「そばの神田 東一屋 名掛丁店」仙台駅前の立ち食いそばは秒で消えるウマさ。

「そばの神田 東一屋 名掛丁店」朝そばの麺もうまい

仙台最後の朝ごはんは、仙台駅西口の立ち食いそば「そばの神田 東一屋 名掛丁店」にしました。そばの神田 東一屋と書いて、そばのかんだ とういちと読みます。グルメブログの帝王 okamoooさんが2日連続食べに行ったというので、ここなら間違いなくおいしいはずだろうと向かいました。朝7時から夜までの通し営業で、仙台市民の胃袋を支えるお店なのでしょう。

仙台駅前「そばの神田 東一屋 名掛丁店」の外観

お店の前には自家製麺であること、そして九州は枕崎産のかつお節・さば節を使っているとの看板が出ていました。立ち食いそばでありながら、おいしさを追求する姿勢を感じます。

「そばの神田 東一屋 名掛丁店」店前には自家製麺の看板が出ていた

そばの神田 東一屋のメニューというか券売機です。いちばん安い素そばが300円、いちばん高い肉ダブルで500円です。メニューが多くて選びきれないわたしは、さくさく食券を購入したご主人サマーに置いていかれました。

「そばの神田 東一屋 名掛丁店」の券売機とメニュー

困った時はお店のオススメにし違うべし。朝7時から11時までのモーニングサービスをポチります。

「そばの神田 東一屋 名掛丁店」の店前にあった看板と食券

そばの神田 東一屋 名掛丁店の店内です。食券をおばちゃんに渡して、しばらく待ちます。子連れで食べに来ているのは我々だけでした。立ち食いのカウンターテーブルが高いため、子連れは少ないだろうなぁ。ウロチョロすると他のお客さんのご迷惑になりますし... 言わずもがな、子連れでの入店はオススメできません。

「そばの神田 東一屋 名掛丁店」の店内

注文の品ができたので受け取りに行きました。朝そば(330円)にきつね(80円)をトッピング。寒い時期に温かい朝そば、これはそそる!

「そばの神田 東一屋 名掛丁店」朝そば(330円)にきつね(80円)をトッピング

まずは汁からいただきました。ズズズと啜ると体全体に染み渡る出汁...!さば節から出汁を取り、追いかつおの温ダレで旨味をより深めているようです。グルメブログの帝王 okamoooさんが2日連続食べたというだけあって、ほんと汁がウマいのです。

「そばの神田 東一屋 名掛丁店」寒い時期にしみる出汁がおいしい

お次は麺を。自家製の生そばは、食感とおいしさが全然違います。これ、冷やしだとキリッとした食感で冴えるだろうなぁ。

「そばの神田 東一屋 名掛丁店」朝そばの麺もうまい

朝そばに乗せられたホウレン草もいいのです。出汁をまとい、クタッと柔らかなまま食べてもおいしいし、そばと一緒に口に運んでもいい。

「そばの神田 東一屋 名掛丁店」朝そばのホウレン草がたっぷり

途中、卓上調味料などで味を変えてみました。

「そばの神田 東一屋 名掛丁店」の卓上調味料

たぬき(揚げ玉)を入れてみました。油分が加わると旨味も増しますよね。おいしい汁を吸った揚げ玉と生そば、この組み合わせのウマさは日本人の誰もが知っているはず。

「そばの神田 東一屋 名掛丁店」無料の天かすを入れてみた

最後は朝そばの温玉を崩して汁と一緒に吸い込みました。ウマい。どこをどう切り取っても尊いし、あっという間に食べえちゃって、これが秒で消えるってヤツと思いました。トッピングしたきつねのお揚げは甘じょっぱい味付けでおいしかったのですが、お子サマーがお気に召したようなので食べてもらいました。

「そばの神田 東一屋 名掛丁店」朝そばの温玉が最高だった

こちらはお子サマー用にオーダーしたかけ(300円)です。そばの神田 東一屋 名掛丁店は立ち食いそば屋ですが、多くの立ち食いそば屋がそうであるようにうどんも選べる仕組みになっています。汁は共通のようですが、そばのクオリティと比べるとうどんは普通。なので、こちらのお店では圧倒的にそばがオススメです。

「そばの神田 東一屋 名掛丁店」かけうどん(300円)

ということで、仙台駅西口にある「そばの神田 東一屋 名掛丁店」で朝ごはんを食べてきました。現在仙台市内に立ち食いスタイルで5店舗展開しているそうです。仙台都市圏の中心となる仙台駅前にあることから、ビジネス利用・乗り換えの合間・出発到着の前後にと利用客の幅が広そうです。おいしい朝ごはんを食べてから仙台空港に向かった我々。旅の最後が満足度の高い立ち食いそばでよかったなぁと思いました。またいつか食べたい!
終わり。

お店の情報

店名そばの神田 東一屋 名掛丁店
住所〒980-0021
宮城県仙台市青葉区中央1丁目8-38 AKビル1F
営業時間月〜土曜:7時〜25時/日曜・祝日7時〜22時
定休日なし
駐車場なし


 あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-仙台市, 和食, 宮城県, 日本蕎麦, 朝食・モーニング, 東北, 都道府県別, 食べ歩き, 麺類
-