読谷村「まるつストア」背脂煮干しがウマい!うずら味卵がアイコンの人気店は限定メニューも豊富。

2022年6月21日

読谷村「まるつストア」背脂煮干しラーメン うずら付き(1000円、2023年8月時点)
毎日ビール.jp プロフィールカード用

ユッキー@毎日ビール

沖縄在住のグルメブロガー。観光客向けの定番グルメから、地元民向けのローカル店まで、沖縄グルメを食べ飲み歩きしています。旅とビールが好きで、国内外のグルメ・ビアバーの情報も。時々ライブ遠征・母子旅に出かけてはブログを書いています。

読谷村の「まるつストア」は2022年3月にオープンした評判のラーメン店です。麺処ほん田出身の店主がつくる、おいしいラーメンがいただけます。オープン時間ならサクッと入店できると思いきや、到着するやいなや行列ができている人気っぷりに驚きでした。ということで、さっそくレポートいってみよ〜!

読谷村のラーメン店「まるつストア」

どこにあるの?

まるつストアは読谷村の長浜にあります。近くにはこばと幼稚園やファミリーマート読谷長浜店がありまして、このファミマの真向かいがまるつストアなので目印にすると良いでしょう。また同じ長浜エリアには麺屋シロサキがあり、読谷ラーメンがまた厚みを持つなぁと思いました。

駐車場は?

まるつストアの駐車場は、お店に向かって右手側、こばと幼稚園の駐車場を利用させてもらえるようです。駐車場は広々ではないので、運転が下手なわたしは苦労しました。普通車で入庫する際はお気をつけください。軽自動車なら余裕だろうなぁと思います。

読谷村「まるつストア」の駐車場

お店の様子

それでは、いざまるつストアへ!こちらが店舗です。

読谷村のラーメン店「まるつストア」の外観

入り口に張り紙があり、この日は細麺がないとのこと。必然的に手揉みのピロピロ麺をいただく形になりました。

読谷村のラーメン店「まるつストア」の入り口

店内はカウンター席とテーブル席、そして店内BGMはあいみょんが流れていました。この日は平日11時半のオープン時間に訪れたのですが、ドドドッとなだれ込んだ1回転目のお客さんたちで店内が埋まりつつありました。読谷村という立地で、この人気っぷりには驚きます。

読谷村「まるつストア」の店内

メニューをチェック!

まるつストアの店内に入ったら、まずは券売機で食券を購入します。まるつストアのラーメンは、あっさり系の背脂煮干し、こってり系の濃厚煮干し、そして濃厚まぜそばが基本のようです。その他、限定メニューが人気でSNSを沸かせています。有料トッピングやサイドメニューも十分そろっていますよ。こちらは2023年8月時点の情報なので、最新版はお店でご確認を。

実食!グルメレポート

背脂煮干しラーメン(うずら付き)

この日は、背脂煮干しラーメン(うずら付き1000円、2023年8月時点)をいただきました。ビジュアルがいい!カウンター上の照明もいい!

読谷村「まるつストア」背脂煮干しラーメン うずら付き(1000円、2023年8月時点)

まずはスープから。THE煮干し!エグミはなく、とてもまろやかでした。磯の香りが広がる岩のりとの相性抜群のスープに、思わず「日本人でよかったなぁ」と思いました。背脂煮干しですが、脂感はそこまで強くなくて意外とあっさりとしています。

読谷村「まるつストア」背脂煮干しラーメンのスープ

背脂煮干しラーメンは通常平打ち麺ですがこの日は細麺でオーダーしました。お好みで麺を変えられるのも、まるつストアの魅力のひとつです。麺量は150g、パツ系のストレート。食事ペースはかなりゆっくりでしたが、最後まで伸びを感じずにいただけました。

読谷村「まるつストア」背脂煮干しラーメンは通常平打ち縮れ麺だが、を細麺に変更してもらった

具材はチャーシュー2種、メンマ、岩海苔、ネギ、青菜、そしてうずらの卵。うずらは醤油とよく合うし、青菜もいい食感。メンマがクッタクタにやわらかく、味もしみっしみでウマい!このスープとタマネギの相性がよく、シャキ感とみずみずしさがアクセントになっています。ウマい!

読谷村「まるつストア」背脂煮干しラーメンのトッピングが豪華!

よく見ると、ハート型の海苔が乗せられていました。こんなかわいいラーメン、初めてかも!

読谷村「まるつストア」背脂煮干しラーメンに乗せられたハート型の海苔が愛らしい

チャービューは薄切りタイプのハムのようなものと、分厚いチャーシューの2種類。薄切りたいぷは燻製っぽい香りがしました。気のせいでしょうか?分厚いタイプはほろほろと崩れるほど柔らか。この豚の脂がウマくって最高でした。

読谷村「まるつストア」背脂煮干しラーメンのほろっと崩れる豚チャーシュー

塩ラーメン

しばらく待って着丼した、わたしの塩ラーメン(880円、2022年3月時点)。うずらの味玉トッピング(+100円)をしてみました。まるつストアといえばうずらの味玉のビジュアルです。

読谷村「まるつストア」塩ラーメン(880円)にうずらの味玉トッピング(+100円)

まずはスープから。やさしい塩スープは、クリアで無駄がありません。食べ進めるとアーサや鳥の味付けから出た味わいで、塩味が強くなっていくような気がしました。柚子の皮がちょこんと乗せられていて、良いアクセントになりました。これ、もしかすると皮は削った方が好きかも。

読谷村「まるつストア」塩ラーメンのスープ

続いてピロピロ麺。麺幅がさまざまで、黄金のやさしいスープを引き上げてくれます。柔らかめの茹で上がりで、アーサと食べるといい香り。塩とアーサの組み合わせ、良き。

読谷村「まるつストア」塩ラーメンのピロピロ麺

チャーシューは2種類。分厚くてやわやわな鶏もも肉。スープに鶏の旨味が広がります。もうひとつの豚肩ロースは、厚めカットで柔らか。脂の部分から甘味を感じておいしかったなぁ。

読谷村「まるつストア」ラーメンの豚と鶏の2種チャーシュー

その他、塩ラーメンのトッピングは青菜、メンマ、青ネギ、アーサという構成です。アーサの香りで食が捗ります。

読谷村「まるつストア」塩ラーメンのトッピング

最後に、まるつストアといえばのうずらの味玉。うずらの卵が好きなのですが、初回ということで食券1枚にしておきました。うずらの煮卵は3個乗せられています。これ、塩スープより醤油の方が良いかもしれません。うずら特有の香りが塩スープと合うように思わなかったんですよねぇ。なので、次回は醤油にトッピングしてみようっと。

読谷村「まるつストア」有料トッピングのうずらの味玉(+100円)

まとめ

ということで、読谷村で人気のラーメン店「まるつストア」へ行ってきました。1度目の訪問では、塩ラーメンをいただきました。食べ進めるごとに味わいが深くなる黄金の塩スープに、柚子やアーサの香りを楽しめました。2度目は背脂煮干しの醤油味を。こちらもすこぶるおいしく、レベルの高さを感じます。わたしの生活圏から離れているため、時々しか訪れられませんが、おそらく日々工夫を凝らし、上昇志向の姿勢であり続けるお店なのだと思います。

それにしても読谷村、おいしいお店が多いです。ラーメンだとまるつストア近隣の麺屋シロサキ、カレーだとインドの定食 コフタもありますね。読谷村方面に訪れる度、どこでランチしようか迷ってしまいます。嬉しい悩みです。
終わり。

タップで確認
沖縄ラーメンまとめ!地元民オススメの人気店から穴場まで【北部・中部・南部エリア別】 - 毎日ビール.jp
沖縄ラーメン情報をもっとみる

沖縄県内で食べ歩いたラーメン情報をまとめてみました!さらに広い範囲で沖縄ラーメンを探したい方は、こちらのまとめ記事がオススメです!

お店の情報

店名 まるつストア
住所 〒904-0324
沖縄県中頭郡読谷村長浜1625ー1
営業時間 日〜木曜:11時半〜14時半/18時〜20時半
金・土曜:11時半〜14時半/18時〜20時
※変更の場合はSNSで告知あり
定休日 水曜
駐車場 お店横のこばと幼稚園駐車場を利用可


 あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
毎日ビール.jp プロフィールカード用

ユッキー@毎日ビール

沖縄在住のグルメブロガー。観光客向けの定番グルメから、地元民向けのローカル店まで、沖縄グルメを食べ飲み歩きしています。旅とビールが好きで、国内外のグルメ・ビアバーの情報も。時々ライブ遠征・母子旅に出かけてはブログを書いています。

-ランチ, ラーメン, 沖縄本島中部, 沖縄県, 読谷村, 都道府県別, 食べ歩き
-