五反田「東京豆漿生活」台湾式朝ごはんを食べに向かうも予想しない出来事が!

2020年3月18日

東京出張に行ってきました。勤務は朝10時スタートだから、朝ごはんを食べも十分間に合うなぁ。そこで五反田の「東京豆漿生活(トウキョウトウジャンセイカツ)」へ向かいました。住宅街の一角にあるこちらのお店は朝8時オープン。到着すると住宅街の一角は既に入店待ちの列ができ、あたしは5組目でした。平日なのに開店前から並ぶのねぇ。

五反田「東京豆漿生活」の外観

入り口には東京豆漿生活のメニューとおぼしき物。

五反田「東京豆漿生活」の看板

そして、扉に貼られた「店内絞り 熱/冷 新鮮豆乳」と「本日豆乳製造機故障の為豆乳はありません。ご了承下さいませ。」の張り紙。えっ、豆乳がないの?!

五反田「東京豆漿生活」の入り口に貼り出された豆乳製造機故障のお知らせ

まさか豆乳のない日とは。どうしようか悩んでいる間に開店。店内には2〜4人がけのテーブル席が7つか8つで、オーダー後に着席するよう促されました。

五反田「東京豆漿生活」の店内

レジに向かう列の途中、豆漿製造室が目に入りました。ガラスの向こうにマシンがあり、スタッフが何か作業をしています。だいぶ前から訪れたいな〜食べてみたいな〜と思っていた東京豆漿生活です。東京出張の空き時間にやっと訪れ、それで食べられないのは本当に悔しい。でも、それもまた人生。豆漿のためにまたリベンジを心に決めて、この日は豆漿以外を食べることにしました。

五反田「東京豆漿生活」店内にある豆漿製造室

豆漿の他には、台湾の朝ごはんで見かける台湾パンを販売しています。この日は焼餅(シャオビン)が1種類、酥餅(スーピン)が4種類でした。

五反田「東京豆漿生活」店頭で売られる焼餅(シャオビン)や酥餅(スーピン)その1

照明色が調整できなかったので、別の角度からカットで色味をお伝えしたい。焼き色があまりついてないのが台湾パンの特徴ですね。ゴマ多めなところも好き。

五反田「東京豆漿生活」店頭で売られる焼餅(シャオビン)や酥餅(スーピン)その2

こちらが東京豆漿生活のメニューです。豆漿とは豆乳スープのことで、いつもは4種類提供しているようです。豆漿はホットと冷たいのが選べたり、甘さの調節ができたりもするらしい。この日は残念ながら食べられなかったけれど、絶対リベンジするぞ〜!ちなみにテイクアウトも可能です。

五反田「東京豆漿生活」のメニュー表

この日は焼餅(シャオビン)と酥餅(スーピン)をひとつずつ購入しました。

五反田「東京豆漿生活」焼餅(シャオビン)と酥餅(スーピン)

まずは焼餅(シャオビン、180円)から。薄く平べったいパンに葱蛋(ツォンダン、100円)を挟みました。葱蛋とはネギ入りの卵焼きです。

五反田「東京豆漿生活」焼餅(シャオビン、180円)に葱蛋(100円)と、本来なら油條を挟みたかった。

かぶりつくと、幾層にもなった焼餅が口元からはらはらと落ちてしまう、そんな生地です。油分控えめはサクサク・モサモサな食感で、ほんのりの甘さと胡麻が香ります。注文後に焼き始める葱蛋は、塩胡椒と何か台湾っぽいスパイスを使っているようです。しょっぱ系の朝ごはんになりました。

五反田「東京豆漿生活」葱蛋(100円)入り焼餅(シャオビン、180円)が美味い

実を言うと、焼餅には油條(ヨウティアオ)も欲しかった。でもこの日は販売してなかったんですよね。もし見つけたら葱蛋と油條を挟んで食べて欲しいなぁ。サクサクのデニッシュのようでおいしいのです。焼餅を入れる紙袋は中国語が印刷されていました。表のイラストもかわいい。

五反田「東京豆漿生活」焼餅(シャオビン、180円)の中国語の紙袋がかわいい

もうひとつ、4種類あった酥餅(スーピン)の中から葱肉酥餅(ツォンロウスーピン、280円)を選びました。小さいながらずっしりの重量感。

五反田「東京豆漿生活」葱肉酥餅(280円)

中にはいわゆる肉まんの餡が包まれています。おいしいけれど塩気と脂が強め。提供されるタイミングでは冷えているため、味がクドく感じるかもしれません。さんぴん茶とかウーロン茶、もしくは温かい豆漿が欲しくなりました。

五反田「東京豆漿生活」小さいながらも葱肉酥餅(280円)の餡はずっしりと食べ応えある

ということで、東京23区は五反田にある「東京豆漿生活」に行ってきました。実はこの後にも一度リベンジに行ったのですが、土曜の朝9時にして56番目、なんと15組待ちという先の読めない状況で…。空席待ちの仕組み(QRコードを発行し、何組待ちか確認できる)はありましたが、後の予定にも響きそうだったのでやむなく諦めることがありました。干しエビや大根・ネギ・揚げパンの入った鹹豆漿を食べたい気持ちは今も変わりません。次回の東京出張は五反田泊にして、朝から並ぼう。事前の対策が必要な人気店でした。
終わり。

お店の情報

店名東京豆漿生活
住所〒141-0031
東京都品川区西五反田1丁目20-3
営業時間8時〜14時(売切れ御免)
定休日日曜
駐車場なし。近隣にコインパーキングあり。


 あわせて読みたい

  • この記事を書いた人

ユッキー

毎日ビールを飲んでいる。アメリカンペールエール、IPA、セッションIPA、ゴーゼ、ラガーが好き。ビールも人間もちょっぴりクセがある方がいい。

-カフェ・喫茶店, 中華料理・台湾料理, 五反田, 品川区, 朝食・モーニング, 東京都, 都道府県別, 関東・甲信越, 食べ歩き
-

© 2020 yukipod