那覇・東町「鮮魚 ふくむら」安い、美味い、入りにくい!右にでる鮮魚店はいないかも。

2020年10月28日

那覇市東町にある「鮮魚 ふくむら」でランチを食べてきました。こちらのお店はコスパ最強、おいしい魚をおいしく食べさせてくれる、入店しにくいで有名です。やっと食べに行けたのですが、この外見。やっぱり入店しにくい。とはいえお腹は減るので、心を奮い立たせて入店した様子をお届けいたします。ということで、さっそくレポートいってみよ〜!

入りにくい名店「鮮魚 ふくむら」について

どこにあるの?

鮮魚 ふくむらは那覇市の旧市街地である東町にあります。国道58号線沿いの明治橋や那覇港にも近く、また旧市街地ということでこのあたりは飲み屋街でもあります。鮮魚 ふくむらのようなお店を訪れる際は、必ず現金を用意してから食べに向かいます。最も近いコンビニはローソン那覇東町店だと思いますので、手持ちを確認してから訪れましょう。専用駐車場もなさそうですが、周辺にはコインパーキングがいくつもあるので安心ですね。

お店の様子

こちらは鮮魚 ふくむらの外観です。店内の様子が伺いにくく、また建物自体も古いため、なんとも入店しにくい印象です。食べ歩きがをよくするわたし的には入店しにくいお店も慣れっこですけれど、今回の鮮魚 ふくむらは自分で自分を鼓舞した後に扉を開きました。

那覇市東町「鮮魚 ふくむら」の外観

この日は口開けで、わたし以外のお客さんはおりませんでした。年季の入った様子と寡黙な大将になんとなく遠慮してしまい「ひとりですが良いですか」とお断りを入れ、許可をいただいてからカウンター席に座りました。

那覇市東町「鮮魚 ふくむら」の店内(調理場)

店内にはテーブル席もあります。あそこには4人から6人は座れるかな。8人は難しいかも。

那覇市東町「鮮魚 ふくむら」の店内(カウンター席とテーブル席)

メニュー(ランチ・夜の部)

鮮魚 ふくむらのランチは11時〜14時まで。お昼のメニューはこちらの通り刺身や海鮮丼、さば味噌煮、ミーバイ汁、魚汁と刺身のセットとなっております。価格帯は600円〜1000です。お店の大将にオーダーをお願いし、出来上がりを待ちます。

那覇市東町「鮮魚 ふくむら」のランチメニュー(2020年8月)

鮮魚 ふくむらは夜も営業しています。時間は17時〜22時まで、ひとり2000円で刺身やてんぷら、煮付けなどがお腹いっぱいになるまで食べられるそう。これはお得な気がします!お酒はお客さんの持ち込みです。2000円を握り締めていつか訪れよう。お刺身は持ち帰りも可能だそうです。

那覇市東町「鮮魚 ふくむら」の夜の部のメニュー(2020年8月)

実食!グルメレポート

刺身定食(600円)

初めての訪問では、刺身定食(600円)をいただきました。刺身盛り合わせにてんぷら、小鉢が2つ、ごはんと汁物でこの価格です。すごいなぁ、めっちゃお得!

那覇市東町「鮮魚 ふくむら」ランチの刺身定食(600円)

さっそくいただきます!この日のお刺身は4種類。どれも分厚いカットで、1切れのサイズがしっかり大きい!

那覇市東町「鮮魚 ふくむら」ランチの刺身定食には4種類の分厚い刺身が盛られていた

まずはマグロから。筋のなく食べやすいマグロ赤身とシビマグロはどちらもクセがなく食べやすかったです。白身はなんの魚でしょう、スズキ系っぽい香りを感じました。ワサビをたっぷり乗せていただけばごはんがどんどん進みます。シメサバは脂と甘みを感じるちょうどいい具合でおいしかったです。ツマは大根とキュウリでした。キュウリがいいね!

那覇市東町「鮮魚 ふくむら」ランチの刺身定食のお刺身が分厚いカットで嬉しい。

こちらはサイドの副菜たち。かぼちゃの小鉢ももずくも家庭的でおいしい。もずくは柑橘の香りがしたし、生姜も入っていそうかな。さっぱりとしていました。

那覇市東町「鮮魚 ふくむら」ランチの刺身定食についてきたてんぷら、もずく、小鉢。

てんぷらはおいしい苦味のゴーヤーがふたつ、そして魚がひとつでした。沖縄らしい衣がふわふわのうちなーてんぷらです。

那覇市東町「鮮魚 ふくむら」ランチの刺身定食についてるてんぷらは衣が分厚い沖縄タイプ。

汁物にはそうめん。優しい味噌のお味でした。

那覇市東町「鮮魚 ふくむら」ランチの刺身定食の汁物はそうめん汁だった。

海鮮丼(800円)

魚を食べたいという友人とランチで向かったのは鮮魚 ふくむら。お店に到着したのは12:05頃だったのですが、ほぼ満席でしばらく入店待ちで並びました。オーダーを合わせた方が早く出るかと思い、友人の希望に合わせて海鮮丼(800円)をいただきます。

那覇市東町「鮮魚 ふくむら」ランチの海鮮丼(800円)と小鉢など全体写真

普段からわたしはあまり海鮮丼を選びません。ごはんの熱で刺身がぬるくなってしまい、お刺身の鮮度が失われるような気がして。だけど、そんな心配を吹き飛ばしてくれたのが、鮮魚 ふくむらの海鮮丼でした。仕入れによって魚は変わると思いますが、この日の海鮮丼はめっちゃウマかった!

那覇市東町「鮮魚 ふくむら」ランチの海鮮丼(800円)の丼を持ち上げてみる

多めのお醤油にワサビを溶き、回しかけてからいただきます。全部かけるとしょっぱいかもしれないのでお好みで加減しましょう。

那覇市東町「鮮魚 ふくむら」ランチの海鮮丼(800円)海鮮丼にはワサビを溶いた醤油をたっぷりと回しかける。

赤身は本マグロかな。切り立てのお刺身は鮮度がよく、また筋がない部位で食べやすかったです。酢飯によく合います。

那覇市東町「鮮魚 ふくむら」ランチの海鮮丼(800円)に入っていたマグロなど

左からビンチョウマグロに白身はなんだろう、右側は優しい酢締めのシメサバです。卵焼きも盛り付けられています。どのお魚も分厚いカットが嬉しいし、魚がちゃんとおいしくてごはんを掻き込む手が止まりません。

那覇市東町「鮮魚 ふくむら」ランチの海鮮丼(800円)に盛り付けられていたビンチョウマグロ、白身魚、シメサバなど

まわりのお魚から食べ進めていたけれど、トップにサクッと食感の白身が隠れていました。脂乗りと食感・味わいからワンガワかなと思ったのですが、果たして...?(鮮魚 ふくむらの大将に直接伺えれば良いのですが、まだ決心が持てない)

那覇市東町「鮮魚 ふくむら」ランチの海鮮丼(800円)のトップに盛られたエンガワっぽい白身魚がうまかった

海鮮丼にも沖縄てんぷら、もずく、煮付けがついてきます。大根の煮付けが慈悲深く、じゅわぁっとおいしかったなぁ。

那覇市東町「鮮魚 ふくむら」ランチの海鮮丼(800円)の小鉢はモズク、天ぷら、野菜の煮付け。

刺身盛り合わせ(持ち帰り、1000円)

メニューに「刺身盛り合わせ、握り寿司(要予約)持ち帰りの注文承ります」と書かれていたので、予約電話を入れてからお刺身持ち合わせを持ち帰ってみました。電話先の大将に「いくらの?」と聞かれ、初めてだしとりあえずと1000円サイズをオーダー。パックを開くと4種類のお魚が盛り付けられていました。これで1000円は安いでしょ!

那覇市東町「鮮魚 ふくむら」の持ち帰りのお刺身(1000円)

マグロ系が3点、白身が1点です。お店で食べるのと同じようにカットが分厚くて大きいんですよね。おいしかったなー。ひとつだけ誤算があって、それはうちのお子サマーが半分以上お刺身を食べたこと。3歳児にも鮮魚 ふくむらのおいしさがわかるなんて、考えてもみませんでした。次回から2000円にサイズアップしよう。

那覇市東町「鮮魚 ふくむら」の切り立てのお刺身を持ち帰られる

まとめ

ということで、那覇市東町にある「鮮魚 ふくむら」のランチ&刺身盛り合わせを持ち帰ってみました。沖縄には鮮魚店で飲む文化があります。格安でおいしい海鮮系のつまみを食べながらお酒を持ち込んで飲むといったものです。泉崎のつかさ屋も持ち込んだお酒と鮮魚店のつまみを楽しむお店です。また東町や西町には2000円、3000円で食べ飲み放題を楽しむお店がいくつもあります。今回訪れた鮮魚 ふくむらは、鮮魚店の飲み文化と沖縄の食べ放題文化がマージした感じだなぁ。今回ランチを食べながら、飲み仲間を誘って夜に訪れたいと強く思いました。
終わり。

お店の情報

店名鮮魚 ふくむら
住所〒900-0034
沖縄県沖縄県那覇市東町15-16
営業時間11時半〜14時/17時〜22時
定休日日曜
駐車場なし。周辺にコインパーキングあり。


 あわせて読みたい

  • この記事を書いた人

ユッキー

毎日ビールを飲んでいる。アメリカンペールエール、IPA、セッションIPA、ゴーゼ、ラガーが好き。ビールも人間もちょっぴりクセがある方がいい。

-ランチ, 和食, 旧市街エリア, 東町, 沖縄本島南部, 沖縄県, 那覇市, 都道府県別, 食べ歩き, 鮮魚店
-

© 2020 yukipod