すすきの「ラーメン信月」飲んだ後の塩生姜が最高!熱々の鶏ガラスープがスルスル入る、超好みの一杯。

札幌・すすきの「ラーメン信月」しょうが塩ラーメン(890円)

札幌滞在2日目の夜。パブクロールでいい具合に酔っ払ったわたしは素直にホテルに戻りました。が、寒くて温かいものを欲し、再度すすきの方面へ。向かった先は南3西5のN・グランデビル1階にある「ラーメン信月」です。ここはわたし的に懐かしいラーメン屋さん。酔客を相手にしているため、朝方まで営業しているのをわかって訪れました。

札幌・すすきの「ラーメン信月」の外観

店前には入店待ちをしている男性陣が6人ほど。それもそのはず、ラーメン信月はカウンター10席ほどの小さなお店です。雑居ビルの建物内にあるラーメン店ですが、通り抜ける風に吹かれて寒くて寒くて。とはいえラーメン店の回転は悪くないので、フライトジャケットのフードを被り、20分ほど耐えて待っていると席に案内されました。

札幌・すすきの「ラーメン信月」の店内カウンター席

ラーメン信月のメニューはこちら。しおを筆頭に、正油・みそとそれぞれの味があり、しょうが・野菜・チャーシューメンのトッピングが選べます。わたしがカウンターに座っている間、他のお客さんたちの注文を聞いていると、味噌7:塩3の割合でした。ラーメンだけでなくチャーハンセットにして頼むお客さんが多いみたい。偶然なのか、単品オーダーの割合が極端に低い印象でした。

カウンター席からラーメンを作る様子が眺められました。ドカーッと作って、一斉に着丼させるスタイルです。寒い中並んで店内に入ったもので、この湯気が立ち登る様子に心がわきました。

札幌・すすきの「ラーメン信月」カウンターの中で熱々のスープを注ぐ店員さんの手元

ラーメン信月を訪れたら、わたしはいつもしょうがラーメンの塩(890円)を注文します。ダメモトで店員さんに「生姜を別皿にできます?」と聞くと、快くOKをくださって。なので、しょうが抜きの塩ラーメン状態からいただく作戦に出ました。

札幌・すすきの「ラーメン信月」しょうが塩ラーメン(890円)

まずはスープから。あっさりクリアで熱々の鶏ガラスープが、冷えた体を温めてくれます。ああ、懐かしい。もう何年ぶりかもわからない、この店の味わいに思わずニンマリ。すすきのにある酔客相手のラーメン店は塩気が濃いめの傾向ですが、ラーメン信月は濃味ではなく、むしろ昭和スタイルの優しさを感じるほど。こういうのでいいんだよ、こういうので。

札幌・すすきの「ラーメン信月」塩ラーメンのスープ

黄色い縮れ麺は、やや柔かいの茹で上がり。パツ感がほぼなく、むっちりとしたちぢれ麺でした。麺量が多いように感じられ、ズルズル、もぐもぐ、背筋ピーン(食べ物が食道からするっと入って行くための努力。笑)を繰り返します。徐々に伸び始める麺に気付きますが、全然減らないし、なんなら増えてる気がしたほど。

札幌・すすきの「ラーメン信月」塩ラーメンは一柳製麺の黄色い縮れ麺を使用

この麺、一柳製麺のおそらく特注麺。札幌市内で食べるラーメンにしては、やや太めに思います。

札幌・すすきの「ラーメン信月」の麺は、一柳製麺を使っている

具材は昔ながらの豚チャーシューにネギ、ナルト、メンマ、お麩。シンプルな塩スープにはネギがよくお似合いです。チャーシューの脂がいいお仕事をしています。脂といえば、スープの湯気が上がらないガッツリ油膜ではなく、飲み終わりにも食べやすい薄っすら程度なのもありがたし。

札幌・すすきの「ラーメン信月」塩ラーメンの具材

スープをたっぷり含んだお麩も大好物。わたしはこれが食べたくて、北海道ラーメンが恋しくなります。なんなら麺抜きで、お麩トッピングをしまくってスープを味わいたいレベルにラブ。

札幌・すすきの「ラーメン信月」塩ラーメンに入るラーメン麩が嬉しい

途中、別皿にしてもらった生姜で味変を楽しみました。小皿にたっぷりで嬉しい!

札幌・すすきの「ラーメン信月」しょうがを別皿に入れてもらった

鶏ガラあっさりの塩スープに生姜を加えると、さらにアッサリとした味わいに激変。嬉しいことに、生姜効果で体の芯からホットホットになれました。札幌味噌なら確実にニンニクを入れますが、ラーメン信月の塩には間違いなく生姜です。

札幌・すすきの「ラーメン信月」塩ラーメンに生姜を入れる

ということで、札幌市はすすきの南3西5にある「ラーメン信月」でシメラーしてきました。路面店ではなく、雑居ビル1階の内側にひっそりとあるお店ですが、すすきのの飲兵衛たちには知れ渡っています。それもそのはず、1997年創業ということはもう30年近く営業しているわけですから。若かりし頃のわたし、2000年代に何度も食べに訪れました。当時は昭和な味わいとは思い浮かべず、ただただ「おいしい、おいしい」と食べていましたが、いま改めていただくと、すっかりノスタルジーなラーメン屋さんに思えてなりません。

ラーメンの流行り廃りはあれど、この手の味わいは絶やしてはならないと、わたしは思うのです。また食べに伺いますから、ぜひ40年、50年と営業を続けてください。
終わり。

お店の情報

店名 ラーメン信月
住所 〒064-0805
北海道札幌市中央区南5条西3丁目 N・グランデビル1階
営業時間 20時〜翌5時
定休日 日曜
駐車場 なし。近隣にコインパーキングあり。


 あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
毎日ビール.jp プロフィールカード用

ユッキー@毎日ビール

グルメブログ歴12年、沖縄移住10年。沖縄定番グルメからローカル店まで食べ歩き情報を綴ってます。国内外のビアバーめぐりに、旅・遊びの情報も。クラフトビール歴は16年、ホップの効いたビールが好き。

-すすきの, シメのラーメン, ラーメン, 北海道, 札幌ラーメン, 札幌市, 都道府県別, 食べ歩き
-