宜野座村「みらい食堂」地元のじゃがいもを練り込んだ沖縄そばを食べてきた。

宜野座村「みらい食堂」ぎのざそば(大、750円)

先日、沖縄本島北部でアポイントがありました。合間を縫ってランチをいただこうと訪れたのは、宜野座の道の駅にある「みらい食堂」です。道の駅ぎのざ、何度も訪れているのにみらい食堂へ伺うのは今回が初めて。

宜野座村の道の駅にある「みらい食堂」の外観

平日のランチタイム。店内では食事中のお客さんや、入れ替わりで入店してくるお客さんがバラバラと。

宜野座村「みらい食堂」の店内

みらい食堂は食券を購入する仕組みです。まずは券売機に向かいましょう。主なメニューは沖縄そばとカレーです。

宜野座村「みらい食堂」の券売機

券売機の近くには写真付きのメニューとそばとカレーの丼が置かれていました。このサイズ感でメニューのボリュームを予測しつう食券をバチッと押します。

宜野座村「みらい食堂」のメニューと丼の大きさ

今回わたしがオーダーしたのは、ぎのざそば(大、750円)です。みらい食堂の沖縄そばは大・小しかないので、大は小を兼ねるだろうと大を選びました。これがデカいのなんのって!

宜野座村「みらい食堂」ぎのざそば(大、750円)

まずはスープから。寒い日だったこともあり、熱々のスープをすすって生き返りました。あっさりと透き通った優しい味付けで、これなら完飲しても悪い気がしないだろうと思います。

宜野座村「みらい食堂」ぎのざそばのスープ

麺は、平打ちの中太麺。この麺、実は宜野座村の特産品が使われているんだそうです。何を使っているかご存知ですか?

宜野座村「みらい食堂」ぎのざそばの麺

この麺はじゃがめんと言って、宜野座村産のじゃがいもを皮ごと使って作られているんだそうです。食感は普通のそばよりもややモサモサ。でも全然気にならない程度で、ジャガイモを使っていると言われなければわからないと思います。とても良い地産地消の取り組み!

宜野座村「みらい食堂」じゃがめんの説明

ぎのざそばにはお肉がたっぷり乗せられています。まずは本ソーキ。むちむちとした肉質で、骨はするりと抜けます。柔らかく煮込まれているなぁ。

宜野座村「みらい食堂」ぎのざそばの軟骨ソーキ

てびちは1つ。とろんとろんのぷるんぷるん。くちに入れると文字通りとろけて消えちゃう。味付けは濃すぎず、臭みもなくとろぷる食感を楽しみました。

宜野座村「みらい食堂」ぎのざそばのてびち

そして三枚肉が2つ。脂とろっ、赤身はしっかり食感。やや味付けが濃く、そばのあっさりスープとの対比が楽しめます。

宜野座村「みらい食堂」ぎのざそばの三枚肉

後半は卓上調味料で味変タイムです。

宜野座村「みらい食堂」卓上調味料

いつものようにコーレーグスを数滴垂らすと、あっさりのスープに深みが生まれ、より一層おいしくなりました。お肉類にかけてもおいしいですね。

宜野座村「みらい食堂」ぎのざそばにコーレーグスを入れた

ということで、宜野座村の道の駅ぎのざにある「みらい食堂」でランチを食べてきました。慌ただしい仕事の合間でしたが、さくっと提供され、ズルズルッと丼を空にして次のアポイントへと向かいました。地産地消のじゃがめんもいいアイデアだと思うし、熱々あっさりのスープもおいしかったです。ご馳走さまでした。
終わり。

お店の情報

店名みらい食堂
住所〒904-1304
沖縄県国頭郡宜野座村漢那1633
営業時間平日:11時半〜14時/土・日曜:11時〜15時
定休日木・金曜
駐車場道の駅ぎのざの駐車場を利用可能


 あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ランチ, 宜野座村, 沖縄そば, 沖縄料理, 沖縄本島北部, 沖縄県, 都道府県別, 食べ歩き
-