浦添市「和風らぁめん はるや」定番も限定もやっぱりおいしい!どの一杯も魅力的なラーメン店。

2018年10月24日

浦添「和風らぁめん はるや」あっさり味噌(650円)にのり増し(+80円)
毎日ビール.jp プロフィールカード用

ユッキー@毎日ビール

沖縄在住のグルメブロガー。観光客向けの定番グルメから、地元民向けのローカル店まで、沖縄グルメを食べ飲み歩きしています。旅とビールが好きで、国内外のグルメ・ビアバーの情報も。時々ライブ遠征・母子旅に出かけてはブログを書いています。

浦添市の人気店「和風らぁめん はるや」へ行ってきました。いつも人気で売り切れていたり、駐車場が埋まっていたり、さらにはコロナ禍でなかなか食べに訪れられなかったり。ご無沙汰すぎて恐縮だったけれど、そんなことを吹き飛ばす勢いでおいしすぎる一杯を味わいました。定番ラーメンも限定麺も、それにパーコーもウマい!何度もリピートしたくなるお店のレポートです。さっそく行ってみよ〜!

浦添「和風らぁめん はるや」について

どこにあるの?

和風らぁめん はるやは国道330号線の大平交差点のすぐ近く、浦添市美術館やてだこホールのそばにあります。お店の並びにはRamen 武蔵家 大平インター店があって、少し離れててだこそば食品加工店プカプカプーカもありますね。車がないと訪れにくいのですが、駐車場も用意されているので食べに訪れやすいと思います。

駐車場は?

無料駐車場は和風らぁめん はるや店舗裏手にあります。専用駐車場は2台分、他にも共同駐車スペースが用意されています。駐車台数が限られていますが、他店舗の駐車場には止めず、マナーやルールを守って食べに訪れて欲しいです。

浦添市「和風らぁめん はるや」の駐車場案内(2023年7月時点)

お店の様子

この日わたしは3年ぶりの和風らぁめん はるやを再訪問しました。おいしいお店なのに、年単位で食べに訪れられていないなんて、毎日があっという間に過ぎ去ってしまうことのあらわれです。たいへんご無沙汰している間に、お店の看板が新しくなっていました。

浦添市「和風らぁめん はるや」の外観(2023年7月時点)

入り口にはウェイティングリストが置かれています。こちらに名前と人数を記載し、入り口近くで空席待ちしましょう。

浦添「和風らぁめん はるや」の入り口にあった受付リスト。

店内にはカウンター席が5つに、お座敷のテーブル席が3つあります。この写真はコロナ前のものですが、最近訪れたところ、テーブル席はひとつ潰されていました。

浦添「和風らぁめん はるや」の店内。

壁にはテーブル席は2人以上で利用してほしい旨や、小さな子連れが優先という案内が貼られています。ファミリーを優先してもらえるなんて、家族で食べに訪れやすい貴重なラーメン店ですね。

浦添「和風らぁめん はるや」の壁に貼られたテーブル席と駐車場の注意文。

メニューをチェック

和風らぁめん はるやのメニューです。魚介系のあっさりらぁめん、Wスープ+背脂のこってりらぁめん、辛胡麻らぁめん、つけ麺、まぜそば、限定、そして夜営業だけのメニューというラインナップです。サイドメニューやトッピングも豊富でどれも魅力的。キッズメニューはありませんが、定番メニューは100円引きで小ラーメンに変更可能なので、必要に応じてお試しを。こちらは2023年7月時点の情報ですから、最新版はお店でご確認ください。

実食!グルメレポート

あっさり味噌らぁめん+のりトッピング

初回訪問時にいただいたのは、あっさり味噌らぁめんの大盛り(650円+80円、2018年9月時点)。更に、のりもトッピングしてみました。お子サマーとシェアのために大盛り、さらに空前ののりブームが到来しているお子サマー向けにのりマシです。カーチャンはお子サマーファーストで生きています。

浦添「和風らぁめん はるや」あっさり味噌(650円)の大盛り(+80円)に、のり増し(+80円)

まずはスープから。味噌に負けない魚介出汁の強さ!「えっ、これが味噌!?これがほんとに味噌!?」と混乱しながらいただきました。和風らぁめん はるやのそれは、わたしが知ってる味噌ではなく、新ジャンルの味噌に思えました。道産子的には味噌の基準は札幌味噌ラーメンですが、これは全然違ったおいしさ!ラーメンって幅広いなぁと今一度学びました。

浦添「和風らぁめん はるや」の魚介出汁香るあっさり味噌スープ。

麺は中太のゆる〜い縮れ。特徴的な魚介味噌スープにも負けません。やや硬めの茹で上がりで提供されました。こどもの面倒を見ながら食べたので間食までに時間を要しましたが、最後まで麺がヘタらずにおいしくいただけました。

浦添「和風らぁめん はるや」の麺を箸上げ。

あっさり味噌の具材は、丸く形成されたチャーシュー、もやし、カイワレ、ネギ。この豚がかなり好み!お肉が柔らかく、脂の甘さと旨味を感じます。和風らぁめん はるやにはチャーシュー麺がありませんが、チャーシュートッピングしたくなるぐらいお肉がおいしかった〜!

浦添「和風らぁめん はるや」あっさり味噌のトッピング。

辛胡麻味噌

和風らぁめん はるやを訪れると、何故か味噌を注文しがちです。この日は冬場だったので、定番メニューから辛胡麻味噌(750円、2021年1月時点)をいただきました。

浦添「和風らぁめん はるや」辛胡麻味噌(750円)

中太ストレート麺に中濃な辛胡麻味噌スープの相性がよくっておいしい!和風らぁめん はるやのスープは和テイストの出汁や旨味が主軸にあるから、おいしさをしっかり感じるんだろうなぁ。

浦添「和風らぁめん はるや」辛胡麻味噌(750円)の中太ストレート麺

トッピング具材はモヤシにキャベツ、青菜といった野菜がたっぷり!これがまたおいしいのです。冬場にぴったりだなぁ。

浦添「和風らぁめん はるや」辛胡麻味噌(750円)は野菜いっぱい!

スープは比較的マイルドな辛さだったのですが、お店の方から「辛さが足りなければどうぞ」と手渡されたのは、味変用の花椒とハバネロペッパーでした。花椒を数回振ってシビカラ風にしてみました。メニューに合わせ、卓上にない調味料を出してくださるのもありがたいと思いました。

浦添「和風らぁめん はるや」辛胡麻味噌(750円)の辛さが足りなければどうぞといただいた調味料

塩らぁめん(ねぎ油)

2年半ぶりの訪問となったこの日、塩らぁめん(800円、2023年7月時点)を注文。塩らぁめんはねぎ油と背脂のいずれかを選べるようで、わたしはねぎ脂をチョイス。メンマに青菜、カイワレ、チャーシュー、刻みタマネギといったトッピングです。クリアなスープに心が浮かれます。

浦添市「和風らぁめん はるや」塩らぁめんのねぎ油(800円、2023年7月時点)

まずはスープから。揚げネギが浮くスープをすすると、ほどよい熱さと優しくまろやかな塩味が、口いっぱいに広がります。ああ〜、これはしみる!旨味と甘味、そこに広がる出汁の感じ。香ばしい揚げネギもいいアクセントです。何度もレンゲを往復させるくらいおいしい!

浦添市「和風らぁめん はるや」塩らぁめんのスープ

麺はシンプルな中細麺。このスープにこの麺で大正解。箸上げしたそのままズルズルッと頬張るのもよし、レンゲにスープを張って麺を落として食べるのもよし。ウマくてねぇ、何度も「ウマッ!ウマッ!」と言いながらいただきました。

浦添市「和風らぁめん はるや」塩らぁめんは中細麺だった

途中、チャーシューを頬張ります。やや厚めのカットで、肉から旨み成分や味わいが溢れてくるよう。脂がとろけるし、前にも思ったけれど和風らぁめん はるやではチャーシュートッピング必須だなぁ。

浦添市「和風らぁめん はるや」塩らぁめんのチャーシューがうまい

そして、刻みタマネギもウマかった!ほどよく辛さが抜けつつも、タマネギの辛味で塩スープの旨みがキリッと引き立つわけですよ。薄切りなのにコリッ!シャキッ!とした食感のメンマも優しい味わいでウマい。青菜のほろ苦さやカイワレの辛味がスープと対比して、それもこれも最高。麺食いリハビリでこの一杯を選んで大正解でした。

浦添市「和風らぁめん はるや」塩らぁめんのスープに浮かぶ刻みタマネギが絶品

あっさり醤油らぁめん

こちらはお子サマーが注文した、あっさり醤油らぁめん(750円、2023年7月時点)です。チャーシュー、青菜、カイワレ、ネギ、メンマと海苔がトッピングされています。

浦添市「和風らぁめん はるや」あっさり醤油らぁめん(750円、2023年7月時点)

麺は中細麺。お子サマーもチュルチュルと食べやすそうでした。スープは全面に魚介系を押し出しつつもあっさりとしていて、いい香りが鼻を抜けて脳にブッ刺さります。永遠とレンゲ往復できちゃうなぁ。ここにパーコーを沈めたら優勝だなぁ。

浦添市「和風らぁめん はるや」あっさり醤油らぁめんの中細麺

ピリ辛醤油パーコー麺(限定)+煮玉子トッピング

この日は限定麺を食べようとお店に向かいました。13時半頃の遅ランチだったのに店内満席!さすが人気店だなぁ。しばらく空席待ちをした後、限定メニューのピリ辛醤油パーコー麺(900円、2019年12月時点)に煮玉子トッピング(+100円)でオーダーしました。ものすっごいゴッツイのが着丼して、思わず「うわ〜!」と喜びました。

浦添「和風らぁめん はるや」限定のピリ辛醤油パーコー麺(900円)にトッピングで煮玉子(100円)を。

まずはスープから。透き通ったあっさり旨味スープに、控えめでありつつもジワジワくる辛さ。スープが軽めなのは、この後に頬張る本丸・パーコーを引き立てるためですよねぇ。計算されてるなぁ。

浦添「和風らぁめん はるや」限定のピリ辛醤油パーコー麺(900円)のスープが思いの外あっさり。

麺はパツパツのほぼストレート麺。麺もパーコーとの食べ合わせを考えているんだろうなぁ。

浦添「和風らぁめん はるや」限定のピリ辛醤油パーコー麺(900円)の麺はパツパツ系。

お待たせしました、主役のパーコーです。五香粉などのスパイスを使い、カラリと揚げた豚肉、それがこのパーコーなのです。ラーメンに揚げ物を乗っけるなんて!でもそれがめっちゃくちゃウマくて、箸が止まりません。特徴のあるパーコーに、あっさりのスープと麺、この組み合わせで大正解。もやしや刻みタマネギなどが良い食感で、すり下ろし生姜のサッパリとした味変も楽しめて、最後までおいしかったー!

浦添「和風らぁめん はるや」限定のピリ辛醤油パーコー麺(900円)のお肉が五香粉などの風味でやたらと美味。

小ごはんを注文していたのでピリ辛醤油のスープをたっぷり吸わせたパーコーと煮玉子、ほうれん草をトッピングして完食です。食べすぎ?いやいや、満足度がめっちゃ高くてサイコ〜でした!

浦添「和風らぁめん はるや」小ごはん(60円)にパーコーと煮玉子をトッピングして食べた

にゅーたんたんめん(限定)

はるやでは限定メニューとして、以前からにゅーたんたんめんを提供することがあります。この日わたしは鶏出汁ベースに塩味のにゅーたんたんめん(950円、2023年10月時点)をいただきました。2辛、刻みニンニク増しです。

浦添市「和風らぁめん はるや」にゅーたんたんめん(2辛、950円)

ニュータンタンメンといえば、神奈川・東京を中心に展開している元祖ニュータンタンメン本舗を思い出します。神奈川に住んでい時はよーーーく食べた味です。具材は鶏ミンチ、玉子、ネギ、刻みニンニクとシンプル。そのためか、思った以上にたっぷり盛り付けられていました。これ、意外と食べ応えアリかも。

浦添市「和風らぁめん はるや」にゅーたんたんめんは鶏ミンチに玉子、ネギ、ニンニクがたっぷりのトッピング

そこまで強くない塩気に、唐辛子の刺激。神奈川のワイルドな味わいと比べると、上品な仕上がりのにゅーたんたんです。いかにもはるやらしいおいしさ。わたしは2辛でちょうど良かったです。これ以上になると鶏スープの旨みが飛んでわからなくなりそう。後半、スープの熱さ、唐辛子の辛さで目が白黒しそうになりました。笑

浦添市「和風らぁめん はるや」にゅーたんたんめんは鶏の出汁でいただく、意外と上品な味わいのスープ

麺は中細麺。着丼直後はほどよいパツ感でしたが、徐々にスープを吸って柔らかくなっていきました。この変化もおいしかったなぁ。

浦添市「和風らぁめん はるや」にゅーたんたんめんは中細麺だった

刻みニンニクの増量が無料だったので、お願いすることに。生ニンニクの風味、辛味をしっかり楽しみました。

浦添市「和風らぁめん はるや」にゅーたんたんめんの刻みニンニク追加でいただいた

はるや特製焼餃子(終売)

はるやファンには定番の特製焼餃子。既に終売済みですが、おいしい記憶を留めておきたく、あえて載せ続けます。

このビジュアルを見てください。最高に良い焼き目だと思いませんか。焼餃子の単品注文は、1人前6個と半人前3個が選べるのもありがたくって、さらにセットメニューだと焼餃子2個+ごはんものが選べたりしました。いろいろちょっとずつ食べたい派には嬉しかったなぁ。

浦添「和風らぁめん はるや」特製焼餃子(6個、380円)

餃子の皮が黄色っぽいのは、うっちん(ウコン)を練りこんでいたから。口に運ぶとほんのりうっちんの香りに加え、焼き目のカリッとした食感とバランスの良い餃子餡が楽しめました。餃子のサイズが大きめなのも嬉しかったものです。

浦添「和風らぁめん はるや」の焼餃子の皮は、うっちん(ウコン)を練りこんでいる。

終売した理由をお店の方がツイートされていたので仕方がないとわかってはいるのですが… この餃子が大好きだったので、思い出として情報を削除せずに残しておきたいと思います。

まとめ

ということで、浦添市にあるおいしいラーメン店「和風らぁめん はるや」へ行ってきました。初めて訪れた際に食べたあっさり味噌に衝撃を受け、その他の定番メニューをいろいろ食べてみたいなぁと思いつつも、期間限定麺も夜メニューも試してみたいと欲張りな気持ちになってしまいます。営業時間がピンポイントなので、訪れにくさがあるかもしれません。でもオススメしたいので、時間を調整して食べに行ってみてください。

お店側がファミリー客を受け入れてくれていること、そしてキッズメニューは無くとも100円引きで小サイズに変更可能という点もありがたいですね。とはいえ、おいしいので普通サイズを注文して、余ったら親が食べるという手を使えば、一度の訪問で数種類の味を楽しめたりもします。アリアリのアリですね!笑
終わり。

タップで確認
沖縄ラーメンまとめ!地元民オススメの人気店から穴場まで【北部・中部・南部エリア別】 - 毎日ビール.jp
沖縄ラーメン情報をもっとみる

沖縄県内で食べ歩いたラーメン情報をまとめてみました!さらに広い範囲で沖縄ラーメンを探したい方は、こちらのまとめ記事がオススメです!

タップで確認
浦添ランチのおすすめ店!実際に食べ歩いたグルメをピックアップ【2024年版】 - 毎日ビール.jp
浦添ランチ情報をもっとみる

沖縄県浦添市で食べ歩いたグルメをまとめました!もっといろんなごはんを知りたい方は、こちらの浦添ランチまとめ記事がオススメです!

お店の情報

店名 和風らぁめん はるや
住所 〒901-2103
沖縄県浦添市仲間1丁目5-3
営業時間 11時半〜14時(L.O.13時45分)/18時〜20時半(L.O.20時15分) ※いずれも売り切れ次第終了
定休日 木・金曜(営業情報はSNSにて要確認)
駐車場 店舗裏手に専用駐車場あり


 あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
毎日ビール.jp プロフィールカード用

ユッキー@毎日ビール

沖縄在住のグルメブロガー。観光客向けの定番グルメから、地元民向けのローカル店まで、沖縄グルメを食べ飲み歩きしています。旅とビールが好きで、国内外のグルメ・ビアバーの情報も。時々ライブ遠征・母子旅に出かけてはブログを書いています。

-ランチ, ラーメン, 仲間, 沖縄の禁煙店, 沖縄料理, 沖縄本島中部, 沖縄県, 浦添市, 都道府県別, 食べ歩き
-