宮古空港の時間つぶしで立ち寄った2階レストラン「ぱいぱいのむら」とは。

宮古空港2階のレストラン「ぱいぱい のむら」グァバジュース(600円)

宮古島ひとり旅も終盤です。早めに宮古空港へと入り、時間つぶしをしようと空港ターミナル2階の喫茶店すなかぎに向かいました。ここのフレッシュジュースを飲んで旅を終えようと思ったら… わたしの旅よりだいぶ前に、すなかぎは閉店していたようで…

宮古空港2階のレストラン「ぱいぱい のむら」の目の前にあったすなかぎは閉店していた

それじゃあとすなかぎの目の前にあるレストラン「ぱいぱいのむら」に鞍替えしたんです。小さな宮古空港で時間つぶしできそうお店は、残すところこちらとA&Wくらいしかありません。

宮古空港2階のレストラン「ぱいぱい のむら」の外観

そんなわけでぱいぱいのむら入り口に並ぶ食品サンプルをチェック。ついさっき川満商店を食べたばかりで、全然お腹減ってないけれど、時間つぶしのために入店せねば。

宮古空港2階のレストラン「ぱいぱい のむら」の食品サンプル

入店したぱいぱいのむらは、ちょっとゴージャスなファミレスの雰囲気。おひとり様の利用客もわたしの他にもいたので、気兼ねせずに利用できました。昼から居酒屋がわりに使っているお客さんがいたり、遅めのランチを食べている人がいたりと、使い方は様々です。

宮古空港2階のレストラン「ぱいぱい のむら」の店内

メニューをパラパラめくると、店名の由来が書かれていました。ぱいぱいのむらって店名は一体どういうことだろうと思っていたのですが、宮古島の方言で「ぱいぱい=よく似合う・よく映える」という意味なんだそう。日本語って難しい。

宮古空港2階のレストラン「ぱいぱい のむら」の意味

こちらがぱいぱいのむらのメニューです。お食事もおつまみも揃っているので、レストランとしても居酒屋としても利用できちゃう懐の深さがステキ。空港のレストランですから利用用途は幅広そうですもんね。

帰宅後に運転が控えているわたしは、グァバジュース(600円)をいただきました。トロピカルな香りは南の島感があってよいですねぇ。グァバをそのまま食べると種が邪魔するけれど、ジュースだとおいしいなぁ。

宮古空港2階のレストラン「ぱいぱい のむら」グァバジュース(600円)

そして、宮古島最後の食事に宮古そばの小(600円)を。お腹が減っていないけれどおやつ代わりとしてサイズ小を注文しました。

宮古空港2階のレストラン「ぱいぱい のむら」宮古そば(小、600円)

まずはスープから。出汁が効いた薄口のスープはキレがあります。空港レストランだからといって侮れません。浮かんだネギが偶然辛味の強いところで、スープによく合いました。

宮古空港2階のレストラン「ぱいぱい のむら」宮古そばのスープ

麺は太めの四角麺。紅生姜の辛味としゃくっとした食感もいい。

宮古空港2階のレストラン「ぱいぱい のむら」宮古そばの麺

トッピングはお肉とかまぼこです。三枚肉と思いきや厚みのある赤身肉でほどよく柔らか、そして味が濃いめ。

宮古空港2階のレストラン「ぱいぱい のむら」宮古そばの具材

味変は卓上のコーレーグスで。ぱいぱいのむらのコーレーグスは辛さが強めでした。数滴垂らすと、スープの味が引き締まります。

宮古空港2階のレストラン「ぱいぱい のむら」宮古そばにコーレーグスを入れて味変した

ということで、宮古空港2階レストラン「ぱいぱいのむら」で時間つぶしをしてきました。宮古空港は比較的コンパクトな空港です。出発便に余裕を持って訪れたら、逆にやることがなくなって暇を持て余してしまったという人も多いのでは。そんな時はこのレストランで食事したり、ドリンクを飲んだり、居酒屋使いしてみたりというのが一般的だろうなぁと思います。客席数も多いので満席になることはなさそう。店名の由来がわかってスッキリしました。それと机がものっすごくツルツル滑るので、グラスを倒さないように注意しましょう。
終わり。

お店の情報

店名ぱいぱいのむら
住所〒906-0013
沖縄県宮古島市平良下里1657−128
営業時間9時〜19時
定休日不定休
駐車場宮古空港駐車場を利用可


 あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-カフェ・喫茶店, 宮古そば, 宮古島, 宮古諸島, 沖縄そば, 沖縄料理, 沖縄県, 都道府県別, 食べ歩き
-