那覇・栄町「食堂ヘンサ森」おいしく健康的なサイズ感、カフェっぽい雰囲気も素敵。

2020年9月9日

那覇・栄町「食堂ヘンサ森」なす味噌定食(750円、2023年4月時点)
毎日ビール.jp プロフィールカード用

ユッキー@毎日ビール

沖縄在住のグルメブロガー。観光客向けの定番グルメから、地元民向けのローカル店まで、沖縄グルメを食べ飲み歩きしています。旅とビールが好きで、国内外のグルメ・ビアバーの情報も。時々ライブ遠征・母子旅に出かけてはブログを書いています。

那覇市の栄町にある「食堂ヘンサ森」へ行ってきました。店名のヘンサ森って不思議な名前だなぁと思ったところ、どうやら店主の出身地である南城市大里にあった森の名前なのだそうです。大里南小学校の校歌にも「ヘンサ森かげ 見おろして〜」という歌詞があるのだそうで、地域の方にはお馴染みの場所なのでしょう。こういう店名の由来って、素敵だなぁ。ということで、さっそく食堂ヘンサ森のレポート行ってみよ〜!

栄町の「食堂ヘンサ森」について

どこにあるの?駐車場は?

食堂ヘンサ森は栄町の飲み屋街にあるお店です。栄町りうぼうの裏手通りにあって、歩けばすぐに見つけられるはずです。お店の専用駐車場はなさそうなので、近隣のコインパーキングを利用しましょう。栄町のあたりは道路が狭いので路上駐車は避けたいですね。

お店の様子

こちらが食堂ヘンサ森の外観です。さっそく店内へお邪魔します。

那覇・栄町「食堂ヘンサ森」の外観(2023年4月時点)

店内にはカウンター席ごお座敷席、それとテーブル席もあります。キッチンを取り囲むようにカウンター席があるので、基本少人数で訪れるようなお店かも。以前はお座敷がありましたが、いつの間にテーブル席だらけのおしゃれなカフェ風食堂に変身していました。

那覇・栄町「食堂ヘンサ森」の店内(2023年4月時点)

券売機とメニュー

食堂ヘンサ森は券売機で食券を購入するスタイルです。メニューは定食系、沖縄そば系、タコライス、カレー、丼もの、汁物となっています。からあげ・チキン南蛮の単品もあるし、持ち帰り可なからあげも3個・5個・10個と選べます。ソフトドリンクに混ざって、泡盛やビールのボタンもできていました。単品のおかずはおつまみにもなりそうですね。こちらは2023年4月時点の情報なので最新版はお店でご確認を。

那覇・栄町「食堂ヘンサ森」のメニューと券売機(2023年4月時点)

券売機の他、店内には壁がけのおつまみメニューや赤札が張り出されていました。ちょっとカフェっぽさのある食堂なのに、さすが飲兵衛の集まる栄町だなぁ。こういうミックスされた感じも含めて大好き!笑

実食!グルメレポート

なす味噌定食

この日は店内でなす味噌定食(750円、2023年4月時点)をいただきました。メインおかずは、やちむんに乗せられて登場!これもまた嬉しいなぁ。定食は、見た目的にも伝わるように、多すぎないボリューム感です。

那覇・栄町「食堂ヘンサ森」なす味噌定食(750円、2023年4月時点)

なす味噌につかう味噌は手作りだそう。炒められた揚げなすを持ち上げ、パクッと頬張ります。やや甘めで濃い口の味噌が絡み、甘じょっぱい感じがおいしい!なすに薄切りの豚肉、そしてニラがアクセントになっています。ふわふわと柔らかなお豆腐は、一般的な島豆腐とは異なるのでしょうか。これもまたおいしくて、ごはんを求めてしまいます。

那覇・栄町「食堂ヘンサ森」なす味噌は手作りの味噌を使った甘めの仕上がりがおいしい

なす味噌の他には、ごはん・みそ汁・漬けものがついてきます。

那覇・栄町「食堂ヘンサ森」なす味噌定食のごはんとお味噌汁

「なす味噌をごはんに乗っけたら、さぞおいしかろう…」と思ったと同時に、お茶碗に乗せていました。想像通りおいしかったなぁ。ヘンサ森のおかずとごはん、最高です!

那覇・栄町「食堂ヘンサ森」なす味噌をごはんに乗せてもおいしい

チキン南蛮(持ち帰り)

コロナ禍になり、食堂ヘンサ森の持ち帰り弁当を買いに行くようになりました。この日購入したのは、チキン南蛮(550円、2020年7月時点)です。お弁当のパックを開けるとご飯の上に乗っけ盛りされたチキン南蛮、そして生野菜のサラダなどがおいしそう&おしゃれ!

那覇・栄町「食堂ヘンサ森」チキン南蛮(お持ち帰り弁当、550円)

チキンの上のタルタルにはゴロッと食感の茹で卵と、甘酸っぱいタレがかけられます。この組み合わせ、間違いないですよね。お弁当はイートイン価格よりも安く提供されているので、もしかするとボリュームもお値段も控えめにしていたりするんでしょうか。パック代がかかるのに、イートインより安いだなんて…!

那覇・栄町「食堂ヘンサ森」チキン南蛮(お持ち帰り弁当、550円)はタルタルソースがたっぷりと。

ゴーヤーチャンプルー(持ち帰り)

こちらは持ち帰り弁当のゴーヤーチャンプルー(550円、2020年7月時点)です。ごはんの上に乗っけ盛りした青々しいゴーヤーが、とってもおいしそう!

那覇・栄町「食堂ヘンサ森」ゴーヤーチャンプルー(お持ち帰り弁当、550円)

食堂ヘンサ森のゴーヤーチャンプルーは、食感の残る火入れ具合のゴーヤーでした。崩しすぎない卵とポークの組み合わせも良い感じ。味付けはそれほど濃くありません。ごはんの上におかずを乗せるスタイル、これが好きなんだよなぁ。ボリュームはそこまで多くないので、腹八分目で健康的、そしておいしい!

那覇・栄町「食堂ヘンサ森」ゴーヤーチャンプルー(お持ち帰り弁当、550円)のおかずの下にごはんが隠れている

カツカレー(持ち帰り)

カツカレー(550円、2020年7月時点)だって持ち帰り弁当になります。オンザライスのトンカツとは別パックのカレールウ。そしてサラダがも別途用意してもらっています。とても手間がかかっていると思いませんか。ひとつひとつが丁寧だなぁ。

那覇・栄町「食堂ヘンサ森」カツカレー(お持ち帰り弁当、550円)

カレー弁当をいただきましょう。まずはトンカツ&ライスにカレールウをドバーッ。

那覇・栄町「食堂ヘンサ森」カツカレー(お持ち帰り弁当、550円)のルウをかける

まずはトンカツを頬張ります。厚みは1cmくらいかな、カツカレーに食べやすくちょうどいい厚みです。ガツガツ頬張っちゃいましょう。

那覇・栄町「食堂ヘンサ森」カツカレー(お持ち帰り弁当、550円)のトンカツ

食堂ヘンサ森のカレー、わたし的には大阪のフルーツカレーのようだなと思いました。フルーティーでスパイスを感じ、辛さは控えめ。どちらかというと甘味を感じるカレーです。年齢問わずおいしくいただけそうですね。

那覇・栄町「食堂ヘンサ森」カツカレー(お持ち帰り弁当、550円)はフルーティーでおいしい

サラダのパックはたっぷりの生野菜とピクルス、ポテサラが入ってます。ありがたや〜!

那覇・栄町「食堂ヘンサ森」カツカレー(お持ち帰り弁当、550円)とセットのサラダ

まとめ

ということで、那覇の栄町にある「食堂ヘンサ森」でランチをいただいてきました。昼間の栄町で定食をいただける食堂って、あまり多くありません。少し離れるとむんじゅる弁当もありますが、栄町市場でランチのお店はあるにはあるのですが、結構ジャンルが限られているんですよねぇ。特にヘンサ森ぐらいの適度なボリューム感となると、他にないような気がしてわたし的に重宝しています。

ちなみに、持ち帰りのお弁当を購入する際は事前に電話注文をしてからお店に向かうと、スムーズに受け取れるのでオススメです。
終わり。

お店の情報

店名 食堂ヘンサ森
住所 〒902-0067
沖縄県那覇市字安里388-37
営業時間 11時〜15時くらいまで
定休日 土・日曜、祝日
駐車場 なし。近隣にコインパーキングあり。


 あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
毎日ビール.jp プロフィールカード用

ユッキー@毎日ビール

沖縄在住のグルメブロガー。観光客向けの定番グルメから、地元民向けのローカル店まで、沖縄グルメを食べ飲み歩きしています。旅とビールが好きで、国内外のグルメ・ビアバーの情報も。時々ライブ遠征・母子旅に出かけてはブログを書いています。

-ランチ, 安里, 栄町市場, 沖縄のお弁当, 沖縄の大衆食堂, 沖縄の禁煙店, 沖縄料理, 沖縄本島南部, 沖縄県, 真和志エリア, 那覇市, 都道府県別, 食べ歩き
-