宜野湾「中華飯店 泰林」炒飯が評判だったあの店の系統!いろいろ食べてみた。

宜野湾市「中華飯店 泰林」ランチの泰林炒飯(850円)
毎日ビール.jp プロフィールカード用

ユッキー@毎日ビール

沖縄在住のグルメブロガー。観光客向けの定番グルメから、地元民向けのローカル店まで、沖縄グルメを食べ飲み歩きしています。旅とビールが好きで、国内外のグルメ・ビアバーの情報も。時々ライブ遠征・母子旅に出かけてはブログを書いています。

まわりのグルメな友人に「沖縄でおいしい炒飯といえば?」と聞くと、「担々亭!」と返ってくるのが日常茶飯事だったのは昔の話。宜野湾の担々亭は2021年に、そして2022年11月には中城の担々亭が閉店し、炒飯好きな全県民が肩を落としていました。そんな中、宜野湾市我如古にオープンしたのが「中華飯店 泰林(たいりん)」です。もともと担々亭で働いていた方のお店だそうで、これは希望の光では?とわたしも向かってみました。ということで、さっそくレポートいってみよ〜!

宜野湾の人気店「中華飯店 泰林」について

どこにあるの?駐車場は?

中華飯店 泰林は宜野湾市の我如古(がねこ)にあります。国道330号線の我如古交差点を曲がった先、我如古郵便局の手前にお店があります。近くにはみどり屋食堂もあって、落ち着いたローカル感のあるエリアです。

中華飯店 泰林には駐車場があります。お店の前には1台分、そして第2駐車場が少し離れた場所にありました。

宜野湾市「中華飯店 泰林」の駐車場案内の看板

我が家は第2駐車場に停めました。2023年3月時点の情報になりますが、駐車場は1・6・7・8番です。間違いのないよう駐車スペースに注意しましょう。

宜野湾市「中華飯店 泰林」の第2駐車場

お店の様子

車を置いてお店に向かったのは、週末の11時40分。お店がオープンして40分ほど経過したところです。

宜野湾市「中華飯店 泰林」の外観

入店すると3つあるテーブル席はいっぱい、カウンター席がギリギリ空いていて親子3人で並びました。このあと、ソロのお客さんやファミリーでの来店が続き、店先で空席待ちをするお客さんも出るくらい。オープンから3ヶ月ほどだと思いますが、早くも人気店の予感です。洋楽ポップが流れるのもいい感じだなと思いました。

宜野湾市「中華飯店 泰林」の店内の様子

メニュー

メニューを確認すると中華料理な定食に炒飯と麺、ガッツリなあんかけにカツ系、点心といった構成です。午餐菜単と書いてあるので、おそらくランチメニューだと思います。夜の営業は夜メニューがあるのでしょうか。

宜野湾市「中華飯店 泰林」のランチメニュー(2023年3月時点)

裏面は持ち帰りメニューになっています。中華飯店 泰林では単品だけでなくオードブルのテイクアウトもやっているので、気になる方はお店に直接お電話してみてください。事前の電話で待ち時間なしで受け取れそうですね。

宜野湾市「中華飯店 泰林」のテイクアウトメニュー(2023年3月時点)

実食!グルメレポート

泰林炒飯

この日、わたしが注文したのは泰林炒飯(850円)です。元担々亭の方がオープンさせたお店と聞いていたので、初回訪問時はやっぱり炒飯がいいなと思っていました。卵の黄色が映えるビジュアルに既視感を覚えます。

宜野湾市「中華飯店 泰林」ランチの泰林炒飯(850円)

レンゲですくうと、しっかりパラパラなチャーハン。おいしい炒飯って、油の使い方が病みつきになりませんか。中華飯店 泰林の油の感じがおいしくて、お皿にこんもり盛り付けられた山がどんどん削られていきます。味付けは濃過ぎず、ちょうどいい感じ。

宜野湾市「中華飯店 泰林」泰林炒飯は卵がたっぷり

具材は卵とネギと2種類のチャーシューでしょうか。白っぽいロースのような部位と赤みのある三枚肉っぽい部位が混ざっていました。添えられたザーサイをお口直しに挟みながら、パクパクと食べ進めます。

宜野湾市「中華飯店 泰林」泰林炒飯に入るチャーシュー

添えられたスープは中華コーンスープ。とろみがついてホッとする味わいです。これと白米だけでもごはんが進みそう。

宜野湾市「中華飯店 泰林」泰林炒飯のセットの中華コーンスープ

醤油拉麺

お子サマーには、醤油拉麺(880円)を注文。チャーシューメンではないのに、薄切りの三枚肉チャーシューがこんなにたっぷり!

宜野湾市「中華飯店 泰林」ランチの醤油拉麺(880円)

シンプルにあっさりとした醤油スープ。おいしかったようで、あっという間に麺を食べ尽くす6歳児でした。

宜野湾市「中華飯店 泰林」醤油拉麺の麺を箸上げ

五目あんかけやきそば

ご主人サマーが注文したのは、五目あんかけやきそば(900円)です。少し味見させてもらったところ、餡が甘じょっぱくて、やや濃いめの味わいでした。この味の濃さは麺よりごはんが似合うかも。麺はパリパリに焼かれた部分が混ざり、食感を楽しめます。お酢をかけてもおいしそうです。野菜がたっぷりで、甘みを感じる白菜の存在感が好きでした。

宜野湾市「中華飯店 泰林」ランチの五目あんかけやきそば(900円)

泰林焼売

泰林焼売(450円)もいただきました。チャオズの帽子のような形のフタを持ち上げると、蒸篭の中から湯気を上げて焼売が登場。蒸したてホカホカ!

宜野湾市「中華飯店 泰林」ランチの泰林焼売(450円)

いただいてみると、とろけるように柔らかな餡が特徴的です。味がついているので、このままでももちろん、卓上調味料でタレを作って食べてもおいしいです。ビールとよく合いそう!

宜野湾市「中華飯店 泰林」泰林焼売は肉餡がおいしい

まとめ

ということで、宜野湾市にある「中華飯店 泰林(たいりん)」でランチを食べてきました。近所にこんな中華屋さんがあったなら、平日ランチも夜の飲みにも使えてよいだろうなぁ。我如古の民が羨ましいです。何人かで予約をして中華飲み、というのもいい使い方だと思います。

具材は担々亭とは異なるようですが、目指している方向性は同じのように思いました。久しぶりにがっつり炒飯食べたけど、やっぱりおいしいですね。ボリュームも結構あって、レンゲ4杯分くらいをご主人サマーに食べてもらいました。

ここがオープンした後に二代目担々亭がオープンしました。きっと系統は同じなのでしょうけれど、具材や味、スープなどが違うのでは?というあたりを食べ比べてレビューしてみたいものですね。
終わり。

お店の情報

店名 中華飯店 泰林(たいりん)
住所 〒901-2214
沖縄県宜野湾市我如古3丁目4-6
営業時間 11時〜15時/17時〜24時
定休日 木曜
駐車場 駐車場あり


 あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
毎日ビール.jp プロフィールカード用

ユッキー@毎日ビール

沖縄在住のグルメブロガー。観光客向けの定番グルメから、地元民向けのローカル店まで、沖縄グルメを食べ飲み歩きしています。旅とビールが好きで、国内外のグルメ・ビアバーの情報も。時々ライブ遠征・母子旅に出かけてはブログを書いています。

-ランチ, 中華料理・台湾料理, 宜野湾市, 沖縄本島中部, 沖縄県, 都道府県別, 食べ歩き
-