沖縄市泡瀬「ハーベスト(HARVEST)」黄色いおしゃれな洋食店でおいしいランチ。

2020年10月14日

沖縄市・泡瀬「ハーベスト」のMV

沖縄市は泡瀬干潟にある黄色い洋食レストラン「HARVEST(ハーベスト)」へ行ってきました。こちらはモーニング・ランチ・ディナーと3食すべてお任せできちゃうお店で、店内での食事はもちろんテイクアウトも可能です。遊びやドライブの途中に立ち寄るもよし、夜に訪れておいしい食事にワインやビールを合わせるのもよし。そんなHARVEST(ハーベスト)のレポート、さっそく行ってみよ〜!

黄色い洋食レストラン「HARVEST(ハーベスト)」について

どこにあるの?駐車場は?

HARVEST(ハーベスト)は沖縄市泡瀬にあります。泡瀬干潟沿いは訪れたことがあまりなく、カフェやお寿司、ラーメン店など飲食店が並んでいるエリアがあるとは知りませんでした。近くには沖縄県総合運動公園もあるし、2021年には潮乃森地区の人工ビーチもオープン予定です。人の往来がこれからも増えそうな地域です。

お店の目の前、泡瀬干潟側にある広々としたスペースがHARVEST(ハーベスト)の駐車場として利用できます。この周辺一体の飲食店の合同駐車場になっているんですね。とても広くて、何十台停められるんだろう!これだけあれば車の置き場所に悩まずに済みそうです。

沖縄市・泡瀬「ハーベスト」の駐車場は泡瀬干潟側にあるスペースだ

お店の様子

HARVEST(ハーベスト)はこちらの建物2階、黄色いところにあります。

沖縄市・泡瀬「ハーベスト」の外観

2階へ向かう階段には、どんなお料理が食べられるのか看板が出ていました。おいしそう!

沖縄市・泡瀬「ハーベスト」に向かう階段付近にメニューが出され得ている

お店のオーナー・新地さんとは那覇のCOLOSSEO262で腕を奮っているころに出会いました。わたしの胃袋を掴んで離さない素晴らしい料理人です。おいしいお食事が楽しみですが、もう少しお店の紹介が続きます。

沖縄市・泡瀬「ハーベスト」の新地シェフと

HARVEST(ハーベスト)の店内にはキッチンカウンター席とテーブル席、そしてテラス席がありました。テーブル席はベンチシートになっていて、足下のタイル張りとペイントにまで拘っている様子。照明使いやカラトリー・小物類の展示もかわいくて、店内の雰囲気はとてもおしゃれです。小さなお店ですがオシャレで居心地がよかったです。

沖縄市・泡瀬「ハーベスト」の店内(客席)の様子

オーダー後、新地シェフがお料理を作る様子を眺めながら待ちました。

沖縄市・泡瀬「ハーベスト」キッチンで腕を振るう新地シェフ

メニュー

モーニングのメニュー

モーニングは8寺〜11寺(ラストオーダーは10寺半)となっています。具材はお肉や魚介、野菜などの8種類から、パンはフォカッチャまたはライ麦の2種類から選べます。ドリンクとセットです。テイクアウトも可能。

沖縄市・泡瀬「ハーベスト」ランチメニュー(サンドイッチ)

ランチのメニュー

ランチは11時〜16寺までいただけます。パスタ、グラタン、ハンバーグ、オムライス、フライ系、ビーフシチューやロールキャベツの煮込み系、そしてポークジンジャーがありました。お料理にはサラダとスープ、そしてほとんどのメニューはパンかライスを選べます。単品オーダーはもちろん、ドリンクやデザートのセットも可能です。

沖縄市・泡瀬「ハーベスト」のランチメニュー(パスタ、お肉、オムライスなど)

 

実食!グルメレポート

ランチのオリジナルソーセージナポリタン(980円)

今回わたしはオリジナルソーセージナポリタン(980円)を注文しました。まずはサラダが到着。野菜はフレッシュでみずみずしく、まろやかなドレッシングがおいしかったなぁ。

沖縄市・泡瀬「ハーベスト」ランチのサラダがおいしい

スープはポタージュでした。とろんと滑らかで、優しい味わい。スープがおいしいとお料理にも期待して胸が高鳴ります。

沖縄市・泡瀬「ハーベスト」ランチのスープが優しく味わい深くおいしい

メインのオリジナルソーセージナポリタンには、自家製ソーセージが1本まるまる乗っていました。インパクトが強い!

沖縄市・泡瀬「ハーベスト」ランチのオリジナルソーセージナポリタン(980円)

わたし、ナポリタンが好きなんです。熱々で提供されたHARVEST(ハーベスト)のナポリタンは、喫茶店のコテコテなタイプではなく、洋食屋さんの上品で丁寧さを感じました。トマトの酸味がほどよく、ソースとパスタが時間とともにより一層馴染んでいきます。

沖縄市・泡瀬「ハーベスト」洋食屋の上品なナポリタンがおいしい

パスタを食べつつ、存在感のある自家製ソーセージを食べつつ。どっしりとした肉質のソーセージを食べていると、ワインと合わせたい気持ちがふつふつと湧いてきますね。ランチワイン、アリだったかも。

沖縄市・泡瀬「ハーベスト」ナポリタンに載せられたソーセージはギュッと詰まって食べごたえのあるタイプ

パンかライスがつくので、今回はパンを選びました。この日のパンはフォカッチャ。オリーブオイルだけでおいしくて、ナポリタンでお腹いっぱいなのにフォカッチャまでしっかりいただきました。お腹パンパン!

沖縄市・泡瀬「ハーベスト」ランチについてくるパンはフォカッチャタイプだった

食後、デザートをサービスしてもらいました。バジルのシャーベットと、オレンジのシャーベットです。お腹いっぱいで入らないかも...と思ったものの、そんな心配はご無用。爽やかなバジルの香りに手が止まりませんでした。

沖縄市・泡瀬「ハーベスト」サービスで出してもらったシャーベットがあっさりおいしい

ランチのオムライス(980円)

こちらはお子サマーが注文したオムライス。とろとろ卵にトマトソースとデミソースの合い掛けなんてシェフの腕を本領発揮なオムライスじゃないですか〜!

沖縄市・泡瀬「ハーベスト」ランチ限定のオムライス(980円)は2種類のソースが使われている

卵の下にはたっぷりのチキンライス。2種類のソースで食べることを前提としているためか味付けは控えめに思いました。パラパラのごはんに卵とソースをからめていただく、大人な味わいです。

沖縄市・泡瀬「ハーベスト」ランチ限定のオムライスの中のごはん

ランチのビーフシチュー(1600円)

こちらはご主人サマーが注文したビーフシチュー(1600円)です。見るからにお肉が柔らかそうでした。パンをソースにつけて味見させて貰えばよかったな〜。

沖縄市・泡瀬「ハーベスト」ランチのビーフシチュー(1600円)

まとめ

ということで、沖縄市泡瀬にある「HARVEST(ハーベスト)」に行ってきました。新地シェフの作るごはんはいつもおいしく、今回も大満足でした。ランチにはサラダ・スープ、そしてメニューによってつくパンまたはライスを合わせるとボリュームがすごいので、パスタを注文する際はパンまたライス抜きにしようかなと思ったほふど。また、モーニングやランチをテイクアウトして公園や海で遊ぶことも考えています。ディナーもいつか訪れたいなぁ。新地シェフ、またおいしい料理をいただきに伺いますね。ご馳走様でした!
終わり。

お店の情報

店名ハーベスト(HARVEST Piccolo Ristorante)
住所〒904-2172
沖縄県沖縄市泡瀬3丁目12-26
営業時間8時〜16時/18時〜22時
定休日不定休(SNSで事前告知あり)
駐車場泡瀬干潟側に駐車場あり


 あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-イタリアン, フランス料理・フレンチバル, ランチ, 沖縄市, 沖縄本島中部, 沖縄県, 泡瀬, 洋食, 都道府県別, 食べ歩き
-

© 2020 yukipod