那覇市壺川「onde(オンド)」選べる肉ランチと雰囲気が最高!キャッシュレスな隠れ家ビストロ。

那覇市壺川「onde(オンド)」ランチの選べるメインディッシュは、牛ハラミステーキ、炭の香りとマスアード(+300円)を選んだ
毎日ビール.jp プロフィールカード用

ユッキー@毎日ビール

沖縄在住のグルメブロガー。観光客向けの定番グルメから、地元民向けのローカル店まで、沖縄グルメを食べ飲み歩きしています。旅とビールが好きで、国内外のグルメ・ビアバーの情報も。時々ライブ遠征・母子旅に出かけてはブログを書いています。

飲み友Mちゃんに誘われて、那覇市は壺川にあるビストロ「onde(オンド)」でランチをしてきました。。これがまた変な場所なのです。入り口が通り沿いではなく駐車場の奥にあり、それでいて看板や窓がないハコモノで、一見何かわかりません。まるで隠れ家のよう。何度もマップを確認しながら「ほんとにここ??」と首を傾げつつ、オープンを待ちました。

那覇市壺川「onde(オンド)」の外観

11時半を少し過ぎたところで、隠れ家の入り口が開放。オープンと同時に入った7〜8組のお客さん全てが予約客のようです。予約時間は11時半、12時半とバラけているようでした。

那覇市壺川「onde(オンド)」の店内テーブル席

店内にはテーブル10席ほどと、カウンターが4席。ひとりでも、2名〜4名でも訪れやすい感じです。雰囲気も居心地もよいので、つい長居してしまいそうだなぁ。

那覇市壺川「onde(オンド)」の店内カウンター席とキッチンまわり

onde(オンド)のランチメニューは、玉葱のプリン+自家製パン+5種類のお肉から選べるメインディッシュ(1200円)という構成になっています。お好みでデザートやコーヒーもつけられるし、お酒も別のリストにまとめられています。

那覇市壺川「onde(オンド)」のランチメニュー(2023年3月時点)

さっそくランチを注文。まずやってきたのは、アーサと玉葱のプリンでした。とろりと柔らかで、タマネギの風味がおいしく口に広がります。アサリの出汁とアーサの塩気が楽しめる、もったりとした冷製スープ風。プリンのように仕上げるなんて発想がオシャレすぎます。オリーブオイルを混ぜるとタマネギ感が引き立ちました。前菜でMちゃんとわたしは感動の嵐に!

那覇市壺川「onde(オンド)」ランチのアーサと玉葱のプリン

自家製パンが運ばれてきました。この日は栗を練り込んで焼き上げ、むっちり柔らかな食感です。プリンのソースをつけてもおいしい。お皿に敷いた珊瑚がこれまたオシャレな演出だと思いませんか。これは保温用に温めてからパンを乗せているそうです。あとから知ったのですが、パンはおかわりできるんだとか。

那覇市壺川「onde(オンド)」ランチの自家製パンには栗が使われている

選べるメインディッシュは、牛ハラミステーキ 炭の香りとマスタード(+300円)を選びました。お肉の断面から肉汁をたっぷり含んでいる様子が伺えます。お肉の周りにはマスタードのソースやオレンジのコンフィ、ビーツ粉をクスクスに混ぜたパスタ、それとキャベツとバターのシューブレゼが添えられて上品で独創的な印象。

那覇市壺川「onde(オンド)」ランチの選べるメインディッシュは、牛ハラミステーキ、炭の香りとマスアード(+300円)を選んだ

ジューシーで柔らかい牛ハラミは、お肉の旨みを存分に味わえます。マスタードやクスクスを付け、少しずつ味変しながら食べ進めました。オレンジのソースがトリッキーで気に入りました。ワインが欲しい!

那覇市壺川「onde(オンド)」旨味たっぷりの牛ハラミステーキがおいしい

こちらはMちゃんが注文した、限定20食の鹿肉とピスタチオのパイ包み焼き。ひとくちシェアしてもらったのですが、鹿肉の旨みがすんごい!こっくりとして、鹿肉らしいクセが味わえます。マスタードソースをつけてもおいしかったです。これをアテに、平日の昼間にワインを飲めたら最高だなぁ。有給取ろうっと。

那覇市壺川「onde(オンド)」ランチの選べるメインディッシュは、限定20食の鹿肉とピスタチオのパイ包み焼きが人気

食後、絶対食べると決めていたデザートを注文しました。こちらは、ヴァローナ社グアナラの水チョコ、パッションフルーツのソース(350円)。ヴァローナ社とは世界中のパティシエに知られるフランスのチョコレートメーカー。そこのグアナラというチョコレートに、水を入れた新食感デザートです。口に含むと、あっという間に溶けて消えます。ビターで香り高く、酸味のパッションフルーツソースとのバランスが絶妙でした。

那覇市壺川「onde(オンド)」デザートで注文したヴァローナ社グアナラの水チョコ、パッションフルーツのソース(350円)

そして、伊江島産ラムを使用した自家製カヌレ(200円)もいただきました。焦げ感とテリがおいしそう!

那覇市壺川「onde(オンド)」伊江島産ラムを使用した自家製カヌレ(200円)

ほんのり温かいカヌレを頬張ると、中のむっちり&表面のカリ・サク食感が楽しめます。うっすらと香るイエラムが華やか。おいしかったなぁ。

那覇市壺川「onde(オンド)」むっちりとしたカヌレがおいしい

ということで、那覇市壺川にある「onde(オンド)」のランチをいただきてきました。めちゃくちゃオシャレで、めちゃくちゃおいしいランチでした。見回すと、限定20食の鹿肉とピスタチオのパイ包み焼きを食べているお客さんが多く、ランチの人気メニューと思います。昼からこんな贅の極みを楽しめるなんて、壺川の民は最高ですね。

店員さんは爽やかでフレンドリーです。接客面で高いクチコミ評価を受けている点は、わたしも同感でした。誰にでも気持ちよくオススメできるし、自分自身もリピートしたいです。ひとつ気を付けたいのは、onde(オンド)の支払いはキャッシュレスのみということ。クレジットカードまたは電子マネーでの決済しかできません。現金主義の方は注意が必要です。

わたしがランチを食べている間、カウンターでワイングラスを傾けるお客さんが目に入りました。平日ランチの素晴らしい過ごし方だなと、羨望の眼差しです。それでMちゃんに100回くらい「俺、この仕事が終わったら、有給取ってあのカウンターでランチタイムにワインを飲むんだ」と繰り返したのですが、果たしてフラグ回収は叶うのでしょうか。
終わり。

お店の情報

店名 onde(オンド)
住所 〒900-0025
沖縄県那覇市壺川3丁目3-3
営業時間 平日:11時半〜14時、18時〜23時/土・日曜:12時〜15時、18時〜23時
定休日 木曜
駐車場 なし。近隣にコインパーキングあり。


 あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
毎日ビール.jp プロフィールカード用

ユッキー@毎日ビール

沖縄在住のグルメブロガー。観光客向けの定番グルメから、地元民向けのローカル店まで、沖縄グルメを食べ飲み歩きしています。旅とビールが好きで、国内外のグルメ・ビアバーの情報も。時々ライブ遠征・母子旅に出かけてはブログを書いています。

-フランス料理・フレンチバル, ランチ, 城岳エリア, 壺川, 沖縄本島南部, 沖縄県, 洋食, 那覇市, 都道府県別, 食べ歩き
-