浦添市屋富祖「餃子酒場 琉珉珉」やっぱギョービー最高!餃子は12種類、パリッと焼かれた羽までウマい!

2023年12月8日

浦添市屋富祖にある「餃子酒場 琉珉珉」で飲んできた

浦添市の飲み屋街・屋富祖がステキすぎて、めちゃくちゃお気に入りです。久茂地や栄町にはない、なんとも言えない屋富祖の雰囲気。その魅力に、すっかりハートを射抜かれました。屋富祖の良さを拡散しようと、この夜は餃子好きなふたりを誘って、屋富祖大通り沿いにある「餃子酒場 琉珉珉」を訪れました。

浦添市屋富祖「餃子酒場 琉珉珉」の外観

みなさんは琉珉珉をご存知ですか。沖縄餃子としてスーパーで売っている、あの琉珉珉です。あの味を、ここ屋富祖にある直営居酒屋・餃子酒場 琉珉珉で食べられます。…うん?なになに?スーパーで買ってきて、家庭で焼けばいいって?いやいや、種類豊富な餃子を一度に味わってみたい欲張りなわたし的には、絶対に直営店を訪れたかったのです。

1階にはカウンター席、テーブル席がありますが、思ったより広くありません。上には2階席があり、最大25名まで収容可能でカラオケもできるそうです。餃子酒場でカラオケって!めっちゃローカル感ありますね。

浦添市屋富祖「餃子酒場 琉珉珉」の店内

決して屋富祖に近くない那覇の民と合流し、まずはオリオン・ザ・ドラフト(430円)で乾杯。キンキンのジョッキでうんま!そして、きょうびビールの中ジョッキが500円しないのって、珍しい!安くて嬉しい限りです。

浦添市屋富祖「餃子酒場 琉珉珉」まずはビールで乾杯(オリオン・ザ・ドラフト、430円)

この日のお通し(350円)は、エンガワのユッケ。魚はおりた鮮魚店から仕入れているそうです。間違いないね!

浦添市屋富祖「餃子酒場 琉珉珉」のお通し

こちらが餃子酒場 琉珉珉のメニューです。餃子だけでも12種類!スーパーでお馴染みの餃子から、見たことのないものまで色々と揃っています。餃子酒場なのでおつまみ類はないのかと思ったら、そんなことはなく、パッと出るものから中華系・チャンプルー・揚げ物・ご飯もの・月替わりのおすすめなどがありました。ドリンクも各種揃って選び放題な感じ。

さっそくフードを注文してみました。まずはだし巻玉子(650円)。プルプルッと柔らか!出汁をぎゅーっと吸った卵に大根おろしを乗せ、醤油をかけたらビールが捗るヤーツ。

浦添市屋富祖「餃子酒場 琉珉珉」だし巻玉子(650円)

タンパク源をとらねばと注文したのは、豆腐にんにく炒め(680円)。これだけたっぷりの島豆腐を使い、ニンニクとお酒の捗る味付けでグイグイいけちゃいます。

浦添市屋富祖「餃子酒場 琉珉珉」豆腐にんにく炒め(680円)

気付いたら中ジョッキを空けていて、サッポロラガー(中瓶、660円)に切り替えていました。おつまみがおいしいと、こんなこともあるわけです。仕方ない。

浦添市屋富祖「餃子酒場 琉珉珉」サッポロラガー(中瓶、660円)

この日の本命、餃子の降臨キターーー!珉珉餃子(5個320円)とあぐ〜餃子(5個440円)、にんにく増し餃子(5個320円)、もずく餃子(5個320円)の4種類を1人前ずつ注文しました。こんがりパリッと焼かれた羽までおいしそう!

浦添市屋富祖「餃子酒場 琉珉珉」珉珉餃子(5個320円)とあぐ〜餃子(5個440円)

外見が似ているので、写真を振り返ってもどれが何だかわかりません。でもどの餃子もおいしくて、特にあぐー餃子は肉汁がじゅわっとしていました。また、通常の3倍使っているというにんにく増し餃子は、ドンピシャでわたし好み。それと、もずく餃子はうるま市勝連産地の水雲を使っているそうで、沖縄らしい一品です。県外勢にもオススメできますね。

浦添市屋富祖「餃子酒場 琉珉珉」餃子がおいしい

こちらは追加オーダーしたゴーヤー餃子(5個320円)と鶏餃子(5個320円)。見た目的にゴーヤー色をしているので、皮にも練り込んでいるとわかります。ほんのり苦味があり、ゴーヤー感がクセになりそう。鶏餃子は親鳥を使い、さっぱりとした味わいでした。いろんな味わいが楽しめるところが、餃子酒場 琉珉珉の最大メリットだなぁ。

浦添市屋富祖「餃子酒場 琉珉珉」ゴーヤー餃子(5個320円)と鶏餃子(5個320円)

餃子欲をある程度満たしたら、女子飲みらしいおつまみを。こちらはトマトとモッツァレラカプレーゼ(600円)。さっぱり食べられていい感じ。

浦添市屋富祖「餃子酒場 琉珉珉」トマトとモッツァレラカプレーゼ(600円)

おしゃん系おつまみには、おしゃんなアルコールを。ふだん飲まないようなアールグレーハイ(530円)を注文しました。なんでかねー。これも屋富祖マジックなのかもしれません。

浦添市屋富祖「餃子酒場 琉珉珉」ふだん飲まないようなアールグレーハイ(530円)も飲んでいた

かーらーのー、廃鶏の炭火焼き(860円)。地鶏や親鳥の炭火焼きとか、食感強めのおつまみが好きなのです。ウマウマイエイ!

浦添市屋富祖「餃子酒場 琉珉珉」廃鶏の炭火焼き(860円)

流石にハイペースで飲み続けたので、小休止とばかりに玄米緑茶ハイ(480円)を。お茶パックをそのままグラスに突っ込むスタイルったら激アツ!笑 お酒は薄めで作ってもらったので、いい具合の酔い覚ましになりました。

浦添市屋富祖「餃子酒場 琉珉珉」玄米緑茶ハイ(480円)

ちなみに、餃子酒場 琉珉珉ではテイクアウトが可能です。この日、遠路はるばる屋富祖まで送迎してくれたMちゃんの旦那さんに、お土産の餃子を詰めてお渡ししました。おいしく食べてくれていればいいなぁ。

浦添市屋富祖「餃子酒場 琉珉珉」お土産の餃子をテイクアウトした

ということで、浦添市屋富祖にある「餃子酒場 琉珉珉」へ行ってきました。沖縄餃子の琉珉珉、いろんな種類を試せてよかった&おいしかったー!この店の餃子は1人前5個前後。ということは5の倍数で訪れると、もっと食べ比べができたかも。次回は、水餃子やイカスミ餃子、ハバネロ餃子あたりを試してみたいなぁ。

屋富祖は夜が遅い飲み屋街だそうです。無論、我々も餃子酒場 琉珉珉だけでは終わりませんでした。「そこに、ピザがおいしいお店があるんだよ〜」とこの街を知ったテイで、GOOD TIME PIZZAへハシゴに向かいました。いい店が多い気がするので、これからちょいちょい屋富祖飲みできるといいな〜。
終わり。

お店の情報

店名 餃子酒場 琉珉珉
住所 〒901-2127
沖縄県浦添市屋富祖2丁目16-12
営業時間 日〜木曜:16時〜24時(L.O.23時)
金・土曜:16時〜27時(L.O.26時)
※変更の可能性あり。SNSで要確認
定休日 不定休
駐車場 なし。近隣にコインパーキングあり。


 あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
毎日ビール.jp プロフィールカード用

ユッキー@毎日ビール

グルメブログ歴12年、沖縄移住10年。沖縄定番グルメからローカル店まで食べ歩き情報を綴ってます。国内外のビアバーめぐりに、旅・遊びの情報も。クラフトビール歴は16年、ホップの効いたビールが好き。

-ビール, 中華料理・台湾料理, 居酒屋, 屋富祖, 沖縄本島中部, 沖縄県, 浦添市, 都道府県別, 飲み歩き, 餃子
-