宮古島

甘さに困惑!宮古島名物「デカうずまきパン」は重さ700g超の重量級!

投稿日:

先日、宮古島在住の友人から宮古島土産をいただきました。宮古島周辺ではメジャーな「うずまきパン」だそうです。うっすら名前を聞いたことがあるけれど、未だ食べたことがないうずまきパン。友人曰く「甘いパンだよ〜」とのことでした。

でも、うずまきパンってやたらデカいんです。お土産をいただいたその場では中身を確認しなかったのですが、ちゃんと箱に入っていて、めっちゃ重量感あるなぁーと思いながら持って帰りました。

宮古島土産でもらった「デカうず」という箱。

いただいたうずまきパンは、富士製菓製パンという宮古島のパン屋さんが作ったもの。外箱にはザワワなサトウキビにアカバナー、シーサーの後ろにはアカガーラが描かれています。沖縄の有名どころを全部取り入れていて、思いっきり観光客寄りな感じ。

デカうずは、富士製菓製パンが作っているらしい。

それでは、箱を開けてみましょう。開封の儀!ジャーン。
蓋を開けると、箱ギリギリのでっかいパンが入ってました。いただいたパンは、「ココアでかうず巻」という商品名のようです。うずまきパンっていくつか味があるんですね。

箱を開けると、中にでっかいうずまきパンが入っていた。

箱から取り出してみます。パンがふわふわしているので、取り出す際も生地を潰さないよう気を付けました。こちら側のアングルではうずまき具合がわからないので、くるっと反転して逆サイドを見てみましょう。

でっかいうずまきパンを取り出してみる。

なるほど、ビジュアル的にはロールケーキに近いです。平べったいふわふわパンにクリームを塗り、くるくると巻き上げているんですね。

横からの図。ロールケーキのように巻いている。

このデカさを伝えるべく、iPhone6sと比較をしてみました。パンの直径は16〜17cmほど、iPhone6sより大きいです。このデカうずまきパンは、通常サイズの5倍のサイズがあるそうですが、通常サイズを知らないあたしでも驚くほどの重さです。

あまりに大きいので、iPhone6sと比較してみた(その1)

高さは12cmほど。iPhone6sより高さはありません。

あまりに大きいので、iPhone6sと比較してみた(その2)

持ち上げるたび重量感を感じるので、計量してみることにしました。

ずっしり重量感があるので、計測してみた。

うわあ、700gオーバー!こんなに重たい重量級パン、オラ食ったことねぇぞ...

デカうずまきパンは720gもあった。

重さに困惑しつつも、まずは食べてみようとカットしました。用意したお皿には、2枚が限界。3枚は乗せられそうにありません。

でっかいうずまきパンをカットしてみた。

気になるココアでかうず巻のお味は...
・パン生地→ココア味だね!
・クリーム→バタークリームかな、中の砂糖がジャリッてるね!
・全体感 →甘っ!クリーム多い真ん中のとこ、めっちゃ甘っっっ!!

端っこから食べたのですが、最初は普通に菓子パンだな〜とパクパクしてました。デカうずまきパンの巻き始めであろう、パンの中心部。このクリームが多めの部分がやたらめったら甘いんです。ベタッとした重い甘さで、苦戦を強いられました。濃いめのブラックコーヒーですら太刀打ちできないとは...

真ん中のクリームがべたっと甘く、試練を感じる。

宮古島在住の友人曰く、「とにかく大きいから、余ったらフレンチトーストにしてみて」とのこと。きっと宮古島ではリメイクして食べるんでしょうね。フレンチトーストにチャレンジしてみたかったけれど、卵アレルギーの子を抱える授乳期のカーチャンとしてはフレンチトーストを避けるしかなく、デカうずまきパンをそのままちぎっては食べ、またちぎっては食べしてました。

富士製菓製パンのデカうずまきパンは、宮古空港2階の土産ショップ「砂山」で限定販売しているそうです。空港だけで購入できるんだって。なので、宮古空港のお土産屋さんでチェックしてください。

最後に。沖縄って、「とにかくデカい」「とにかく甘い」っていう菓子パンが多い気がします。これもまたアメリカ文化なのでしょうか。この先1年の菓子パンを食べた気分だわ!宮古島土産をくれたIさん、ありがとうございました!
終わり。

住所:〒906‐0013 沖縄県宮古島市平良字下里1657番地128

沖縄県宮古島市平良字下里1657番地128

(*・ω・)つ 沖縄食べ歩き情報もどうぞー♩
 



-宮古島
-

Copyright© 毎日ビール.jp , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.