北谷町「オニヤンマコーヒー」ティラミスやコーヒーがおいしいカフェ、だけど場所がちょっと難しい!

北谷町美浜「オニヤンマコーヒー」抹茶ティラミス(660円)とシングルオリジンのグアテマラ(550円)

晴れた日の北谷町ほど写真映えする街並みはありません。この日はデポアイランドのアメリカンビレッジや海沿いを眺めて歩きたかったものの、気温が高く、近くのカフェに逃げ込みました。ちょうど写真中央にある、ターコイズな建物2階の「オニヤンマコーヒー カフェ&バー」へ向かいます。

北谷町美浜のアメリカンビレッジの街並み

オニヤンマコーヒーは少し分かりにくい場所にあります。お店の近くに階段がないので少し離れたところから2階に上がり、通路を歩いてお店に向かいます。例えばジェッタバーガーマーケット付近の階段から向かうと良いかもしれません。

北谷町美浜「オニヤンマコーヒー」の外観

店内はテラス席と店内席に分かれています。テラス席は換気のため扉が空いており、この日は外気温に近い状態でした。つまり、暑がりのわたし的には汗が止まらない状態です。

北谷町美浜「オニヤンマコーヒー」のテラス席

店内には3席ほどテーブル席があり、空調が効いて涼しいです。汗だくのわたしはこちらに着席しました。外観はターコイズやビタミンカラーな感じでしたが、店内は落ち着いたアースカラーにまとめられています。

北谷町美浜「オニヤンマコーヒー」の店内客席

このカフェの正式名称は「オニヤンマコーヒー カフェ&バー」といいます。カフェではスペシャルティコーヒーを提供し、そしてバーというだけあってアルコール類も豊富です。北谷をぶらっと歩いた後にお酒をいただくのもいいなぁ。

北谷町美浜「オニヤンマコーヒー」はコーヒーにこだわったお店

店内には木彫りのクマやアイヌ文様が飾られていました。実はオニヤンマコーヒー、札幌に2店舗あるコーヒー屋さんの沖縄進出店なのです。だから北海道らしいものが店内に飾られているんですね。調べてみると、札幌で焙煎した豆を沖縄に直送して使っているようでした。

北谷町美浜「オニヤンマコーヒー」店内に並ぶ木彫りのクマさん

こちらがオニヤンマコーヒーのメニューです。コーヒー類や和のお茶系、スムージーにアルコール、そしてフードメニューとスイーツがありました。食事使いにも一休みにも利用できそうですね。

わたしは抹茶ティラミス(660円)と、シングルオリジンのグアテマラ(550円)をいただきました。自家焙煎のコーヒーは、ナチュラルな味わいにバランスのよい爽やかな酸味です。暑い日にぴったり。

北谷町美浜「オニヤンマコーヒー」抹茶ティラミス(660円)とシングルオリジンのグアテマラ(550円)

続いて、抹茶ティラミス(660円)を。手付き竹籠に乗せられた桝にティラミスが入っています。鶴の折り紙も添えられているので、もしかしてインバウンド向けかも?と浮かびます。

北谷町美浜「オニヤンマコーヒー」抹茶ティラミス(660円)

スプーンを差し込むとたっぷりのクリーム。上品な甘さで、抹茶がほろ苦く大人の味わいです。甘すぎないのがいいなぁ。

北谷町美浜「オニヤンマコーヒー」クリームたっぷりの抹茶ティラミス

ティラミスの底にはたっぷり抹茶を吸ったスポンジが敷かれています。こちらもほろ苦く、わたし好みのスイーツでした。おいしかった!

北谷町美浜「オニヤンマコーヒー」赤い桝に入れられた抹茶ティラミスの断面

ということで、北谷町美浜にある「オニヤンマコーヒー カフェ&バー」へ行ってきました。北の大地の人気カフェが沖縄進出し、札幌で焙煎したこだわりのコーヒー豆がおいしく、さらにスイーツもほどよい甘さで食べやすくて満足です。お店の場所がわかりにくく、北谷の街並みに慣れていない初心者には難易度が高いかもしれません。素敵なお店なのでどうにか頑張ってたどり着いてほしいなぁ。
終わり。

お店の情報

店名オニヤンマコーヒー カフェ&バー
住所〒904-0115
沖縄県中頭郡北谷町美浜9-19 ディストーションファッションビル2F
営業時間11時〜21時
定休日月曜
駐車場周辺の無料駐車場を利用可


 あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-アメリカンビレッジ, カフェ・喫茶店, ケーキ, スイーツ, 北谷町, 沖縄本島中部, 沖縄県, 美浜エリア, 都道府県別, 食べ歩き
-