野毛「大衆食堂2.0 とぽす」とろれば&もつ肉豆腐で軽く一杯、ぴおシティの人気立ち飲み店。

2020年6月15日

横浜は野毛の人気店「大衆食堂2.0 とぽす」へ行ってきました。こちらのお店はいつ行ってもお客さんがいっぱいで入れるかどうかは時の運、と聞いておりましたので土曜日の早めの時間帯に訪れました。桜木町駅から天候に左右されずに野毛近道を使い、ぴおシティビル地下2Fへ向かうとこの通り。それでもギリギリ空席を確保できました。

横浜・野毛「大衆食堂2.0 とぽす」の外観

客席は立ち飲み席、椅子のあるカウンター席があります。いずれの席も予約可能だそう。この日は2〜4人で訪れているお客さんが多い感じでした。店内は人だかりで店内写真は諦めようかとも思ったけれど、お会計が重なったので絵を押さえられました。

横浜・野毛「大衆食堂2.0 とぽす」の店内

店内を見回すとWi-FiとTVチャンネル争奪戦、ナンパ行為についての注意書き。この手の大衆酒場でWi-Fiが飛んでいるのは珍しいですね。

横浜・野毛「大衆食堂2.0 とぽす」壁に貼られたWi-Fiとナンパ禁止の張り紙

まずは生ビール(中ジョッキ、480円)でスタート。ぴおシティ内とはいえこの日は寒く、キンキンのビールにトイレが近くなりそう。いっぱい飲んで早く暖まらないと。

横浜・野毛「大衆食堂2.0 とぽす」生ビール(中ジョッキ、480円)

ビールを飲みながらおつまみをチェックします。フードメニューは両面カラーでわかりやすかったです。大まかなメニュー構成としては、もつ肉豆腐やとろればなどのもつ肉系、サッと出してもらえる系、揚げ物、お刺身、炭火の串焼きなどなど。もしかすると日または月替りでメニューが変わったりしそうだなぁ。

横浜・野毛「大衆食堂2.0 とぽす」のおつまみメニュー

まずは軽めにネギ塩とろれば(340円)をつまみつつ、待ち合わせている飲み友を待ちます。大衆食堂2.0 とぽすのネギ塩とろれば、めっちゃウマい!低温調理で鶏レバーをとろとろに仕上げて、シンプルに塩+ごま油+ネギでいただきます。鮮度が良いのでしょう、全然臭みがなくておいしかった。低温調理器買おうかなぁ。

横浜・野毛「大衆食堂2.0 とぽす」ネギ塩とろれば(340円)

ネギ塩とろればを摘んでいると悪友Yが到着。彼女は生すだちチューハイ(490円)を、わたしは生ビールで再会に乾杯です。

横浜・野毛「大衆食堂2.0 とぽす」生すだちチューハイ(490円)と生ビール(480円)

山盛りのもつ肉豆腐(340円)は大衆酒場を感じさせる1品です。そういえばこのお店、大衆酒場ではなく大衆食堂を名乗っているんですよね。もつ肉も得意、刺身も炭火焼きもある。もちろんこのもつ肉豆腐もおいしい。柔らかく煮込まれ、甘じょっぱい味付けにトッピングされた一味や添えられた紅生姜味噌もよく合います。というか、この紅生姜味噌、やみつき。アテに最高です。

横浜・野毛「大衆食堂2.0 とぽす」もつ肉豆腐(340円)

この日は野毛をハシゴ酒する予定だったので、塩こんぶ生ピーマン(300円)を軽めに追加。旨味と塩気、ピーマンをおいしくいただける好きなおつまみです。

横浜・野毛「大衆食堂2.0 とぽす」塩こんぶ生ピーマン(300円)

周辺のお客さんが何人か飲んでいた生レモンチューハイ(390円)を真似して注文。自分でレモンを絞るタイプなので、ギュギューッと思いっきり絞ってやりました!この頃は自由に飲みに出歩けたし、好きなところへ気兼ねなく訪れられてよかったなぁ。

横浜・野毛「大衆食堂2.0 とぽす」生レモンチューハイ(390円)

ということで、横浜は野毛にある「大衆食堂2.0 とぽす」へ行ってきました。前回野毛を訪れた際に立ち寄った立ち呑み処 ふくふく同様、こちらのお店も人気があるため空席具合は時の運。しかし、この飲み屋はどうにか訪れたし。なんとなく居心地もよいし、おつまみもおいしかったので長居したい気持ちになりかけましたが、野毛ハシゴ酒へと向かうのでした。次回はお刺身や串焼きを食べようと思います。
終わり。

お店の情報

店名大衆食堂2.0 とぽす
住所〒231-0062
神奈川県横浜市中区桜木町1丁目1 ぴおシティビル地下2F
営業時間月〜木曜:15時〜21時半/金・土曜、祝日:15時〜22時
定休日日曜
駐車場なし


 あわせて読みたい

  • この記事を書いた人

ユッキー

毎日ビールを飲んでいる。アメリカンペールエール、IPA、セッションIPA、ゴーゼ、ラガーが好き。ビールも人間もちょっぴりクセがある方がいい。

-ビール, 居酒屋, 桜木町, 横浜市, 神奈川県, 都道府県別, 野毛, 関東・甲信越, 飲み歩き
-

© 2020 yukipod