ウルトラ怪獣が憂さ晴らしする「怪獣酒場 新橋蒸溜所」へ子どもと一緒に行ってきた。

ひさしぶりの東京滞在では、わたしの第二の故郷・新橋に降り立ちました。ただ、降り立った時間が13時半という真っ昼間。向かった先は新橋ドライドックとかブラッセリービアブルヴァードではありません。単刀直入に書きますと、家族サービスとしてウイング新橋地下1階にある「怪獣酒場 新橋蒸溜所」に連れて行かれました。

「怪獣酒場 新橋蒸溜所」はウイング新橋地下1階にある。

ここはウルトラマンに出てくる怪獣たちが人間よろしく憂さ晴らしをする居酒屋。それで、一部の時間を我々人間のために解放しているんだそうです。短期間の東京滞在で、数少ない貴重な一食を、ウルトラ怪獣たちに捧げるとは…

「怪獣酒場 新橋蒸溜所」の入り口

洞窟のような店内に入るとゴモラとゼットンの石像がお出迎え。

「怪獣酒場 新橋蒸溜所」入り口入ってすぐ、石像化した怪獣がお出迎え

ゴモちゃん… おまえ、かいじゅうステップじゃあ優しいキャラだったくせに、人間を威嚇しやがってー。

「怪獣酒場 新橋蒸溜所」悪そうなゴモラ

怪獣酒場 新橋蒸溜所の店内に入ると、真ん中に置かれたポットスチル(蒸留釜)を取り囲むようにテーブル席が配置されています。

「怪獣酒場 新橋蒸溜所」の店内

蒸留工程を説明するイラストも展示されていました。ウルトラ怪獣、いろいろと教えてくれるなんて結構いいヤツかもよ。

「怪獣酒場 新橋蒸溜所」アルコールを精製する怪獣図

ステンドグラス風の窓にもウルトラ怪獣たち。

「怪獣酒場 新橋蒸溜所」ステンドグラスの窓にも怪獣

そして店内で睨みを効かすジャグラスジャグラー。トゲトゲ星人はかっこいい。

「怪獣酒場 新橋蒸溜所」に飾られているジャグラスジャグラー

コロナ対策のパーテーションにもウルトラ怪獣。この日はイベントデーで、ゼットンが襲来して記念撮影させてもらえるという特別な日でした。それ故、お子サマーはゼットンの進化系(?)ソフビを家から持って訪れたのです。

「怪獣酒場 新橋蒸溜所」ゼットンさんとソフビ

席に入ると怪獣酒場来店特典のランチョンマットが配布されました。キミたちは一体誰なんだ。

「怪獣酒場 新橋蒸溜所」イベントデー限定のランチョンマットが配布された

まずはビールで乾杯。銘柄はプレミアムモルツ(660円)でした。ということは、ウルトラ怪獣たちはサントリーとズブズブなのか。ジョッキもウルトラ怪獣にこだわり、ニセウルトラマンなどが描かれています。

「怪獣酒場 新橋蒸溜所」ビールはプレミアムモルツ(660円)だった

ウルトラ怪獣たちが日々の鬱憤を晴らす酒場というだけあって、怪獣酒場 新橋蒸溜所のテーブルに置かれたおつまみはなんとも昭和な雰囲気のおかき類。おっ、ええやん。ウルトラ怪獣と気が合うかもしれない。

「怪獣酒場 新橋蒸溜所」テーブル上におつまみがセットされている

そうこうしてる間に、わたしにはフード注文の選択権が全く無いランチの開始。まずは快獣ブースカの「大好き!昭和のラーメン」サラダ(900円)。ゴマダレをかけていただきます。麺の多くはお子サマーが食しまして、大人は野菜を中心につまみます。

「怪獣酒場 新橋蒸溜所」快獣ブースカの「大好き!昭和のラーメン」サラダ(900円)

ラーサラの取り分け皿も怪獣ってます。

「怪獣酒場 新橋蒸溜所」の取り分け皿

お次は、ガンQ出現!目玉焼きのガレット包み(900円)です。半熟目玉焼きを包んだガレットです。

「怪獣酒場 新橋蒸溜所」ガンQ出現!目玉焼きのガレット包み(900円)

フードに選択権がないので、ドリンクで自己実現します。三角フラスコに入れられたあやしいドリンクは、地球征服ハイボール2号(700円)。よっしゃ、どんどん飲むでー。

「怪獣酒場 新橋蒸溜所」地球征服ハイボール2号(700円)

ひみつのチーズフォンデュ by エレキング クリスマスVer.(1580円)は、お子サマーが「エレちゃん!」と喜ぶツノ(?)が。カーチャンにはイルカの尻尾に見えます。まあでもチーズはおいしいよね、正義だね。

「怪獣酒場 新橋蒸溜所」ひみつのチーズフォンディユbyエレキング(1180円)

怪獣ドリンクの中からレッド・アサシン(750円)。

「怪獣酒場 新橋蒸溜所」レッド・アサシン(750円)

そして甘くないお酒を店員さんにお伺いして、カネゴンの繭(750円)も注文です。

「怪獣酒場 新橋蒸溜所」甘くないお酒、カネゴンの繭(750円)

怪獣ドリンクを注文すると、怪獣コースターがもらえるそうです。ほんと、キミたち誰なん…?

「怪獣酒場 新橋蒸溜所」怪獣ドリンクを注文すると、1杯につき1枚特製コースターがもらえる

ということで、新橋駅にある「怪獣酒場 新橋蒸溜所」に行ってきました。この日はイベントデーだったので食後にゼットンとの撮影会があり、お子サマーが超絶ビビりながら撮影に挑ませてもらいました。楽しい記憶になるといいな。カーチャンはお子サマーが喜んでくれればそれで十分なのだ。ジャグラスさんの置物がイケメンだったので、見れてよかったことも書き残してシメよう。
終わり。

お店の情報

店名怪獣酒場 新橋蒸溜所
住所〒105-0004
東京都港区新橋2丁目 ウィング新橋B1F
営業時間11時〜21時
定休日不定休
駐車場なし


 あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ビール, 居酒屋, 新橋, 東京都, 港区, 都道府県別, 関東・甲信越, 飲み歩き
-