広島「立吞み 魚椿 袋町店」酒好きが集まる!ウマい天ぷらで昼から寄れる立ち飲み店。

広島市「立吞み 魚椿 袋町店」で食べ飲みした様子

広島市内の観光を楽しんだあとは、「立吞み 魚椿 袋町店」で小休止。こちらは平日15時から、週末は12時から営業している立ち飲み居酒屋で、うらぶくろと呼ばれる商店街にあります。わたしの宿泊先から近かったのと、営業時間がちょうど良さそうなことから、行ってみようと目星をつけておりました。

広島市「立吞み 魚椿 袋町店」の外観

入店すると、元気のよい店員さんたちが「はい!いらっしゃいませ!」。お〜、とっても楽しげ!昭和歌謡が流れる懐かしい店内はL字のカウンター席に、壁側に小さな立ち飲み席が4〜5席ほど。入店した15時くらいはまだ余裕がありましたが、16時をすぎた頃には超満員に。広島も昼飲み文化が定着しているのだな、と嬉しくなります。

広島市「立吞み 魚椿 袋町店」の店内(カウンター席)

奥にはテーブル席があり、団体さんはこちらに通されるようです。カウンターはチャージがなく、テーブル席はチャージ300円がかかります。チャージの代わりに明太子のお通しがあるらしいのですが、遠目に眺める剥き明太子がおいしそうで。これはこれで食べてみたいぞと思いました。

広島市「立吞み 魚椿 袋町店」の奥にあるテーブル席

まずはビールで喉を潤します。立吞み 魚椿 袋町店のビールは、神泡のザ・プレミアム・モルツ(605円)でした。ウマし。

広島市「立吞み 魚椿 袋町店」ビールは神泡のザ・プレミアム・モルツ(605円)

ゴクゴクと喉を鳴らしながらジョッキを傾けつつ、おつまみメニューをチェックします。立吞み 魚椿はもともと名古屋発祥のようで、その中から広島らしいものがないだろうかと、しっかり目を通します。天ぷらにお刺身に酒の肴がアレコレとそろっていい感じ。

広島市「立吞み 魚椿 袋町店」の定番おつまみメニュー

わたしが訪れた季節は冬。この時期に旬のメニューなども。どれも魅力的すぎる〜!

広島市「立吞み 魚椿 袋町店」の冬のおつまみメニュー

慣れた雰囲気のお客さんが、カウンター上のケースを眺めて注文しています。こちらに並ぶのはすぐ食べられるおつまみたち。パッと見て、好みがあれば注文できるのもいいですね。

広島市「立吞み 魚椿 袋町店」さっと食べられるおつまみがカウンター上にある

お店を訪れる前にすし辰でお腹を膨らませていたわたしは、あまりお腹が減っておらず、軽くつまむ系で攻めました。まずはホタテのチャンジャ(429円)。ゴマ油の香りとほんのりキムチの辛味。その旨みが感じられて、うまい!コリコリ食感もよし。

広島市「立吞み 魚椿 袋町店」ホタテのチャンジャ(429円)

早くもビールが空いたので、ホッピーの黒(548円)にスイッチ。日本全国、どこで飲んでも安定のウマさです。ナカの量から推測するに、ホッピー1本で3杯は飲めそうな感じ。

広島市「立吞み 魚椿 袋町店」黒ホッピー(548円)

カキ天(165円)と白子天(319円)がやってきました。白子は一人前をふたつにカット後に揚げています。ひとつは天つゆで、ひとつは岩塩でいただくことに。

広島市「立吞み 魚椿 袋町店」カキ天(165円)と白子天(319円)

天つゆは卓上に置かれたボトルに入っていました。醤油と出汁の旨みを感じ、とろんとしたタチが最高のアテに変身。

広島市「立吞み 魚椿 袋町店」卓上に乗せられた天つゆ

お店の方からは塩を推されていました。塩は塩で確かにウマく、タチの風味・旨味が引き出されます。どっちも甲乙つけ難いくらいにウマ〜!ホッピーが捗りすぎます。

広島市「立吞み 魚椿 袋町店」卓上の岩塩

そしてカキ天。昼に食べた蒸し牡蠣の軍艦より、立吞み 魚椿 袋町店の牡蠣天ぷらがウマかったです。油と牡蠣って、相性が良いんですね。ひとつと言わず、ふたつみっつ頼めばよかったなぁ。

広島市「立吞み 魚椿 袋町店」カキ天がおいしすぎたのでふたつ、みっつ食べたい

案の定、ホッピーはあっという間にグラスがカラになったので、ナカ(220円)を追加。この後の予定を考え、この日はこれで打ち止め。なのでソトを注ぎまくって、薄めて飲み干しました。

広島市「立吞み 魚椿 袋町店」ホッピーのナカ(220円)

最後にやってきたのはアンコウ天(209円)と、まるごと明太子(319円)。アンコウ天の身がふわっふわ!これは雲か、わたあめか!?ってくらいの食感で、塩でおいしく。食べ口は軽いのに、脂乗りも感じられておいしかったです。まるごと明太子は、衣の油感がたまらんし、しっかりの塩気にほんのり辛味も好みすぎました。ウマウマのウマでホッピーが捗りすぎてヤバい。大根おろしを乗せると塩気が和らいで、これもウマい!

広島市「立吞み 魚椿 袋町店」アンコウ天(209円)とまるごと明太子(319円)

ということで、広島市内はうらぶくろにある「立吞み 魚椿 袋町店」でさくっと昼飲みを楽しんできました。常連さんが「I ♡ 酒」というTシャツを着ていて、「広島にも強そうな酒飲みがいる!」と燃えました。もしかすると、酒飲みが集まるお店情報をキャッチするのがわたしの特技かもしれません。

お店の方とお話する流れで、ひろしま世界遺産航路を教えてもらいました。原爆ドームの横から宮島まで船が出ているというのです。これは朗報。その場でいろいろ調べ、スケジュールの合間を縫って試してみようと思いました。地元の方からの生きた情報をいただけるのは、ノープラン滞在型のわたしにはかなりありがたいです!
終わり。

お店の情報

店名 立吞み 魚椿 袋町店
住所 〒730-0036
広島県広島市中区袋町2番地10 長谷川ビル1F
営業時間 平日:15時〜24時/土日祝:12時〜24時
定休日 不定休
駐車場 なし。近隣にコインパーキングあり。


 あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
毎日ビール.jp プロフィールカード用

ユッキー@毎日ビール

グルメブログ歴12年、沖縄移住10年。沖縄定番グルメからローカル店まで食べ歩き情報を綴ってます。国内外のビアバーめぐりに、旅・遊びの情報も。クラフトビール歴は16年、ホップの効いたビールが好き。

-ビール, 中四国, 居酒屋, 広島県, 昼飲み, 都道府県別, 飲み歩き
-