名護「八重食堂」平打ち麺に豚骨・鰹・昆布の旨味スープが染みる老舗の沖縄そば。

名護市城「八重食堂」ミックスそばとジューシーとセルフのスープが入ったヤカン

名護の「八重食堂」で沖縄そばを食べてきました。こちらは1973年創業という老舗店で、周辺にはスナックが軒を連ねる飲み屋街が、そして近くには名護市営市場もあります。このあたりは名護市が制定された1970年代から人の往来が多かったエリアなのでしょう。八重食堂は知名度も人気も高く、わたしが訪れた日もお店の外まで空席待ちができていました。専用駐車場はなさそうだったので、斜め向かいのコインパーキングに駐車しました。

名護市城にある「八重食堂」の外観

店内に入るとテーブル席と小上がりがありました。客席数が少なく、それでいて地元客も観光客も訪れるお店です。そりゃあお店の外まで並ぶよなぁ。回転は早いでしょうから、さすがに60分待ちはないだろうと思います。

名護市城「八重食堂」の店内(小上がりとカウンター席)

お食事メニューは三枚肉そば、ソーキそば、ミックスそば、そしてジューシーの4種類だけとシンプル。そばのサイズは小と大の2種類から選べます。食堂と名がついていますが、ちゃんぷるーなどは提供していません。八重食堂が八重そばとも呼ばれるのは、沖縄そば専門店だからなのでしょう。

名護市城「八重食堂」のメニュー

今回はミックスそばの小(500円)を注文してみました。器には麺と三枚肉と本ソーキの2種類のお肉、そしてネギが乗せられています。おや、汁なしで提供されるのですね。これには理由があって...

名護市城「八重食堂」ミックスそばの小(500円)をいただく

八重食堂ではヤカンに入れられたスープをセルフで注ぐ方式をとっています。蓋を持ち上げると、熱々のスープから豚骨の香りがふんわりと立ち上ります。

名護市城「八重食堂」そばのスープはヤカンに入っている

たっぷり注いじゃおうか、途中で味変するなら半分くらいに留めておこうか... 考えを巡らせながらとくとくと注ぎました。八重食堂がヤカンそばと呼ばれるのは、セルフで注ぐことが由来しています。

名護市城「八重食堂」セルフでそばのスープを注ぐ

はい、ミックスそばが完成。

名護市城「八重食堂」ミックスそば(小、500円)とジューシー(150円)

まずはスープから。沖縄そばは地域によって味わいが異なります。名護地域のスープは豚骨を用いているのが特徴です。八重食堂のスープにも豚骨が使われており、そこに鰹と昆布を加えるそうです。奥深く、それでいてあっさり。名護のスープ、好き!

名護市城「八重食堂」豚骨が香るあっさりスープ

名護地域の麺にも特徴があり、幅のある平打ち麺でシンプルな味です 。プリッとした食感ではないけれど、シンプルな麺があっさり奥深いスープによく合うのです。おいしかった。

名護市城「八重食堂」の麺は名護らしい平打ち麺

ミックスそばの小サイズには2種類のお肉がそれぞれ2つずつ乗せられていました。こちらは三枚肉。ほどよく柔らかで食べやすく、味付けはやや濃い感じ。

名護市城「八重食堂」の三枚肉

一方の本ソーキは、可食部と硬い骨がほろほろと外れるほど煮込まれています。本ソーキは骨が硬くアッサリとしています。三枚肉と本ソーキ、どっちもおいしい!

名護市城「八重食堂」の本ソーキ肉

ラストスパートにヤカンのスープを追加。

名護市城「八重食堂」の沖縄そばに追いスープした

そのままいただいてもおいしいけれど、卓上調味料があるので味変を試してみます。

名護市城「八重食堂」卓上調味料など

ここはやはりコーレーグス。豚・鰹・昆布のあっさりスープがキュッとしまり、より一層おいしくなりました。

名護市城「八重食堂」の沖縄そばにコーレーグスで味変した

食事のシメはジューシー(150円)を。沖縄風の炊き込みごはんは昆布とニンジンなどが具材。やや薄味です。でも豚の脂も炊き込んでいると思われるので、アッサリとコッテリの中間、コッサリな味わいでした。おいしかったなぁ、そばのスープを浸して食べてもウマいんだよなぁ。

名護市城「八重食堂」ジューシー(150円)

ということで、名護市城にある「八重食堂」に行ってきました。八重そばだとかヤカンそばと呼ばれて親しまれる老舗店は、豚骨と鰹、昆布の旨味を感じるあっさり系のおいしいお店でした。こちらの店を訪れるなら、ランチのピークタイムを外すことをオススメします。そばのサイズは小と大の2種類あって、小が並、大は大盛りと考えればOKです。老舗の沖縄そば、おいしかったです。名護は沖縄そばの名店が多そうだなぁ。
終わり。

お店の情報

店名八重食堂
住所〒905-0013
沖縄県名護市城1丁目9-3
営業時間11時〜15時
定休日火曜
駐車場なし。近隣にコインパーキングあり。


 あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ランチ, 名護市, 沖縄そば, 沖縄料理, 沖縄本島北部, 沖縄県, 都道府県別, 食べ歩き
-

© 2020 yukipod