毎日ビール.jp

沖縄移住ブロガーのおいしいビール&グルメ情報【毎日ビール】

「ガンガラーの谷」散策ツアーで鍾乳洞や巨大ガジュマルを見学してきた。

あたしの好きな沖縄本島南部の観光スポット「ガンガラーの谷」へ行ってきました。3年振りのことです。前回見に行った時はまだ沖縄移住する前で、あれからまさか沖縄移住することになるとは、誰も予想していなかったと思います。大主(ウフジュ)ガジュマルに移住報告をするためなのか、呼び寄せらるように前日予約してガンガラーの谷へ向かいました。

ガンガラーの谷,ツアー,南城市,口コミ,旅行記

ガンガラーの谷は道路を隔てて、おきなわワールド・玉泉洞と隣接しています。どちらも同じ株式会社南都が運営していることは、沖縄移住後に知りました。南都は沖縄本島全域で観光施設を運営しています。先日楽しんできた大石林山も南都なんですよね。

前置きはほどほどに、ガンガラーの谷ツアーへ向かいます。ガンガラーの谷は、ツアー以外では立ち入ることができません。予約必須なので、公式サイトから予約する必要があります。このあたりは敷地が広くてゆったり。

ガンガラーの谷,ツアー,南城市,口コミ,旅行記

こんなに大きく枝を張ったガジュマルが招き入れてくれました。

ガンガラーの谷,ツアー,南城市,口コミ,旅行記

ガンガラーの谷ツアーの受付へと向かいます。何やら森が出てきました。

ガンガラーの谷,ツアー,南城市,口コミ,旅行記

森の奥へ進むと、鍾乳洞!中をみると、パラソルとテーブルが見えます。ここは誰でも入れる鍾乳洞カフェ「ケイブカフェ」としても営業しています。なので、ガンガラーの谷ツアーに参加しなくても休憩しに来ることができます。

ガンガラーの谷,ツアー,南城市,口コミ,旅行記

ガンガラーの谷ツアーの受付は、ケイブカフェの入り口で行います。受付でツアー料金(大人2200円)を支払います。ちなみに、保護者同伴の中学生以下は無料って凄い。

ガンガラーの谷,ツアー,南城市,口コミ,旅行記

ツアーの受付をしたら、ケイブカフェのパラソルの下で時間まで待ちます。何故パラソルがあるかというと、このケイブカフェは鍾乳洞の中にあるため、上からポタポタ水滴が落ちてくるのです。この水滴を避けるため、パラソルがあるということですね。

ガンガラーの谷,ツアー,南城市,口コミ,旅行記ガンガラーの谷,ツアー,南城市,口コミ,旅行記ガンガラーの谷,ツアー,南城市,口コミ,旅行記

パラソル下のテーブルには、水滴を拭くための布巾が用意されていました。

ガンガラーの谷,ツアー,南城市,口コミ,旅行記

ガンガラーの谷ツアーは1日に何回も開催されています。週末になると増発便もあったりするので、個々人の都合に合わせて予約を入れることができて便利。あたしは朝10時の会で回りました。

ガンガラーの谷,ツアー,南城市,口コミ,旅行記

ツアー時間になると、ガイドさんがガンガラーの谷で歩くコースや、周辺で発掘された港川人の説明をしてくれます。

ガンガラーの谷,ツアー,南城市,口コミ,旅行記ガンガラーの谷,ツアー,南城市,口コミ,旅行記

ツアーの出がけに、さんぴん茶が1本支給されました。夏場の沖縄は水分補給必須なので、こういうサービスはありがたいですね。

ガンガラーの谷,ツアー,南城市,口コミ,旅行記

それではガンガラーの谷ツアーのスタートです。ケイブカフェの洞窟を出る時に鐘乳石の説明や、

ガンガラーの谷,ツアー,南城市,口コミ,旅行記

洞窟内の発掘現場についてのお話がありました。この洞窟内も発掘現場で、2万年前の人々が食べたであろうカニの爪が大量に発掘されたりしているんだとか。

ガンガラーの谷,ツアー,南城市,口コミ,旅行記

洞窟から出ると、亜熱帯植物の森を暫し散策です。

ガンガラーの谷,ツアー,南城市,口コミ,旅行記ガンガラーの谷,ツアー,南城市,口コミ,旅行記

ちなみに足元はしっかりと整備されているのでご安心を。あたしはスニーカーでしたが、同じツアー参加者の中には、島ぞうりの人も。彼女は脱落することなく最後まで歩いていたので、ハードな道のりではありません。

ガンガラーの谷,ツアー,南城市,口コミ,旅行記

さて、しばらくガイドさんのお話を聞きながら、亜熱帯植物や人工的に植えられた植物を見学しながら歩いてきます。

ガンガラーの谷,ツアー,南城市,口コミ,旅行記ガンガラーの谷,ツアー,南城市,口コミ,旅行記ガンガラーの谷,ツアー,南城市,口コミ,旅行記

ところどころに根を下ろしているガジュマル。ガジュマルが歩く話もガイドさんがしてくれています。

大主(ウフジュ)ガジュマル

このあたりで綺麗な川が見えてきました。鍾乳洞って川とセットなんですが、この川があるということは... どうやら、このあたりは洞窟が崩落して森になっただけで、大昔は鍾乳洞だったと考えられているそうです。

大主(ウフジュ)ガジュマル

洞窟だった証拠に、ネズミの歯のような鐘乳石が残っていました。雨風にさらされると風化してしまうので、むき出しの状態で残っているのは珍しいことだそうです。つまり最近(と言っても何千年とか前だと思う)洞窟が崩落したんじゃないか?というようなガイドさんのお話がありました。

ガンガラーの谷,ツアー,南城市,口コミ,旅行記

ガンガラーの谷には横穴が多数あって、それぞれ太古の人々が住んでいた形跡が確認できているそうです。近くに川があって、雨風も凌げる横穴があって、となるとガンガラーの谷周辺は生活に適した場所だったのでしょう。

ガンガラーの谷,ツアー,南城市,口コミ,旅行記

少し進むと、イナグ洞と呼ばれる洞穴がありました。ここはいつの時代からか神人やユタたちが祈りをする場所であり、ガイドさん曰く「シャーマンがこの『女神』という看板を立てて行った」とのこと。イナグ洞のイナグというのは、沖縄の方言で女性を表す言葉だそうです。

ガンガラーの谷,ツアー,南城市,口コミ,旅行記

このイナグ洞にお祈りすると、子宝に恵まれると言われているそうです。前回きた時もお願いした記憶がありますが、今回も。

ガンガラーの谷,ツアー,南城市,口コミ,旅行記

このイナグ洞、何故女性なのか?その答えは、ガイドさんが写真を持ち歩いていました。洞窟の奥にはこんな面白い形の鐘乳石があるんだそうです。自然の神秘だね!

ガンガラーの谷,ツアー,南城市,口コミ,旅行記

イナグ洞で見学したすぐ先に、イキガ洞という大きな鍾乳洞が見えてきました。

ガンガラーの谷,ツアー,南城市,口コミ,旅行記

イキガ洞は真っ暗。なので、グループごとにランプを手渡されます。鍾乳洞ってタダでさえ滑るし、暗いので足元に気を付けましょう。

ガンガラーの谷,ツアー,南城市,口コミ,旅行記ガンガラーの谷,ツアー,南城市,口コミ,旅行記ガンガラーの谷,ツアー,南城市,口コミ,旅行記ガンガラーの谷,ツアー,南城市,口コミ,旅行記

ところで、イキガ洞の意味をご存知でしょうか。先ほどのイナグ洞は女性らしい形の鐘乳石があって、女性というウチナー口から名付けられていました。こちらのイキガ洞は...?

ガンガラーの谷,ツアー,南城市,口コミ,旅行記

正解は、男性という意味の沖縄の方言から名付けられているそうです。ガイドさん曰く「イキガ洞のシンボルに触れると、子宝に(略」。女性の皆さんどうぞー!と呼びかけられ、年齢問わず触りに向かっていました。あたいも触れつつ、必死にお願いしましたよ。

ガンガラーの谷,ツアー,南城市,口コミ,旅行記

それにしてもこのイキガ洞、とても神秘的でした。ケイブカフェの鍾乳洞も広々として格好いいけど、イキガ洞のようにほぼ手付かずの洞窟に来ると、真っ暗で、川の水がゴーッと流れる音だけが聞こえて、本当に自然って物凄いなぁと改めて思うのです。

ガンガラーの谷,ツアー,南城市,口コミ,旅行記

その他、巨大岩が転がってきたのを、小さめの岩が受け止めてできた道を通ったり。

ガンガラーの谷,ツアー,南城市,口コミ,旅行記ガンガラーの谷,ツアー,南城市,口コミ,旅行記

3年前にきた時に通ったトンネルをくぐったり。このトンネルを通ると、ガンガラーの谷で一番人気のあのスポットが!

ガンガラーの谷,ツアー,南城市,口コミ,旅行記ガンガラーの谷,ツアー,南城市,口コミ,旅行記ガンガラーの谷,ツアー,南城市,口コミ,旅行記

はい、出ました!大主(ウフジュ)ガジュマル~!この巨大なガジュマルに一同大興奮!暫し撮影タイムです。

ガンガラーの谷,ツアー,南城市,口コミ,旅行記ガンガラーの谷,ツアー,南城市,口コミ,旅行記大主(ウフジュ)ガジュマル

巨大ガジュマルを通過すると、この辺りが鍾乳洞だった形跡が。巨大ガジュマルの後ろに、洞窟の一部が残っていました。

ガンガラーの谷,ツアー,南城市,口コミ,旅行記

この写真は、3年前に来た時に強く印象に残っている場所。この壁と入り口は、ガンガラーの谷周辺に住んでいた人が200~300年前に作ったお墓の跡だそうです。今は別の場所へお墓を移動したそうですが、ご家族の皆さんは時期になると毎年お参りに来ていたそうです。こんな場所に作るなんて、すごいなぁ。

ガンガラーの谷,ツアー,南城市,口コミ,旅行記

お墓を過ぎて振り返ると、ここもまた異空間というか、非日常というか... 都会にはない景色が広がっています。だからでしょうね、あたしは沖縄の数ある観光スポット野中でも、ガンガラーの谷が好きなのは。

ガンガラーの谷,ツアー,南城市,口コミ,旅行記

ガンガラーの谷ツアーも、そろそろ終盤です。周辺の森を見渡すツリーテラスへ向かいます。

ガンガラーの谷,ツアー,南城市,口コミ,旅行記ガンガラーの谷,ツアー,南城市,口コミ,旅行記

このツリーテラスから、港川人が見つかった港川フィッシャー遺跡のあたりを見ることができました。天気がいいと海も眺められるそうですよ。

ガンガラーの谷,ツアー,南城市,口コミ,旅行記

ちなみに港川人は、こういう隙間に落ちているのを発見されたそうです。ガイドさん曰く「誤って落ちたのか、埋葬されたのかだと考えられている」とのことですが、隙間のサイズが思った以上に狭かったので、陰謀説を考えてしまいました。

ガンガラーの谷,ツアー,南城市,口コミ,旅行記

ガンガラーの谷ツアーのラストは、こんな洞窟でお話を伺いました。

ガンガラーの谷,ツアー,南城市,口コミ,旅行記

この洞窟は平らな場所が多く、奥まで広々とした空間が広がっているから、古代人も生活しやすかったろうなぁ。

ガンガラーの谷,ツアー,南城市,口コミ,旅行記ガンガラーの谷,ツアー,南城市,口コミ,旅行記ガンガラーの谷,ツアー,南城市,口コミ,旅行記

この洞窟でも古代人の人骨が発見されたそうです。ガイドさんの案内によると、この並んだ石は石棺。貝を加工したビーズのブレスレットを身につけた40代男性が、この石棺に埋葬されていたそうです。この広々とした空間にたった1体だけ埋葬されていたとすれば、特別な存在の方だったのか?と思い質問してみました。が、まだ調査段階で、埋葬が1体だけなのか複数あるのかもはっきりわかっていないみたい。

ガンガラーの谷,ツアー,南城市,口コミ,旅行記

最後に、ガンガラーの谷ツアー全般の振り返りをして終了です。お疲れさまでした!

ガンガラーの谷,ツアー,南城市,口コミ,旅行記

ということで、沖縄本島南部の南城市にある「ガンガラーの谷」で見学ツアーしてきました。3年ぶり2度目の参加でしたが、前回同様楽しめました。個人的にはお向かいにあるおきなわワールド内・玉泉洞より、ガンガラーの谷の方が楽しくて好きです。ただの鍾乳洞探検ではなく、古代の沖縄に触れてみたい方や、発掘調査現場付近をちらっと見てみたい方向けです。

歩く距離としては1kmほどとそれほど長距離ではなく、ツアーも80分ほどとそれほど時間がかかりません。なので沖縄旅行の初日に那覇空港へ到着してすぐ向かうか、旅行最終日の空き時間で体験するのがオススメ。夏場は日焼け止めや虫除けを持ち歩いた方がよさそうですね。

それにしても沖縄は珊瑚が隆起してできた島なんだなぁというのを再認識しました。珊瑚やプランクトンの死骸でできた琉球石灰岩はアルカリ性なので、人骨や動物・生物の遺骸が保存状態良く見つかるそうです。発掘調査が進むと、もっといろんな発見があるんだろうなぁ。それらが見つかることを楽しみにしています。
終わり。

住所:〒901-0616 沖縄県南城市玉城前川202

沖縄県南城市玉城前川202

(*・ω・)つ 沖縄食べ歩き情報もどうぞー♩