沖縄市「麺屋 この!豚野郎」ゲート通りで目を引く強烈インパクトな店名のラーメン屋さん。

沖縄市のゲート通りにあるラーメン店「麺屋 この!豚野郎」の店内に描かれた豚のイラスト

ライブのためちょいちょい沖縄市を訪れるわたし。ステージが始まるまでの間、一番街や中央パークアベニュー、ゲート通りをぐるぐる歩き、新店チェックをすることが多いです。ある日、ゲート通りでめちゃくちゃ気になる看板を見かけました。「麺屋 この!豚野郎」とあります。えっ、にしおかすみこ…?

沖縄市のゲート通りにあるラーメン店「麺屋 この!豚野郎」の外観

実は、店名を知ってから訪問するまで、半年後の月日を要しました(なんだかよくわからないうちに、いつも予定パツパツなんですよね…)。入店すると、威勢の良い店名のわりに、明るく軽快な洋楽ロックがほどよい音量で流れています。カウンター席とテーブル席があり、おひとり様のわたしはカウンターの端っこに座りました。

沖縄市のゲート通りにあるラーメン店「麺屋 この!豚野郎」の店内

この!豚野郎のメニューを眺めます。麺類は豚骨ラーメンが中心。メニューによっては味がいくつか選べるようです。ごはんものはメインもサイドもありそうで、お腹いっぱい食べたい人向けだなと思いました。ちなみに、夜メニューと書かれているため、おそらく昼メニューも用意があるのだろうと推測します。

沖縄市のゲート通りにあるラーメン店「麺屋 この!豚野郎」のメニュー表

この日、わたしは豚骨ラーメン(塩、800円)をいただきました。この!豚野郎という強烈なインパクトの店名ですから、豚骨を食べねばなりません。中でも一番上に書かれたお店の推しメニューを選んでみることに。

沖縄市のゲート通りにあるラーメン店「麺屋 この!豚野郎」豚骨ラーメン(塩、800円)

まずはスープから。サラリと飲める豚骨スープ。軽くてスイスイすすれる感じですが、遠くにやんわりと豚がいます。野菜の旨味が染み出して、万人ウケしそうなスープです。味の濃さもちょうどいい。にしおかすみこな店名に対して、意外にも食べやすい味わいです。

沖縄市のゲート通り「麺屋 この!豚野郎」豚骨ラーメン(塩)のスープ

麺は中太のストレートで、柔らかめのもちもち食感。ボリュームは多過ぎないので、追い飯してもよいくらいかもしれません。

沖縄市のゲート通り「麺屋 この!豚野郎」豚骨ラーメン(塩)の麺

具材は茹でモヤシ、オクラ、キクラゲ、メンマ、味玉、小ネギ、豚バラチャーシュー。

沖縄市のゲート通り「麺屋 この!豚野郎」豚骨ラーメン(塩)のトッピング

濃過ぎない味わいの豚バラロールは、しっかり肉感が残って食べ応えの点に満足です。白身が多くて、この脂のジャンク感がたまりません。

沖縄市のゲート通り「麺屋 この!豚野郎」豚骨ラーメン(塩)の豚バラチャーシュー

茹でモヤシの上には魚粉かな?これがいい香りで、最後まで飽きずに食べ進められました。

沖縄市のゲート通り「麺屋 この!豚野郎」豚骨ラーメン(塩)の茹で野菜

卓上調味料もありますが、今回は特に使わず完食です。

沖縄市のゲート通りのラーメン店「麺屋 この!豚野郎」の卓上調味料

ということで、沖縄市はゲート通りにある「麺屋 この!豚野郎」でライブの合間に腹ごしらえしてきました。インパクトの強い店名なのでドギツい豚骨なのかと心して入店したのですが、全くそうではなく、普通においしいラーメンでいい意味で騙されました。お会計時、お店の方にそう伝えると、「さすがにラーメンまでインパクトを強くすると、食べにくいかと思って。みんながおいしい味を目指しました」と応じられました。

ちなみに店名は「お店のオーナーとお酒を飲みながら『インパクト強い名前にしよう!って考えて、結構すぐ決まりました』とのこと。二郎インスパイアな小豚野郎ラーメンもあるので、胃腸がイケそうなタイミングでチャレンジしてみたいですね。
終わり。

お店の情報

店名 麺屋 この!豚野郎
住所 〒904-0031
沖縄県沖縄市上地1丁目3-50
営業時間 火〜土曜:11時〜14時半、17時〜21時/日曜:11時〜21時
定休日 月曜
駐車場 なし。近隣にコインパーキングあり。


 あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
毎日ビール.jp プロフィールカード用

ユッキー@毎日ビール

グルメブログ歴12年、沖縄移住10年。沖縄定番グルメからローカル店まで食べ歩き情報を綴ってます。国内外のビアバーめぐりに、旅・遊びの情報も。クラフトビール歴は16年、ホップの効いたビールが好き。

-ゲート通り, ジャンル別, ラーメン, 沖縄市, 沖縄本島中部, 沖縄県, 豚骨ラーメン, 都道府県別, 食べ歩き
-