沖縄から発信する、ビールとグルメと旅のブログ

毎日ビール.jp

ラーメン・つけ麺・まぜ麺 国際通り 沖縄本島南部 沖縄県 牧志 那覇市

那覇・国際通り「一蘭」真夜中に天然とんこつラーメンでシメる癖をやめたい。

国際通りや牧志公設市場付近に飲みに行くと、朝まで営業のラーメン店網にひっかかっちゃいませんか。ほんと酔うって恐ろしいですね。余計なカロリーを摂取しやすくなるなんて、ストイックな生活をしててもそれらが水の泡になっちゃう... ということで今回は胃バカな酔っ払いが那覇・国際通りの「天然とんこつラーメン専門店 一蘭」に引っかかったお話です。ああ、筋トレや有酸素運動の意味がなくなるのに。もうね、アホかと。馬鹿かと。小一時間問い詰めたい。

那覇・国際通りにできた「一蘭」の外観

で、この国際通りにある一蘭。元ヘリオスパブがあった場所、琉球セントラルビルの地下1階にあります。2018年10月からここにあるけれど、全然目立ちません。それもそのはず、一蘭はビルの地下1階にあるのです。夜にならないと看板は目立たないし、ここにあるって知らない人も多いのでは。こんな立地だから専用駐車場はなさそうです。一本裏手にコインパーキングがあるので、車の方はそちらを利用しましょう。

那覇・国際通り「一蘭」は朝9時〜翌朝6時まで営業している

地下に降りてく途中の写真。昔はこの地下フロアでビアフェス沖縄とかもやってたねぇ。

那覇・国際通り「一蘭」はビルの地下1階にある

階段下にあったメニュー。ICHIRAN 5選というセットがオススメのようです。ICHIRAN 5選とはラーメンに半熟塩ゆでたまご、きくらげ、チャーシュー、のりがついてくるセット。一蘭をICHIRANと表するあたりに、インバウンドターゲットな印象を持ちました。

那覇・国際通り「一蘭」のメニュー看板

店内に進むと券売機が3台はあったかな。客席が70以上もあるので、券売機も多めに用意したのでしょう。

那覇・国際通り「一蘭」の食券売り場。

那覇の一蘭のメニューをアップしておきます。ラーメンは1種類。あとはトッピングやお茶・杏仁豆腐・ごはんなど。ビールもあるので、チャーシュー皿をつまみに飲んでからシメの一杯を食べてもいいね。

那覇・国際通り「一蘭」のメニュー

この日あたしは0時過ぎまで飲んだ後に訪れました。真夜中のシメラーメンを注文です。一蘭ってほら、量も多くないですし、ここまで歩いてカロリー消費したから、さくっと一杯だけならゼロカロリーじゃないかなって。

那覇・国際通り「一蘭」の食券を購入。

食券を持って客席へ。ああ、そうだ。一蘭ってこんな感じだった。客席がズラリと並び、それぞれ仕切られて人の目を気にせずラーメンを啜れる仕様だったわ。いわゆる味集中カウンターってヤツです。

那覇・国際通り「一蘭」の店内にある一人席の飲食スペース

客席に設置されたオーダー用紙にチェックを入れます。書き終えたら、呼出ボタンを押して食券と共に手渡して待つだけ。自分のペースでオーダーできるのがいいですね。この用紙、日本語と英語で書かれていました。

那覇・国際通り「一蘭」のオーダー用紙

このオーダー用紙には以下の項目があって、それぞれ好みを書き入れることで自分オリジナルの一蘭ラーメンを作ることができるのです。尚それぞれ太字にしている部分が一蘭のオススメです。

・味の濃さ うす味 - 基本 - こい味
・こってり度 なし あっさり 基本 こってり 超こってり
・にんにく なし 少々 基本 1/2片分 1片分
・ねぎ なし - - - あり
・チャーシュー なし - - - あり
赤い秘伝のたれ なし 1/2倍 基本 2倍 3〜10倍
・麺のかたさ 超かた かため 基本 やわめ 超やわ

裏面は中国語・韓国語のオーダー用紙になってました。インバウンド対策、バッチリ。

那覇・国際通り「一蘭」インバウンド用のオーダー用紙

またこのサイレントカードを使えば言葉を発さずに店員さんと交流できます。オーダーに使うもよし、その他なんらかの意思表示に使うもよし、ごちそうさまを書くもよし。

那覇・国際通り「一蘭」のサイレントカード

食券とオーダー用紙を店員さんに渡して間も無く、簾がシャッと開いてラーメン(890円)が着丼。

那覇・国際通り「一蘭」客席の簾が上がり、ラーメンが運ばれてきた。

今回は酔いに任せて、こい味・あっさり・にんにく1片・ねぎあり・チャーシューあり・赤い秘伝のたれ基本・麺基本でオーダー。一蘭なんていつぶりだろう。最後に食べたのは横浜だと思うので、おそらく7年以上ぶりです。

那覇・国際通り「一蘭」ラーメン(890円)

天然とんこつスープって、100%豚の骨から抽出したとんこつスープ、という解釈でいいんでしょうか。そりゃそうだろって気がするんですが、天然ってなんだろう。ともかく、とんこつ特有の臭みはほとんど感じない、食べやすいとんこつスープです。

那覇・国際通り「一蘭」天然とんこつスープとは...?

福岡のラーメンらしく、細ストレートな麺。これ、食べた気にならないんですよねぇ。そもそも一蘭の麺の量ってかなり少ない気がするのですが、個人の所管ですが1食100gくらいじゃないかなぁ。

那覇・国際通り「一蘭」のストレート麺

チャーシューは薄切りタイプが2枚。細麺に薄切り肉は食べやすいですね。

那覇・国際通り「一蘭」薄切りのチャーシューは2枚

食べ終わる前に、追加注文用紙にチェックを入れ始めました。酔っ払いには量が足らん、けしからん。

那覇・国際通り「一蘭」の追加注文用紙

トッピングもついでにオーダーです。こちらは半熟ゆでたまご(130円)。殻付きの状態でやってくるので、自分で剥きます。

那覇・国際通り「一蘭」トッピングの半熟塩ゆでたまご(130円)

こちらはきくらげ(120円)。コリコリ食感があると、細ストレート麺はおいしいからねぇ。

那覇・国際通り「一蘭」トッピングのきくらげ(120円)

半替玉(130円)も到着です。思ったよりボリュームが少ない。

那覇・国際通り「一蘭」やわめでオーダーした半替玉(130円)

替玉は1玉でもよかったかな〜と思いつつ、きくらげの食感・ボリュームで満足感は得られました。次回は最初のオーダーできくらげトッピングしようっと。

那覇・国際通り「一蘭」残ったスープに追加オーダーをイン。

最後、半熟塩ゆでたまごの半熟具合が抜群によかったです。

那覇・国際通り「一蘭」とろとろの半熟塩ゆでたまご

ということで、那覇・国際通りにある「天然とんこつラーメン専門店 一蘭」で真夜中のシメラーメンを食べてきました。真夜中に食べるラーメン、ウマいんですよね。取っ払いの鈍った味覚に塩気の強いラーメンはウマいんですよ、ほんと。でもね、あたしゃアラフォーですから、そろそろこのクセを止めなければ体型がどんどん劣悪になってく... この並びには一蘭とちゃんやがあったりするので、この界隈はできれば酔って通りたくないんですよねぇ。飲み終わったら夜の散歩をしがちですが、そのままタクシーに押し込んでくれる人と飲みに出たいと思います。
終わり。

住所:〒900-0013 沖縄県那覇市牧志1丁目2-24 琉球セントラルビル地下1階

(*・ω・)つ

  • この記事を書いた人

ユッキー

毎日ビールを飲んでいる。アメリカンペールエール、IPA、セッションIPA、ゴーゼ、ラガーが好き。ビールも人間もちょっぴりクセがある方がいい。

-ラーメン・つけ麺・まぜ麺, 国際通り, 沖縄本島南部, 沖縄県, 牧志, 那覇市
-

Copyright© 毎日ビール.jp , 2019 All Rights Reserved.