那覇空港1階「空港食堂」搭乗直前まで沖縄感あふれる定食を食べたいならここがオススメ!

2014年12月15日

那覇空港(国内線1階)にある「空港食堂」の入り口にあるのれん

沖縄の玄関口である那覇空港には、沖縄料理を提供するレストランがいくつもあります。その中でも最もローカル感あふれるのが、那覇空港 国内線到着ロビー階の「空港食堂」です。ここは気取らず飾らない沖縄らしい大衆食堂で、空港職員やタクシーの運転手さんはもちろん、わたしのような一般客が食べに訪れてはローカル感あふれる定食を頬張っています。ということで、早速レポートいってみよー!

「空港食堂」で沖縄ローカルな定食を食す

どこにあるの?

空港食堂は那覇空港 国内線の到着ロビー階にあります。空港の端っこ、このマップで言うと右端の方にあって、お店の立地的には完全に不利。なのにいつもめちゃくちゃ混んでて、とても人気があるのです。その秘密はコスパのよさ、そして沖縄らしい食事を食べられること。営業時間も長めなので、朝ごはん・ランチ・夕飯と使うことができます。

那覇空港,1階,到着ロビー,マップ

お店の様子

人気の空港食堂へレッツゴー!この日はお客さんがいないタイミングを見計らって撮影しましたが、いつも行列ができているので、時間に余裕を持って訪れつつ並びましょう。

那覇空港(国内線1階)にある「空港食堂」の外観

この日は珍しく余裕があるなぁと暖簾をくぐったのですが...

那覇空港(国内線1階)にある「空港食堂」の入り口にあるのれん

14時近い時間帯でもこの混雑っぷり!想像以上に人気があって、テーブル席に入るのも一苦労しました。

那覇空港(国内線1階)にある「空港食堂」の店内

メニュー

空港食堂のメニューです。お店の入り口に食品サンプルが出ているので、食べたい定食を見定めつつ、券売機に向かいましょう。空港のレストランって価格設定が高めになりがちですが、この空港食堂はとってもリーズナブル!町中にある大衆食堂とさほど金額差を感じません。ありがたいですねぇ!

那覇空港(国内線1階)「空港食堂」の入り口に並ぶ食品サンプルの様子(2023年6月時点)

お店の入り口付近には日本語や外国語のメニューが置かれていました。沖縄そば系の他、定食や丼もの、カレーといった飾らずいつもの沖縄食堂らしいメニューが並びます。これこれ、こういうのでいいんですよ。ちなみにこのメニューは2023年6月時点のものなので、食事や価格などの最新情報は店頭でご確認を。

店内に入ったら、まずは食券を購入して店員さんにお渡しします。

那覇空港(国内線1階)にある「空港食堂」の券売機

テイクアウト客向けに、リーズナブルなお弁当も販売している時間帯もあります。時間がないときはこれを買って飛行機に持ち込むのもアリかもしれません。いわゆるキロ弁的なサイズ感で、めちゃくちゃ大きいし、二人分サイズなので、食べ残した時の処理まで考えておきましょう。

那覇空港(国内線1階)にある「空港食堂」で販売しているお弁当

実食!グルメレポート

もずく餃子定食

空港食堂を始めて訪れた時に食べたのは、もずく餃子定食(650円、2014年11月時点)でした。現在はメニューから外れてしまったもずく餃子定食ですが、忘れられない食事なので、このブログには載せ続けようと思っています。もずく餃子+半沖縄そば+ライス+サラダと言った構成で、当時650円はめちゃくちゃ安かったです。

那覇空港(国内線1階)にある「空港食堂」のもずく餃子定食(650円)

こんがり焼き目の餃子。いい色で、食欲をそそります。

那覇空港(国内線1階)にある「空港食堂」もずく餃子

もずく餃子にかぶりついてみると、中には確かにもずくが!沖縄はもずくが盛んに食べられていますが、もずく入りの餃子に初めて出会ったのがこちらのお店です。アッサリ系ですがニンニクも香ってスタミナ感もあります。ごはんによく合いました。

那覇空港(国内線1階)にある「空港食堂」もずく餃子は熱々だ

定食にはハーフサイズの沖縄そばもついています。熱々のスープはカツオ出汁がしっかり感じられ、やや濃い目の味がわたし好み。このスープだけでもごはんが食べられます。沖縄そばの味はよいし、ハーフサイズなのにボリュームもあるし、空港食堂にすっかり魅了されてしまいました。

那覇空港(国内線1階)にある「空港食堂」もずく餃子定食(650円)についてる沖縄そば

沖縄ちゃんぽん

とある週末の13時半ごろ、やや遅めのランチを食べに空港食堂を訪れました。この日わたしがいただいたのは、沖縄ちゃんぽん(650円、2016年11月時点)です。ちゃんぽんといっても麺類ではありません。ごはんの上に野菜炒めが乗っかってます。お店によって味付けが異なり、汁ダクな場合もあれば、汁ナシもあります。

那覇空港(国内線1階)にある「空港食堂」の沖縄ちゃんぽん(650円)

空港食堂のちゃんぽんは塩ベースの味付けで、モヤシ、キャベツ、ニンジン、タマネギ、豚肉、かまぼこを卵でとじるスタイルでした。野菜たっぷりで、このまま食べてもおいしいですが、途中で味変アイテムの登場です。ちゃんぽんにはコーレーグスをちょいとかけてもウマいんですよねぇ。また、七味で辛さを加えるのもオススメです。

那覇空港(国内線1階)にある「空港食堂」の沖縄ちゃんぽん(650円)は野菜たっぷりでおいしい

タコライス

平日のランチタイムに子連れで食べに入店すると、めちゃくちゃ混雑して満席状態!ベビーカーごと入店したわたしは、ちょっと申し訳ない気持ちでタコライス(650円、2018年7月時点)を頬張りました。写真にはタコライスとセットの味噌汁、そしてジューシーが映り込んでいますが、ジューシーは単品オーダーしたものです。

那覇空港(国内線1階)にある「空港食堂」で食べたタコライス(650円)とジューシー(160円)

沖縄滞在中、タコライスを食べ忘れたとしても、空港食堂を訪れれば食べられます。ここでいただけば心残りなく、おうちに帰られますね!タコミートは味濃いめですが、スパイス感はそこまで強くありません。なので、子どもも安心して食べらそうに思いました。辛いのがお好きな方は、タバスコで刺激を加えましょう。

那覇空港(国内線1階)にある「空港食堂」普通に美味しいタコライス(650円)

ジューシー

こちらは単品オーダーしたジューシー(160円、2018年7月時点)。ニンジン、椎茸、豚肉などが入っていました。ふつうにおいしく、完成度の高い味わいです。この日はお子サマー用に注文したのですが、1歳半の年齢でペロリと食べきってくれました。

那覇空港(国内線1階)にある「空港食堂」のジューシー(160円)は具沢山。

カツカレー

飛行機の搭乗まで時間がなかったこの日、空港食堂で注文したのいは、サクッと早めに提供されそうなカツカレー(650円、2019年9月時点)です。カレーそのものは家庭的なタイプで、沖縄の黄色いカレーではありません。辛さも控えめでキッズも食べられそうだなと思いました。カツの厚みも十分あって、食べ応えアリ!周りを見回すと、案外カツカレーを食べてる人が多くって、みんな心を惹かれているんだな〜と思いました。

那覇空港(国内線1階)にある「空港食堂」のカツカレー(650円)

まとめ

ということで、那覇空港の国内線ターミナル1階(到着ロビー)にある「空港食堂」でランチしてきました。沖縄で知り合ったグルメな人たちがこぞって「那覇空港で食べるなら、空港食堂がいいよ!」と推してくれるのも納得です。お値段といい、ローカル感あふれる大衆食堂感といい、人気があるのもわかるなぁ。

コロナ禍を経て、メニューを絞って経営を続けているような気がします。わたしが初めて訪れた際に食べたもずく餃子、あれ復活してくれないかなぁ。沖縄にしかない餃子なのです。つまり、沖縄を発つ観光客は、最後にここで食べたら沖縄の思い出になると思うんですよね。

そんな復活を夢見つつ、混雑を回避して空港食堂のランチや昼ビールできる日を楽しみにしようと思います。
終わり。

タップで確認
那覇空港で食べたいおすすめランチ!空港近くのおいしいグルメも紹介します! - 毎日ビール.jp
那覇空港グルメ情報をもっとみる

那覇空港で食べ歩いたグルメをまとめました!もっといろんなごはんを知りたい方は、こちらのまとめ記事がオススメです!

お店の情報

店名 空港食堂
住所 〒901-0142
沖縄県那覇市鏡水150 那覇空港 国内線ターミナル1階(到着ロビー階)
営業時間 9時〜20時(L.O.19時半)
定休日 不定休
駐車場 那覇空港併設の有料駐車場を利用


 あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
毎日ビール.jp プロフィールカード用

ユッキー@毎日ビール

グルメブログ歴12年、沖縄移住10年。沖縄定番グルメからローカル店まで食べ歩き情報を綴ってます。国内外のビアバーめぐりに、旅・遊びの情報も。クラフトビール歴は16年、ホップの効いたビールが好き。

-カレー, タコライス, テイクアウト(持ち帰り), ランチ, 国内の空港, 小禄エリア, , 沖縄そば, 沖縄の大衆食堂, 沖縄の禁煙店, 沖縄タコライス, 沖縄テイクアウト, 沖縄料理, 沖縄本島南部, 沖縄県, 空港, 那覇市, 那覇空港, 都道府県別, 鏡水, 食べ歩き, 餃子
-