沖縄から発信する、ビールとグルメと旅のブログ

毎日ビール.jp

ビジネスホテル ランチ 久米 沖縄本島南部 沖縄県 那覇市

那覇・久米にある西鉄リゾートイン那覇「グラーノ」でランチしてきた。

2016年7月11日

那覇の久茂地交差点からも近い、西鉄リゾートイン那覇1階にある「Bakery Cafe & Delicatessen Grano(グラーノ)」でランチを食べてきました。国道58号線沿いにあります。久茂地交差点から南側って、なんとなくあまり食べに行かないエリアです。ホテルの1階にあるだけあり、外観的にはお洒落なカフェという印象。。

グラーノ,西鉄リゾートイン那覇,ランチ

グラーノの店内は、すっきりシンプルで白を基調としたインテリア。天井まで高いガラス窓のおかげで、店内が広く感じます。

グラーノ,西鉄リゾートイン那覇,ランチ

ランチメニューはこちら。パンを使ったサンドや、パスタ、カレーなんかもありました。ドリンクやサラダのセットもあるようです。あたしはパスタのBセットにしました。Bセットは、150円でドリンク+サラダ+スープ+ライスorパンをつけることができます。

グラーノ,西鉄リゾートイン那覇,ランチ

まずやってきたのは、セットのスープとサラダ。この日のスープはコーンスープでした。ウマし。サラダは思ったより野菜がたっぷりめで、ドレッシングもおいしかったです。

グラーノ,西鉄リゾートイン那覇,ランチ

お次はメインのパスタの登場です。いくつか選べるパスタメニューから、あたしはアラビアータ(700円)を選びました。パスタは断然トマトソース系が好き。辛さはそんなに感じず、タバスコがあったらかけて食べたいくらい。ベーコンもたっぷり入ってます。

グラーノ,西鉄リゾートイン那覇,ランチ

セットのパンはクロワッサン。小ぶりですが、パスタで結構お腹いっぱいだったから、ちょうどいいサイズ感でした。

グラーノ,西鉄リゾートイン那覇,ランチ

ドリンクは食前か食後を選べます。ソフトドリンクの種類もコーヒーや紅茶など数種類ありまして、今回はオレンジジュースにしてみました。

グラーノ,西鉄リゾートイン那覇,ランチ

食事をしてから知ったのですが、グラーノは店先でテイクアウト用のお惣菜やちょっとしたスイーツも販売しているんですね。ここで買って会社に持ち帰って食べるのもアリだなぁ。

グラーノ,西鉄リゾートイン那覇,ランチ

それとパンも焼いて販売しているみたいです。平日限定ですが、パン3つで500円というランチセットあったり、雨の日限定のおトクなセットもあるみたいですよ。久茂地交差点付近にはベーカリーがないので、これは気になります。今度買いに来てみよっと。

グラーノ,西鉄リゾートイン那覇,ランチ

ということで、那覇・久米にある「Bakery Cafe & Delicatessen Grano(グラーノ)」でパスタランチしてみました。パスタもちゃんとおいしいし、店内ランチだけじゃなく平日限定ランチのパンも気になるし、穴場スポットを発見した気分です。思ったより混雑せずまったりと過ごすことができて、良いお店だな〜と思いました。
終わり。

【2018年11月14日追記】麺あがりの醤油ラーメン+オロチョン。

同僚ママたちとランチに行ってきました。久茂地あたりで禁煙+子連れでも入りやすいお店はないかと情報交換しあった結果、西鉄リゾートイン1階のグラーノが最終選考に残りました。ビジホとはいえホテルは子連れでも過ごしやすいわけです。さっそく店内へと思ったのですが、入り口にこんな看板が出ていました。ランチメニューの構成が大きく変わっていそうな予感。

那覇・久米の西鉄リゾートイン1階にある「グラーノ」のランチに新メニューが登場していた。

店内に入り、ランチメニューをチェック。以前のようにパスタや焼きたてパンもありますが、宜野湾にあった麺あがりのつけ麺・ラーメンを食べられるとのこと。同僚ママたちも「あがりだ!」「ラーメンにする!」「つけ麺にする!」と半数以上が麺類を注文することに。

那覇・久米の西鉄リゾートイン1階にある「グラーノ」のランチメニュー、その2(2018年11月時点)

今回あたしが注文したのは、麺あがりの醤油ラーメン(790円)にオロチョン(+100円)トッピングです。麺あがりはお初ですが、オロチョンを試してみたくって最初から辛いのを食べることにしました。トッピングはモヤシ、ワカメ、メンマ、水菜、海苔、卵、みじん切りのネギ、チャーシューと結構賑やか。宜野湾時代に提供していた全部のせかもしれません。

那覇・久米の西鉄リゾートイン1階にある「グラーノ」で食べた麺あがりの醤油ラーメン(790円)にオロチョン(+100円)を追加。

まずはスープから。基本はあっさり系だと思いますが、オロチョンが入って辛味が強め。オロチョンとは、唐辛子+豆板醤のペーストだそうです。ニンニクチップの風味もしっかり感じます。辛いの好きな方、今年の冬はコレで乗り越えましょう。

那覇・久米「グラーノ」の麺あがりの醤油ラーメン+オロチョンのスープ。

麺は一般的な太さのゆる縮れ。茹で具合は柔らかめで提供されました。スープが辛く咳き込まないよう食べるのに必死で、麺の食感が柔らかめで食べやすく、これに助けられました。

那覇・久米「グラーノ」の麺あがりのラーメンの麺。

チャーシューって、麺の上にドーン!と乗せられていることが多いように思いますが、この麺あがりのラーメンはひっそりと具の下に敷かれ、スープの中から発掘しました。なのでオロチョンの油を全体に纏っています。肉は柔らかく、油の甘さとオロチョンの辛味の相性がよかったなぁ。

那覇・久米「グラーノ」の麺あがりのラーメンに入っていたチャーシュー。

久茂地・松山・久米周辺で、ランチタイムに食べに行けるラーメン屋さんって、あんまり選べないんですよね。久茂地の追風丸康竜登竜門久茂地のもとなりくらいかなぁ。その中に麺あがりが入ったとなると、割と普通に食べに行きたいお店になるかも。とはいえ、グラーノはラーメン専門店ではなくパスタやパンなども食べられるカフェなんですけれども。

那覇・久米の西鉄リゾートイン1階にある「グラーノ」のランチメニュー、その1(2018年11月時点)

看板をよく見ると、数量限定の300円弁当があるとわかりました。路上販売のお弁当に価格を引っ張られている気がしますが、これはこれで一度試してみようかななんて思ったり。次回グラーノで麺類を食べるなら、つけ麺にしてみようかなと思います。

【2019年10月26日追記】麺あがりのつけ麺+白飯。

会社の同僚M氏が会社を辞めるというので、事情聴取に行きました。行き先は会社の人たちが訪れにくそうなグラーノです。思い返すと、元同僚N氏の事情聴取時もここでした。なんかそういう雰囲気を醸しているんでしょうか。1年ぶりのグラーノ、店前に出ていたメニュー表は若干の値上がり感がありました。おいしければ全て良しです。

那覇・久米「グラーノ」の店前に出ていたメニュー表(2019年10月)

今回は麺あがりのつけ麺(870円)に白飯(100円)をセットしました。退職するM氏が麺あがりのつけ麺が好きだというので思い出食べです。ちなみにこのM氏はつけ麺ではなくスープセット的なものを食べていました。連日連夜の送別会続きで胃腸がしんどかったのかもしれません。

那覇・久米「グラーノ」麺あがりのつけ麺(870円)に白飯(100円)を追加。

麺あがりのつけ麺と、トッピングのチャーシュー、めんま、海苔、わかめ、ゆで卵。いろいろ具材があって嬉しいな。これで870円は全然アリじゃないでしょうか。

那覇・久米「グラーノ」麺あがりのつけ麺(870円)の麺と具材。

麺もこの通りたっぷりと。中太麺で、茹で上がりは何gでしょう。思ったよりもボリュームがあり、白飯を注文したことを後悔。

那覇・久米「グラーノ」麺あがりのつけ麺(870円)の麺を箸上げ。

つけダレはアッサリとして、非常に食べやすいです。これはオロチョンを入れてもウマいだろうなぁ。つるつるの麺を吸い上げ、あっという間に完食しました。この手のつけ麺ならいつでも食べたいなぁ。二日酔い時にも食べやすいはずです。白米もなんとか完食しましたが、麺がおいしいので次回は大盛り注文かなー。

那覇・久米「グラーノ」麺あがりのつけ麺(870円)の麺をつけダレにどぼん。

住所:〒900-0033 沖縄県那覇市久米2丁目3-13

(*・ω・)つ 沖縄食べ歩き情報もどうぞー♩

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人

ユッキー

毎日ビールを飲んでいる。アメリカンペールエール、IPA、セッションIPA、ゴーゼ、ラガーが好き。ビールも人間もちょっぴりクセがある方がいい。

-ビジネスホテル, ランチ, 久米, 沖縄本島南部, 沖縄県, 那覇市
-,

Copyright© 毎日ビール.jp , 2019 All Rights Reserved.