沖縄から発信する、ビールとグルメと旅のブログ

毎日ビール.jp

キッズメニューあり ランチ ラーメン・つけ麺・まぜ麺 宜野湾市 沖縄の禁煙店 沖縄本島中部 沖縄県

宜野湾「ラブメン本店」煮干し×多加水手もみ麺に、遊びが嬉しいラーメン店。

投稿日:2018年9月21日 更新日:

宜野湾のラーメン屋さん「ラブメン本店」へ行って来ました。国道330号線沿いの最強食堂隣にあります。飲み仲間のラーメン店主・野崎さんのお店なので、一家揃って食べに向かいました。最強食堂がオレンジ・イエロー系ならば、ラブメン本店は赤白系です。お店の裏手にも駐車場があるので、店前が混んでいたら横道から裏側に向かってみましょう。

宜野湾にある「ラブメン本店」の外観。

既にご存知の方も多いはずですが、ラブメン本店は以前味噌の具志堅があった店舗に、そっくりそのまま入店したようです。この通路を進んでいくと入り口に到着します。

宜野湾「ラブメン本店」の店内へ向かう通路。

ラブメン本店は煮干しラーメンのお店ですが、他にもメニューがあるみたい。何を食べようかな〜。

宜野湾「ラブメン本店」のメニュー。

店内に入ると、券売機がありました。ラーメンの食券はここで購入します。サイドメニューのご飯類は、店員さんに現金手渡しとなります。

宜野湾「ラブメン本店」のラーメンは食券制なので、まずは券売機で支払いを済ませよう。

ラブメン本店の遊びがいい。

ラブメン本店を訪れて「この遊び、いいなぁ」と思ったポイントがいくつかあります。ちょっとした遊びなんですけれど、ラーメン店にこの視点は持ち合わせていませんでした。たとえば、こちら。セルフサービスの麦茶はわかるんですが、冷たいカルピスもあるのです。これ、地味に嬉しくないですか。カルピスは特別感なのです。

宜野湾「ラブメン本店」では麦茶とカルピスをいただける。

そして1回200円のガチャガチャ。ハズレなしなので試してみました。出て来たのは次回利用できる150円券。おもしろい!食券の他にもラブメングッズもあるらしいので、次回も試してみようと思います。

宜野湾「ラブメン本店」のガチャガチャ(1回200円)

それでは、ここから先はラブメン本店のメニューを個別に紹介していきます!

特濃煮干しラーメン(800円)

初回、特濃煮干しラーメン(800円)をいただきました。あたしの中では、黄色いラーメン丼=野崎さん、になってます。元気の出るビタミンカラー!

宜野湾「ラブメン本店」特濃煮干しラーメン(800円)と、スペシャル330(サービス)。

まずはスープから。特濃煮干しという表現に身構えていたけれど、そこまで強烈な濃さではありません。煮干しの風味と、敢えてのエグみまでしっかり堪能できます。粗みじんのタマネギがシャリ感を伴います。タマネギをマシマシでいただきたい!後で別のスープを飲んで比較したら、特濃煮干しスープは確かに濃ゆいなぁと思ったけれど、比較しなければ全然気にならないバランスの良さ。

宜野湾「ラブメン本店」背脂煮干しラーメンはセメント色のスープが特徴。

麺は、特注の多加水手もみ太麺。これだけ存在感があれば、特脳煮干しスープにも負けません。

宜野湾「ラブメン本店」背脂煮干しラーメンの麺は幅広の手もみ風。

卓上に壺に入った壺ニラがあるので...

宜野湾「ラブメン本店」の壺入り辛ニラ。

途中で味変要員として投下してみました。これは、ラーメンに入れなくてもよかったかも〜。ちなみに特濃煮干しラーメンのトッピングは岩のり、タマネギ、メンマ、低温チャーシュー、カイワレといった構成です。味玉はサービスでいただいたものですが、熟成くろ味玉というトッピング(+100円)で販売しています。

宜野湾「ラブメン本店」背脂煮干しラーメンのトッピングが色々乗せられている。

トッピングは熟成くろ味玉以外にもいろいろ。個人的には、タマネギ増しも追加してほしい〜!

宜野湾「ラブメン本店」のトッピング。

背脂煮干しラーメン(750円、セアブラ大)に熟成くろ味玉(+100円)

二度目のラブメンでは、背脂煮干しラーメン(750円)をいただきました。セアブラの量が小・中・大・鬼と選べるので、大をチョイス。トッピングは岩のり、タマネギ、メンマ、低温チャーシュー、カイワレ。特濃煮干しラーメンと同じ構成です。熟成くろ味玉は個別にトッピングしました。

宜野湾「ラブメン本店」背脂煮干しラーメン(750円、背脂大)

まずはスープから。粗々の背脂がビッシリ浮いてます。背脂って味がないようで存在感はあるんだなぁ。煮干しの素材感を薄めるというか柔らかくするというか。思い切ってセアブラ大にしたおかげで、その効果を存分に感じられました。タマネギのシャリ感が欲しいな〜とレンゲですくって口に運ぶと、粗々の背脂だった、ということが何度も起こります。

宜野湾「ラブメン本店」の背脂煮干しラーメンは、背脂の量を増減させられる。こちらは大。

思い切ってセアブラ大にしたスープに、ラブメン特有の幅広の手もみ風麺はクドかったなぁ。麺がしっかりセアブラの油膜を絡めて口の中に入ってくるので、背脂にヤラレタ感がありました。よき背脂の勉強をしたなぁ。タマネギのシャリ感欲しいのに、レンゲに入ってくるのは粗挽き背脂...ヒェー。次回からセアブラは少なめにしようと思いました。

宜野湾「ラブメン本店」背脂煮干しラーメンの麺は幅広の手もみ風。

トッピングした熟成くろ味玉は、見た目ほど味が濃くありません。中まで味がしみしみでウマし。

宜野湾「ラブメン本店」の熟成くろ味玉(+100円)

愛玉(すごい替玉、+150円)

背脂煮干しラーメンのセアブラ大を食べた後、もうちょっとお腹を膨れさせたかったので、前回ガチャガチャで出てきた150円券を使って替玉を追加することにしました。ラブメンの替玉は愛玉(すごい替玉)と呼ぶらしく、150円で販売しています。

宜野湾「ラブメン本店」のガチャガチャで出てきた150円券を使ってみる。

愛玉(すごい替玉)の何がすごいのか?それはこの金額で麺、メンマ、ネギ、チャーシューがついてくること。さらに、味付けもされてるので、このまま和え麺として食べてもOKだというのです。替玉を頼んだら細麺が出てきたのには驚きました。通常のラーメンに入ってる幅広麺とは異なるんですね。

宜野湾「ラブメン本店」の愛玉(すごい替玉、150円)

今回は和え麺にせず、背脂煮干しのスープにドボン。これが、想像していた以上に合う!さっき食べたいつもの幅広麺より、こちらの細ストレートの方が背脂大のスープによく合うのです。麺が細いので、脂をそんなに絡めずに上がってくるんじゃないのかなぁ。だから食べやすいと思ったんじゃないかなぁ。このあたり、ラヲタのみなさんの見解を伺ってみたいところ。

宜野湾「ラブメン本店」背脂煮干しスープに、替え玉をドボン。

途中、壺ニラ投下で味変しながら完食しました。いやー、替玉ウマかった!これ、また普通に和え麺で食べてみようと思います。

宜野湾「ラブメン本店」背脂煮干し+替え玉+壺ニラがいい感じ。

スペシャル330(150円)

サイドメニューも色々あります。ラブメンは11時半から15時までがランチタイムで、ラーメンを注文すると煮干しで炊き上げた特製ニボめしがサービスになります。なので、今回はサイドメニューはいいかな〜なんて思っていました。

宜野湾「ラブメン本店」のサイドメニュー。

すると、野崎さんが「スペシャル330食べる?」と特製ニボめしに具材を乗せてサービスで出してくれました。ありがたい!このスペシャル330は刻みチャーシューとタマネギ、温玉が乗せたプチ丼。ラーメンでもお腹いっぱいなのに、食べられるかなーなんて思ったけど、そんな心配をヨソにガツガツ入っていきます。

宜野湾「ラブメン本店」のスペシャル330(150円)

途中、ラーメンのスープで味変したりして完食です。壺ニラも合いそうだわ。

スペシャル330はそのままでもおいしく、ラーメンのスープをかけるとより一層ウマい。

お子様ラーメン(350円)

ラブメンのいいところ、それはお子様ラーメン(350円)を用意してくれてるとこです。ファミリー層にはハーフサイズのお子様ラーメンがありがたいはず。こちらは背脂煮干しラーメンがベースなのかな。カタクチイワシをメインに、時期によって5〜8種類組み合わせてスープをとっているそうです。野崎さんにお願いして、味薄めで作ってもらいました。

宜野湾「ラブメン本店」のお子様ラーメン(350円)

1歳半のお子サマーはパクパク食べます。食べやすい理由のひとつが、麺の太さなんだろうなぁ。ラブメン本店の麺の太さは、ちゅるちゅる吸い込み易いんだと思います。

お子サマーもパクパク食べるラブメン本店のラーメン。

ということで、宜野湾にある「ラブメン本店」へ行ってきました。味噌の具志堅が倒れた後、すぐにお店が入れ替わりました。中はほとんど同じのように見えましたが、そこにお金をかけるよりもラーメン店が連続で入店するメリットの方があるような気もして、戦略的におもしろいなぁと思っています。子連れで食べに行きやすいので、我が家は長くお世話になりそうだな〜と思いました。
終わり。

住所:〒901-2206 沖縄県宜野湾市愛知1丁目2-16

(*・ω・)つ 沖縄食べ歩き情報もどうぞー♩

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人

ユッキー

毎日ビールを飲んでいる。ペールエール、IPA、フォーリンスタウトが好き。ビールも人間もちょっぴりクセがある方がいい。 →もっと詳しいプロフィールはこちら

-キッズメニューあり, ランチ, ラーメン・つけ麺・まぜ麺, 宜野湾市, 沖縄の禁煙店, 沖縄本島中部, 沖縄県
-

Copyright© 毎日ビール.jp , 2018 All Rights Reserved.