ランチ ラーメン 仲間 沖縄の禁煙店 沖縄テイクアウト 沖縄本島中部 沖縄県 浦添市

浦添「和風らぁめん はるや」衝撃の1杯!ラーメンに新たな魅力を感じました。

2018年10月24日

もう1杯食べてから書こう。そう決めておきながらなかなか食べに行けないのが、浦添の気店「和風らぁめん はるや」です。人気店のため売り切れてたり、家庭の事情(限定麺を平日に食べたからと週末に行ってもらえなかったり、ランチタイムと昼寝がバッティングしてしまったり)でなかなか2杯目にあり付けないため、先にリリースすることに。

浦添「和風らぁめん はるや」の外観。

どこにあるの?

はるやは国道330号線の大平交差点のすぐ近く、浦添市美術館やてだこホールのそばにあります。はるや付近の飲食店で訪れたのは、てだこそばやプカプカプーカくらいですね。那覇からだと車がないと訪れにくい場所ですが、330号線を通ればすぐでもあります。駐車場はお店の裏手にあります。駐車場の利用ルールについて後ほど触れますので、みんなで守りましょうね。

店内の様子と、お願いごと。

お店の入り口には受付リストがありました。これが設置されてるということは満席で入店できないという意味。今回は早めに訪れたので、スムーズに入店できました。

浦添「和風らぁめん はるや」の入り口にあった受付リスト。

店内にはカウンター席と、小上がりのテーブル席が3つあります。想像していたよりお店がコンパクト。

浦添「和風らぁめん はるや」の店内。

壁にはテーブル席は2人以上で利用するだとか、子連れが優先だという案内の張り紙が貼られていました。そして、駐車場についてのお願いも。SNSを見る限りですけれど、はるやさんはかなり駐車場問題で苦労しているように思います。おいしいラーメンを提供することだけに専念してもらえるよう、みんな協力しましょう。

浦添「和風らぁめん はるや」の壁に貼られたテーブル席と駐車場の注意文。

はるやのメニュー。

こちらがはるやのラーメンメニューです。大きく分けて、あっさりらぁめん・背脂こってりらぁめん・辛胡麻らぁめん・つけ麺の4ジャンルと、それぞれで醤油味や味噌味を提供しています。これ以外にも期間限定麺があったりするし、トッピングも豊富で魅力的。

浦添「和風らぁめん はるや」のラーメンメニュー。

裏面にはサイドメニューやごはんものが色々と。餃子とごはんものの組み合わせが楽しめる、お得なセットメニューもあります。

浦添「和風らぁめん はるや」のサイドメニュー。

子連れを受け入れる体制がありがたい!

注文後、お店にあったおもちゃでお子サマーと遊びました。はるやにはキッズメニューはありませんが100円引きで小ラーメンを提供してくれたり、こども用の食器類や椅子を貸し出してもらえるので、家族連れの来店を受け入れる体制が整っているなぁと思いました。禁煙というのも子連れのメリットです。

浦添「和風らぁめん はるや」にはキッズメニューはないが、こどもが飽きないおもちゃを貸してもらえる。

あっさり味噌(650円)の大盛り(+80円)に、のりトッピング(+80円)。

初回オーダーしたのは、あっさり味噌(650円)の大盛り(+80円)。更に、のりトッピング(+80円)です。お子サマーとシェアするために大盛り、加えて空前ののりブームが到来しているお子サマーのためにのりトッピングです。ほんとは背脂こってりか辛胡麻の味噌が食べたかったのですが、あっさりを選んだのもお子サマーのため... カーチャンはお子サマーファーストで生きています。

浦添「和風らぁめん はるや」あっさり味噌(650円)の大盛り(+80円)に、のり増し(+80円)

まずはスープからいただきます。味噌に負けない魚介出汁が忘れられません。「えっ、これが味噌!?これがほんとに味噌!?」と混乱しながら食べ始めました。わたしの知ってる味噌スープではない、新ジャンルに思えたのです。道産子的には味噌の基準は札幌味噌ラーメンですから、全く違うはるやのあっさり味噌に非常に刺激を受けました。ラーメンって幅広いなぁ。

浦添「和風らぁめん はるや」の魚介出汁香るあっさり味噌スープ。

麺は中太のゆる〜い縮れ。特徴的な魚介味噌スープにも負けません。やや硬めの茹で上がりで提供されました。こどもの面倒を見ながら食べたので食べ終わりまで時間がかかりましたが、最後まで麺がヘタらずにおいしくいただけました。

浦添「和風らぁめん はるや」の麺を箸上げ。

あっさり味噌の具材は、丸く形成されたチャーシュー、もやし、カイワレ、ネギ。この豚がかなり好み!お肉が柔らかく脂の甘さと旨味があります。はるやにはチャーシュー麺がありませんが、トッピングでチャーシュー(3枚、150円)があるので、次回試そうと思っています。

浦添「和風らぁめん はるや」あっさり味噌のトッピング。

はるや特製焼餃子(6個、380円)

はるやファンには定番の特製焼餃子もいただきました。このビジュアル、最高に良い焼き上がりです。焼餃子の単品注文は、1人前6個と半人前3個が選べるのもポイント高し。さらにセットメニューだと焼餃子2個+ごはんものが選べるので、いろいろちょっとずつ食べたい人は嬉しいはずです。

浦添「和風らぁめん はるや」特製焼餃子(6個、380円)

餃子の皮が黄色っぽいのは、うっちん(ウコン)を練りこんでいるから。口に運ぶとほんのりうっちんの香りに加え、焼き目のカリッとした食感とバランスの良い餃子餡が楽しめます。餃子のサイズが大きめなのも嬉しいですね。

浦添「和風らぁめん はるや」の焼餃子の皮は、うっちん(ウコン)を練りこんでいる。

限定のピリ辛醤油パーコー麺(900円)

年末年始のお休み中に家族ではるやさんへ。13時半頃に到着したのに満席!さすがの人気店です。暫し入店を待ち、限定のピリ辛醤油パーコー麺(900円)を煮玉子トッピング(+100円)でオーダーしました。なんだこれは、すっげーウマそうだ〜!

浦添「和風らぁめん はるや」限定のピリ辛醤油パーコー麺(900円)にトッピングで煮玉子(100円)を。

まずはスープから。透き通ったあっさり旨味スープに、控えめなれどジワジワ感じさせる辛さ。飲み口が軽いのはこの後出てくる主役パーコーを引き立てるためですよね。

浦添「和風らぁめん はるや」限定のピリ辛醤油パーコー麺(900円)のスープが思いの外あっさり。

麺はパツパツのほぼストレート麺。麺もこれでいいんです、なんせパーコーが主役だから。

浦添「和風らぁめん はるや」限定のピリ辛醤油パーコー麺(900円)の麺はパツパツ系。

こちらが主役のパーコー。人生で初めて食べたパーコーは、五香粉などのスパイスを用いてカラリと揚げた豚肉だそうです。ラーメンに揚げ物を乗っけるなんて、とずーーーっと思ってきましたがはるやさんが提供するなら間違いないとオーダーしたのです。わたしは間違えていなかった、すっげーうまくて箸が止まらんわけ!パーコーが特徴的なのでスープも麺もあっさりで大正解。もやしやスープに浮かぶ荒みじんのタマネギなどが良い食感だし、すり下ろし生姜で味変も楽しめて、最後までおいしくいただきました。

浦添「和風らぁめん はるや」限定のピリ辛醤油パーコー麺(900円)のお肉が五香粉などの風味でやたらと美味。

小ごはんを注文していたのでピリ辛醤油のスープをたっぷり吸わせたパーコーと煮玉子、ほうれん草をトッピングして完食です。食べすぎた〜!夜までお腹減らなかったけれど、満足度めっちゃ高かったです。2020年はもっとはるやさんに食べに行きたいな。

浦添「和風らぁめん はるや」小ごはん(60円)にパーコーと煮玉子をトッピングして食べた

テイクアウトでおうち時間!ラーメンやサイドメニューを持ち帰る。

2020年春のステイホーム期間につき、ラーメン屋さんも大変な思いをされています。わたしができるのは飲食店にお金を落とすこと、そしてテイクアウトの様子であるとかおうちで食べたレポートをブログやSNSにアップすることくらい。この日、はるやのテイクアウトを決めた我が家はお店のオープン時間のちょっと前に到着。店前には「体調不良の症状(微熱、咳など)」「2週間以内に県外から来た方(または接触ある方)」「入店はお断りいたします」という張り紙。

浦添「和風らぁめん はるや」では、新型コロナウイルスが流行し、テイクアウト専門で販売するようになった。

入店すると、アルコール消毒が。こんな時期です、マスクも着用して入店したいですね。

浦添「和風らぁめん はるや」新型コロナウイルス の影響で、店内にはいるとアルコール消毒が設置されていた。

はるやのテイクアウトメニューはこちら。麺ものはお家らぁめんの2種類(あっさりしょうゆ500円、こってりしょうゆ550円)。そして油そば(600円)、えび油そば・辛油そば(各700円)、麻婆丼・青椒肉絲丼・麻婆豆腐の単品・青椒肉絲の単品(各600円)などがあります。

浦添「和風らぁめん はるや」新型コロナウイルスの影響で始めたテイクアウトメニュー(2020年4月時点)

営業時間はランチが11時半〜14時半、夜は18時〜21時です。いずれもスープ食材など売り切れ次第閉店です。定休日は金曜、臨時の休業や変更などはSNSで随時案内があると思います。ちなみに事前に電話オーダーをすれば、持ち帰り目安時間もわかるし、店内に長居せずに済むので購入側もお店側もスムーズです。

浦添「和風らぁめん はるや」新型コロナウイルスの影響による営業時間と定休日など。

ではでは、今回購入してきたものを。お家らぁめんのあっさりしょうゆを3人分(1食500円)と、手前にあるパックはおつまみセット(550円)です。自宅でスープを温め麺を茹でるお家らぁめんは素ラーメンなので、味玉・チャーシュー・メンマ・モヤシ・ホウレンソウ・カイワレが贅沢に詰め込まれたおつまみセットをトッピングすることに。

浦添「和風らぁめん はるや」テイクアウトしたあっさりしょうゆラーメン(1人前500円)とおつまみセット(550円)

麺のゆで時間は1分半を目安にとのことです。持ち帰ったのが4/26なのですが、翌日までが賞味期限だと書かれていました。手書きで時間がかかるのに、細かなところまでフォローくださり本当にありがたい。

浦添「和風らぁめん はるや」テイクアウトした袋に、麺の茹で時間が手書きで入っていた。

お家らぁめんとおつまみセットでこの通り。盛りつけ選手権をする余裕がないため、バババッとやりました。道産子なので相変わらず卵麺派なのですが、はるやの麺もおいしいなぁ。スープを含むと「あー、はるやだ。めっちゃはるやだ」と嬉しくなりました。「お家ではるやが食べられるなら、宅麺はいらないね」と口にすると、すかさず「持ち帰りしなきゃならないじゃん」とご主人サマーから反撃。宅麺の注文→配送→到着の日程が削られるから、ラーメンの持ち帰りは当日すぐに食べられるのがメリットに思うのです。

浦添「和風らぁめん はるや」テイクアウトしたあっさりしょうゆラーメン(500円)におつまみセット(550円)のチャーシューや味玉、メンマなどをトッピング。

途中まで食べたところで、パーコー(1枚350円)の登場。争奪戦になるので、2枚オーダーしました。

浦添「和風らぁめん はるや」テイクアウトしたパーコー(1枚350円)

そのまま食べてもおいしいパーコーをあっさりしょうゆにドボン。パワフルなメニューにチェンジ!すっかりパーコーファンです。ご馳走様でした!

浦添「和風らぁめん はるや」テイクアウトしたあっさりしょうゆラーメンにパーコーをトッピングしてもウマかった!

まとめ

ということで、浦添の人気ラーメン店「和風らぁめん はるや」を訪れました。初めて食べたあっさり味噌に衝撃を受け、あっさり醤油も食べてみたくなったし、こってり醤油・味噌も試してみたいと思っています。期間限定麺もチャーハンも食べてみたい... きっとどれを食べてもおいしいことが予想されるので、次回も楽しみです。ランチセットの半チャーハン+餃子2個のセットも食べたいなぁ。2020年春のステイホーム期間にはテイクアウトも開始しています。大好きなお店なので、こんな時でもなんとか応援したいなぁ。そのためにはやっぱり持ち帰り商品を買いに行くというのが一番だと思うのです。
終わり。

お店の情報

店名和風らぁめん はるや
住所〒901-2103
沖縄県浦添市仲間1丁目5-3
営業時間11時半〜14時半/18時〜22時
定休日金曜(営業情報はSNSにて要確認)
駐車場店舗裏手に専用駐車場あり


 あわせて読みたい

  • この記事を書いた人

ユッキー

毎日ビールを飲んでいる。アメリカンペールエール、IPA、セッションIPA、ゴーゼ、ラガーが好き。ビールも人間もちょっぴりクセがある方がいい。

-ランチ, ラーメン, 仲間, 沖縄の禁煙店, 沖縄テイクアウト, 沖縄本島中部, 沖縄県, 浦添市
-

© 2020 yukipod