豊見城市「ぱんだまんま」ランチ定食どれでも650円!安ウマで餃子命なアットホーム系中華料理店。

豊見城市「ぱんだまんま」ニンニク味の焼餃子

豊見城市へ定期的に通院しているわたし。そこでSNSのフォロワーさんに豊見城ランチのオススメを聞いてみたところ、「ぱんだまんま」という中華料理屋さんを教えてもらいました。以前は小禄エリアにありましたが、現在は豊見城市我那覇に移転してお店を続けています。訪れてみると餃子命を掲げる、家庭的で激安な中華ランチでした。ということで、さっそくレポートいってみよー!

豊見城市の「ぱんだまんま」について

どこにあるの?

ぱんだまんまは、豊見城市我那覇にあります。名嘉地の交差点からも近めで、豊見城中央病院からもすぐの立地です。お隣の豚骨ラーメンまる・安が目立つ位置にあり、その真裏にぱんだまんまがあるんですよね。なので豚骨ラーメンまる・安を目印に訪れると良いかもしれません。

駐車場は?

ぱんだまんまのお店の前には、専用の無料駐車場が用意されています。10台近く停められそうですが、ちょっと狭めで、出入りや切り返しが難しいかも。運転が得意ではないわたし的には苦手なタイプです。運転に注意してうまいこと停めてくださいね。

豊見城市「ぱんだまんま」の駐車場

ちなみに駐車場の脇にもパンダが散りばめられています。駐車場で「パンダだー!」と走り出しかねないので、幼な子の親御さんも運転手さんも十分注意してください。

豊見城市「ぱんだまんま」の外に飾られるパンダちゃん

お店の様子

車を停めたらぱんだまんまの店内へ。お店の入り口というより倉庫的な… でも餃子命と書かれていますし、よく見るとパンダの額にも「餃子」の文字。ゆるキャラと見せかけて、かなりの気合の入りようです。これは絶対に餃子を食べなくちゃ!

豊見城市「ぱんだまんま」の外観

店内に入ると手前側にはいくつかのテーブル席。お店の左奥にはお座敷席がみっつに、円卓がひとつのお部屋もあります。この雰囲気、なんだか自宅のようで不思議。オキナワンローカル町中華といいましょうか、非常に沖縄的でアットホームな雰囲気です。ファミリー利用がしやすくてよいですね。

豊見城市「ぱんだまんま」の店内はまるで家のようだった

メニューをチェック

こちらがぱんだまんまのメニューです。わたしが訪れた日はランチのメニューが15種類。炒め物からラーメン、チャーハン、揚げ物など様々な中華メニューが揃い、いずれも650円と低コスト。値上げラッシュなご時世に、この単価で食べさせてくれるのは相当すごいことです。またランチの他にも単品メニューが複数あり、時間帯問わずに注文できるようでした。こちらは2023年7月時点のメニューなので、最新版はお店でご確認を。

実食!グルメレポート

焼餃子定食(ランチ)

この日、わたしはランチの焼餃子定食(650円)を注文しました。焼餃子は8個、小鉢2つと杏仁豆腐、スープにごはんがついてきます。このボリュームでこの単価。ものすごい安いと思いませんか。わたしは普通の餃子ではなく、+50円でニンニク味に変更しましたが、それでも700円。めちゃくちゃお得!

豊見城市「ぱんだまんま」ランチの焼餃子をニンニク味に変更した(650円+50円、2023年7月時点)

盛り付けは焼き目が上。皮がこんがり、さっくり焼かれて完璧な仕上がりです。広めの焼き目はフライパンにギュッと押し付けた感じ。

豊見城市「ぱんだまんま」焼き目がこんがりの焼餃子

餃子の包み方は、上部をキュッと閉じるタイプ。

豊見城市「ぱんだまんま」の焼餃子の包み方

餃子はそのまま食べず、卓上調味料で自作タレを作っていただきました。わたしは醤油とお酢のシンプル餃子タレです。

豊見城市「ぱんだまんま」の卓上調味料

餃子は焼き目がサクッ、肉汁がジュワッ。ニンニクの香りが強く、ワンバウンドさせたごはんに肉汁とタレがしみるわけですが、そこがやたらとおいしく感じます。

豊見城市「ぱんだまんま」ニンニク味の焼餃子の餡

ニンニク味の焼餃子定食には、ごはんとスープがついています。

豊見城市「ぱんだまんま」ランチのごはんとスープ

このごはんとスープはセルフで食べ放題だそう。温かいスープがないと食事が詰まりがちなわたし。スープおかわりOKなお店が、とってもありがたいのです!

豊見城市「ぱんだまんま」ランチのごはんとスープはセルフで食べ放題

そんなわけでスープおかわり。卵とニンジンが浮き、とろみがあってほどよく温か。味付けは控えめで意外とヘルシーな感じ。このスープのおかげで食事が詰まらず食べられました。嬉しい!

豊見城市「ぱんだまんま」おかわりしたランチのスープ

小鉢は、鶏ガラ系優しい味わいのナスの煮浸しに、中華スパイスに若干ピリ辛のキュウリ。食事の合間の箸休めにちょうどいい味わいです。デザートは杏仁豆腐というか杏仁寒天が付いてました。甘さ控えめでさっぱりと食べられます。

豊見城市「ぱんだまんま」ランチ定食についてくる副菜2種

チャーハン定食(ランチ)

こちらはご主人サマーが注文した、ランチのチャーハン定食(650円)です。メインのチャーハンにスープとキュウリ、唐揚げ、杏仁寒天がついてます。ひとくち味見したところ、ニンジンたっぷりで家庭的なチャーハンでした。中国の家庭料理ってこんな感じかな?よく見るとポークが入っているので、頬張った時に沖縄要素を感じます。

豊見城市「ぱんだまんま」ランチのチャーハン(650円)

小籠包(単品)

お子サマーが注文したのは、単品の小籠包(8個、650円)でした。ランチメニューにも小籠包があったので、そっちを注文してみたら?と提案するも「小籠包だけでいい」と頑なに拒否。ならばと単品オーダーしてみました。感想を伺うと「おいしい!」とお喜びのご様子。食べてる様子を見るに、肉汁がジュワッと溢れるジューシーな小籠包のようでした。

豊見城市「ぱんだまんま」小籠包(単品、650円)

まとめ

ということで、豊見城市にある「ぱんだまんま」でランチを食べてきました。中国人のご夫婦が営むローカルな町中華で、観光客はほとんど来ないようなお店です。おかげで週末ランチでも混みすぎないところが良いですね。餃子命なだけあっておいしかったし、特にニンニクラバーな方には50円アップで変更できるニンニク味をオススメしたいと思いました。

ランチ価格が激安で、ファミリーで食べに訪れやすい客席もありがたいです。お子サマーが週末に「小籠包食べたい!」とリクエストしてきたら、また食べに伺うことでしょう。ご馳走さまでした!
終わり。

お店の情報

店名 ぱんだまんま
住所 〒〒901-0231
沖縄県豊見城市我那覇516-2
営業時間 11時半〜14時半/17時〜21時
定休日 火曜
駐車場 お店の前に駐車場あり


 あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
毎日ビール.jp プロフィールカード用

ユッキー@毎日ビール

グルメブログ歴12年、沖縄移住10年。沖縄定番グルメからローカル店まで食べ歩き情報を綴ってます。国内外のビアバーめぐりに、旅・遊びの情報も。クラフトビール歴は16年、ホップの効いたビールが好き。

-ランチ, 中華料理・台湾料理, 沖縄本島南部, 沖縄県, 豊見城市, 都道府県別, 食べ歩き, 餃子
-