名護市「おおしろそば」レタス乗せが珍しい!具材たっぷり、あっさりおいしい沖縄そばの人気店。

名護市大北「おおしろそば」そば小(麺200g、580円、2023年7月時点)
毎日ビール.jp プロフィールカード用

ユッキー@毎日ビール

沖縄在住のグルメブロガー。観光客向けの定番グルメから、地元民向けのローカル店まで、沖縄グルメを食べ飲み歩きしています。旅とビールが好きで、国内外のグルメ・ビアバーの情報も。時々ライブ遠征・母子旅に出かけてはブログを書いています。

これまで食べ歩いた経験から、「名護はおいしい沖縄そば屋さんが多い」と信じているわたし。中でもひらがな表記の「おおしろそば」はレタストッピングのインパクト&おいしさが印象的でした。以前食べに行った時はお店の古さにもシビれましたが、建物の老朽化と駐車場問題があって、2022年11月頃に名護市大北に移転したとのこと。そんなわけで新しい店舗に食べに行ってみました。ということで、さっそくレポートいってみよー!

名護市大北に移転した「おおしろそば」

どこにあるの?

レタストッピングでお馴染みのおおしろそばは、名護市大北にあります。以前は名護市城にお店を構えていましたが、そこから車で10分かからない場所に移転しました。周辺にはネオパークオキナワがあり、名護市内から大宜味村方面へと向かう国道58号線へのアクセスもよい立地です。

駐車場は?

名護市大北へ移転した新しいおおしろそばには、10台ほどの専用駐車場があります。台数は結構あってとっても便利。移転後も大人気のお店ですので、ランチのピークタイムは満車かもしれません。ただ、沖縄そば店は回転が早いですから、少し時間潰しして再度トライすると駐車場が空いているかも。実際、我が家はそれで車を停められました。

名護市大北「おおしろそば」の駐車場

お店の様子

あたらしいおおしろそばの店舗はこちら。青空にイエローカラーが映えます。移転前はお店が小さく、また地元客だけで手一杯だったそうで、テレビやメディアの取材拒否をしていたと聞きました。現在はお店が広くなったので、これから露出が増えていくかもしれませんね。

名護市大北の沖縄そば店「おおしろそば」の外観

店内はカウンター席、テーブル席、お座敷と分かれています。お店に入ると、店員さんが手際よくお客さんを案内していました。お座敷席は3つあり、いずれもファミリーでの利用を優先してくれる配慮があります。沖縄そば店なので回転が早く、常にお客さんが出入りしています。満席時は、お店の入り口にあるイスに腰掛けて空席を待ちます。

名護市大北「おおしろそば」の店内の様子

お店の奥に調理場があり、出来上がった沖縄そばが小窓から運ばれていきます。この様子が楽しくて、注文したそばを待っている間、ずっと眺めていました。

名護市大北「おおしろそば」調理場からどんどん出てくる沖縄そば

メニューをチェック

おおしろそばは券売機で注文を決めます。沖縄そばは1種類で、麺のボリュームによって料金が変わります。そば小(200g)、そば中(250g)、そば大(350g)、そしてこどもそば(100g)とあるので、食べ切れるボリュームを注文をしましょう。サイドメニューはごはんものオンリーです。こちらは2023年7月時点のものなので、最新版はお店でご確認を。

名護市大北「おおしろそば」の券売機とメニュー(2023年7月時点)

ちなみに、注文時に「ひらめん」や「ネギ抜き」を選ぶこともできます。おおしろそばでは通常細麺ですが、名護らしいひらめんをチョイスすれば食べ慣れたツウっぽさを出せるかもしれません。

名護市大北「おおしろそば」注文時にひらめんやネギ抜きを注文できる

実食!グルメレポート

そば小(麺200g)

この日、わたしはおおしろそばの小(200g、580円)を注文しました。トップにレタスを乗せたこのビジュアル、ご無沙汰だ〜!

名護市大北「おおしろそば」そば小(麺200g、580円、2023年7月時点)

おおしろそばの何が良いって、やっぱりこのレタスなんですよね。「沖縄そばにレタス?!」と驚く気持ちもわかりますが、ぜひ一度食べてみてください。軽く加熱され、スープをまとったレタスがめちゃくちゃおいしいのです。甘みが引き出されてムシャムシャとおいしく頬張ります。

名護市大北「おおしろそば」そば小にトッピングされたレタスがこの店の特長だ

おおしろそばの黄金色スープは昔ながらのカツオ出汁系で、角のない優しい味わいです。特段何か秀でているような特長があるわけではないのですが、総合力的においしく、スープを啜るとホッとします。薬味のネギがスープと相性がよく、最後まですすりたい気持ちになりました。

名護市大北「おおしろそば」カツオ出汁のあっさりスープ

一旦レタスを別皿に移動し、麺を持ち上げます。以前訪れた際にひらめんの存在を知ったので、今回は当然のように「ひらめんで」とお店の方に食券を手渡しました。このひらめん、幅が1cmくらいありそう。いわゆるきしめん的な麺ですが、食感は柔らかめ。周りのお客さんを眺めてみると、ほとんどの人が普通の細麺をすすっています。その中でひらめんでオーダーするお客さんは、通い慣れた地元民ばかりでした。

名護市大北「おおしろそば」麺をひらめんにチェンジしてみた

おおしろそばはトッピングにも独自性があります。移転前と変わらない具材で、しっかり揚げられた三角厚揚げは、素朴な味にスープが染み込んでウマい!細切りの三枚肉は甘くしっかりの味付け。平たく斜めカットのかまぼこは甘い味わいです。

名護市大北「おおしろそば」レタスの下のお肉など

本ソーキもひとつ載せられていました。骨がするりと外れ、肉厚で甘い味付けと脂の甘さ・旨味がマッチしておいしかったなぁ。

名護市大北「おおしろそば」そば小に乗せられた本ソーキはするりとお肉が外れる

途中、卓上調味料で味変。コーレーグスを垂らすとスープの味わいが引き締まります。これもおいしい!

名護市大北「おおしろそば」の卓上調味料

こどもそば(麺100g)

こちらはお子サマー用に注文した、こどもそば(麺100g、350円)。キッズメニューにもレタスが乗せられているんですね。幼少期からこれを食べて育ったら、レタスのない沖縄そばが物足りなくなりそう。そう思うほどに、このレタスがおいしいのです。

名護市大北「おおしろそば」こどもそば(麺100g、350円、2023年7月時点)

レタスの下には三枚肉、角切りのお肉、三角厚揚げ、細切りのかまぼこがトッピングされています。キッズ向けであろうと、おおしろそばらしさが光る具材トッピングです。

名護市大北「おおしろそば」こどもそばのレタスの下の具材

麺は普通の細麺にしました。お子サマーにわたしのひらめんを味見してもらいましたが、うちの子的には細麺の方が食べやすくおいしいとのことでした。お肉もおいしかったみたいで、しっかり食べていました。

名護市大北「おおしろそば」こどもそばの細麺

まとめ

ということで、名護市大北に移転した「おおしろそば」に行ってきました。移転後はお店が新しく広くなり、専用駐車場もできて、かなり食べに訪れやすくなったと思います。おおしろそば最大の特長であるレタスも健在だったし、おいしい上に訪れやすい新店舗ということで、これからますます人気が出るだろうなぁ。キッズ向けのメニューもあり、ファミリーで食べに行きやすいのも嬉しいですね。

おおしろそばで腹ごしらえした我が家は、そのままやんばる亜熱帯の森DINO恐竜PARKへ移動し、亜熱帯の森と恐竜を楽しみました。名護にはテーマパークがいくつもありますし、観光の前後に食べにいきやすくなったのも良いですね。
終わり。

お店の情報

店名 おおしろそば
住所 〒905-0019
沖縄県名護市大北3丁目30-23
営業時間 11時〜15時半(L.O.15時)
定休日 日曜、祝日
駐車場 お店の前に専用駐車場あり


 あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
毎日ビール.jp プロフィールカード用

ユッキー@毎日ビール

沖縄在住のグルメブロガー。観光客向けの定番グルメから、地元民向けのローカル店まで、沖縄グルメを食べ飲み歩きしています。旅とビールが好きで、国内外のグルメ・ビアバーの情報も。時々ライブ遠征・母子旅に出かけてはブログを書いています。

-ランチ, 名護市, 沖縄そば, 沖縄料理, 沖縄本島北部, 沖縄県, 都道府県別, 食べ歩き
-