「ビーフラッシュ29」牛肉ステーキ食べ放題!パルコシティで週末ランチしてきた。

浦添パルコシティ「BEEF RUSH29(ビーフラッシュ29)」の店先に出ているメニュー

ステーキ食べ放題&ブッフェの「BEEF RUSH29(ビーフラッシュ29)」へ行ってきました。サンエー浦添西海岸パルコシティ4階で行列ができているなぁと眺めていたお店です。この日もランチのピークタイムを外して訪れたつもりが少しだけ入店待ちをすることに。

浦添パルコシティ「BEEF RUSH29(ビーフラッシュ29)」の外観

お店の食べ放題システムとしてはこうです。3つのプランから選び、料金を支払ってから入店します。

浦添パルコシティ「BEEF RUSH29(ビーフラッシュ29)」の看板

プランの料金は性別・年齢によって異なります。店頭では税抜き価格になっていましたが、消費税率10%を加えた税込価格の表を作ってみました。こちらは2021年3月時点の情報なので最新情報はお店でご確認を。また、ドリンク&デザートバーは別で料金が発生します。

プラン女性男性小学生小学生未満2歳以下
スタンダードコース1,978円2,198円988円548円無料
プラチナコース2,308円2,528円1,208円548円無料
プレミアムコース3,518円3,738円1,868円548円無料

店頭にどんな食事がいただけるのか食品サンプルが展示されていました。

浦添パルコシティ「BEEF RUSH29(ビーフラッシュ29)」の店先に出ているメニュー

こちらがスタンダードコース。

浦添パルコシティ「BEEF RUSH29(ビーフラッシュ29)」スタンダードコースの食品サンプル

プラチナコースのイメージ。

プレミアムコースはこんな感じ。

浦添パルコシティ「BEEF RUSH29(ビーフラッシュ29)」プレミアムコースの食品サンプル

パッとみた感じではどんな違いがあるのか分かりにくかったので、コース別で表を組みました。今回訪れたサンエー浦添西海岸パルコシティのBEEF RUSH29(ビーフラッシュ29)では、選べる肉の種類がこれだけ違います。

コースオーダーできる肉
スタンダードコース牛肩ロース、チキン
プラチナコース牛肩ロース、チキン、アンガスビーフ肩ロース、ミスジ
プレミアムコース牛肩ロース、チキン、アンガスビーフ肩ロース、ミスジ、黒毛和牛、サーロインステーキ

お肉の説明もご丁寧に展示されていました。

浦添パルコシティ「BEEF RUSH29(ビーフラッシュ29)」でいただけるお肉の種類

その他、ブッフェ食べ放題・ステーキ食べ放題なしのコースもありました。お肉はちょっとでいいかなって人には、お値段抑えめのこちらが魅力的。

浦添パルコシティ「BEEF RUSH29(ビーフラッシュ29)」限定プランの紹介パネル

店内に移動するとわりと、お客さんが多くてびっくり。沖縄県民、お肉大好きだねぇ。

浦添パルコシティ「BEEF RUSH29(ビーフラッシュ29)」の店内

さあ、ステーキ食べ放題の戦闘モードに入りましょう。我々はプラチナコースを選びました。食べ放題スタート時から牛肩ロース、チキン、アンガスビーフ肩ロース、ミスジを選べるわけではなく、まずはファーストオーダー指定のお肉をクリアしてから自分好みのお肉を追加オーダーできる仕組みになっています。

浦添パルコシティ「BEEF RUSH29(ビーフラッシュ29)」のファーストオーダーカード

グリルコーナーでお肉を焼いてもらい、呼び出しベルがなったら自分で受け取りに行くシステムです。BEEF RUSH29(ビーフラッシュ29)はセルフサービスのステーキハウスというわけですね。

浦添パルコシティ「BEEF RUSH29(ビーフラッシュ29)」お肉を焼きあげる調理コーナー

呼び出しベルがなり、受け取ったファーストオーダーの肉!左からチキン・ビーフ・ビーフ!焼いてしまうと、アンガス牛肩ロースとミスジの違いがよくわからないね。1枚あたり100gあるかないかの肉の塊です。

浦添パルコシティ「BEEF RUSH29(ビーフラッシュ29)」プラチナコースのファーストオーダーでいただけるアンガスビーフ・ミスジ・チキン

さっそくいただきましょう。こちらはたぶんミスジ。ミディアムな焼加減で、噛むとお肉の味わいがじゅわっと出てきます。

浦添パルコシティ「BEEF RUSH29(ビーフラッシュ29)」プラチナコースのミスジ

たぶんアンガス牛肩ロース。こちらも肉の内側がピンクがかったミディアムです。食べ応えのある部位です。

浦添パルコシティ「BEEF RUSH29(ビーフラッシュ29)」プラチナコースのアンガスビーフ

そしてチキン。皮目がパリッと焼かれていました。これをやっつけたらフリーオーダーだ!

浦添パルコシティ「BEEF RUSH29(ビーフラッシュ29)」ファーストオーダーのチキン

オーダーシートにお肉の枚数を振って、グリルコーナーまで持ち込みます。

浦添パルコシティ「BEEF RUSH29(ビーフラッシュ29)」じゃんじゃん追加オーダーをしていく

焼いてもらっている間にソースバーを物色。お肉を食べるのにあたって、調味料は欠かせません。ビーフラッシュ29ではソースバーが用意されていました。この日は照り焼きソース・ビーフラッシュソース・マスタードソース・サルサソース・塩レモンソース・おろしポン酢の6種を用意。さらにピンクソルトやブラックペッパー、醤油、わさびまで。

浦添パルコシティ「BEEF RUSH29(ビーフラッシュ29)」のソースバーコーナー

また、サラダバーや唐揚げ・カレーなども用意がありました。別料金のドリンク&デザートバーもあったけれど、胃袋を肉で満たしたいデーだったため余計なものはオーダーせず、極力肉に集中します。

浦添パルコシティ「BEEF RUSH29(ビーフラッシュ29)」のサラダバーなどのコーナー

テーブルに持ち帰った最小限のサラダとお好みのソース・調味料類。

浦添パルコシティ「BEEF RUSH29(ビーフラッシュ29)」サラダバーとソース4種類

そうして立ち向かうは肉の山。どれがアンガス牛肩ロースでミスジで肩ロースなのか。さっぱりわからん。

浦添パルコシティ「BEEF RUSH29(ビーフラッシュ29)」プラチナコースの追加肉、アンガスビーフ、ミスジ、肩ロース

どれをカットしてもビーフの味。ビーフとサルサは合いませんでした。これはチキンだな。

浦添パルコシティ「BEEF RUSH29(ビーフラッシュ29)」サルサソースにお肉をつけてみる

ビーフと塩レモンダレも好みではなかったです。チープなタレと肉がマッチせず、口の中でシンクロ率0%に感じられまして。

浦添パルコシティ「BEEF RUSH29(ビーフラッシュ29)」レモン塩ダレにお肉をつけていただく

この日のMVP調味料は塩+わさび。これなら飽きずに延々と食べられます。おろしポン酢もおいしかった。塩+わさびとおろしポン酢でタッグを組み、この先のステーキ肉をこなします。

浦添パルコシティ「BEEF RUSH29(ビーフラッシュ29)」結局わさび塩に落ち着く

肉・肉・肉。

浦添パルコシティ「BEEF RUSH29(ビーフラッシュ29)」プラチナコースの追加肉、ミスジがおいしい

まさにビーフのラッシュ!

浦添パルコシティ「BEEF RUSH29(ビーフラッシュ29)」プラチナコースの追加肉、アンガスビーフ

味覚リセットのビーフシチューとカレーのあいがけ。お米はあいがけを仕切りれるギリギリの量。ビーフシチューが思いがけずおいしかったな。

浦添パルコシティ「BEEF RUSH29(ビーフラッシュ29)」サラダバーにあったビーフシチューとカレーのあいがけ

最後も肉・肉。わたしはミスジを、ご主人サマーはアンガス牛肩ロースを気に入ってリピートしまくりました。お肉を何枚食べたかカウントしていませんが、グリルコーナーと客席をいったい何度往復したかわからないくらい食べました。

浦添パルコシティ「BEEF RUSH29(ビーフラッシュ29)」容赦無くやってくる追加オーダーのお肉

ということで、サンエー浦添西海岸パルコシティにある「BEEF RUSH29(ビーフラッシュ29)」へ行ってきました。週末のランチタイムにこれだけ肉を食べたのは初めてで、途中から無理に肉を詰め込むメリットとは?と自分に問い掛けるようになりました。肉を食べ尽くすとはいえ味が単調なので調味料やソース、ブッフェのビーフシチューや唐揚げ、サラダバーで味覚をリセットして食べ続けるのが吉ですね。特にサラダバーのスライスオニオン、あれは秀逸で間違いないのでオススメです。
終わり。

お店の情報

店名BEEF RUSH29(ビーフラッシュ29)
住所〒901-2123
沖縄県浦添市西洲3丁目1-1 サンエー浦添西海岸 PARCO CITY4階
営業時間11時〜23時
定休日不定休(サンエー浦添西海岸 PARCO CITYに準ずる)
駐車場サンエー浦添西海岸 PARCO CITYの駐車場あり


 あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-お肉, ステーキ, ランチ, 沖縄本島中部, 沖縄県, 浦添市, 都道府県別, 食べ歩き
-