沖縄上陸した「パンダエクスプレス」のアメリカ式中華料理を食べにパルコシティへ行ってきた。

2019年12月27日

アメリカ・カリフォルニア発の「PANDA EXPRESS(パンダエクスプレス)」が沖縄にもやってきました。パンダのアイコンが目を引くこちらのお店は、アメリカ式中華料理が食べられるファストフード店です。ロサンゼルス国際空港やハワイで食べたあの味が沖縄でも食べられる〜!年齢問わず食べられる甘酸っぱい系の味付けが多く、わりと大味で脂っこいのについ食べてしまう謎の魅力を感じるお店です。ということで、パンダエクスプレスについてさっそく書いてみよー!

浦添の「PANDA EXPRESS 沖縄パルコシティ店」の外観

どこにあるの?

沖縄のパンダエクスプレスは、西海岸道路沿いの巨大商業施設・サンエー浦添西海岸パルコシティの3階にあります。パルコシティはベース(米軍基地/キャンプキンザー)の真横。確実に勝算アリと見込んでの出店でしょう。那覇から行きやすく、宜野湾方面からも訪れやすいと思いますが、車がないと不便な立地です。駐車場は4000台という規模感ですが、週末は満車になりがち。わたしは駐車場が空いてるオープン直後に入店しますが、一日いても飽きませんねぇ。

お店の様子

サンエー浦添西海岸パルコシティは4つのゾーンに分かれています。今回のパンダエクスプレスは3階のグリーンゾーンにあります。フードコートではありませんが、飲食店が立ち並ぶエリアに店舗として存在しています。近くにはユナイテッドシネマ・ABCマート・スターバックスコーヒーがあるし、通りがかりに目にした人も多そう。これまで何度か食べに訪れていますが、土日のランチタイムは行列ができます。この日は8割が米軍関係者と思しき外国人でした。パンダエクスプレスは世界中に2000店舗以上あるらしいし、アメリカ人は小さな頃から慣れ親しんだ味なのかも。

浦添の「PANDA EXPRESS 沖縄パルコシティ店」のレジ付近

パンダエクスプレスは注文方法によって主食1〜2種類、おかず1〜3種類から好きなものをオーダーできます。

浦添の「PANDA EXPRESS 沖縄パルコシティ店」では食べたいベースメニュー・メインメニューを選ぶことができる。

おかずは定番の他にも期間限定品もあり、それでパルコシティを訪れると「今日は何のおかずかな?」って立ち寄っちゃうんですよね。

浦添の「PANDA EXPRESS 沖縄パルコシティ店」はアメリカ風中華料理のファストフードだ。

注文方法

パンダエクスプレスの注文方法です。事前に知っておくとスムーズなので事前にチェケラしておきましょう。

step
1
3サイズから選ぶ

パンダエクスプレスでは、食べるボリュームに合わせて3サイズから選べます。わたしはいつもプレートですが、周りの女性陣を見回すとボウルの人が多いです。男性はプレートまたはビッグプレートの方が多いですね。

こちらは税別の価格ですので、テイクアウトとイートインによって支払い価格が異なります。また、こちらは2019年11月時点の情報なので、料金アップなどがあるかもしれません。現地で最新情報を確認してください。

浦添の「PANDA EXPRESS 沖縄パルコシティ店」の注文はサイズを選び、ベースメニューを選択する

step
2
ベースメニュー(主食)を選ぶ

サイズを決めたら、次はベースメニュー(主食)を決めます。ベースは5種類(フライドライス・チャオメン・玄米・白米・ミックスベジタブル)から1つ、もしくはハーフ&ハーフで注文できます。

step
3
メイン(主菜)を選ぶ

最後にメイン(主菜)を選びます。おかずの定番はお肉(鶏・豚・牛)が多く、豆腐・魚介系は期間限定で用意されていたりいなかったり。またメインによっては100〜200円の追加料金が発生する場合もあります。

浦添の「PANDA EXPRESS 沖縄パルコシティ店」メインメニューを選ぶ

step
4
ドリンク・スープ・デザートの有無

レジに向かうと、ドリンクの有無を確認されます。ドリンクは3サイズあって、一般の人ならばSサイズで十分だと思います。スープやデザートもこちらでオーダーしましょう。

浦添の「PANDA EXPRESS 沖縄パルコシティ店」ドリンクはセルフサービスとなっている

オレンジチキンとモンゴリアンポーク(定番セット、990円)

初オーダー時、悩みに悩んだ結果、お店側で用意しているセットメニューをチョイスしました。テーブルが空いておらず、持ち帰ろうとテイクアウトでオーダーしたものの、食べたいおかずが調理中のため10分ほど待つことに。待ってる間にお腹が減り、店内で食べて帰ることにしました。ちなみにこの時はまだ増税前の2019年8月で、テイクアウトもイートインも消費税は8%でした。いま同じことをするとイートイン脱税になります。消費税10%を支払ってから食べましょう。

浦添の「PANDA EXPRESS 沖縄パルコシティ店」をテイクアウトしてみた。

こちらがテイクアウト用のパッケージ。フタにPANDA EXPRESSと書かれています。いざ、開封の儀!

浦添の「PANDA EXPRESS 沖縄パルコシティ店」テイクアウトのお弁当を開封の儀!

ジャーン!沖縄にめんそーれよ〜、パンダエクスプレス〜!

浦添の「PANDA EXPRESS 沖縄パルコシティ店」おすすめプレートの定番セット(990円)

ベースメニューはチャーハンと焼きそばのハーフ&ハーフです。どちらも味が薄め。チャーハンにはセロリが入ってるようで食感が楽しめます。キャベツ入りの焼きそばは味がしないレベル。おかずの味がしっかりなのでこれで良いのだ。どちらもオイリーなのでウーロン茶が欲しくなります。ソフトドリンク必須だなぁ。

浦添の「PANDA EXPRESS 沖縄パルコシティ店」定番セットのベースはチャオメン&フライドライス。

おかずは2種類。向かって左のモンゴリアンポークは、豚肉とニラ、シャキシャキの玉ねぎ、パプリカ、マッシュルームの炒め物。醤油風のソースにガーリックの風味でおいしい。野菜多めで、飽きずに食べられました。向かって右側がオレンジチキン。パンダエクスプレスといえばコレですね。オレンジの香りがする甘いソースが絡められたフライドチキンはボリュームたっぷり。お肉が柔らかく、甘酸っさで色が進みます。おいしいのだけど味が単調で後半ダレてきました。こりゃービールが欲しいなぁ。

浦添の「PANDA EXPRESS 沖縄パルコシティ店」定番セットのメインはモンゴリアンポークとオレンジチキン。

麻婆豆腐とバンバンチキン(プレート、990円)

続きまして増税後のイートインの様子です。期間限定メニューが入れ替わっていたので、プレートに好きなおかずを自分で選んでオーダーしました。ベースメニューは白米とチャオメンのハーフ&ハーフです。メインは麻婆豆腐とバンバンチキン、どちらも期間限定メニューだそうです。前回、食べてる途中でモタれたので、ソフトドリンク(150円)もお願いしいました。セルフサービスのドリンクはフリードリンクではないので、氷無しでたっぷり注ぐのがお得です。

浦添の「PANDA EXPRESS 沖縄パルコシティ店」プレート(990円)をイートインした。

まずは麻婆豆腐。アメリカ式中華料理の麻婆豆腐は、甜麺醤を使ったの甘辛系。麻辣な辛さ・痺れは全くありません。四川風を求めている人には物足りないかもしれませんが、ご飯や焼きそばと相性はバッチリです。ちょっと味が濃いけれど、こどもにもおいしく食べてもらえる味でしょう。

浦添の「PANDA EXPRESS 沖縄パルコシティ店」プレートのメインは麻婆豆腐

こちらはバンバンチキン。韓国のバンバンチキンとは全く違い、鶏肉に素揚げポテト、セロリ、パプリカなどがマヨネーズソースに絡められ、甘くこっくりな炒め物に仕上がっています。野菜のシャキ感、ポテトのほっくりと様々な食感が楽しめておいしかった。こちらも年齢問わず食べられますね。

浦添の「PANDA EXPRESS 沖縄パルコシティ店」プレートのメインはバンバンチキン

まとめ

ということで、サンエー浦添西海岸パルコシティ3階の「PANDA EXPRESS(パンダエクスプレス)」で、アメリカン中華料理を食べてきました。ファストフードの中華料理、お手軽だしおいしいなぁ!持ち帰ってビールのアテにもしたいし、そのまま白米だとか玄米と合わせるのもいいですね。とにかくボリュームがあるので、プレートサイズで主食をのこしてしまうサイズ感です。ボウルだと量がすくなそうだし、おかずだって二品は食べたいので、当面はプレートサイズで行こうと思っています。ただ、おかずも炭水化物も減らしてくれたらいいのになぁ。次はベジフードや魚介のおかずにもチャレンジしてみようと思います。
終わり。

住所:〒901-2123 沖縄県浦添市西洲3丁目1−1 サンエー浦添西海岸PARCO CITY 3F

(*・ω・)つ 沖縄食べ歩き情報もどうぞー♩

 あわせて読みたい

  • この記事を書いた人

ユッキー

毎日ビールを飲んでいる。アメリカンペールエール、IPA、セッションIPA、ゴーゼ、ラガーが好き。ビールも人間もちょっぴりクセがある方がいい。

-テイクアウト(持ち帰り), ランチ, 中華料理・台湾料理, 沖縄本島中部, 沖縄県, 浦添市, 都道府県別, 食べ歩き
-

© 2020 yukipod