那覇市久米「風林火山」朝食もランチもイケる!出汁茶漬けと焼き魚定食のお店にリニューアル!

2023年6月11日

那覇市久米「風林火山」秋刀魚ワサビ漬け定食(1000円、2023年6月時点)

久茂地近辺で働く民の胃袋を支えてきた那覇市久米の「風林火山」。わたしもこれまで何度も食べに訪れています。店内をリニューアルしている様子はなんとなく知っていましたが、まさか朝7時オープンの朝食もイケちゃうお店&土日も営業という方向に舵を切るなんて、かなり驚きました!Googleマップを見て気づいたのですが、気になりすぎてその日のうちに食べに向かいました。

那覇市久米のおいしい食事処「風林火山」について

どこにあるの?駐車場は?

風林火山は那覇市久米にある飲食店です。久茂地交差点からも近く、久茂地・泉崎・松山・久米周辺のサラリーマンが食べに訪れやすい立地です。周辺にはぼんぢりや久米店やっぱりステーキ久茂地店手羽先唐ちゃんなどの飲食店が豊富で、ランチ帯も夜の飲み屋帯も地元民の往来があるエリアです。お店には駐車場はありませんが、すぐ目の前にコインパーキングがあるのでそちらを利用しましょう。

お店の様子

こちらが風林火山の外観です。お店の外は以前と大きくかわりませんが、営業スタイルを変えたタイミングで店内をリニューアルして明るくなった印象です。床も張り替えたようで、かなりスッキリと綺麗になっていました。

那覇市久米「風林火山」の外観(2023年6月)

以前と同じレイアウトで、カウンター席とテーブル席があります。地元の常連さんっぽいお客さんや、注文が観光客と思わせるお客さんもいました。おそらく平日は周辺で働く会社員の方、週末は近くのビジネスホテル宿泊客の利用が多そうですね。

那覇市久米「風林火山」リニューアルした店内(2023年6月)

メニューをチェック

リニューアル後の風林火山のメニューをチェックしてみましょう。営業開始の7時から食べられるのは6種類の出汁茶漬けと具沢山の沖縄みそ汁。そこに11時からの焼き魚定食ランチが8種類加わって、全15種類のお食事が用意されていました。メニューは写真付きで選びやすく、また各種トッピングもあるので、お腹の減り具合や豪華にしたい気分に合わせて注文可能です。

実食!グルメレポート

秋刀魚ワサビ漬け定食

この日、わたしは秋刀魚ワサビ漬け定食(1000円)をいただきました。久茂地で働く民になってから、風林火山のランチは何度も食べに訪れていて、これまでふつうの秋刀魚やえぼ鯛、日替わりなんかを食べてきましたけれど、この秋刀魚ワサビ漬けはお初です。

那覇市久米「風林火山」秋刀魚ワサビ漬け定食(1000円、2023年6月時点)

皮目がこんがり焼かれ、もう、おいしそうでおいしそうで… リニューアル前は炭火で焼いていました。今もこのビジュアルですから、注文が入ってから炭火で炙っているんだろうなぁ。ひさしぶりの風林火山が嬉しいのに加えて、焼き魚に飢えていたのも重なって、たまらん!という気持ちでいっぱいです。

那覇市久米「風林火山」秋刀魚ワサビ漬けの焦げ目までおいしそう

まずは秋刀魚の骨を外していきましょう。背中側からいただくと、あっさりとタンパクな身にワサビ風味。これ、ツンとした辛味はなく、さっぱりと食べられました。お腹周りの脂の乗った部位もワサビ効果であっさり。何度「おいしい!」と連呼したことか!

那覇市久米「風林火山」秋刀魚ワサビ漬けの骨を外したところ

ごはんの炊き方はややかためで、わたし好みの炊き上がり。ごはんはお代わりすると150円必要ですが、大盛りは無料となっています。いっぱい食べたい方は注文時に大盛りコールを入れましょう。わたしは普通盛りにしましたが、それでもこのボリューム感です。完全にバグってるから!半分ご主人サマーに食べてもらいました。

那覇市久米「風林火山」gはんは大盛りサービスがあるけど、普通盛りでお願いしたらコレがきた

焼き魚についてくる鬼おろしも健在です。そのまま魚と頬張ってもおいしいけれど、ちょこっと醤油をまわしてからの方が断然ウマいです。シャクッ!ジュワッ!とする鬼おろしと焼き魚、めちゃくちゃ米が捗ります。

那覇市久米「風林火山」鬼おろしに醤油を垂らし、魚と食べると最高にウマい

定食には小鉢とお漬物がついています。この日の小鉢は鶏皮ポン酢的なものと出汁巻きでした。ふわふわと優しい味わいの出汁巻きに全俺が泣いたし、醤油を垂らすとごはんが爆速で減って優勝です。こんな脇役ではなく、出汁巻き定食があってもよいのでは?と思うレベルです。

那覇市久米「風林火山」この日のおかずと出汁巻き卵

釜揚げシラスと南高梅の出汁茶漬け

こちらは汁かけ大名ことお子サマーが注文した、釜揚げシラスと南高梅の出汁茶漬け(650円)。ごはんのボリュームが半端ありません。我が家の6歳児は、わりとしっかり食べますが、半分食べてギブアップ。残りはトーチャンのお腹に収まりました。お子さんが注文する際は半ライスで十分と思います。

那覇市久米「風林火山」釜揚げシラスと南高梅の出汁茶漬け(650円)

ポットの半分より少なめの出汁。このクリアなお出汁を味見したところ、控えめの塩味に魚介の旨味が品良く感じられました。丁寧にじっくりと煮出しているんだろうなぁ。二日酔いの時にも良さそうですが、この出汁量だとちょっと汁感が足りないかもしれないので、その時は有料で出汁のお代わりをしようと思います。

那覇市久米「風林火山」前線した魚介などの素材を使った出汁

出汁が上品な味わいなので、塩味的には少し物足りないかもしれません。でも、定食のおかずやお漬物があるので十分カバーできるはず。お好みの具材をチョイスしてください。

那覇市久米「風林火山」お茶漬けについてきた釜揚げシラスと南高梅

持ち帰りのお弁当

この日、わたしはお弁当をふたつ購入しました。お店の外でセルフ販売をしていて、この時は代金はケースの中に入れる仕組みでした。支払いがセルフということは、袋に入れたりも全て自分で行いました。13時過ぎに訪れて、残りのお弁当は3つという売れっぷりでした。

那覇市久米「風林火山」で売ってたお弁当(2023年7月時点)

こちらはシャケ弁当(500円、2023年7月時点)。メインのシャケは脂が乗りおいしいのですが、他にもおかずがいっぱい入っています。若鶏の味噌焼き、竹輪とオクラのバター醤油、出汁巻き、漬物。どれも手作りとわかります。詰め込まれたごはんの炊き加減もおいしいです。ボリュームとしては、ほどよい感じ。

那覇市久米「風林火山」持ち帰りのシャケ弁当(500円、2023年7月時点)

こちらは同日に購入したさば弁当(450円、2023年7月時点)です。さば以外、シャケ弁当と同じおかずなのですが、お弁当のおかずは日替わりなので、絶対飽きることはないと思います。風林火山のおいしいおかずに釣られて、毎日ここのお弁当でもよいんじゃないかと思うくらい。

那覇市久米「風林火山」持ち帰りのさば弁当(450円、2023年7月時点)

まとめ

ということで、那覇市久米のリニューアルした「風林火山」に行ってきました。この界隈で朝7時から食事できるのはストロングポイントだし、土日にリーズナブル&おいしく焼き魚定食が食べられるのも非常に嬉しいです。朝にピッタリな出汁茶漬けもよいし、以前から引き続き食べられる焼き魚定食もおいしかったなぁ。みそ汁も気になっているので、いずれ食べてみねば。

焼き魚入りのお弁当もおいしいです。お店の方曰く「まだ始めたばかりで、お弁当は知られていないんですよー」とのことでした。ですが、わたしが訪れた13時過ぎにはほぼ売れてしまっていたので、周辺の方にはしっかりお得感が伝わっていると思います。
終わり。

お店の情報

店名 風林火山
住所 〒900-0033
沖縄県那覇市久米2丁目5−2
営業時間 7時〜14時半(L.O.14時)
定休日 不定休
駐車場 なし。近隣にコインパーキングあり。


 あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
毎日ビール.jp プロフィールカード用

ユッキー@毎日ビール

グルメブログ歴12年、沖縄移住10年。沖縄定番グルメからローカル店まで食べ歩き情報を綴ってます。国内外のビアバーめぐりに、旅・遊びの情報も。クラフトビール歴は16年、ホップの効いたビールが好き。

-ランチ, 久米, 和食, 旧市街エリア, 朝食・モーニング, 沖縄本島南部, 沖縄県, 那覇市, 都道府県別, 食べ歩き
-