那覇・久茂地「COLOSSEO262(コロッセオニーロクニー)」クラフトビールとお料理がおいしいビアバー。

2014年7月8日

沖縄移住してから最も顔を出しているビアバー、それは那覇・久茂地にある「Beer&Wine Dining COLOSSEO 262(コロッセオニーロクニー)」です。クラフトビールは8タップ、いわゆる普通のビールはサントリーノプレミアムモルツと取り扱っています。店名のニーロクニーはお店の住所(久茂地2丁目6番2号)が由来。住所を店名に用いるとは、なかなかいいセンス!ということでCOLOSSEO 262(コロッセオニーロクニー)のレビュー、さっそくいってみよー!

那覇・久茂地「Colosseo262(コロッセオニーロクニー)」の外観

お腹を空かせて行きたい久茂地のビアバー「COLOSSEO262(コロッセオニーロクニー)」

どこにあるの?駐車場は?

COLOSSEO 262(コロッセオニーロクニー)は那覇・久茂地とにあります。ビジネス街と飲み屋街がミックスしたエリアで、日中はサラリーマンしか歩いていませんが夜は酔客が往来するような通りです。国道58号線と久茂地川の間にあり、久美橋の近くと覚えば迷いません。ちなみに久美橋の近くにはコザ麦酒工房 久茂地店が、その先にはCraftBeerHouse 麦(ばく)もあります。ビアバーのハシゴをできる好立地なんですよね。お店には専用駐車場はありませんが、周辺にコインパーキングが多数あります。

お店の様子

COLOSSEO 262(コロッセオニーロクニー)にはカウンター席とテーブル席が複数あります。立地が良いこと、お料理やドリンクもおいしいことから店内が満席になることも多いのですが、そんな時は店先のテラスで立ち飲みも可能かも。カウンター席があるので一人飲みも可能ですし、店内は明るく健康的な雰囲気なので女性ひとりで入店しやすいです。

那覇,久茂地,ビアバー,ビール,Colosseo262,コロッセオニーロクニー

メニューについて

ビールメニュー

COLOSSEO 262(コロッセオニーロクニー)にはビールのタップが8つあります。主に国内のクラフトビールがつながっていて、ケグ(ビール樽)の送料がかかる沖縄にありながら東北や名古屋の銘柄を取り寄せてくださることが多いのでいつも感謝しています。大手のビールはサントリーのプレミアムモルツが1種類。これは常に固定で入っています。ちなみにビアバーのカテゴリにしていますが、泡盛やウイスキー、カクテル、ワインなども取り扱っています。モエなどのシャンパンもあるのでお祝い事もかできちゃいますね。

那覇・久茂地「Colosseo262(コロッセオニーロクニー)」クラフトビールのメニュー(2020年3月)

フードメニュー&飲み放題のパーディープラン

この店を推す理由のひとつは、お料理がおいしいこと。なので1軒目で利用することが多いです。メニューは時折入れ替えている様に思います。おすすめはどれもおいしいし、さくっと提供されるアペタイザー、牡蠣メニュー、自家製ハムといったラインナップなど気分とお腹の減り具合に合わせて注文する感じ。

那覇・久茂地「Colosseo262(コロッセオニーロクニー)」のフードメニュー(その1、2020年3月)

そしてビアバーの定番・揚げ物系やグリル系、ピザやパスタもあります。週末飲みに行くと団体さんがパーティープランで飲み放題してたりするんですが、予算に合わせて幾つコースがあるようなので、気になる方は要チェックです。

那覇・久茂地「Colosseo262(コロッセオニーロクニー)」のフードメニュー(その2、2020年3月)

実食!グルメレポート

国内のクラフトビールが8種類!

クラフトビールのサイズは3種類。M(275ml、680円)、L(420ml、980円)、LL(946ml、2280)です。マースジョッキやヤードグラスで飲むこともできるんじゃないかと思うので、試してみたい時は店員さんに相談してみましょう。きっとポジティブな反応が返ってくるはず。この日いただいたのは青森からやってきたBe Easy Brewing デピーズペールエール(左:M 680円)と、神奈川の湘南ビール AXELホッピーIPA(右:L 980円)でした。

那覇・久茂地「Colosseo262(コロッセオニーロクニー)」

サントリー ザ・プレミアムモルツも提供している

クラフトビールだけじゃなく、サントリーのザ・プレミアムモルツも繋がっています。プレモルもグラス(380ml、480円)、ハーフヤード(946ml、1250円)、ピッチャー(1400ml、1800円)とサイズを選べるし、クラフトビールよりプレモルが好きって方とも飲みに行きやすいですね。クラフトビールはおいしい一方で、飲み続けると疲れてしまうのも事実。だから中継ぎとしてプレモルを挟んでみるのもアリだと思います。

那覇・久茂地「Colosseo262(コロッセオニーロクニー)」サントリープレミアムモルツ(グラス、480円)

ブロッコリーのアンチョビガーリックマリネ(480円)

ビールをいただきながらアペタイザーをいただきます。わたしが高確率で注文するブロッコリーのアンチョビガーリックマリネ(480円)です。メニューに登場した頃から大好き。ビールにピッタリな味付けと、食感を楽しめる硬めの茹で上がり。そして野菜だからヘルシーだよね〜という罪悪感のないおつまみなのです。超オススメ!

那覇・久茂地「Colosseo262(コロッセオニーロクニー)」ブロッコリーのアンチョビガーリックマリネ(480円)

沖縄県産マグロとアボカドのタルタル(630円)

こちらも長く愛されているお料理、沖縄県産マグロとアボカドのタルタル(630円)です。みんなに愛されるタルタルとアボカドを組み合わせるなんて、絶対おいしいでしょ!そこに沖縄県産のマグロを合わせるんだもの、間違いなし。こちらも注文頻度の高いおつまみです。

那覇・久茂地「Colosseo262(コロッセオニーロクニー)」沖縄県産マグロとアボカドのタルタル(630円)

自家製ソーセージ(2種のグリル、780円/3種盛り合わせ、1080円))

自家製ソーセージのグリルもビールとよく合うおいしいおつまみです。COLOSSEO 262(コロッセオニーロクニー)はお店で腸詰しています。太くてボリュームのあるソーセージが比較的安くいただけるんですよね。自家製ソーセージ2種のグリル(780円)は1〜2名でちょうどよいサイズ。肉汁がジュワッと溢れ出す食べ応えある1品です。

那覇・久茂地「Colosseo262(コロッセオニーロクニー)」自家製ソーセージのグリル(2種、730円)

自家製ソーセージの3種盛り合わせ(1080円)は3〜4人でつつくのにちょうど良い量です。プレーンとハーブはもちろん、ジョロキアを使ったピリッと辛いタイプもおいしいです。

那覇・久茂地「Colosseo262(コロッセオニーロクニー)」自家製ソーセージの3種盛り合わせ(1080円)

名物!メンチカツ(2つ、580円)

メンチカツ、お好きですか?わたしは大好きです。COLOSSEO 262(コロッセオニーロクニー)の名物!メンチカツ(2つ、580円)もお気に入りメニューで、油物を食べたい時に注文しています。揚げ物メニューにはチキン&チップスやフィッシュ&チップスもありますが、どうしてもメンチカツを食べてしまうのです。

那覇・久茂地「Colosseo262(コロッセオニーロクニー)」名物のメンチカツ(2つ、580円)

理由は明解、メンチカツから溢れ出る肉汁がたまらなくおいしいから。ここにソースをたっぷりかけて食べると、気付かぬうちにビールが減っています。ニクいお料理だなぁ!もう大好き!

那覇・久茂地「Colosseo262(コロッセオニーロクニー)」名物のメンチカツ(580円)を割ると、中から肉汁がじゅわ〜っ!

トリッパのグラタン〜トマトソース仕立て〜(780円)

お腹が減りすぎて倒れそうな時。または体の芯から温まりたい時。そんな時に注文するのがトリッパのグラタン〜トマトソース仕立て〜(780円)です。柔らかいトリッパがたっぷり使われ、熱々とろ〜りのグラタンがおいしくてあっという間にペロリ。結構ボリュームがあるので、ひとり飲みだとこれだけでお腹いっぱいになっちゃいます。2〜3人でシェアがオススメです。

那覇・久茂地「Colosseo262(コロッセオニーロクニー)」トリッパのグラタン〜トマトソース仕立て〜(780円)

ポークジンジャー(780円)

ある日、普段オーダーしないメニューを食べてみようとポークジンジャー(780円)をオーダーしてみました。いわゆる豚の生姜焼きなのですが、これが大当たり!薄切り肉と千切りキャベツではない、この店ならではのスタイル!

那覇・久茂地「Colosseo262(コロッセオニーロクニー)」ポークジンジャー(750円)

ブロック肉をカットした一口ステーキ状のポークジンジャーは最高のパブフード!お肉の量は200g弱くらいかな、食べ応えあります。個人的にもリピート確定だし、みんなにも食べてもらいたい。オーナー浅井さんが「これ、隠れた人気メニューなんすよ」と笑って教えてくれました。やっぱりねぇ!

那覇・久茂地「Colosseo262(コロッセオニーロクニー)」ゴロゴロとした豚肉がウマい!(ポークジンジャー、780円)

緊急!ビールもフードもテイクアウトできます。

コロナ禍で国税庁も動いています。期限付酒類小売業免許(以下、期限付酒販免許と簡略化)を特例で儲け、これまでできなかったクラフトビールの量り売りをできるようにしたのです。国税庁の告知日にオーナー浅井さんへ共有し、翌日すぐに手続きされ、申請から2営業日後に期限付酒販免許を取得したとのことでした。タイミングや地域によって異なるかもしれませんが、思ったよりスムーズな印象です。

那覇・久茂地「Colosseo262(コロッセオニーロクニー)」期限付酒販免許を取得し、クラフトビールの量り売りを始めた。

期限付酒販免許を取得したとFBページに投稿していたのを見て、さっそく炭酸飲料用ペットボトルを抱えてお店へ。この日は忽布古丹醸造 空知の丘のIPAを1ℓペットボトルに2本、Barbarick Works イクリプス3を500mlで1本購入しました。量り売りは1ℓ/2000円、500ml/1000円です。1ℓペットボトルは私の持ち込みですが、500mlペットボトルは1つ100円で購入できます。量り売りするなら清潔な炭酸飲料用ペットボトルの持ち込みまたはグラウラーが便利ですね。

那覇・久茂地「Colosseo262(コロッセオニーロクニー)」コロナ禍において特例の酒販免許(期間限定)を取得し量り売りを始めた(クラフトビール1リットル/2000円、500ml/1000円)

ビールを持ち帰った当日はビールの味が落ち着かないので、冷蔵庫で一晩寝かせた方がおいしいです。なので量り売りの翌日におうち居酒屋を楽しみました。クラフトビールもおつまみも全てコロッセオから持ち帰ったもの。前菜プレート(1000円)は6点のおつまみが盛られていました。チキン&チップス(480円)も自家製ソーセージの3種盛り合わせもおいしかった!

那覇・久茂地「Colosseo262(コロッセオニーロクニー)」パブメニューのテイクアウト(コロッセオの前菜プレート1000円、チキン&チップス480円、自家製ソーセージの3種盛り合わせ)

まとめ

ということで、那覇・久茂地にある人気店「Beer&Wine Dining COLOSSEO 262(コロッセオニーロクニー)」のレポートでした。沖縄でクラフトビールを提供するって、立地的にいろいろとハードルが高いんです。輸送や流通の観点から大きめのブルワリーの方が取り扱いやすい気がするんですね。しかしCOLOSSEO262(コロッセオニーロクニー)では本当の意味でのマイクロブルワリーまで取り寄せてくれます。沖縄県内の他ビアバーでは置いてなさそうな横浜の254BeeRがここには置いてあったりして。そういうビールのラインナップに加え、前述の通りおすすめしたいパブメニューが揃っているのもポイント。お料理がおいしいから1軒目に立ち寄りたいビアバーなのです。
終わり。

お店の情報

店名Beer&Wine Dining COLOSSEO 262(コロッセオニーロクニー)
住所〒900-0015
沖縄県那覇市久茂地2丁目6-2 久茂地ガーデンビル1階
営業時間17時〜24時
定休日不定休
駐車場なし。近隣にコインパーキングあり。


 あわせて読みたい

  • この記事を書いた人

ユッキー

毎日ビールを飲んでいる。アメリカンペールエール、IPA、セッションIPA、ゴーゼ、ラガーが好き。ビールも人間もちょっぴりクセがある方がいい。

-クラフトビール, テイクアウト(持ち帰り), ビアバー, ビール, 久茂地, 沖縄テイクアウト, 沖縄本島南部, 沖縄県, 那覇中心部エリア, 那覇市, 都道府県別, 食べ歩き, 飲み歩き
-

© 2020 yukipod