函館「ラーメン専科 笑てん」大門飲みのシメに塩ラーメンの夢を見ました。

函館市松風町「ラーメン専科 笑てん」塩ラーメン(700円)

函館の大門で3軒ハシゴ酒を楽しんだ夜のこと。アテンドしてくれたA氏がタクシーで帰宅したので、わたしは一人時間を満喫することに。この時、時計を1時間読み間違えてしまい、終電までまだ余裕があるぞと勘違いしたまま「ラーメン専科 笑てん」に向かいました。この時からもう夢を見ていたのかもしれません。

函館市松風町「ラーメン専科 笑てん」の外観

店内はカウンター席とテーブル席がありました。酔っ払ったわたしの記憶が確かならば、入り口付近にもこたつ的なお座敷席もあったと思います。わたしの体内時計は22時過ぎですが、カメラの記録では23時過ぎ。遅い時間でもお客さんがどんどん入ってきます。

函館市松風町「ラーメン専科 笑てん」の店内

ラーメン専科 笑てんのメニューをチェックしましょう。ラーメンは塩・正油・味噌・辛ミソ、そしてチャーシューメンやワンタンメン、焼きそば、あんかけ焼きそばなどがあります。ご飯ものに一品料理、そしてビールなどの飲み物も揃っていました。いまこの記事を書きながら気付いたのですが、麺類やご飯ものはハーフサイズもあるんだそうです。そしてトッピングの中にお麩が!これに気付けなかったのは大失態。酔っ払いってほんとダメ…

函館市松風町「ラーメン専科 笑てん」のメニュー表

時間も誤れば、メニューもロクに読めないほど酔っ払ってるわたし。そんなダメな酔っ払いがシメに注文したのは塩ラーメン(700円)です。

函館市松風町「ラーメン専科 笑てん」塩ラーメン(700円)

まずはスープから。豚骨に鶏ガラ、昆布から取るスープは、継ぎ足しながら味を守っているそうです。豚骨が入ってもコテッとせず、飲み終わりのシメに優しい味わいでした。酔っ払いには味が物足りず、卓上のアジシオを振りかけたような気もするけれど、それもこれもきっと全部夢。わたしは夢を見ています。

函館市松風町「ラーメン専科 笑てん」塩ラーメンのスープ

撮影に時間がかかったせいか、やや柔らかめのたまご麺。縮れは強くなく、ゆる〜い感じでした。

函館市松風町「ラーメン専科 笑てん」塩ラーメンの麺

塩ラーメンのトッピングは青ネギ、白髪ネギ、ホウレンソウ、ナルト、メンマ、豚チャーシュー。函館ラーメンにはお麩が乗ってるものだと思い込んでいたので、お麩がなくてガッカリした夢でした。目を覚ましてメニューを確認し、トッピング欄にお麩を確認して落胆しています… ←イマココ

函館市松風町「ラーメン専科 笑てん」塩ラーメンのチャーシュー

ラーメン専科 笑てんの卓上調味料類。

函館市松風町「ラーメン専科 笑てん」の卓上調味料

この中から手に取ったのは白ゴマ。これ、いいですね〜。塩ラーメンに白ゴマ、合う!

函館市松風町「ラーメン専科 笑てん」卓上調味料の白胡麻

食べ進めた頃合いで、ホワイトペッパーパウダーで大きく味変です。味が引き締まり、危うくスープを完飲するところでした。夢の中では飲み干してなかったと思います。

函館市松風町「ラーメン専科 笑てん」卓上調味料のホワイトペッパーパウダー

ということで、函館は大門にある「ラーメン専科 笑てん」で塩ラーメンの夢を見てきました。お店を訪れるお客さんの様子を眺めていたところ、カレーメンの注文が多かった印象です。この記事を書くにあたり調べてみたのですが、このカレーメンがどうやら名物なんだそう。これはまた夢を見に行ったほうがよさそう。いつかカレーメンも試してみようっと。
終わり。

お店の情報

店名ラーメン専科 笑てん
住所〒040-0035
北海道函館市松風町4-1
営業時間11時〜14時/17時〜27時
定休日不定休
駐車場なし。近隣にコインパーキングあり。


 あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ご当地ラーメン, シメのラーメン, ラーメン, 函館ラーメン, 函館市, 函館駅前・大門, 北海道, 都道府県別, 食べ歩き
-