そば(中、600円)にゆし豆富トッピング(+170円)。

まずはスープからいただきます。白濁スープに見えますが、トッピングのゆし豆富の汁が混ざり、白濁しているだけです。優しい塩気に、ほんのり豆富の味。これがウマいんだ〜。ニガリ成分のせいか、食べていると口の中がきしむのもまた良し。ゆし豆腐はスープと同じタイミングでレンゲに乗せて、豆腐も一緒に口に運びます。硬めのお豆腐でボリュームもあり、お腹にも溜まります。

那覇市「識名そば」スープはゆし豆富の汁気が混ざり白濁している。

識名そばの麺は自家製麺だそうです。小麦粉・塩・かん水だけで作った平打ち麺でした。細いきしめん的な感じでしょうか。つるつる食感ではなく、少しもそっとした食感が特徴です。真っ白ではなく、少し灰がかったような色味でした。とらやとか首里そばに近い感じですね。

那覇市「識名そば」麺は平打ちの中麺。少し灰がかった色味で、つるつるではなく、表面がもそっとしている。

三枚肉はしっかり濃い味。スープも麺もあっさり系なので、お肉がいいアクセント。とろりと柔らかな脂身も嬉しいですね。

那覇市「識名そば」三枚肉はしっかり濃い味。

途中、コーレーグスで味変をしました。識名そばのコーレーグスは辛さが強め。これによりそば全体の味がキュッとしまってより一層おいしくなります。

那覇市「識名そば」途中、コーレーグスで味変。

アーサそば

こちらはご主人サマーが注文したアーサそば(中700円、2018年時点)。これを見て思い出したのが、恩納村のなかむらそばです。同行していた友人が食べていたアーサそばになんとなく似ている... 調べてみると、この識名そばは、何年か前まではなかむらそばの支店として営業していたみたい。そこから独立なのか暖簾分けなのかして、識名そばへと店名変更したっぽい。なるほど〜!両店ともあっさりスタンダードな沖縄そばですから、納得です。

那覇市「識名そば」アーサそば(中、700円)を注文していた。

じゅーしー

じゅーしー(150円、2018年時点)は硬めの炊き加減で、パラッとしていました。具材も最低限のものだけで、味付けもシンプル。じゅーしーが濃い味だと、あっさりなそばが負けてしまいますからね、これで正解だと思います。

那覇市「識名そば」じゅーしー(150円)

ソーキそば

大晦日にソーキそば(中750円)を食べました。これが年越しそばです。同じように識名そばへ年越しそばを食べに訪れる方が多く、店内はめちゃくちゃ混んでいました。

那覇市「識名そば」ソーキそば(中、750円)

すっきりとクリアなカツオ出汁のスープ。年齢問わず大好きな沖縄そばってこういう感じですよね。小口切りにしたネギとの相性がよく、とてもバランスが取れています。

那覇市「識名そば」ソーキそばのあっさりしたスープ

麺はシンプル。前回いただいた時と同じ印象です。中サイズをいただきましたが、これで十分お腹いっぱい。

那覇市「識名そば」ソーキそばの麺

ソーキは大きなものがふたつ。ほろっと柔らかく、ほんのり泡盛の香りでしょうか。かぶりつくと、じゅわっと肉汁があふれるようでした。脂が適度に抜けて比較的あっさりな感じですが、白身部分がとろっとおいしいです。

那覇市「識名そば」ソーキそばの本ソーキは骨がスーッと外せる

ネギそば

沖縄そばのお肉が噛みきれないお子サマーには、ネギそば(中600円)を注文。ネギだくですが、このくらい入れても負けないくらいカツオ出汁がきいています。というか、これはこれでめっちゃおいしい。沖縄そばでネギだくの発想、全然考えたことなかったけれど、アリですね!

那覇市「識名そば」ネギそば(中、600円)

まとめ

ということで、那覇の「識名そば」へ行ってきました。アッサリとカツオ出汁のきいた食べ飽きない感じが気に入りました。ネギの風味とスープの相性がよく、ネギ好きな方はぜひトッピングしてみてください。那覇インターからも近いので、高速利用の前後に食べに行けるのもいいですね。来沖した友人を連れて行きたいお店が、またひとつ増えました。
終わり。

お店の情報

店名 識名そば
住所 〒902-0078
沖縄県那覇市識名1206-1
営業時間 11時〜17時
定休日 火曜
駐車場 お店の前に5台ほどあり


スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
毎日ビール.jp プロフィールカード用

ユッキー@毎日ビール

沖縄在住11年目のグルメブロガー。
沖縄で食べ飲み歩いた店は1000軒超。
ビールと旅が好きで、国内・海外グルメやビアバー情報も綴ってます。
最近の楽しみは、ライブ遠征と母子旅。

-ランチ, 沖縄そば, 沖縄の禁煙店, 沖縄料理, 沖縄本島南部, 沖縄県, 真和志エリア, 識名, 那覇市, 都道府県別, 食べ歩き
-