沖縄から発信する、ビールとグルメと旅のブログ

毎日ビール.jp

ランチ ランチマップ ラーメン・つけ麺・まぜ麺 一銀通り 久茂地 沖縄本島南部 沖縄県 那覇市

那覇・久茂地「登竜門」の担々麺はランチも夜中もおいしいのです。

投稿日:2015年1月9日 更新日:

日本全体に猛烈な寒波が襲いかかったある日のこと。那覇も急激に気温が下がり、こういう日は沖縄そばではなくてラーメンだ!と食べに行ってきました。向かったのは久茂地の一銀通り沿いにある「登竜門」です。このあたりでラーメンといえば、必ず名前が浮かぶ程度には有名なお店ですね。ランチ営業もしていれば、夜中の営業もやっています。

久茂地,登竜門,担々麺

店内にはカウンター席とテーブル席がありまして、一人でも複数名でも食べに来やすい作り。それから、製麺機が置かれたスペースもありました。

久茂地,登竜門,担々麺

登竜門は担々麺が看板のラーメン屋さんだと思うんですが、塩・醤油・つけ麺などいろいろと取り揃えています。餃子もおいしいらしいですが、ランチから餃子はちょっとなーということで我慢しまして、担々麺の食券を購入します。
で、ここでもランチマップです!

久茂地,登竜門,担々麺

登竜門の濃厚担々麺(通常880円)がワンコインに!500円でいいんですかー!濃厚担々麺はもちろん汁有・汁無の好きな方を選べます。

久茂地,登竜門,担々麺

そして麺もお好みで太麺、平打ち、細麺の中から選べます。茹で時間何分って書いてくれていると、時間に追われたサラリーマン的に助かるだろうな~。

久茂地,登竜門,担々麺

あたしは汁有・平打ちでオーダーしました。待つこと5分ほどでやってきたラーメンはコチラ。う!ま!そ!う!

久茂地,登竜門,担々麺

麺に絡まるスープがなんとも言えません。胡麻のいい香りが体の内側から暖めてくれる感じ。普段あまり食べない担々麺ですが、こう寒いとおいしさも倍増している気分になります。

久茂地,登竜門,担々麺久茂地,登竜門,担々麺

このままでも充分おいしい担々麺ではありますが、カウンター上の調味料から山椒を取り出して、

久茂地,登竜門,担々麺

スープに追加!山椒のビリッとした辛さを加え、スパイシーでホットな仕様にします。これで寒さも怖くない!

久茂地,登竜門,担々麺

スープに沈んだ坦々の具をすくっては食べすくっては食べしていたのですが、

久茂地,登竜門,担々麺

最終的には、穴あきレンゲを使って完食です。お腹いっぱいなのでスープも飲み干せないし、でも具は食べたいし、っていう感じだったので穴あきレンゲがあって助かった~!

久茂地,登竜門,担々麺

ということで、那覇・久茂地の「登竜門」で担々麺を食べてきました。この味、このボリュームがランチマップ使用で500円とは恐るべし!夏場にラーメン食べると汗ダクになっちゃうけど、冬なら汗もかかずに食べきれるから、寒いうちにまた食べに行こうと思います。ちなみに平日は朝5時まで営業しているみたいなので、飲み終わりのシメにも使えるかもしれません。
終わり。

【2016年9月23日追記】水餃子(280円)とティーダトマトラーメン(温、650円)

会社帰りにラーメンが食べたくなって、久しぶりに登竜門に立ち寄ってみました。まずやってきたのは、水餃子(4個、280円)。味は2種類あったので、ピリ辛ゴマ味をチョイス。深めの器にたぷたぷのスープに浸って出てきました。こんなスタイルの水餃子、初めて!

久茂地,登竜門,担々麺

厚めの皮に包まれた餡はお肉メイン。揚げネギなどが入ったピリ辛ゴマのスープが意外とあっさりで、さすが担々麺を看板メニューとするお店だなぁ。

久茂地,登竜門,担々麺

お食事はティーダトマトラーメン(温、650円)にしてみました。冷たいトマト麺もあるようですが、このところ涼しくなってきたので暖かい方をチョイス。サービスで麺の大盛りも可能だそうですが、普通盛りにしておきました。

久茂地,登竜門,担々麺

関東在住時代、トマトラーメンにどハマりしたことがあるんですが、沖縄移住してから初のトマト麺です。この真っ赤なスープがなんとも食欲をそそります。

久茂地,登竜門,担々麺

まずはスープからいただきました。熱々でトマトのとろみがあります。そしてトマト由来の酸味と甘み、旨味がウマい。ドライバジルの風味も感じます。これは女性ウケの良さそうなラーメンです。

久茂地,登竜門,担々麺

麺は細めのやや縮れ。麺を上げるだけでホールトマトが箸に乗ってきます。これくらいトマトがたっぷり使われてます。食べていて元気になりそう!

久茂地,登竜門,担々麺

1/3ほど食べたところで、ティーダトマトラーメンについてきたチーズとフライドオニオンを入れてみます。

久茂地,登竜門,担々麺

vを入れると、ガラリと雰囲気が変わります。まさにイタリアン。おいしいけれど、味がクドくなっちゃって、食べ飽きちゃうかも。個人的には入れない方がトマトの感じが強くて好みでした。

久茂地,登竜門,担々麺

最後はタバスコを振りかけて味変。スープが濃厚だからでしょうか、あまり辛さは感じません。辛党さんはタバスコをたっぷり入れていただきましょう。トマトラーメン、なかなかおいしかったです。ティーダ冷やしトマトラーメンも試してみようかな〜なんて思っちゃいました。

久茂地,登竜門,担々麺

【2019年2月3日追記】真夜中に食べる、濃厚汁無し担々麺(880円)

先日、コロッセオ262で飲んだ帰りに、無性にラーメンが食べたくなって。この時間、このあたりで食べられるおいしいラーメンといえば・・・と頭を回転させ、登竜門に駆け込みました。濃厚汁無し担々麺(880円)を注文です。スープあるよりカロリー低そうだな、と思い食券ボタンを押した記憶はありますが、この日は相当ヘベレケでした。

那覇・久茂地「登竜門」濃厚汁無し担々麺(880円)を夜中に食べる

汁無し担々麺と行っても、油そば並みに汁がないわけではないのです。丼の底には見るからに濃厚そうなスープが。

那覇・久茂地「登竜門」濃厚汁無し担々麺(880円)にはスープはなく、濃厚なタレがかけられている。

麺は固茹で。スープを吸って、どんどん固さが解消していきました。最初のタレでも十分美味しかったのですが、酔っ払い的にはもっと痺れる辛さが欲しい。

那覇・久茂地「登竜門」濃厚汁無し担々麺(880円)の選べる麺は、太麺をチョイスした。

ということで、卓上調味料のお世話になりました。主に担々麺用の花山椒です。粉末状の花山椒、たっぷり入れてシビ辛!シビ辛!と思いながら完食。酔っ払って食べる担々麺、めっちゃウマー!訪れたのは0時過ぎでしたが、店内には4組、そのうち女性4名、男性1名でした。沖縄の女子たち、頑張ってる!

那覇・久茂地「登竜門」の卓上調味料(2019年2月)

住所:〒900-0015 沖縄県那覇市久茂地2丁目11-16

(*・ω・)つ 沖縄食べ歩き情報もどうぞー♩

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人

ユッキー

毎日ビールを飲んでいる。アメリカンペールエール、IPA、セッションIPA、ゴーゼ、ラガーが好き。ビールも人間もちょっぴりクセがある方がいい。

-ランチ, ランチマップ, ラーメン・つけ麺・まぜ麺, 一銀通り, 久茂地, 沖縄本島南部, 沖縄県, 那覇市
-,

Copyright© 毎日ビール.jp , 2019 All Rights Reserved.