「日々青天」体にやさしい琉球粥は食べ飲み過ぎた翌日朝食&ランチにピッタリ!

那覇市松山「日々青天」 琉球粥セット(900円)

那覇市松山にある「日々青天」。こちらはお友達のキャンヒロユキさんのお店です。年末年始の暴飲暴食で疲れ切った胃腸を少し休憩させようかなと訪れました。お店は松山マックスバリューの左隣。とってもわかりやすい場所です。

那覇市松山「日々青天」の外観

店内にはカウンター席とテーブル席がありました。3名で訪れた我が家はテーブル席に案内いただきます。

那覇市松山「日々青天」の店内

メニューを手に取ると、表紙にお店の由来が書かれていました。店名は「日々天」ではなく「日々天」です。ただの晴れではなく、雲ひとつない青空が広がる空のようなお店でありたい。それが店名の由来なのだそう。素敵…!

那覇市松山「日々青天」店名の由来

1枚めくるとお食事のメニュー。食べ方や食事上の注意書きもあって、優しさを感じます。

那覇市松山「日々青天」のメニュー表その1(2022年1月)

次のページもお食事メニューでした。この後ろにはアルコールメニューも続いていましたが、この日は車で訪れていたのでお食事のみの利用です。

那覇市松山「日々青天」のメニュー表その2(2022年1月)

この日わたしがいただいたのは看板メニューの琉球粥セット(900円)。お粥に付け合わせ、もずく、カチューユがついたセットです。

那覇市松山「日々青天」 琉球粥セット(900円)

まずはお粥から。少し大きめの器に6分目ほどの量が盛り付けられています。

那覇市松山「日々青天」 琉球粥セットのお粥

雑穀米を使用し、干し貝柱などと炊き上げたお粥はあっさりと薄味です。そのままでも十分おいしく味わえます。ボリュームは腹八分目くらい。沖縄にしては、ボリュームが多すぎないから嬉しいという人もいるのでは。

那覇市松山「日々青天」 琉球粥は熱々であっさりした味わい

乗せられた鶏胸肉は3枚。パサつきがなく、食べやすい柔らかさです。

那覇市松山「日々青天」 琉球粥に乗せられた鶏肉

そのまま食べ切ってしまいそうですが、付け合わせがあることを思い出しました。この日はゴーヤーに塩昆布にスーチカーです。

那覇市松山「日々青天」 琉球粥セットの付け合わせ

残りのお粥にドサッと入れて食べてみると、味を変えられて楽しいものでした。お粥って柔らかいし味わいもそんなに強くないじゃないですか。そこに付け合わせで食感や味の変化を出すと、おいしさの相乗効果であっという間に完食です。

那覇市松山「日々青天」 琉球粥に付け合わせを乗せていただく

卓上のオリジナルブレンド塩をかけても味わいが変わってよいそうですよ。

那覇市松山「日々青天」 卓上調味料の塩やコーレーグス

こちらはセットのカチューユ。食欲のない時や暴飲暴食した時にはしみるシンプルな汁物です。素朴な琉球粥とも相性がよいはず。

那覇市松山「日々青天」 琉球粥セットのカチューユ

さて、こちらはご主人サマーが食べた魯肉飯セット(900円)。雑穀米の上にたっぷりお肉。少し味見させてもらいましたが、油っぽさがなくさっぱりとした魯肉飯でした。台湾の屋台で食べるそれと比べると、だいぶヘルシーな気がします。

那覇市松山「日々青天」魯肉飯セット(900円)

そしてもうひとつ、お子サマーに取られた鯛茶漬けセット(1100円)。実は、琉球粥・魯肉飯・鯛茶漬けの3つを注文し、お子サマーが選んだものの残りを大人がいただくことにしていました。わたしもご主人サマーも鯛茶漬け狙いだったのですが、お子サマーに取られた次第です。カーチャン、次こそは鯛茶漬け食べるんだ…!

那覇市松山「日々青天」鯛茶漬けセット(1100円)

ということで、那覇市松山にある「日々青天」でランチを食べてきました。こちらのお店、朝9時から16時(L.O15時)まで営業しているので、少しゆっくりめの朝ごはんにもピッタリだと思います。特に沖縄の朝ごはんは重たい食事や洋食系が多めなので、胃腸を休めたい時に軽めの食事にちょうどいいですね。次こそは食べ損ねた鯛茶漬けをいただこうっと!
終わり。

お店の情報

店名日々青天
住所〒900-0032
沖縄県那覇市松山2丁目22-15
営業時間9時〜16時(L.O15時)
定休日火曜
駐車場なし。近隣にコインパーキングあり。


 あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ランチ, 旧市街エリア, 松山, 沖縄本島南部, 沖縄県, 那覇市, 都道府県別, 食べ歩き
-